ダイワ 月下美人豆タンを徹底インプレッション!【アジ用タングステン】

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はアジング・メバリング対応メタルルアー、ダイワ月下美人豆タンの使い方や使用感を詳しくインプレしていきます。

豆タンはスプーン型のルアーで、一口サイズのマイクロボディとレスポンス抜群なスイミングアクションを見せます。

スティック型の形状をしているメタルジグとはまた違った波動でアクションし、手元に伝わる操作感の明確性だったり、スローな巻きでもワイドに泳ぐのが特徴的!

忖度なしにインプレしてくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで、毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好きです。

月下美人 豆タンのスペック・ラインナップ

  • 素材:タングステン
  • 重量:1.5g、2g
  • フック:リアダブルアシスト

重量は1.5gと2gのラインナップで、表層~中層狙いに使いやすくなっています。

一般的なスプーンとは違い、高比重タングステン素材を使用しているのも注目ポイント!

豆タンを「サクッと」インプレ!

豆タン アジ 釣果

豆タンの使用感や特徴について詳しくインプレする前に、私なりの印象をざっくりとまとめておきます。

  • 飛距離:メタルジグに劣らない飛び!
  • フォール:ややスローに、程よいヒラヒラ感で沈下する
  • アクション:抜群なレスポンスで、スローに巻いてもワイドなスイミング
  • 使い方:ただ巻き・シェイクがメイン
  • ターゲット:アジ・メバルを中心に、岸壁沿いのカサゴなど様々
  • 適したシチュエーションなど:表層~中層に魚が浮いている時におすすめ。ジグよりもしっかり泳がせたい場面に最適

豆タンを簡単にインプレするとこんな感じ。

スローなただ巻きでもキッチリ動くルアーになっていて、デイゲーム・ナイトゲーム両方に使えます。

ワームでは届かないエリアを探ったり、若干リアクションバイトの要素を入れたい時に使いやすくなってますぞ!

飛距離

豆タンの飛距離ですが、非常に優秀で、スプーン型のルアーとしては安定したロングキャストが可能になっています。

スプーン型のルアーは、ワームやプラグと比較すればよく飛ぶものが多いですが、メタルジグには劣りやすいです。

月下美人豆タンは、形状的にはオーソドックスなスプーン型をしていますが、素材が高比重タングステンボディ。

一般的なスプーンよりもシルエットが小さく作れるメリットがあり、空気抵抗の軽減に貢献してますね!

実際に私が2gの豆タンをPEライン0.3号のタックルでキャストすると、だいたい30m台前半~中盤くらい。

センターバランスのメタルジグと比べても大差なく、薄くて平たいスロー系ジグよりも、むしろ良く飛ぶくらいですな。

スプーン特有のアクションはスポイルせず、遠投性能は非常に優秀で使いやすいですよ!

フォール

タングステン素材ながら食わせのフォールは健在!

豆タンのフォールスピードですが、高比重タングステン素材を使用しているものの、フォールバイトをしっかり誘えるスピードに収まっています。

比重が大きい分、ボディを薄く作っているので、アジや小サバなどの回遊魚はもちろん、メバルやカサゴなどもしっかり食ってきます。

誘い上げからのフォール中のバイトもかなり多く、「タングステン素材の沈みの速さ」のデメリットはほとんど感じません。

バックスライド気味でユラユラ沈下

フォールスピードは抑え気味な豆タンですが、フォールはややバックスライド気味に入ります。

スルスル~と後方に滑るような感じで沈下しますが、その最中にスプーン特有のユラユラとボディが揺れる動きが混じります。

豆タン フォール

メタルジグのような、リアクションバイトを誘発する強烈なフラッシングやイレギュラーなスライドとは違いがあり、やや食わせ重視のアクション。

豆タンのアクションの質・使い方

ただ巻き(デッドスローメイン)

豆タンの使い方ですが、1つめはシンプルなただ巻き。

高比重素材を使用しているものの、その分ボディを薄くしてあるため、レスポンスは抜群に良いですね。

デッドスローで巻いても、ヒラヒラ・ワイドなアクションでしっかりとした波動を出します。

アクションのピッチはかなり早く、スローに巻いてしっかり動くメタル系ルアーを探している方におすすめ!

