【アジングワーム】ダイワ 月下美人アジングビーム極みの使い方・インプレ!

アジングビーム極み

さてさて、今回はダイワのアジング用ワーム

月下美人アジングミーム極み

このワームを使ってみて感じたインプレッションをしていこうかなと。

いわゆる新素材系の針持ちが良いワームになるんだけど、

伸びる系のワームってなんか好きになれない・・・

という方は意外と多いんじゃないかな?

私自身カマス釣りなんかには伸縮性のある耐久力に優れたワームを使う事もあるんだけど、アジングやメバリングの場合は

味や匂いがしっかり付いた通常素材のワームが何となく好き。

そんな中で何となく興味が引かれたこのアジングビーム。

実釣を繰り返してみた感じとしては

通常素材のワームに釣り負けることも無くて、超手返しの良い釣りが展開できる。

これは結構武器になると思うので、新素材系のワームが嫌いという方にも1度使ってみてもらいたいね!!




ダイワ 月下美人アジングビームをサクッとインプレッション!

アジングビーム極み 釣果

まずはこのアジングビーム極みを実際に使ってみて感じた印象を簡単にまとめて紹介しておこう。

アジングビーム極みをインプレ!
  • 使えるシチュエーション:程よいサイズ感でオールマイティ!
  • アクション、使用感:超ソフトなマテリアルで良く動く。リブによる抵抗で使用感も程々にあり
  • 耐久性:非常に長持ち。1本で数十匹は行けそう
  • 欠点:通常素材のワームと分ける必要あり。テールに癖が付いているものがある

◎総評:通常素材のワームに比べてアタリが減ることも無く、良く釣れる使いやすいワーム。新素材系のワームが嫌いな方にもおすすめ!

港湾アジングを中心にオールマイティに使えるワーム

アジングビーム極みは2インチでリブが深めに掘られたピンテール系のワーム。

サイズ感としては小さすぎず大きすぎずといったところで、港湾アジングを中心にちょうど使いやすいボリューム感。

マテリアルが非常にソフトでアジの吸い込みも非常に良く、10cm台中盤位のちょっと小さめのアジでも普通にフックアップしてくれる。

ナチュラルな微波動アクションなのでアジもスレ難く、常夜灯下の数釣りアジングでも反応が結構長く続く印象があるね♪

使い勝手は非常に良く、初心者の方~ベテランアジンガーであっても使い易いワームだと思う。

また、マテリアルにはエビとイカが混じったような結構強めの集魚剤が混ぜ込まれており、新素材系のゴム臭いような嫌な臭いは全くしない。

アジングにワームの味とニオイの有無は個人的にはあまり気にしていないが、何となくフレーバー入りのワームの方が気分的には釣れそうな気になれるよね。

ソフトマテリアル&深めのリブでロッドアクションにレスポンス◎

アジングビームのマテリアルは新素材系の伸びるワーム素材出てきている。

硬くてゴムのようなものではなく、非常にソフトな素材が特徴だ。

アジングビーム極み ボディ形状

プラスしてボディに掘られた深めのリブが水をしっかり受けることで、微妙なシェイキングや水流にもワームが良く反応して動くのが特徴的。

ただ巻きでも微波動でアジにアピールするし、ロッドを軽くシェイクしつつのリフトフォールでも良い感じに動く。

この柔らかな動きは、通常素材のワームではワーム自身の耐久力の関係で中々出せないように思う。

ただ巻きした時、テールの先端付近が微波動で絶妙に動くアクションはまさに釣れそうな動き!

ミニ水槽でアジングビームを動かしてみると、ただ引きでもテールが絶妙に動くのが分かる。

逆に言うと、マテリアルが柔らかいので強めのロッドアクションで切れのある動きを出したり、左右にダートさせて使ったりするのにはあまり向いていない。

アジングビーム極みは、ただ巻きや縦方向に細かく誘うリフトフォールアクションでナチュラルにアジを誘うのに向いているね!

