デコイ デルタマジック・デルタマジックヘビーをインプレ。ライトワインド完全対応のジグヘッド!

デルタマジック インプレ
こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はライトゲーム用のジグヘッドを紹介。

デコイから発売されているライトワインド対応アイテム、「デルタマジック・デルタマジックヘビー」をインプレッション。

このデルタマジックシリーズは私がライトワインドゲームでメインに使ってきたジグヘッドの1つ。
2020年の秋~冬にかけて、このジグヘッドだけで200~250匹くらいのメッキやカマスを釣ったと思う。

それくらい使い勝手が良く、信頼しているアイテム!

ライトワインド用のジグヘッドとして非常に使いやすいポイントが沢山あるので、アイテム探しの参考にしてみてね。

まるなか

ライトワインド用ジグヘッドに迷った時はデルタマジックシリーズがおすすめ!

デルタマジック・デルタマジックヘビーのラインナップ

デルタマジックシリーズはフックサイズ・ウェイトによって「ノーマルとヘビー」の2種類がある。

普通のデルタマジックは

デルタマジック ウェイト フックサイズ

出典:デコイ デルタマジック商品紹介ページ

  • フックサイズ:#8・#6・#4
  • 重量:0.6g~2.5g

このようなラインナップ。

一方でヘビーの方は

デルタマジックヘビー 重量 フック

出典:デコイ デルタマジックヘビー商品紹介ページ

  • フックサイズ:#6・#4・#3
  • 重量:3.5g~7g

このように、少し重ためでフックサイズもワンランク大きい。

デルタマジック(ノーマル)・ヘビーの使い分け

普通のデルタマジックとヘビーの使い分けだが、私の場合は

  • 普通のデルタマジック:常夜灯周りなど、浅い場所でメバルなどを狙う
  • デルタマジックヘビー:カマスやメッキ・カサゴ・小型のハタなど五目釣り

ざっくりとした使い分けはこんな感じかな。

デルタマジック 使い分け

私の出身地である静岡中部の場合はメバルやアジを狙うというより、カマスやメッキといった小型回遊魚狙いのライトゲームがメイン。
なので主にデルタマジックヘビーの方を使用している。

フックサイズ選び

狙うターゲットの種類やその時の状況によって違いはあるが、目安としては

  • #8:かなり小さい番手。10cm台のターゲットや食い渋り用
  • #6:10cm台後半程度のアジやメバル狙いなど
  • #4:20cm前後のターゲット向き
  • #3:20cm台前半~中盤以上の魚を狙う。カマスやカサゴ・小型のハタなどにも

だいたいこのような具合で選んでいる。

迷った時は、魚のサイズによって#6~#4ほどを基準に選ぶと良いかな。

デルタマジックを「サクッと」インプレ

デルタマジック 釣果

デルタマジックの使用感について、私なりの印象をざっくりとまとめておこう。

  • アクション:ダート・巻きの両方使える
  • 飛距離:矢じり型ヘッドとしては平均
  • 引き抵抗の強さ:操作感はやや大きめ。レンジキープ性能に優れる
  • フックの刺さり・強さ:刺さりは抜群、PEラインにも十分対応!
  • ワームのズレ易さ:差しやすさとホールド力のバランスが良い
  • ターゲット:アジング以外のライトワインド向きか

デルタマジックを簡単にインプレするとこんな感じで、総合的に見て非常にバランスが良くて使いやすい。

アクション・使い方

デルタマジックはダート用のヘッドなんだけど、実はそれだけじゃないのが良いところ。

ただ巻きで絶妙なスイミング!

当然ダートアクションで使用することもできるが、ただ巻きで使うとこれまた良い動きをするジグヘッド。

ダート8 DD8

ただ巻きで使う時は、私の場合はドリームアップのダート8やジャッカルのキビキビナ~ゴ(デカキビナ~ゴ)などと合わせることが多い。

細身で若干長さのあるワームでただ巻きをすると、リップレスミノーやシンキングペンシルのようにナチュラルにテールを振ってスイミングをするんだよね。
これが状況によっては非常に効果的!

※あまりワームを反らせてセットすると、ただ巻きした時に傾きやすくなるので注意。

▼【関連記事】

ライトワインド ワーム まっすぐ刺すドリームアップ ダート8(DD8)をインプレ。ライトワンド・巻きの両方で使える食わせ系ワーム! キビキビナーゴジャッカル キビキビナーゴ 使い方・実釣インプレッション

食い切らない時はダートと巻きのコンビネーションを使う

デルタマジックはダートで食わせるだけでなく、プラグ的な使い方もできる優れもの。

デルタマジック アクション 使い方

例えば、ダートアクションでアタリが出ても掛からなかった時や、反応するものの食い切らない時など。

こういう時はただ巻きにスイッチして探ると食ってくることがあり、ワンキャスト内でダートと巻きをコンビネーションさせて探るのも私のおすすめ!

