【実釣比較】ライトショアジギング用おすすめメタルジグ・選び方の基本を徹底解説!

ライトショアジギング メタルジグ 選び方 おすすめ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回はライトショアジギング講座をやっていきましょう。

今日のテーマは、ライトショアジギングに使うおすすめなメタルジグ、選び方の基本を紹介します。

紹介するメタルジグは、管理人である筆者が

  • 全て実費を払って購入
  • 公平な視点でアクションや使用感をチェック
  • 実際に魚を釣って反応を確認

これらを満たしたものになっていて、適当な寄せ集めや、根拠のない謎のランキングではありません。

✔管理人の経験・実績

なお、私の経験やショアジギングに関する実績としては

  • 年間釣行数250~300以上
  • メタルジグオンリーでサーフのヒラメ・マゴチを月間100枚以上・半年で300枚以上
  • カンパチ狙いのショアジギングで2か月弱ボウズ無し
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘経験あり
  • 釣具店・メーカーにて私のタックルインプレや釣り方の活用あり

こんな感じで、基本的に毎日様々なジャンルの釣りをして生活していて、実績も残しています。
困った時の役に立ててもらえたら、嬉しく思います。

ライトショアジギング用メタルジグの選び方

まずは、ライトショアジギングに使うメタルジグの選び方について、簡単にまとめておきましょう。

メタルジグの重さ

ライトショアジギングで使うメタルジグですが、30g~40gを中心にゲームを組み立てるのが無難です。
状況に合わせ、25g~50g程度のメタルジグを使うのがライトショアジギングの基本になりますね。

ライトショアジギング 重さ

30cm~40cm台ほどの青物やヒラメ・タチウオ・シーバスなどの中型魚を狙うのであれば、まずは30g・40gクラスのメタルジグを揃えておけば、オールラウンドに対応しやすいです。

▼より詳しい解説については【ライトショアジギング用メタルジグの重さ選び・使い分け基礎基本】を参考にどうぞ。

メタルジグの色・カラー

メタルジグの色ですが、一番わかりやすいのはベースカラーで分ける方法です。

ライトショアジギング メタルジグ カラー

無難に使うのであれば

  • シルバー
  • ゴールド
  • グロー(ゼブラグロー・スポットグローなど含む)

ボックス内全体で見た時に、これらのカラーを最低各1つずつは用意しておくのが最もシンプルです。

なお、ヒラメやハタ等.などの底物を狙う時は、グローなどのアピール力が高いカラーを選ぶ機会が増えます。
タチウオを狙う時は、これにブラックやパープル・ピンクなどのシルエットが目立つベースカラーのジグも効果的ですね。

▼より詳しいメタルジグのカラー選びについては【ショアジギング用メタルジグのカラー選びの基本解説】を参考にどうぞ。

素材・比重

メタルジグの素材ですが、基本となるのは鉛素材になります。

アイテムによっては比重が違う素材を使用しているものがあり、

  • 亜鉛:軽比重の素材
  • 鉛:一般的な素材
  • タングステン:高比重素材

ショアジギングで使われるメタルジグの素材としては、こんな感じになります。
オフショア(船)のジギングでは、鉄素材のジグが使われることもありますね。

タングステンメタルジグ

上はタングステン素材のメタルジグ、下が一般的な鉛素材になります。
同じ重さのアイテムですが、比重によってサイズ感がかなり変化しますね。

青物を狙うのであれば、鉛を中心に、タングステン素材のジグを少しで良いので用意しておくと役に立ちます。
ヒラメやハタなどの底物を狙う時は、まずは鉛製のジグを用意しておけばOKです。

まるなか

比重が軽い亜鉛などのメタルジグは、特定の状況下で効果を発揮しやすい。最初から揃える必要は無いよ!