また、リブが水受けの役割をしてくれるのでワームをただ巻きした時や、アクションを与えた時の抵抗感が出やすい特徴がある。

これによってワームの操作感も程よく出てくれるので、軽量なジグヘッドを使用する時でもノー感じになり難いのはメリット。

特に初心者の方は、ルアーの引き抵抗が小さすぎると、何をやっているのかわからなくなってしまって釣れる気がしなくなっちゃいやすいからね。

そういう点でもこのボディのリブが良い働きをしてくれる。

 

水の抵抗を受けるという事は、ツルッとした形状のワームに比べると沈下速度が遅くなる特徴がある。

だから同じ重さのジグヘッドを使用する時であっても、他のワームよりも若干上のレンジを引くのに向いている。

アジが上ずっている時やスローな誘いで釣っていきたい時に、アジングビーム極みは特に使い易いと思う。

逆にディープレンジまで素早く沈め、ボトム周辺を重点的に探りたい時はジグヘッドを少し重たくしないと釣り難い感じだ。

ディープ狙いの時は、水の抵抗が少ないワームと使い分けた方が楽に釣りが出来るはず。



ワームの耐久性は文句なし。1本で何匹釣れるのか?

アジングビーム極み 釣果

アジングビーム極みのマテリアルは耐久性が非常に高い。

かなり雑に扱ってもワームが裂け難いし、ソフトなマテリアルなのにフックシャンクに密着するのでズレ難さも両立されている。

アジングビーム極み

実際にこのアジングビームは1本で40本~50本弱位アジはキャッチしたと思うが、まだまだワームが割ける様子も無くて余裕で使える状態をキープ。

1度丁寧にワームをセットすれば、超長持ちする。

アジの活性が比較的高く、連発してくるような時はこの耐久性がかなり強い武器になる。

いちいちワームをセットしなおしたり、新品のものと交換しなくていいので手返し良くどんどんアジをキャッチできる。

だから時合いを逃さないし、結果的に短時間で沢山のアジを効率よくキャッチできるってわけだ。

保管に気を使うが、テールの癖はプラスに考えろ!

アジングビームの素材は保管に注意が必要で、通常素材のワームと混ぜて保管するとワームが溶けてベチョベチョになるなる可能性が高い。

なので保管時は他のワームと分ける必要がある。

また、新素材系のワームの欠点として

ワームの曲がり癖

が挙げられる。

アジングビーム極みも例外ではなく、テールの先端付近が少し曲がっているものが結構多く混じっている。

神経質な人はワームの微妙な癖が気になるかもしれない。

しかし、実際にワームのアクションを見てみた結果

ワームのテールがちょっと曲がっているものの方が、ただ巻き時のアクションが良く出る傾向あり!

実際にテールが曲がっているものを使ってみてもアジは普通に釣れたし、真っすぐなものと変わらない位釣れたので

ネガティブに考える必要はないんじゃないかと思う。

こういう新素材系のワームは癖が付きやすい特性がどうしてもあるんだけど、個人的には全く気にしないようにしている。

アジングビーム極みのカラー選び

アジングビーム極み 鮭フレーク

アジングビーム極みは、基本的にナチュラルで繊細なカラーが中心にラインナップされているような印象がある。

ワームのカラーは人によって好みがあるが、私のおすすめカラーは次に紹介する2色かな。

  • 胡麻塩しらす:ナイトゲームではオールラウンドに使える
  • 鮭フレーク:オレンジラメが入っており、常夜灯周辺。特に黄色~オレンジ系の灯りの下に

私の場合、この2色でナイトアジングは大体カバーできている感じ。

この辺りは人によって好きな色が違ったりするので、最終的には釣れそうな色を信じて使ってみれば良いだろう。

ダイワ 月下美人アジングビーム極みインプレまとめ!

今回はダイワのアジングワーム、月下美人アジングビーム極みのインプレッションをしてきた。

このワームは個人的にかなり当たりなワームで、

新素材系の耐久性が高いワームが何となく嫌いだ

という方にも使ってみて欲しい。

味とニオイもしっかり付いているし、ワームのマテリアルもソフトでアジの吸い込みがかなり良く出来ている。

普通に釣れて他のワームに釣り負けることも無いので、手返しの良さで効率の良い釣りが出来て良い感じ!

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です