ダイワ 月下美人ソードビームを徹底インプレ・使い方解説!

月下美人ソードビーム インプレ 使い方

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はダイワから発売されているライトゲーム対応ワーム月下美人ソードビームの特徴や使い方を詳しくインプレ。

ソードビームは個性的な形状をしているワームなので、見た目的に使ったことが無い方も多いと思われます。

私もこれまで使ったことが無かったんですが、試しに使ってみたところ良いアクションをしてくれますし、釣果の面でもかなり優秀な実績を残していますね!

アジやメバルをはじめ・セイゴやメッキ・ライトなロックフィッシュゲームまで対応。

忖度なしにインプレしていくので、ワーム選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

ソードビームのスペック・ラインナップ

  • 全長:2.2インチ
  • 素材:高耐久ソフトマテリアル

ソードビームの全長は2.2インチと、一般的なアジング・メバリング対応のワームとしては若干大きめなボリューム感。

他の月下美人シリーズと同様に伸縮性に優れた高耐久素材を採用しており、持ちの良さはかなり優秀。
素材の張りは弱めで、しなやかさを重視しています。

ソードビームをサクッとインプレ!

月下美人 ソードビーム 釣果

月下美人ソードビームの使用感を詳しく解説する前に、私なりのインプレッションを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:平均~やや劣る
  • 耐久性:優秀
  • アクション:クビレ・テールによってナチュラルにワームが動く。ワームのしなり・柔らかさが特徴的!
  • 使い方:ただ巻き・リフトフォール以外にもライトワインド(ダート)釣法にも対応
  • リグ:ジグヘッドリグ
  • ターゲット:アジ・メバル・セイゴ・メッキ・カマス・カサゴ・小型のハタ等なんでも
  • 適したシチュエーション:シラスやキビナゴなど、細身の小魚系ベイトを食う場面に

ざっくりインプレするとこんな感じですね。

かなり大きなテールが付いていますが、アクションは派手ではなくナチュラル。

弱い水流でも微波動を発生させ、ロッド操作に対してはワームがスムーズに折れ曲がって柔らかく動きます。

飛距離

月下美人ソードビームの飛距離ですが、ボディ素材が柔らかく、テールサイズが大きいために遠投性能はそれほど優れてはいません。

私の印象としては。見た目のイメージよりは飛ぶものの、横風や向かい風が吹くとやや失速しやすいですね。

ボディ本体はツルッとしていて抵抗が少なく、細かいパーツがあるわけではないので全く飛ばないわけではないですが。

近距離戦では0.8g・1g程度のジグヘッドを基準に。
五目釣りでは3.5g・5gクラスのジグヘッドをセットして使うことが多いですが、飛距離においてはそこまでストレスを感じてはいませんね。

強風時に遠投したい時は、シンプルなピンテール系のワームと使い分けましょう。

耐久性

ワームの耐久性に関してですが、伸縮性が高い月下美人マテリアルなので一般的なワームよりも耐久性は明らかに優秀です。

ソードビーム 耐久性

フグなどの歯が鋭い魚の攻撃を受けても、ある程度は耐えることができます。

また、数釣り出来る状況においても無駄にワームを新しくする回数が減るので、手返しがUPしますね。

しかし、月下美人素材のワームの中では比較的柔らかいタイプのワームなので、使い続けていると少し劣化は目立ちますね。

小型・中型までのアジやメバル狙いならかなり持ちますが、20cm後半~30cmクラスのメッキやカサゴ・ハタ・カマスなどを釣っていると、永久に持つことは無いです。

ソードビーム オオモンハタ

ラフに使うと10匹くらい釣った時点で徐々にワームがズレやすくなり、最終的にはワームが真っすぐセットできなくなってダメになることが多いかな。

また、ワームが柔らかいので、フックが小さいジグヘッドにセットするとややズレやすさが気になります。
ある程度大きいフックのジグヘッドにセットした方がホールド力がUPし、ズレ難くなるので使いやすい印象。

まるなか

小さいフックのジグヘッドで使用すると、魚を釣った時にワームがすぐにズレて曲がりやすいかな。
ある程度大きくてシャンクが少し長めのものがおすすめ!

ソードビームのアクション・使い方

ただ巻き

最もシンプルなのがただ巻きですが、シラスや小型のキビナゴなどを追っている状況下でかなり強い効果を発揮する傾向を感じます。

ソードビームはただ巻きで使用すると、極薄の大型テールがナチュラルに潮を受け、チラチラと微波動を発生させてスイミング。

ソードビーム テール形状

見た目とは裏腹にアクション・波動はかなりナチュラルですね。

パターンにハマるとただ巻きやテンションフォールだけでバンバンアタリが出ますし、一般的なピンテールワームよりも程よい存在感の強さでアピールでき、集魚力もしっかりありますね!

