テナガエビ釣り 竿の種類と長さはこう決める!選び方の基本を解説

さて、今回はテナガエビ釣りに使う竿。ロッドの選び方について!

どんな種類のものを選び、長さはどうやって決めれば快適な釣りができるのか?

基本的な部分をここでは紹介していく。

これを参考にして、出かける場所の特徴などに合わせて使いやすい竿を選んでいただけたらいいんじゃないかな!

実際に釣り場でテナガエビを狙っている方を見ていると、ポイントに合っていない竿を使って釣りをしている方なんかも結構見かける。

テナガエビ釣りは障害物のそばギリギリを攻めたりすることが多いから、使いやすい道具を使うかどうかで仕掛けを投入する精度なんかも結構変わってくる。

そしてその差が釣果にも繋がってきてしまうというわけ!

この機会にしっかり使いやすいロッド選びのポイントを押さえ、快適に楽しくエビ釣りを楽しんじゃおう。



テナガエビ釣りに適した竿の種類

まず、この釣りに向いている竿の種類について。

リール竿は基本的に不向き

テナガエビ釣りでは、基本的に岸近くにある消波ブロックや岩の影、岸壁沿いなどといった

エビの隠れ家に出来るだけ近い場所に餌を落とすことが何よりも大事!

この時、よく見かけるのがリールが付いた竿で釣りをしている姿。

何となく、リールが付いた竿の方がカッコいいし遠くに仕掛けが投げられるから沢山釣れるんじゃね?

って考えてしまうかもしれないけど、基本的にテナガエビ釣りではリールは要らない。

簡単に理由をまとめてみると、こんな感じ。

リールがいらない主な理由
  • テナガエビ仕掛けは軽く、リールを使って投げようとすると飛ばないし糸が絡みやすい
  • 障害物の際ギリギリに仕掛けを投げるのは、リール竿では難しくなる
  • リールが付いている分、竿が重くなって疲れやす
  • のべ竿の方が仕掛けを投入したり、ヒットしたエビをキャッチするまでが手早く、手返しが良い

こんな理由があるから、この釣りで使うのはリールが付いた竿ではなく

シンプルなのべ竿がおすすめってわけだ!

高価なものは必要ではない

そしてこのテナガエビ釣りの特徴の1つなんだけど、初心者の方でも誰でも手軽に楽しめる理由。

それが、高価な道具は必要ないという事!

のべ竿と言っても、釣具屋さんへ行くとかなり高級なアイテムも存在している。しかし、この釣りでは基本的にロッドの性能の差が大きく釣果を分けることは少なく、1000円とか2000円などで売られているものでも十分な釣果を上げることができる♪

実際にわたくしまるなかが使っているものも1000円程で購入したお手軽価格の竿。それでも十分な釣果は望めるのがこの釣りの魅力!

テナガエビ釣り 竿の長さの選び方

お手軽価格ののべ竿でテナガエビゲームは十分に楽しめることは分かった。

そして、竿の種類と並んで超重要なのが竿の長さ!

これを間違ってしまうと、実際の釣り場で釣りがしにくくて仕方なかったり、逆にエビの潜むポイントまで仕掛けが届かなかったりすることがある。

だから釣行する場所に合わせて、適切な使いやすい長さのアイテムを選ぶようにすることが大切。

基本は1m前後~3m位までの竿

テナガエビ釣りに使用することの多い竿の長さだが、基本的には1m~3m位までのものを使う事が多い。

基本的には短めのロッドを使って釣りをすることが多いが、状況によってはちょっとだけ長さの有るものの方が使いやすいポイントなんかもある。

ただし5mや6mなんて言う長さのものを使う事は殆どなく、それだと長すぎてしまって取り回しが悪くて使い難くなるぞ。

足元付近を探る時は1m前後の短竿が効果的!