メタルジグの形・形状

メタルジグはアイテムによって形が違います。

ライトショアジギング メタルジグ 形状

簡単に特徴を紹介するなら

  • 細長いもの:速い誘いや大きめのジャークで使いやすい。主に青物狙い向き
  • 平たくて幅が広いもの:ヒラヒラとゆっくり沈み、狭い範囲で丁寧に誘える。低活性な青物や底物狙いなど

このようになります。

青物を狙うのであれば、状況によって細長いものと平たい形状のジグの両方を用意しておくのがおすすめです。
一方でヒラメや根魚を狙うのであれば、平たい形状のジグさえ用意しておけばOKです。

まるなか

底物を狙う時は、スローな操作でジグを動かすのがきほんになるよ。こういう時は、平たい形状のメタルジグが使いやすい!

メタルジグの重心バランス

ライトショアジギング メタルジグ 重心

メタルジグには、重心バランスが設定されています。

これによってアクションの質や得意な操作方法が変わってくるので、選ぶ時は気をつけます。

ざっくりと分類すると、

  • フロントバランス:水平フォールし、ジャーク・巻きを自在に組み合わせて使う。中・上級者向け
  • センターバランス:水平フォールする。オールラウンドに使えるメタルジグ
  • リアバランス:尻下がりにストンと落ちる。飛距離に優れ、素早いアクションやただ巻きて強い波動を出しやすい

ジグの重心バランス毎の特徴としては、こんな感じになります。

初心者の方の場合は

  • 青物・回遊魚を狙う:センターバランスのジグを中心に、リアバランスのジグも揃える
  • 底物狙い:平たい形状のセンターバランスのジグ

まずはこんな感じで選んでおけば問題ありません。

底物を狙う時は、フォール中が最大のバイトチャンスになりやすいです。

メタルジグ 形状

ですので、ヒラメやロックフィッシュなどを狙うときは、水平姿勢でヒラヒラと沈下する平べったい形のセンターバランスのジグが使いやすいですね。

フックセッティング

メタルジグのフックセッティングですが、初心者の方や、魚種問わずに狙いたい場合は

ライトショアジギング メタルジグ フックセッティング
  • フロント:アシストフック
  • リア:トリプルフック

このように、前後にフックをセットした形がおすすめです。

青物を狙う場合など、大きめのジャークや高速アクションを与える時は、リアフックを外してフロントフックのみにした方が使いやすいことも多いですね。

良くある質問

ジグ選びで釣果は変わるのか?

メタルジグ選びで釣果が変わるのか?という質問を受けますが、これまで私が散々魚を釣ってきた印象としては

  • 青物やタチウオなど:状況次第で大きく変わる
  • 底物:ジグ選びよりも時間や潮の通り方などが重要

このように考えています。

ライトショアジギング 釣果

青物やタチウオなどを狙う時は、微妙なジグのアクションや波動などによって明らかに釣果が変わることがあります(釣れる時はどれでも釣れます)。

一方でヒラメやカサゴ・ハタなどの底物の場合は、正直言ってどのジグを使っても大差なく釣れることが多いですね。
明確な釣果の差が出ることは、かなり少ない印象です。

まるなか

魚種によっては、特定のアクションパターンやジグのシルエットにしか反応しないこともあるよ。青物・回遊魚はその傾向が強いかな。

ジグはいくつ買ったら良いのか?

これからライトショアジギングを始める初心者の方の場合ですが、私のおすすめとしては

  • センターバランスのやや平たい形状のメタルジグ
  • センターバランスの細身のメタルジグ
  • リアバランスのメタルジグ
  • タングステン素材のメタルジグ

このような形のジグを用意しておけば、最初のスタートとしては何とかなると思います(1つずつからでも大丈夫です)。
カラーはうまくバラけるように、あまり似たようなものばかりにしないようにします。

