【実釣比較】ダイワ 月下美人ワームのおすすめな使い分け・特徴解説!【アジ・メバルなどに】

月下美人ワーム 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はダイワのライトゲーム用ルアー、月下美人シリーズ各ワームの特徴や適したシチュエーションなどを紹介していきます。

全て管理人が実際に購入して魚を釣り上げ、公平な視点でそれぞれのアイテムを解説。

ワーム選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

月下美人ワームの特徴・メリット

月下美人シリーズは私の中でかなり使用頻度が高いワームの1つですが、良さはどこにあるのか?

代表的なものを紹介していきます。

高耐久素材採用!

月下美人シリーズのワームを使う一番大きなメリットとしては、伸縮性のある高耐久マテリアルを採用している事。

かなり以前から月下美人シリーズのワームはこの手の素材を使っています。

アジングビームFAT 耐久性

ワームをひぱってみると、こんな風になが~く伸びます。

一般的なワーム素材のように少し負荷を与えても千切れることが無く、1本のワームでかなり長く釣り続けることが可能。

常夜灯周りの数釣りなど、テンポよく釣り続けたい時にかなり強い武器になりますね!

アベレージサイズのアジなどを狙うのであれば、丁寧に使えば半永久的に使えますぞ。

外道に強い

ライトゲームで厄介なものの1つが、フグやベラなどにワームを齧られること。

場合によっては、ワンキャストでワームがダメになってしまう時もありますよね・・・。

こんな時でも月下美人シリーズのワームを使えば、1発でワームが破壊されることはかなり少ないです。

ずっと攻撃されていると最終的にはワームが砕けてダメになりますが、一般的な素材のワームの数倍以上は持ちます。

月下美人 カマス 釣果

外道対策の他、歯が鋭い・ザラザラしているカマスやメッキ・小型のハタ狙いなどにも余計なワームの損失を抑えられますね!

優れたコスパ

高耐久素材を採用している月下美人シリーズのワームですが、長持ちするのに価格が高くないのも大きな特徴。

だいたい1パック400円~500円前後で購入できますし、持ちの良さを考えればコスパは抜群です。

デメリット

一方でデメリットもあるので、使う際は把握しておいた方が良いですね。

ワームが刺しにくい

ある程度は慣れで克服できますが、ボディが細身のものや、ジグヘッドの針先が真っすぐでないものは綺麗にセットする難易度がかなり高くなります。

月下美人 ワーム

ライトゲーム初心者の方は、月下美人素材のワームを使う時はあらかじめ家でフックにセットしておいた方が良いです。

癖がつきやすい

伸縮性に優れた高耐久素材は、保管時に少しワームが曲がってしまうとそのままの形状になりやすいです。

通常素材のワームもある程度癖は付きますが、月下美人のようなワームよりはマシな印象。

保管する時はボックスに移さず、パッケージに入ったままの方が良いかな。

ワームが溶ける

月下美人シリーズのワームと一般素材のワームを合わせて保管してしまうと、ワームがドロドロに溶けたりくっつくので要注意。

ボックスに移して保管する時はもちろんですが、ジグヘッドにセットしてスリットケースに入れる時も他のワームと触れないように距離を離さないと、後でめんどくさいことになります・・・。

まるなか

刺しにくさと保管時のデメリットを克服できれば、月下美人シリーズワームを使うメリットはかなり大きいよ!

オールラウンドに使いやすいおすすめワーム

まずは魚種・シチュエーション問わずに使いやすい汎用性が高いワームをピックアップして紹介していきます。

月下美人 ビームスティック極み

  • 全長:1.5インチ・2.2インチ
  • 形状:ピンテール

月下美人ビームスティック極みはオーソドックスなピンテールワーム。

ライトゲーム全般に使えますが、食わせ能力をある程度重視するならノーマルよりも極みが使いやすいです。

2.2インチは20cm前後以上のターゲット全般に。
1.5インチはマイクロベイトパターンや、10cm台のアジやメバルなどに使いやすいですね。

ビームスティック極み 釣果

癖のない使用感で、ビームスティック極みを基準にワームローテーションするのもおすすめ!

▼詳しい使用感解説は【ダイワ 月下美人ビームスティック極み徹底インプレッション】を参考にどうぞ

月下美人 ビームスティック

  • 全長:1.5インチ・2.2インチ
  • 形状:ピンテール

スペック的にはビームスティック極みと同じですが、こちらはボディがややパリッとしていて硬め。

カマス ビームスティック 釣果

ロッドアクションを与えて水を強く動かしたり、カマス等の小型回遊魚をテンポよく釣りたい時にはノーマルのビームスティックがおすすめ。

ただしボディにハリがあるので、食わせ重視の釣りをする時は少し使いにくいと感じることがありますね。

月下美人 アジングビーム極み

  • 全長:2インチ
  • 形状:ピンテール

アジングビーム極みはビームスティックよりも細身で吸い込み重視のナチュラルなワーム。

深めのリブが潮を受けることで滑らかに動き、軽量ジグヘッドをセットした時の繊細な誘いやバイトに対する吸い込みの良さが光ります。

アジングビーム極み 釣果

ビームスティックの方が五目釣りにはおすすめですが、漁港内などのアジングならアジングビーム極みの方がどちらかといえば私は好きですね!

▼詳しい使用感解説は【ダイワ 月下美人アジングビーム極み徹底インプレッション】を参考にどうぞ

月下美人 アジングビームFAT

  • 全長:1.5インチ
  • 形状:ピンテール

アジングビームFATは1.5インチのショートボディながらボディにボリュームがあり、絶妙なバランスで汎用性が高いんですね。

小さなワームを使うと、状況次第ではアピール不足になってアタリ自体が減ってしまうことがあるんですが、アジングビームFATは程よくワームのボリュームを落としつつ、必要なアピール力は残せます。

アジングビームFAT アジ 釣果

2インチ前後のワームにアタリが出るけど掛かりが悪い時や、少し魚が小さい時におすすめ!