少し活性が低い・見切られていると感じる時はデッドスローの巻きでレンジを落としていく巻き落としも非常におすすめで、活性が低いアジやメバルによく効きます。

ソードビーム アジング 釣果

キビナゴに着く良型アジをソードビームで連発。
大型テールの微波動が効きますね!

まるなか

独特な形状は、巻きやフォールで使うとナチュラルで魚にプレッシャーを与えにくい微波動を発生!

リフトフォール

2つめはロッドアクションを入れる使い方。

基本的には巻きの釣りで横方向の誘いを意識することが多いので、使用する機会は少なめになります。

ロッドアクションを入れると、ソードビームはただ巻きの時とは違った挙動を見せるのが特徴的。

ボディに設けられたクビレとテールにより、一般的なワームよりも大きく・艶めかしくワームがクネクネとしなってアクションします。

ソードビーム クビレ

水を強く押すというより、水を受けてヘコヘコと動いて魚に誘いを掛けてくれますね。

ロッドアクションは強く・速く与えるより、海中でワームが浮遊するように優しく・ややスローに動かすと良い感じ。

流れがある時はドリフト気味に、潮をワームに当てて流しながらヘコヘコさせるのも面白いですよ!

ダート

ラストはダート用ジグヘッドと合わせてセットする使い方。

私はデコイのデルタマジック・デルタマジックヘビーをセットして使っています(フックサイズは#4または#3がおすすめ)。

このジグヘッドとセットすると、ダートアクションはもちろん、ただ巻きするとワームがクネクネとしなりながらミノーのように勝手にアクション。

ダートで探り続けてもOKですし、巻きとのコンビネーションも効果があります。

なお、ダート幅はボディが硬めのピンテールワームよりも控えめになり、海中でワームを大きくしならせながら、移動距離を抑えた動きを見せますね。

リフトフォールの時と同様、ロッドアクションはややゆったりめにするのが私のおすすめ。

キレッキレのダートでは見切ってくるような少し活性が低い状況での食わせ能力が非常に高く、ダート専用ワームに負けない実績を残しています。

メッキ ソードビーム 釣果

ソードビーム+デルタマジックヘビーのライトワインドセッティングで尺クラスの良型メッキをキャッチ。

しなやかなボディを活かしたマイルドなダートアクションはスレた魚にも強い。

まるなか

ダート系ジグヘッドと合わせて使うと、中々個性的で面白いアクションを発生させるよ!
硬い素材のワームには出せない動き・軌道でアピールするね

適したシチュエーションなど

アジ・メバル・セイゴ・メッキ・カマス・根魚など何でも対応!

ソードビームはもともとメバルをメインターゲットに開発されたワームのようですが、魚種問わずに何でも良く釣れますね。

アジやメバルはもちろん・セイゴやメッキ・カマス等も全く問題なく釣ることができます。

キジハタ ソードビーム

また、ボトムをスローに誘えばカサゴや小型のハタ等の反応も非常に良く、実績多数。

針持ちも良く、使い方次第で五目釣りに対応。

小魚系のベイトを食うパターンにおすすめ!

ソードビームはやや大きめの細長いシルエットが特徴的なワームになり、シラスやキビナゴなどの小魚系ベイトがメインの状況下で特におすすめです。

プランクトンパターンなどになると、ややアタリの数が減ったり、アタリが出てもショートバイトが多くなりやすい傾向を感じます。

オールラウンドに使える汎用性という点では、シンプルな形状のストレート・ピンテールワームの方が優秀ですね。

しかし、パターンにハマるとかなり強いパワーを発揮するワームなので、他のワームとの使い分けの中で状況を見て投入すると良いです。

気になる点

ソードビームの気になる点ですが、ボディが六角形をしていてワームの上下がかなり分かりにくいですね。

ソードビーム ボディ形状

真上に針先を出したい時、どこが上に来る面なのかが非常に分かりにくいのが難点。

ぶっちゃけ多少ワームが曲がっても魚は釣れますが、やはり綺麗にセットして使いたいですからね。

まるなか

上面が分からない六角形のボディは思った以上にセットしにくいね・・・
何か印があったらいいんだけど

まとめ!

ソードビーム アジ 釣果

今回はダイワの月下美人ソードビームのインプレをしました。

  • 飛距離は平均~やや劣るくらい
  • 月下美人マテリアルで耐久性は良好
  • ボディがソフトでかなり大きくしなる
  • ただ巻き・リフトフォールの他、ダートで使うのもおすすめ
  • アジやメバル以外にも小型回遊魚や根魚も良く釣れる

要点をまとめるとこんな感じですね。

少し奇抜な見た目をしているワームですが、静と動の使い分けを上手にすることで効果を発揮!

状況に合うとかなり良く釣れるワームなので、気になる方は使ってみてください。

おすすめ関連記事

月下美人シリーズのワームのおすすめな使い分け・特徴解説

アジングビームFAT 釣果 【実釣比較】ダイワ 月下美人ワームのおすすめな使い分け・特徴解説!【アジ・メバルなどに】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です