後は実釣してみて、反応が良かったジグや、もっと違う使用感のジグが欲しくなった時に少しずつ買い足していけばOKです。
いきなり沢山揃える必要はありませんからね。

普通のライトショアジギング用とショアスロー用ジグの違い

ショアスロー 違い

ショアスロー用のメタルジグとの違いについてですが、ショアスロー用の設計のものは

  • 左右非対称形状になっている
  • より平たく・エッジが鋭い

このような特徴をもったメタルジグが多くなっています。

ショアスロー用のアイテムは、フォール中のジグがよりヒラヒラと・イレギュラーに動きやすかったり、狭い範囲での小刻みなジャークに対応しやすいものが多いですね。

しかし、ショアスロー用ジグというのは、あくまで人間が区別しているだけです。

実際には、ショアスロー用ジグでなくても、同じような使い方に対応できるものは沢山あります。

  • ショアスロー用ジグはスローな操作でしか使えない
  • 普通のライトショアジギング用メタルジグではショアスローはできない

このように考える必要は全くありません。

慣れてくれば、ジグの形状を見ただけでどんな使い方に向いているかはだいたいイメージできるようになってきます。

ライトショアジギング初心者の方におすすめなメタルジグ【青物・底物対応】

各社様々なアイテムを使い比べた中で、使いやすいものを抜粋して紹介していきます。

まずは、ライトショアジギング初心者の方にも特におすすめな、魚種問わずに使えるオールラウンド系のセンターバランスのメタルジグを紹介していきましょう。
なお、ジグの特性解説については、私なりの使用感になります。

※画像のフックセッティングはカスタムしているものも多く、標準仕様とは異なっているものがあります。

DUO ドラッグメタルキャスト

ドラッグメタルキャスト
  • 素材:鉛
  • 重心:センターバランス
  • フォール:水平
  • アピール力:平均

ドラッグメタルキャストは、やや小粒で丸っこい形状のセンターバランスのジグですね。

安定した飛距離とアクションの大きさで偏った癖が無く、魚種問わずにオールマイティに使えるおすすめジグですね。

ドラッグメタルキャスト  ヒラメ 釣果

巻き・ジャーク共に使えますが、ジャークする時はやや小刻みなロッドアクションに向いている印象があります。

パッケージから取り出してそのまま使えるので、ライトショアジギング初心者の方にも使い勝手が良いですね!

▼詳しい使用感解説は【ドラッグメタルキャスト徹底インプレッション】を参考にどうぞ。

ZEAKE Rサーディン

Rサーディン
  • 素材:鉛
  • 重心:センターやや後方寄り
  • フォール:水平
  • アピール力:強め

ZEAKEのRサーディンは、やや後方寄りの重心設定が特徴の、偏平したボディ形状のメタルジグです。

若干後方寄りのバランスになっているので、無風・追い風の時は飛距離の安定感もかなり良好ですね。
一方、ピラピラした形をしているので、横風には弱めです。

Rサーディン 釣果

アクションはヒラヒラ感が強くてやや大きめに動く性質があり、低速~中速の巻きやゆったりしたロッド操作で柔らかなアクションを発生させます。

▼詳しい使用感解説は【Rサーディン徹底インプレッション】を参考にどうぞ。

オーナー 撃投ジグ

撃投ジグ
  • 素材:鉛
  • 重心:センターバランス
  • フォール:水平→尻下がりのフォール
  • アピール力:平均~やや強め

オーナーの撃投ジグは、センターバランスのオーソドックスな形状のライトショアジギング対応のメタルジグですね。

撃投ジグ

撃投ジグは、他のセンターバランスのジグと比較すると、フォールがややスピーディーになっています。
深場攻略においてもレンジキープが容易になっていて、ボトム周辺を攻めたい時にも使いやすいジグですね!

