ダイワ 月下美人アジングビームFATを徹底インプレ!

アジングビームFAT インプレ 使い方

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はダイワから発売されているライトゲーム用ワーム、月下美人アジングビームFATの使用感や使い方のコツなどを詳しくインプレ。

アジングビームFATはかなりコンパクトな形状ながら程よい存在感があり、マイクロベイトパターンに対応しつつ、魚を引き付けるパワーもバランスよく備わっていますね!

ワームを小さくしたいけど、小さくするとアタリそのものが減ってしまうような状況下でも優れた使い勝手の良さを発揮。

忖度なしにインプレしていくので、ワーム選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

アジングビームFATのスペック・ラインナップ

  • 全長:1.5インチ
  • 素材:高耐久マテリアル

アジングビームFATはスペック的には1.5インチとかなり小さめ。

しかし、実際のボリューム感はサイズ表記以上に程よくあり、弱すぎないワームなのでかなり使いやすいですね!

▼カラーラインナップについては【ダイワ 月下美人アジングビームFAT商品紹介ページ】を参考にどうぞ

アジングビームFATを「サクッと」インプレ!

アジングビームFAT 釣果

アジングビームFATの使用感を詳しく解説する前に、私なりのインプレッションを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:優秀
  • 耐久性:優秀
  • アクション:ピンテールの微波動系ワームだが、サイズの割に滞空時間が長く、操作感が分かりやすい。
  • 使い方:ただ巻き・リフとフォール・ドリフトなど何でも
  • リグ:ジグヘッドリグなど
  • 適したシチュエーションなど:アジ・メバル・セイゴ・カマス等。プランクトンパターン以外に強風時・ハクなどの小魚系ベイトを食う状況下にも強い

簡単にインプレするとこんな感じ。

コンパクトなボディで小型のベイトを食うパターンに強いんですが、存在感自体はあまり弱くしたくない時に非常に使いやすいワーム。

風が少し強い時など、悪条件下でもコントロールしやすくていい仕事をしますね!

飛距離

アジングビームFATの飛距離ですが、1.5インチクラスのコンパクトなライトゲーム用ワームとしてはかなり投げやすくなっています。

ボディがやや太めで自重が程よくあり、ボディのハリ+シンプルなピンテールによってキャスト時に空気抵抗が大きくなりにくく、ジグヘッドの自重を活かしたキャストが可能。

アジングビームFAT 硬さ

細長いワームのように空中でワームがクネクネしにくいので、多少風が吹いていても失速しにくいというメリットがありますね。

投げやすさに関しては全く不満はありません。

耐久性

ワームの耐久性に関しては、月下美人シリーズに採用されている伸縮性が非常に高いマテリアルなので、アベレージサイズのアジなどを狙うのであれば、1本でかなりの数の魚を釣り続けることができます。

アジングビームFAT 耐久性

吸い込みやすさを考慮しつつ、超ソフトなマテリアルではないのでフッキングの良さと持ちのバランスはちょうど良い感じ。

細身のボディのワームよりもジグヘッドにまっすぐ刺しやすく、ズレ難さにおいても優れてますよ!

アジングビームFATのアクション・使い方

コンパクトボディながら程よい操作感・アピール力

アジング用のワームはかなり細身のものもありますが、それらと比較するとアジングビームFATはボリューミーな形状をしています。

アジングビームFAT 形状

これにより、全長は1.5インチながらワームを操作した時の抵抗感が穂先・手元に伝わりやすいメリットがあります。

軽量なジグヘッドを合わせても操作感を失いにくく、少し風が強い時でもノー感じになりにくいです。

また、ワームが潮をしっかり受けることでフォールスピードを抑えることができ、水面で魚がライズしているような状況下にもキッチリ対応。

ライトゲームでは、魚のサイズやベイトフィッシュの種類によって非常に小さいワームを使用する機会もありますが、状況によっては単にワームを小さくするとアタリ自体が減ってしまうことが案外良くあります。

その点、アジングビームFATはコンパクトなボディながらワーム自体のアピール力は程よく確保されているので、アピール力はある程度残したままにワームのサイズを落としたいような時に非常に役立ちます。

アジングビームFAT アジ 釣果

水面で目に見えないくらいの小さなベイトを食う良型アジをアジングビームFATで攻略。
1.5インチのやや太めのボディはかなり使い勝手に優れ、魚の反応も良好!

まるなか

小さくても抵抗感が分かりやすくて使いやすいワームだね!

ただ巻き

アジングビームFATの使い方ですが、1つめはシンプルなただ巻き。

ただ巻きで使用すると、深めのリブとテール先端の微妙なふくらみが潮を受けて微波動を発生。

アジングビームFAT テール形状

プランクトンパターンなど、遊泳力が低いベイトを食っている時はスローな巻きを基本に。

一方でハク(ボラの幼魚)など、小魚系のベイトフィッシュを食っている時は少し重たいジグヘッドを合わせて少し速めのリトリーブで誘うのもおすすめですね。

アジングビームFAT 釣果 アジ

魚が居るのになかなか食わない時は、超スローな巻き落としやカーブフォールでアジの目の前にワームを滑り込ませるような使い方も効果がありますよ!