豆タン アクション

波動・水押しはかなり強く、同じ重さのスプーンやメタルジグと比較し、操作感が分かりやすいですね。

このヒラヒラとしたハイピッチアクションはメタルジグにはなかなか出せないので、スプーンを使うメリットになりますな。

着水後カウントダウンして一定速で巻いても普通に釣れますが、

  • ハンドル5回~15回転くらいにつきフォールを入れる
  • 時々巻き速度を一瞬早くしたり、遅くしてアクションを最低限・故意的に変化させる

こんな感じで、食わせのきっかけを作るために変化を出すのも効果的。

まるなか

高比重で硬い素材のタングステンを使っているからこそ、コンパクトで超薄型のボディが可能になっているね!
潮をしっかり受けてワイドに動くよ

シェイク・細かいトゥイッチ

豆タンの使い方の2つめは、ロッドを小刻みに振るわせつつ、リールをスローに巻くシェイク。

ロッドは大きく動かす必要はなく、手首を使って最小限のアクションを与えればOK。
タングステン素材の薄型ボディにより、小さなアクションでもキッチリ反応してくれますからね。

豆タンはスプーン型のルアーなので、ジグよりもアクションを与えた後の滑走距離が短く、その場にとどまるようなヒラヒラ・イレギュラーアクションが出しやすいです。

狭いスポットでルアーをヒラヒラさせて食わせたい時などに効果を発揮しますよ!

メタルジグよりもネチネチ誘いを掛けられるので、魚の活性が低い場面でもジックリ誘ってバイトを誘発しやすいです。

なお、一定層をキープし続けることもありますし、豆タンを徐々に浮上させていき、その後のフォールで沈めなおす使い方もおすすめ。

私の場合は徐々にリフトさせるようにシェイク&フォールの組み合わせで使うことが多いですね。

豆タン サバ 釣果

アジやメバル以外にも、堤防周りの小サバなどにも非常によく効きます。

シェイクさせながらリフトすると、奪い合うようにバイトしてきました。

リフトフォール

リフトフォールは、岸壁沿いやかけあがりの斜面など、狭いスポットに魚が固まっている時に効果的。

ルアーが回転しないくらいの速度でロッドを立てていき、頂点まで来たところで立てたロッドを寝かして豆タンを落とし込みます。

フォールに入る時のラインテンションの掛け方でフォールアクションが少し変ったりするので、色々試してみると良いです。

標準装備でティンセル付きのダブルアシスト仕様なので、フォール中のバイトもしっかりフッキングしやすくなっています。

フォールスピードは速くないので、状況によっては沈下速度が遅くて見切られてしまうことがあります。

アジング タングステンジグ 釣果

そんな時は、ボディに厚みがあるジグやタングステン素材のジグにローテーションすると、反応が変わったりしますよ!

特にデイゲームのアジングなど、リアクションバイトが効きやすい場面では差がハッキリと出たりします。

適したシチュエーションなど

アジ・メバルメインのライトゲーム五目釣りに

月下美人豆タンですが、主にアジやメバルをメインに狙うライトゲーム五目釣り向けですね。

ラインナップが2gまでなので、漁港内を中心とした近距離~中距離戦向き。

スプーン型のルアーなので、浮力がある程度強く、表層~中層狙いがしやすくなっています。

豆タン ボディサイズ

ボディサイズが非常に小さいので、10cm前後の小さな魚や、口が小さいベラなども普通に釣れます。

一方、カマスやメッキなどを狙うのであれば、5g~7g前後のもう少し重たいメタルルアーの方が使いやすいことが多いです。

なお、ナイトゲーム・デイゲーム両方に対応できます。

スローな誘いでしっかり泳がせたい時に!

月下美人豆タンですが、シチュエーションとしては、ワームやプラグよりもルアーの明滅やヒラヒラとした独特な動きによるアピール力やリアクション狙いの要素が欲しいものの、ジグでは動きが速すぎる・極端すぎる時に効果的。

メタルジグよりも速い誘いやジャークに対する対応力は低くなりますが、その分スローな誘いに対してキッチリ・ワイドに動くのが良さになります。

常夜灯周りをワームとは違った波動で探りたい時や、フグなどが多くてワームが持たない時なんかにも良いですね。

一方、手っ取り早く高活性な魚を探したり、反射食いを強く意識するならメタルジグの方が使いやすく、この辺りは状況や好みによる使い分けになりますね。

スローな巻きや細かいシェイクでジックリ誘いたい時に使ってみてください。

まとめ!

豆タン 青物 釣果

今回はダイワの月下美人豆タンのインプレをしました。

  • 高比重タングステン素材採用
  • マイクロサイズのボディでジグに負けない飛距離
  • スローな巻きでもワイドに・ハイピッチでヒラヒラ泳ぐ
  • ジグよりもスローに・狭い範囲を丁寧に探りやすい

要点をまとめるとこんな感じですね。

高比重なタングステン素材が良い働きをしていて、程よい操作感の分かりやすさと抜群なレスポンスのスプーン型メタルルアーですよ!

おすすめ関連記事

【実釣比較】アジングにおすすめなメタルジグ解説

アジング メタルジグ おすすめ 【実釣比較】アジング用おすすめメタルジグ・選び方徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。