魚種問わず使えますが、私としては青物狙いで特に使いやすい印象です。

▼詳しい使用感解説は【撃投ジグ徹底インプレッション】を参考にどうぞ。

リトルジャック メタルアディクト02

メタルアディクト02
  • 素材:鉛
  • 重心:センターバランス
  • フォール:水平フォール
  • アピール力:平均

メタルアディクト02は、偏平気味のボディ形状が特徴のリアルなメタルジグです。
ややマイナーなメーカーのメタルジグですが、非常に良い働きをしてくれます。

個人的には、見た目的なリアル感はどうでも良いというのが正直なところですが、アクションの質・バランスが非常に良好なアイテムです。

メタルアディクト

強すぎないヒラヒラ感でスイミングし、ジャークに対する追従性やフォールアクションも強すぎず弱すぎずで、泳がせてみると釣れそうな気分になれます。

実際に魚の反応も非常に良く、青物・底物問わず万能に対応できますね!

▼詳しい使用感解説は【メタルアディクト02徹底インプレッション】を参考にどうぞ。

ハヤブサ ジャックアイマキマキ

ジャックアイマキマキ
  • 素材:鉛
  • 重心:リアバランス
  • フォール:水平フォール
  • アピール力:ブレード付きメタルジグとしては平均

ジャックアイマキマキは、最近増えてきているブレード付きのメタルジグですね。

基本的にはただ巻きやストップアンドゴー・軽めのジャークなど、巻きや弱めのロッドアクションを与える使い方に適しています。
ライトショアジギング初心者の方でも簡単操作で扱いやすく、普通のジグに食ってこない状況下などで思わぬパワーを発揮することもありますね!

ジャックアイマキマキ 釣果

ジャックアイマキマキはブレード付きメタルジグの中でも抜群のボディバランスと使用感を持ち、飛距離・フォール姿勢・アピール力などのバランスが非常に優秀。
ブレード付きジグでどれを選んだら良いのか分からない時は、まずはこのジグを使ってみるのがおすすめですね!

▼詳しい使用感解説は【ジャックアイマキマキ徹底インプレッション】を参考にどうぞ。

青物狙いにおすすめなライトショアジギング対応メタルジグ

次に紹介するのは、引き抵抗が軽い・潮抜けが良いスリムなメタルジグ。
速いジグ操作や、潮が走っている状況下での使い勝手が良いアイテムです。

やや大きめのジャークや、ジャーク&高速巻きをミックスさせたような使い方にも対応しやすいです。

オーナー 投技ジグ

投技ジグ
  • 素材:鉛
  • 重心:センターバランス
  • フォール:水平フォール
  • アピール力:平均~やや大人しめ

投技ジグは、かなり細身のシルエットが特徴のセンターバランスのメタルジグですね。

引き抵抗が非常に軽くなっていて、潮が速い状況下や高速巻きなどを混ぜて使う時にも、バランスを崩しにくくて使いやすいアイテムです。

投技ジグ

スリム系メタルジグ入門用アイテムとしてもおすすめです。

▼詳しい使用感解説は【投技ジグ徹底インプレッション】を参考にどうぞ。

ジャクソン メタルエフェクト

メタルエフェクト
  • 素材:鉛
  • 重心:センター後方寄り
  • フォール:水平フォール
  • アピール力:やや控えめ(スリム系の割にはしっかり動く)

ジャクソンのメタルエフェクトは、やや後方寄りの重心設計のメタルジグです。
投技ジグとともに、ライトショアジギング対応のスリム系ジグとしてかなりバランスが良く、使いやすいアイテムですね。