▼詳しい使用感解説は【ダイワ 月下美人アジングビームFAT徹底インプレッション】を参考にどうぞ

アピール力が欲しい場面におすすめなワーム

次はワームの存在感をしっかり出したい時に使いやすいワームを紹介。

月下美人 デュアルビーム

  • 全長:2インチ
  • 形状:ストレート

デュアルビームはライトゲーム五目釣りにおいて、私が非常に多用するワーム。

このワームの良さは、「高耐久素材」+「ダート・ただ巻き両方の釣りに対応」できること!

主にライトワインド用のジグヘッドをセットして使っていますが、ダート時の程よく柔らかさのあるアクション、そしてただ巻きした時のリップレスミノーのようなフラフラしたスイミングが秀逸!

デコイのデルタマジックシリーズを好んで使っています。

デュアルビーム メッキ 釣果

アジ以外にもメバルやセイゴ・メッキ・カマス・根魚など、ダートと巻きのコンビネーションで五目釣りをしたい時に超おすすめ。

▼詳しい使用感解説は【ダイワ 月下美人デュアルビーム徹底インプレッション】を参考にどうぞ

月下美人 ソードビーム

  • 全長:2.2インチ
  • 形状:オリジナル形状の大型テール装備

ソードビームはやや大きめの2.2インチボディのワーム。

シルエットによる存在感は少し強めなんですが、アクション自体はナチュラルなのが特徴的。

アクションさせると、ボディに設けられたクビレによってワームがユラユラと細かく・柔らかく動いてアピール。

ソードビーム アジ 釣果

サイズによるアピール力を確保しつつ、波動が弱いのでプレッシャーを与えにくいのがこのワームの良さ!

ダート用ジグヘッドをセットして使うのも中々面白く、ワームをクネクネさせながら控えめに・移動距離を抑えて左右へダート。

キビナゴなどの細長い小魚系ベイトを追っているものの、少し活性が低い状況におすすめですよ!

▼詳しい使用感解説は【ダイワ 月下美人徹底ソードビームインプレッション】を参考にどうぞ

月下美人 ダックフィンビーム

  • 全長:1.5インチ
  • 形状:シャッドテール

ダックフィンビームはボディ自体は小さめですが、ややファットなボディ+大型シャッドテールによって強いアピール力。

ライトゲーム用のシャッドテールワームとしてはかなり波動が強く、エコギアのグラスミノーSとローテーションすることが多いです。

アクションさせると、ボディをリズミカルに振動させながら強波動でスイミング。

ダックフィンビーム カマス

大場所狙いのアジやメバル狙いの他、カマスゲームにもかなりおすすめ。
歯が鋭いターゲットを狙う時や、フグが多くてもテールが千切られにくいのは大きなメリット。

▼詳しい使用感解説は【ダイワ 月下美人ダックフィンビーム徹底インプレッション】を参考にどうぞ

食い渋り・低活性に強いおすすめワーム

ラストは魚が居るものの中々食わなかったり、難しい状況下で効果を発揮しやすいワーム。

パターンにハマると強い反面、状況によっては使いにくいことがあります。

月下美人 シラスビーム

  • 全長:2インチ・2.8インチ
  • 形状:ストレート

シラスビームはツルッとした形状の食わせ重視のワーム。

非常にソフトで生っぽい素材を採用しているのが最大の特徴ですね。

細かいロッドアクションや流れでワームがユラユラと潮になじんで動き、魚が食ってきた時にスムーズに折れ曲がるのでフッキングも安定。

シラスビーム アジ

一方、かなりソフトな素材なので、使い方次第ではワームが少しズレやすいです。

簡単には千切れないのである程度持ちはしますが、手返しの点で少し不利になることがあるので、個人的には使う状況を選ぶワームとして考えています。

▼詳しい使用感解説は【ダイワ 月下美人シラスビーム徹底インプレッション】を参考にどうぞ

月下美人 ビビビーム極み

ビビビーム極みは1.5インチのパドルテール型のワーム。

マイクロベイトパターンに対応しますが、テールの水押しが強く、アクションを与えた時の滞空時間の長さに優れます。

ビビビーム極み メバル 釣果

魚が小さい時や、小型のベイトを食っているアジやメバルに効果的ですが、魚影が薄い時や濁りがある時など、魚を引っ張るパワーがある程度必要な状況におすすめ。

▼詳しい使用感解説は【ダイワ 月下美人ビビビーム極み徹底インプレッション】を参考にどうぞ

月下美人 ドリビーム

  • 全長:0.9インチ
  • 形状:ピンテール

ドリビームは0.9インチのマイクロサイズのワームですね。

独特な形状をしていて、パターンにハマった時に強い効果を発揮しますが、下手に使うとアタリが減るスペシャリスト的なアイテム。

プランクトンパターン向きで、細長い小魚系のベイトを食っている時は正直使いにくいです。

ドリビーム アジ

使いにくさがある反面、状況にマッチすると非常に優れたフッキング性能でバシバシ合わせが決まりますよ!

▼詳しい使用感解説は【ダイワ 月下美人ドリビーム徹底インプレッション】を参考にどうぞ

おすすめ関連記事

月下美人シリーズのジグヘッドの使い分け・特性解説

SWライトジグヘッドSS 【実釣比較】ダイワ 月下美人シリーズのジグヘッドのおすすめな使い分け・特性解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です