アイマ プガチョフコブラ60を徹底インプレ・使い方解説!

プガチョフコブラ60 インプレ 使い方

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はやや強めのライトゲーム五目釣りやトップチヌ・ライトなシーバスゲームなどに対応するアイマのプガチョフコブラ60の使用感や使い方のコツなどを詳しくインプレ。

プガチョフコブラ60は、60mmクラスというサイズ感とレスポンス良く動くアクションが特徴的。

簡単な操作でもキッチリ動いてくれるので、初心者の方や悪条件下でも使いやすいですね!

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

プガチョフコブラ60のスペック・ラインナップ

  • 全長:60mm
  • 重量:6g
  • フック:#10

プガチョフコブラ60は6gという絶妙なウェイト設定。

PEライン0.4号前後~0.8号程度までのライトタックルで扱いやすく、食い渋りにもかなり強いペンシルベイト。

プガチョフコブラ60 カラー

出典:アイマ プガチョフコブラ60商品紹介ページ

カラーラインナップは上記の通りです。

プガチョフコブラ60を「サクッと」インプレ!

プガチョフコブラ60 チヌ

まずはプガチョフコブラの特徴や使用感について、簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:優秀!
  • 浮き姿勢:垂直に近い
  • アクション:左右へのワイドなスライドドッグウォークアクション
  • 使い方:一定ピッチのドッグウォーク・イレギュラーアクション・ダイビングなど
  • 適したシチュエーションなど:30cm前後~50cm程度までのターゲット全般。絶妙なサイズ感で食い渋りでも見切られにくい

ざっくりインプレするとこんな感じですね。

コンパクトなサイズで魚にプレッシャーを与えにくく、かつ優れた遠投性能で離れたスポットまで探れます。

状況次第でかなり強い効果を発揮するペンシルベイトで、アクションの質・使いやすさも優れていますよ!

飛距離

サイズの割に安定した投げやすさ

プガチョフコブラ60の特徴の1つがその飛距離。

60mmのボディで6gという重量ですが、そのサイズの割に遠投性能・投げやすさはかなり優秀な印象です。

プガチョフコブラ60は浮力が高すぎず低すぎずのちょうど使い勝手が良い比重になっていて、キャスト時の初速・飛行姿勢ともに良い感じ。

後方寄りの重心設計になっているので、投げやすさに貢献。

多少風が吹いていても、キッチリロッドを曲げてライナー気味にキャストすれば綺麗に投げられますね。

実際の飛距離

実際に私がPEライン0.6号を巻いたチニングタックルでキャストすると、だいたい40m~40m台前半ほどの飛距離(ラインのマーキングにて計測)。

漁港内や内湾のフィールドはもちろん、ちょっとした小磯やビーチ・遠浅フィールドのウェーディングゲームなどにもある程度対応できますね。

60mmのペンシルベイトで40mクラスの飛距離が出せれば十分でしょう。

まるなか

チヌ用ペンシルベイトとしては若干小さめだけど、思った以上に投げやすくて使いやすいよ!

浮き姿勢

プガチョフコブラ60は後方寄りの重心バランスのペンシルベイト。

プガチョフコブラ60 浮き姿勢

浮き姿勢はこんな感じで、垂直に近い姿勢で尻下がり。

浮力自体は平均~やや低めなくらいかな。

垂直浮きの姿勢なので、スケーティングアクションやダイビングなど、ロッドアクションの強弱やテンポで動きの質を調整可能。

プガチョフコブラ60のアクション・使い方

ドッグウォーク

プガチョフコブラの使い方はいくつかありますが、基本になるのは連続的なロッドアクションによるドッグウォークですね。

垂直に近い浮き姿勢のペンシルベイトですが、ロッド操作に対しては左右にしっかりとスライドしますね。

プガチョフコブラ60 形状 アクション

60mmというサイズ感ですが、ひと回り大きいペンシルベイトにも負けないダイナミックなスケーティングを見せますよ!