メタルエフェクトの方が若干アピール力が高く、浮き上がりやすい印象があります。
ボディ側面がくぼんだ形状になっているので、潮をしっかり受けてアクションします。

メタルエフェクト

青物・底物問わず使えますが、スリムな潮抜けが良い形状を活かすのであれば、個人的にはやや青物狙いの方が使いやすいと感じていますね。

▼詳しい使用感解説は【メタルエフェクト徹底インプレッション】を参考にどうぞ。

飛距離が欲しい状況下におすすめなリアバランスのメタルジグ

向かい風の状況下など、飛距離を優先したい時に使いやすい、リアバランスのメタルジグを紹介します。
アクションの特性が全く違うものを2つに絞りました。

メジャークラフト ジグパラジェット

ジグパラジェット
  • 素材:鉛
  • 重心:後方重心
  • フォール:尻下がりでバックスライド気味
  • アピール力:やや強め

ジグパラジェットはスリムな形状のリアバランスのメタルジグですね。

空気抵抗が小さく、非常に安定した飛距離を見せます。
主に青物狙いで使いやすいメタルジグになります。

ジグパラジェット 釣果

早めのテンポのジャークに対する追従性が高く、スピーディーに上昇するアクションを演出しやすいですね。
巻きで使用すると、やや強めのテールを振ってスイミングします。

センターバランスのジグよりも直線的なアクションで誘いを掛けたい時や、テンポよく広範囲を探りたい時におすすめです。

▼詳しい使用感解説は【ジグパラジェット徹底インプレッション】を参考にどうぞ。

ジャッカル ビッグバッカージグ

ビッグバッカージグ
  • 素材:鉛
  • 重心:後方重心
  • フォール:尻下がりの素早いフォール
  • アピール力:かなり強い

ビッグバッカージグは、ややコンパクトな後方重心設定のメタルジグです。

アクションの質はやや極端で、巻きで使用すると、かなり強烈なテールスイングで強く魚にアピールします。
ルアーの操作感を穂先でしっかり把握したい方におすすめです。

ビッグバッカージグ 釣果

ロッドアクションによるジャークで使用する場合は、沈むのが早いので早めのテンポの誘いに向いています。

なお、ジャークで誘う時は青物向きですが、強烈な波動を活かした巻きで使用すれば、底物狙いにも対応できます。

▼詳しい使用感解説は【ビッグバッカージグ徹底インプレッション】を参考にどうぞ。

マイクロベイトパターンにおすすめなメタルジグ

ラストに紹介するのは、ナブラが出ているのに釣れない時など、小型のベイトフィッシュを偏食する時に効果的なメタルジグですね。
ここでは、シルエットがよりコンパクトになるタングステン素材のジグを紹介します。

ジャッカル ラスパティーンTG

ラスパティーンTG
  • 素材:タングステン
  • 重心:センターバランス
  • フォール:水平フォール
  • アピール力:平均

ラスパティーンTGはオーソドックスな形状のタングステン素材のメタルジグです。

平たいボディ形状をしているので、高比重ボディの割にはレスポンス良く、しっかりアクションしてくれるのが特徴的です。

ラスパティーンTG 釣果

次に紹介するTGベイトと被りますが、ラスパティーンの方が小刻みにアクションする印象があります。

▼詳しい使用感解説は【ラスパティーンTG徹底インプレッション】を参考にどうぞ。

ダイワ TGベイト

TGベイト
  • 素材:タングステン
  • 重心:センターバランス
  • フォール:水平フォール
  • アピール力:平均

TGベイトはタングステン素材のメタルジグの超定番で、古くからラインナップがあります。

このジグもマイクロベイトパターンで強力な力を発揮します。

ラスパティーンと比較すると、TGベイトの方がアクションのヒラヒラ感が大きく、ややゆったりと泳ぐ印象がありますね。

タングステン ジグ アジ 釣果

正直言ってどちらか1つを選んでおけばOKですので、アクションや見た目的な好みでチョイスすれば、最初は問題ありません。

▼詳しい使用感解説は【TGベイト徹底インプレッション】を参考にどうぞ。

まとめ!

今回はライトショアジギング用メタルジグの選び方、実際に使い比べた中でおすすめなアイテムを抜粋して紹介しました。

ヒラメ ライトショアジギング 釣果

どれもバランスが良くて使いやすいアイテムになっているので、どんなジグを選んだら良いのか分からない時の参考にしてもらえたら嬉しく思います。

メタルジグは形によってアクションの質が変わるので、狙うターゲットや自分の使い方・潮の効き方などにより、使い勝手がいいアイテムは変わります。
経験を積む中で、自分なりのスタイルや釣り方のパターンを少しずつ作っていき、自分の釣りで中心となるメタルジグを探していってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です