まず、テナガエビ釣りでよく見かけるシチュエーション。

それが、足元付近の極端に近い場所にエビの潜むポイントがある時だ。

例えば、テトラポットに乗って真上からその隙間に仕掛けを落とし込んで釣りをする釣り場など。

このような場所では、2mや3mなどのちょっと長い竿を使ってしまうと足元ギリギリに仕掛けを落とすのって実はかなり難しいのだ。こういった際は90cmや1mなど、短くて取り回しの良いものが非常に効果を発揮する。

普段このような場所で使うロッドは、長さが90cmのものを使って釣りをしているぞ!この位の短い竿だとテトラの上や狭い場所でも邪魔にならず、快適に釣りができる。

岸から少し離れたポイントを狙う場合

ポイントの真上に立ち、足元に落とし込む釣りでは1m前後の短い竿が効果を発揮することは分かった。しかし、釣り場によっては足元ではなく

ちょっと岸から離れた場所にエビの巣がある場所

なんかも存在している。

例えば、こんな釣り場でテナガエビを狙う場合。テトラポッドが岸沿いに存在していて、短い釣りでも釣りをすることはできる。

しかしちょっと沖側にテトラポッドが沈んでいて、エビが沢山住んでいるのは岸近くではなく、実は沖に沈んでいるテトラの隙間だったりするのだ。

こういう場所では短い竿だけでは釣果が極端に落ちることがあり、若干長さのあるロッドの方が使いやすくなる。

ちょっとした岸から離れた場所を狙うのであれば、竿の長さは240cmや270cmなど3m近い竿の方が適している。特に釣り人が多くてエビが人間を警戒しているような場所であったり、日中の時間帯に釣りをする時などは沖のちょっと水深が有る場所に落ちている事も多いからね!

このあたりは釣行する場所の特徴なんかを下見しておいたり、釣具店の店員さんに釣り場状況を確認したりすると間違いのない竿の長さを選ぶことができるはず。

とはいっても、全く釣り場の状況が分からなければとりあえず長い竿を買っておけば何とかなる(理由は後程)。



色んなフィールドで使う初めの1本の選び方

釣りに出かける場所の特徴が分かっているなら、竿の長さ選びはここまで紹介してきたように選べば良い。

しかし、どんな釣り場に出かけるのかわからないような状況で竿を選ぶとなると、

どうやってテナガエビ釣りの竿を選んだらいいのか?

ちょっと悩んでしまうかもしれない。また、色んな場所を1本で攻略したいという時も同じだね。

大は小を兼ねる。迷った時は長めの竿を選ぶ

とりあえず1本でいろんな場所のテナガエビを釣りたいのであれば、おすすめは270cmなどの長めの竿を購入すること!

短い釣り竿は長く伸ばして使う事はできないけど、長い竿は短い竿として使う事が出来るからだ。

リール竿だとそれは無理だけど、のべ竿ならそれが出来る。

節を抜いて短竿として使う

長めの竿を購入した場合、足元の至近距離を狙う場所で釣りをしたくなった時は

竿尻の栓を回して抜き、穂先から何節か抜き取って短い竿として使うのがおすすめ。

釣り竿の末端にあるネジ上のキャップを外すと、釣り竿は分解することができる。

穂先から1節なり2節なり抜きとって穂先だけで使えば、簡易的な短竿として釣りを楽しむことができるってわけだ。

この使い方はある程度大きな魚を釣るには向かないけど、テナガエビクラスの大きさのターゲットを狙うのであれば強度的には全く問題はない。

テナガエビ用の竿選びまとめ・関連記事!

テナガエビを釣る際に使用する竿の選び方については大体こんな感じかな。ロッドを選ぶ際は

竿の種類と長さに注意して選んでみてくれ。

最後にチェックポイントをまとめておく。

テナガエビ釣りに使う竿の選び方の要点!
  • 竿の種類:リール竿ではなくのべ竿がおすすめ
  • 足元付近を探る時:1m前後の短竿が使いやすい
  • 若干離れた場所を狙う:270cmや3mクラスまでの長さの竿を選ぶ
  • オールラウンドに使える1本:大は小を兼ねる。長めの竿を買うのがおすすめ

テナガエビの釣り方や、仕掛けの選び方をより知るなら合わせて読むのがおすすめ♪

合わせて読んでパワーアップ!

◎テナガエビ釣りの基本をまとめたページ

今回はここまで。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です