このパターンでこれまでかなり良い思いをしており、単なるダート用ジグヘッドではないのがデルタマジック。

操作感や特徴

レンジキープ性能に優れる

デルタマジックのヘッドはやや左右に張り出した形状をしている。

ライトワインド ジグヘッド形状

これによってダートアクションを与えた時に若干浮き上がりにくく、レンジキープしやすい。

メッキやカマス等の小型回遊魚を少し早めのテンポのアクションで探りたい時や、少し深い場所で根魚を狙ったりする時に使い勝手がいい。

逆に常夜灯周りの浮いている魚を狙ったり、縦方向に持ちあげてフォールで食わせたい時はもう少し細身のヘッドの方が使いやすい。

また、張り出したヘッドによって操作感も比較的わかりやすく、穂先にヘッドの重さを感じ取ってアクションさせやすいぞ。

フック強度のバランス

デルタマジック フック

デルタマジックシリーズのフックは細軸すぎずでちょうど使い勝手がいい。
PEラインを使用した少し強めの使い方や根魚狙いにも対応しやすく、多少無理してもフックが耐えてくれる。

それでいて針先はストレートで貫通力が高く、スパッと刺さる鋭さも兼ね備えている。

ワームキーパーが優秀!

ライトワインド用ジグヘッドには、ワームキーパーが付いていないものも多いし、装備されていてもいろんな形がある。

デルタマジック ワームキーパー

デルタマジックシリーズは細身で鋭い「マジックキーパー」が採用されている。

実際に使ってみると分かるんだけど、これが実に使いやすい。

基本的に、キーパーが付いていないジグヘッドを使う場合、ライトワインドでは瞬間接着剤を使う必要がある。

しかしこのジグヘッドの場合は一部のズレやすいワームを除けば、接着剤で固定しなくても実用に耐えるズレ難さを確保することが可能。

デルタマジック ワームキーパー

また、ワームキーパーが大きいヘッドは伸縮性のあるワームをセットするのが超大変なことがある。
デルタマジックの場合はそのような心配は無く、ダイワの月下美人シリーズのようなフックが刺しにくいアイテムでも使いやすい。

細かい点だけど、ワームのズレ難さと刺しやすさのバランスがちょうどいいんだよね。

大径アイでセットが楽

ラウンドマジックシリーズはアイが少し大きめに設計されている。

デルタマジック アイ

これも実釣時にかなり使いやすく、手がかじかんでいたり・視界が悪いナイトゲームでもスナップをセットするのが楽にできる。

ジグヘッドによってはスナップがギリギリ通るくらいのアイテムもあって、使い比べてみると快適さが全然違う。

アシストフック装着可能

デルタマジックシリーズはヘッド下部にアイが設置されている。
ここにフックを追加で装着することが可能だ。

ただし追加でフックを付けると、潮の抵抗が大きくなる。

なので若干ダート幅が狭くなるので、私の場合はよほどのことが無い限りアシストフックは使用しない。

また、ボトムを狙う際は根掛かりの原因になることがあるので注意したい。

まるなか

デルタマジックは快適に使える機能がしっかり備わってて使いやすいね!

デルタマジックが適したターゲット

最後に、デルタマジックを使うのに適した魚・ターゲットについて紹介しておこう。

アジ狙いには若干不向きか

ライトワインドでアジを狙うのであれば、私の場合はデルタマジックをメインで使うことはないかな。

アジの場合はもう少し針先が外を向いたジグヘッドの方が使いやすい。

ハタ

なのでメバルなどをはじめ、セイゴやカマス・メッキ・カサゴ・ソイ・小型のハタなどを狙うのにおすすめかな。
もちろんアジングに使えないことはないので、個人個人の好みの差も大きいけどね。

デルタマジックシリーズはフックの強度は比較的強いので、30cm前後のメッキや40cm以上のカマス・その他ヒラメやオオニベの幼魚などを掛けても問題なく使えている。

デルタマジック ターゲット 狙う魚

ライトワインドでよく使う0.3号~0.4号前後のPEラインであれば、ラインの強さを活かしたやり取りができる。

おすすめ関連記事!

▼ライトワインド用おすすめジグヘッドを紹介

ライトワインド カマスライトワインド・マイクロワインド用ジグヘッドの選び方・おすすめアイテムを徹底解説!

▼ドリームアップダート8をインプレ

ライトワインド ワーム まっすぐ刺すドリームアップ ダート8(DD8)をインプレ。ライトワンド・巻きの両方で使える食わせ系ワーム!

▼ジャッカルキビキビナーゴをインプレ

キビキビナーゴジャッカル キビキビナーゴ 使い方・実釣インプレッション
ライトワインド講座 一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です