9月24日更新分 激レア魚種?秋のメッキ五目を堪能

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はメッキ調査でポイント開拓してきました。

少し前までは磯でハタばかり狙っていましたが、ポイント・パターン開拓はかなり進みました。
釣行すれば大型のハタが毎回のように釣れるようになってきて、釣れると分かっている魚を釣り続けるのも微妙なので、今はメッキ開拓に比重を置いている感じですね!

今回もメッキ狙いでは初のエリアを中心に回るのでどうなるか分かりませんが、果たしてうまくいったのか?

内湾の小磯・岩礁帯をランガン!

とりあえず最初にやってきたのは、夏に小型のショゴが沢山釣れたスポット。

内湾のちょっとした磯のような場所になっていて、全体的に水深が浅いシャローエリア。

遠浅な場所が手前に広がっているので、トップウォータープラグでメッキが釣れるんじゃないかな?

ここ最近になってメッキの接岸量が増えてきたのか、以前よりも群れを見かける機会が増えてきています。

とりあえず先発はマリアのポップクイーン50。

小型のポッパーの中では非常によく飛び、遠浅なフラットエリアを探るのが得意です。

魚がつく場所があまり絞り込めないので、一定のピッチでポッピング&ショートポーズでランガンしていきます。

ワームを使うとすぐにフグが湧いてくる場所ですが、プラグを使えばフグの攻撃に対して強いのもメリットですね。

釣り開始直後からフグがプラグにちょっかいを出してきますが、スルーすれば良いだけなのでストレスにはなりません。

岸際のみ岩礁帯になっていて沖はじゃり底のような場所が広がっている場所を流していくと、「モワン」という波紋がポッパーの後方に★

メッキにしては大きめでしたが、そのまま誘ってくると良型チヌが反応してます。

しかし、活性が上がりきらなかったのかしっかりバイトさせることができませんでした・・・。

このエリアはチヌの魚影も濃いので、50mmクラスのポッパーを使えばメッキとチヌの両方を狙えます。

その後もう1度チヌの反応が出て「チュポッ」という弱いバイトを引き出せたんですが針掛かりせず。

少し歩いて沖に沈み根があるスポットに到着し、しばらくポッパーを投げていると「バコッ」と少し沖側でボイル。

マイクロベイトを追ってメッキの群れがやってきたらしく、すかさず反応が出たスポットへキャスト。

焦らずにワンテンポのポッピング&ポーズで誘ってくると、興奮したメッキがポップクイーンを奪い合い!

そのまま水中に引き込まれてヒットしました。

ポップクイーン メッキ

やっぱりメッキのギュンギュン引くファイトは楽しいですね★

メッキはそれなりに群れているようで、その後もしばらく連発モード。

メッキ 釣果

サイズも悪くない感じで、50mmクラスのポッパーでも十分掛かりました。

その後、メッキ自体は多少いるものの活性が下がり、ポッパーでは食わなくなったのでミノーにチェンジ。

選んだのは月下美人夜霧Zのシンキング。

小粒ながら重心移動システムが搭載されていて、非常にスムーズに投げられるミノーです。

カウントダウンで若干沈め、少し速めのトゥイッチングでヒラ打ちダートさせると、再びメッキの反応が良くなりました。

メッキ 釣果

中々の良型も混じり、メッキの数釣りを楽しめました。

このスポットで粘れば釣果は伸ばせそうですが、ポイント開拓したいので釣りをしながら車に戻ることに。

再びポップクイーン50に戻し、チヌ・メッキの両方を狙っていきます。

最初に反応が出た付近を重点的にサーチしていくと、同じ固体かは分かりませんが再びチヌがチェイス!

しかし中々ルアーとの距離が縮まらない感じで、少し警戒しながらポッパーに反応を繰り返しています。

見た感じアクションのテンポを変えても見切られない様子だったので、ポッピングから少し長めにポーズ。

一か八かの掛けになりますが、このロングポーズが上手くいったらしく、ポーズからのポッピングで焦れたチヌが「バコッ」とバイト!

巻き合わせ気味にフッキングを入れると結構良い重量感で、ライトゲームロッドが気持ちよく曲がりましたね。

チヌ ポップクイーン50

良型のチヌをしっかりキャッチです★

これで十分満足したので釣りは中断し、次のポイントへ行ってみることに。

漁港のスロープ・捨て石絡みで激レアな魚?