ラインスラッグを若干出してワンテンポでアクションさせれば安定感のあるスケーティング。
時々誘いのピッチを微妙に速くしたり、誘いに変化を出すと、左右へのスライドを伴うドッグウォークの中に直進的なアクションが混じり、バイトのきっかけを与えることができますね。

常に綺麗にアクションさせるだけがペンシルベイトの使い方ではなく、風や波で動きが微妙に乱れたり、少し滑るような軌道が良い効果を発揮することもあります。

また、アクションさせた時にあごの部分が軽く水をはじき出すことで「ピシャッ」という控えめな飛沫・音でアピールします。

プガチョフコブラ60 チヌ

内湾のややスレたチヌを狙う時にプガチョフコブラ60は良い仕事をしますね!
大きめのペンシルやポッパーを嫌がる個体にも優れた食わせ能力を発揮します。

まるなか

遠投性能以外にアクション・使いやすさもかなり優れているのがプガチョフコブラ60。
左右にしっかりとスライドしながらアピールできる小型ペンシルベイトだよ

ダイビング

ラインスラッグを出し気味にして優しく操作すると水面をスライドドッグウォークするプガチョフコブラ60。

若干ラインを張り気味にして操作したり、少し強めにアクションを与えると水面直下にダイビングします。

ダイビング→浮上アクションをピョコピョコと繰り返して使うこともできますが、使い方次第で水面直下ダイビングさせたままドッグウォークさせることも可能。

水面を滑走させてアクションさせると、反応するものの食わせきれない時に水面直下で誘うと良いですね。

その他、海面が荒れているような時も水面直下で誘いを掛けることでミスバイトを減らしたりできます。

プガチョフコブラ60 青物

小型のブリやカンパチの幼魚などを狙う時にも安定した遠投性能とアクションの質で活躍。

まるなか

水面直下に潜らせた状態でドッグウォークさせるのが良く効くこともあるよ!
動かし方のテンポや強さ・ラインの張り具合などを色々試してみて、自在に操作できるように練習してみよう

適したシチュエーションなど

ライトゲーム五目~チヌ・ライトなシーバスなどに

プガチョフコブラ60はチヌ狙いをメインに作られたペンシルベイトですが、偏った癖が無くて扱いやすいルアーなので汎用性は結構高いですね。

プガチョフコブラ60 メッキ

20cm台後半・30cmクラスの大きめなメッキやメバル・セイゴなどを狙うライトゲーム五目釣りやチヌ狙い・ライトなシーバス・青物狙いなどに対応。

60mmというサイズ感は程よいアピール力がありつつ大きすぎることは無いので、20cm台後半ほどのターゲットでも案外普通に釣れます。

L~MLクラスのPEラインを使用したライトゲームタックル・チニングタックル・エギングタックル・Lクラスのシーバスタックルなどで使うのにおすすめ。

ライトゲーム用としては強め。チヌ・シーバス用としてはやや弱めのペンシル

プガチョフコブラ60はそのサイズ感がちょうどいい感じ。

私なりの位置づけとしては

  • ライトゲーム五目:磯やサーフなどで良型を狙う時。活性が高い魚をテンポよく探す時
  • チヌ・シーバス・小型青物など:やや小さめでスレに強い。7~9cm前後のプラグでは見切られる・強すぎる時、ベイトのサイズが小さめな時など

こんな感じで考えています。

30cm前後までのターゲットを狙うペンシルベイトとしては若干大きめ。
30cm~50cm前後程度までのターゲットを狙うには小さめという絶妙なボリュームなんですね。

最初は少しプレッシャーが高くて釣りにくいチヌ狙いに投入したルアー。
70mm前後のペンシルベイトをキャストすると逃げてしまうような時、プガチョフコブラ60だと逃げずに興味を持ってチェイスしてくるようなことも結構あります。

こういう時はライトゲーム用の50mm前後の小型ルアーを使うのも1つの手段ですが、遠投性能などを考えるとプガチョフコブラ60の方が使いやすいんですよね。

もともとはチヌ用トッププラグですが、状況次第で色んなターゲットに効果を発揮しますよ!

まるなか

60mm・6gというスペックが非常に良い感じ!

まとめ!

プガチョフコブラ60 チヌ 釣果

今回はアイマのプガチョフコブラ60のインプレをしました。

  • 60mmというライトゲーム用プラグとしては大きめ、チヌやシーバス用プラグとしては小さめなサイズ感
  • 後方寄りの重心設計でサイズの割によく飛ぶ
  • 簡単な操作でスライドドッグウォーク。ダイビングアクションも得意
  • 良型のメッキやメバル・チヌ・シーバス・小型青物などにおすすめ!

要点をまとめるとこんな感じ。

初心者の方でもドッグウォークアクションをさせやすく、ハイバランスで使いやすいペンシルベイトですね!

60mmという絶妙なサイズ感を活かして使ってみてください。

おすすめ関連記事

チヌ用おすすめトップウォータープラグ・選び方の基本解説

チニング 釣果 【実釣比較】チヌのトップウォーターゲームの基本・おすすめルアーを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です