リフトフォール

2つめはロッドアクションを与えるリフトフォール。

個人的にはシンプルな巻きを使うことが多いので、使用頻度としてはやや低めになります。

ロッドアクションを与えることでファットなリブボディ・テールがしっかり潮を受け、アピール力は高くなります。

アジングビームFATはボディの抵抗によってフォールスピードがスローになるので、水面付近の狭いレンジにアジが集中している時など、ヘッドを軽くせずにワームの沈下を遅くしてジックリ食わせたい時に使いやすいです。

一方、ツルッとした形状の細身のワームと比較すると、魚が深場に落ちている時は沈下速度が遅くなり、釣りのテンポが少し悪くなりますね。

ロッドアクションを数回入れてフォールを組み合わせる使い方が基本になりますが、ロッドアクションはやや鋭く・短い距離で素早くワームを持ち上げるように操作するのが私の好み。

ドリフト

アジングビームFATはドリフトとの相性も良く、風や流れを利用した誘いも得意。

横風や追い風を利用してワームを流しながらジワジワとフォールさせたり・・・。

マイクロサイズのアピール力が小さいワームとは違い、ワームを操作しなくても必要な存在感があるので勝手に魚がワームを見つけてバイトしてきてくれますね。

よりワームの滞空時間を長くしたい時は、アジングビームFATよりも長いワームや細かいパーツが付いたワームにローテーションし、より潮受けを良くすることで対応すると良いです。

まるなか

マイクロベイトパターンに小さいワームは定番だけど、ワームは単に小さくするとアピール力が無くなってアタリが減ることも・・・
アジングビームFATはコンパクトながら程よい存在感・アピール力があるので、癖が無くて使いやすいよ!

適したシチュエーションなど

アジ・メバル・セイゴ等におすすめ

アジングビームFATは、ライトゲーム用ワームとしてはやや小ぶりなボリューム感。

だいたい10cm台中盤くらい~20cm台中・後半くらいまでの魚を狙う時に使いやすい印象ですね。

アジング以外にもやや小型~中型のメバル・30cmクラスまでのセイゴ・カマス狙いなどにも対応できます。

漁港内などの小場所のライトゲーム向きのワームですな。

プランクトンパターンの他、ハクなどの小魚系ベイトパターンにも対応!

アジングビームFATはコンパクトなシルエットを活かしたアミやプランクトンパターンにおすすめです。

一方で丸っこいボディ・サイズの割に強めの存在感を発生するという特性を活かすことで、ハクや小型のキビナゴなどを積極的に追いかけてライズが発生している状況下でもバイトがかなり多く引き出せます。

アミやプランクトンパターンでは軽量なジグヘッドをセットして滞空時間を確保しますが、ベイトフィッシュパターンでは1.2g前後以上のある程度重量があるヘッドを組み合わせ、スピード感のある誘いを演出すると良いですね!

細長いワームとはまた違った波動とアクションのキレが出せ、パターンにハマると良型のアジが入れ食いモードになる状況にも遭遇しています。

プランクトンパターンに対応するワームは各社からラインナップされていますが、アジングビームFATは状況による当たり外れが比較的少なく、魚の反応が安定していて汎用性は高い印象。

アジングビームFAT アジング 釣果

アジングビームFATは小型のキビナゴを食うパターンなど、小魚系のベイトを演出するのも得意ですね!

まるなか

アミやプランクトンパターンだけでなく、小魚系の小さなベイトフィッシュを食う状況にもかなり強いよ!

まとめ!

今回はダイワのライトゲーム用ワーム月下美人アジングビームFATのインプレをしました。

  • ファットなボディで自重が程よくあり、投げやすい
  • 耐久性は良好
  • 1.5インチのワームとしては操作感が分かりやすく、程よいアピール力が確保
  • アジ以外にもメバルやセイゴ・小型~中型のカマス狙い等にもおすすめ
  • プランクトンパターンの他、ハクや小型のキビナゴなどを食う小魚系ベイトパターンにも効果的!

要点をまとめるとこんな感じですね。

1インチ前後の非常に小さいワームのようなピーキーさが無く、どんな状況下でも比較的安定してアタリが取れる使いやすさが光るワーム。

2インチ前後のワームよりもサイズを落としつつ、汎用性の高さを無くしたくない時におすすめですよ!

おすすめ関連記事

月下美人シリーズのワームのおすすめな使い分け・特徴解説

アジングビームFAT 釣果 【実釣比較】ダイワ 月下美人ワームのおすすめな使い分け・特徴解説!【アジ・メバルなどに】

アジング用おすすめジグヘッド紹介

アジング用ジグヘッドのおすすめはコレ。実釣比較で使用感を解説!【実績から選ぶ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です