次にやってきたのは、これまで狙ったことが無かった漁港内のスロープ。

潮通しがあまり良くなく、以前様子を見た時にフグがウジャウジャ湧いていたので今回が初めて釣りをするスポット。

スロープ周りをミノーで流すとすぐにフグが釣れ、相変わらずなようでした。

移動しようかとも思ったんですが、スロープの先に捨て石が入っていて斜面ができている感じ。

良い具合の複合スポットになっているので、ミノーをカウントダウンで沈めてトゥイッチ&フォールで丁寧に探ります。

メッキが釣れる可能性も十分ありそうな感じですが、ミノーに反応する様子はありません。

少しずつ角度を変えて釣っていくと、トゥイッチからのフォール中に「ゴツン」と抑え込む系のアタリ。

合わせを入れるとキュンキュン引いた後は重たい感じで、これはオオモンハタかな?

小型のハタっぽい気配を感じつつリールを巻き巻きして抜きあげると、黒光りする魚体。

一瞬スジアラの幼魚に見えましたが、なんか違くね?

オオアオノメアラ

どうやら「オオアオノメアラ」というハタの1種らしい。

蛍光の水色っぽい斑点が沢山あり、メチャクチャカッコいい★

ペットとかで売ったらすごく高く売れそうである(笑)

インターネットで調べても情報があまり出ていないような魚種なので、釣れたのは完全にまぐれですね。

こんなハタが居るなんて知らなかったので、いい勉強になりました。

その後、このポイントではフエフキとエソ・小型のキジハタが釣れただけで後が続かず・・・。

再びポイント移動します。

近所の小場所でメッキ連発モード!

次にやってきたのは、家からかなり近い小場所。

正直言って魚釣りをやっている方は見たことが無い場所で、潮通し、水質ともに悪いスポット。

しかし、メッキの場合は奥まった場所に群れが入ってきているパターンもあるので、もしかしたらワンチャンスあるかもしれません。

ボトムまで深い場所でも1m位の超シャローエリアですが、風のためか濁っていて底が見えません。

根掛かるのが嫌なのでポップクイーン50で流していくと、まさかの1投目から水面炸裂!

ギュンギュン引くこの魚は・・・

メッキ

中々良いサイズのメッキ★

マジか、ここがメッキスポットだったのか・・・。

かなり奥まった場所なので、メッキが回遊するエリアも限られています。

ですので、一度群れを見つけてしまえばそこからは入れ食いモード突入でしたね!

ワンキャストすれば何回も水面が炸裂する感じでしたが、サイズは10cm台中盤~20cm級までが少し多く、良型が揃うポイントよりも釣れる魚はやや小さめでした。

結局このポイントではトップオンリーで10匹以上メッキをキャッチできました。
ルアーが少し丸っこくてボリュームがあるポップクイーンなので弾かれることも結構あり、もっと小さいトップを投げたら釣果は更に伸びたでしょうな。

最近になってメッキポイント開拓へあちこち行き、家から20km以上離れた場所も多数開拓しましたが、一番釣れるのが家から歩いて行けるようなスポットだとは笑

まぁ、単純な釣果だけが釣りの楽しさではなく、ロケーションだったり、釣り方だったり、サイズだったり・・・。
楽しみ方は色々あるので、同じ魚を釣るにしても遠いポイントにもやはり行きたくなっちゃうんですよね。

今回のメッキ開拓はチヌをはじめ、かなりレアなオオアオノメアラも釣れて大満足でした。

ポップクイーンシリーズは超定番ポッパーですが、安定した飛距離とやや控えめな甘いサウンドが良い感じ!

夜霧Zは向かい風でも非常に投げやすく、ルアーの泳ぎ出しも結構速くてオーソドックスに使いやすい小型ミノーですな。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 21月下美人MXメバルモデル68L-S・N
  • リール:シマノ 22ヴァンフォード2000SHG
  • ライン:デュエル アーマードF+Pro 0.4号+ サンライン ブラックストリームプラズマ1.75号
  • ルアー:マリア ポップクイーン50F、ダイワ 月下美人夜霧Z42Sなど

おすすめ関連記事!

メッキ釣り初心者講座

メッキ釣り 入門 【ここからはじめる】メッキのルアー釣り入門! タックル選び~必要な基礎知識まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です