スミス メバペンメバルの使い方・インプレッション!

メバルのプラッキングゲームにおすすめなプラグはいくつかありますが、トップウォーターゲーム入門に最適で私もかなりお世話になっているプラグが

このスミスメバペンメバル!

結構以前から発売されているペンシルベイトですが、非常に使い勝手も良くてしっかり魚も釣れるので、トップウォータープラグでメバリングに挑戦したい方にはおすすめなルアーです。

トップウォーターゲームはメバルがバイトしてくる瞬間が見えて非常にエキサイティングですが、ガルプなどのワームにスレている個体にも非常に効果的なので、魚が居ても釣れないような状況で一度試してみる価値があると思います。

今回はそんなメバリングをはじめとしたライトソルトゲーム全般におすすめな、メバペンメバルのおすすめな使い方や特徴を私なりに掘り下げてお話をしていこうと思います(*^^*)

なお、メバペンには小型のジュニアやソリッドなどのモデルが発売されていますが、

私のおすすめは、やっぱりオリジナルサイズのメバペンメバルかな!

このサイズが数釣りから型狙いのメバリングにも広く使えて、飛距離や操作性、アクションの面でも非常にバランスがいいのでまず購入して試してみるならオリジナルサイズをおすすめします。



スミス メバペンの使い方・インプレッション!

さて、まずは実際にメバペンを使ってみて感じているその特徴を少し紹介していきたいと思いますね!

メバペンの特徴

①しっかりスケーティングするアクション

ブラックバス用やシーバス用のペンシルベイトであれば、ある程度しっかりアクションをするプラグが殆ど。

しかし、メバリングやトラウト用の小型のペンシルベイトって、実際に使ってみると少しアクションの切れが悪かったり、うまくアクションしないものもある(-_-;)

その点、メバペンメバルはサイズの割にしっかり左右にスライドしながらアクションさせることができる。この1口サイズでしっかりスケーティングするペンシルベイトって以前はあまりなかったので、すぐに私のお気に入りになりましたね(*^^*)

②安定した飛距離

メバペンメバルはペンシルベイトの中では比較的高比重な分類になり、結構沖合でメバルがライズしている時などでもしっかりと射程にとらえてルアーをメバルの前に届けることができます。

同じようなサイズのペンシルベイトの中では比較的ボリュームのあるボディーも相まって飛距離はしっかり出ますね!

テールの部分の飛行機の翼のようなものがアクションの安定性などを高める効果があると、メーカーの方には聞いたことが有りますがルアーをキャストした際にも飛行姿勢を安定させる効果があるのかもしれない。

③張り付くように浮き、風などにも強い

ペンシルベイトには、浮力を高く設定してダイブやイレギュラーアクションを出すアイテムもあります。メバペンはこういったペンシルベイトとはコンセプトが違うようで、浮力はかなり低く設定されているので水面に高く浮くことはありません。

ですので、フックを若干太軸のものに交換したりロッドティップを下げてアクションを与えると、水面直下でドッグウォークさせたりしてメバルにバイトさせるような使い方もできますね!

浮力が低く設定されていることで、メバルが水面を割ってバイトして来た時でもルアーを弾かれることが高浮力のものよりも少なく、比較的フッキング率が高いのが特徴です。

また、風が少し吹いている時などにもこれはメリットになります。

高浮力のものはちょっとした横風が吹くと、かなり風に流されてしまって一か所でネチネチと誘いを掛けることが難しかったりしますが、メバペンの場合は重量が有って低く浮くので風の影響などにも結構強い。

メバペンを使うシチュエーション

①水面でメバルがライズしている時

メバルが水面で積極的にライズしているシチュエーションの場合、メバペンをキャストするとメチャメチャ面白いトップウォーターゲームが楽しめることもかなり多いですね(*^^*)

特にメバルが定位置で繰り返しライズしているような時や明暗などの境目などでライズしている時は、攻略の可能性も高くなりますね!

逆に常夜灯の真下にいる個体などはスレていることもあるので、こうなってくるとドリフトなどを駆使して釣りをしないと食ってこないこともあるので釣り上げるまでに時間が掛かることもあります。

②ワームに食ってこないシャローのメバル

港湾部のポイントなどでは、メバルの姿が見えているのに釣れないということは意外とありますよね。ライズしていなくても、浅い場所にメバルがステイしているならばトップウォータープラグで攻略できる可能性は十分ありますよ(*^^*)

ワームは基本的に水中に沈みます。そうなると、メバルからシルエットをはっきりと見破られてしまうことも考えられます。逆にトップウォータープラグのメバペンの場合は、水面の光の反射や波紋などによってそのシルエットをぼやかして使うことができます。ですのでスレているメバルでも完全にルアーを見切ることが難しいので、バイトチャンスが増えてくるというわけですね(*^^*)

③魚の絶対いそうなストラクチャーの際を狙う

釣りをしていると良くあるのが、

あそこのポイントには絶対魚が居そうだけど、ルアーを投げても釣れない・・・・。

こういったピンスポットを打つ釣りをするような時、メバペンは非常に強い。

水面に浮く特性をうまく使うことで、ひたすら時間を掛けてネチネチとピンスポットでルアーを動かし続けたりすることが出来るんですね!

後で解説しますが、メバペンをうまく使うにはドリフトや放置(ステイ)をどうやって組み入れていくのか?

これが結構釣果を左右するカギになります。うまくステイなどを組み込むことでストラクチャー際などに付いている大型メバルを焦らし、バイトさせることが出来るんですね。



メバペンの使い方

①スケーティング

若干糸フケを出し、その糸フケを出した状態でロッドをチョンチョンと動かすと、メバペンは綺麗に左右にスライドアクションをします。

これが最もベーシックな誘いになるわけですが、結構大きく泳ぐのでどこにメバルが付いているのかわからないような状況下などでも十分に魚を引っ張ってくる力が有ります。

活性が高い春先の産卵後の高活性のメバルであれば、スケーティングだけでバイトさせることも十分にできますよ(*^^*)

②シェイク

細かくロッドを震わせることで、水面に細かい波動を出したり頭をピョコピョコさせて誘う方法。これはメバルの付いている場所がある程度把握できていたり、ワームに食ってこないスレたメバルを攻略する時に効果的ですね(*^^*)

あまり強く動かしすぎてしまうと、スレた個体は見切ってくることもあるので注意します。

ほんの少し、若干の波動が出ていれば魚にそのルアーの存在は十分にアピールすることができますからね。スレた個体を狙う時ほど波動は弱く、繊細に!

③ステイ・ドリフト

メバペンを水面に放置してノーアクション状態を作ることで、スケーティングやシェイクといった誘いの効果が何倍にも高まります。

また、風が吹いていたり潮の流れがある程度あるような時は、メバルの潜んでいる位置を計算に入れてルアーをキャストし、風や潮の力で魚の前までルアーを運ぶドリフトもかなり効果的です。

 

30秒~1分くらいはメバペンを放置しても大丈夫です。アクションさせすぎてもメバルは食ってこないことも多いですが、ステイを入れることでその最中に焦らしてバイトさせることが出来たり、ステイ後のワンアクションで派手にバイトしてくるようなこともありますよ!

④アワセはワンテンポ置いてから

メバペンに限らず、トップウォータープラグを使ってメバリングをする際には

絶対にバイトがあったからと言って早合わせはしない事!

これは結構重要なので、注意してくださいね(*^^*)

バコンとバイトが目に見えると、ついついバシッとアワセを入れてしまいがちですが、メバルは所詮ロックフィッシュ。捕食は上手な魚ではありません。

ですので、バシャッとバイトが出た時でも若干糸フケを作っておきます。そのままラインがスーッと水中に持って行かれたら糸フケを取りつつリールを巻いて巻きアワセを入れていく感じで十分間に合います。

ミスバイトになった際、空アワセを入れてしまうとメバルが警戒してしまい、2度と同じところを通しても再びバイトして来ないことも多いです。逆にアワセを入れずに無駄なプレッシャーをメバルに与えることが無ければ、また何度も繰り返しアタックしてくることが多いですよ!大型のメバルでも意外とミスバイトが多いので、早合わせには十分注意してくださいね!

⑤夜光塗料をうまく使おう

トップウォーターゲームを楽しむ際、ネックとなるのが

どこにルアーがあるのか把握しずらい事!

メバリングに使うルアーは小さいものが多いですし、夜間の釣りとなることが多いのでなおさらですね(-_-;)

ですので、魚から見え過ぎない位置に夜光の塗料を塗っておき、視認性が悪いと感じた時は蓄光させて使用するとメバペンの使い勝手は大幅に良くなりますよ!

特に明暗の境目などを打つ時、どうしても目がチカチカしてしまってルアーの位置を把握するのが難しくなったりしますからね。

こういったちょっとした工夫をしておくと、釣果に差が出ることもありますよ(*^^*)

今回はスミス メバペンメバルの紹介をさせていただきましたが、メバルのプラッキングについては「メバリング プラッキングの基本」を参考にしていただくと良いかな!

また「メバリング トップウォーターゲームの基本」にもメバリングをトップウォータープラグで攻略する際のコツや基本の解説が有ります。よろしければそちらもご覧くださいね。

★まるなか大衆鮮魚では、他にもメバリングに関するタックルセレクトや釣り方、釣行記などの多数のコンテンツを用意してあります。時間のある時にでも「メバリング」のページに目を通してみると、何か役立つ情報が見つかるかもしれません。

メバリング入門に最適な、メバルの釣り方や道具選びの基本については「メバリング入門 釣り方、タックル選びの基本!」をご覧ください。

今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

3 件のコメント

  • はじめまして。メバルプラッギング初心者です。
    ここのところ暖かくなり、ようやくポツポツとプラグでの釣果が上がりはじめましたが、いつもスローなタダ巻きで釣れることばかり。
    巻かずにステイ、ドリフトさせて釣ったことがないので質問なのですが、ラインをピンと張ってなくてもバイトしたことがわかるものなんですか?
    経験がないだけにそこが不思議で…
    ご教示いただけると幸いです。

    • こんにちは、まるなかです。メバルをプラグで狙う際ですが、食いついたら意外とすぐには離さないものです。ですのでほんの少しラインがたるんだ状態でステイさせたりしておくと、メバルがしっかりとバイトすれば糸フケがなくなっていきロッドが絞り込まれます。
      それから巻き合わせを入れても充分にフッキングしますし、余計なプレッシャーを与えないのでミスバイトしてもまた食い直してくることが多いですよ。あまりにもラインをダルンダルンにしてしまうのは逆効果ですのでこの辺りはさじ加減が大切ですね!
      少し糸が弛んでるかな?くらいを意識してやってみてください

      • ご回答ありがとうございます!
        何らかのサインが出るんですね。
        巻かない釣りこそメバルのプラッギングの醍醐味だと思いますので、是非とも成果が出るようにチャレンジしてみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です