カマスのルアー釣りに最適なミノー選び・私が使うおすすめアイテムの使い分けを解説!

カマス ミノー おすすめ

さてさて、今回はカマスのルアー釣り講座。

ライトゲームタックルを使ったカマスゲームに使うミノーの選び方、合わせて私が実際に使っていて「使い易い」と感じるおすすめアイテムを紹介。

カマスは色んなルアーで狙うことが出来るが、ミノーというルアーは比較的ナチュラルで食わせ能力が高い存在。

カマス バイブレーション 釣果

一方でバイブレーションやスピンテールジグなどはアピール力が高く、手っ取り早く広範囲からカマスを誘い上げたり・リアクションバイトを狙うのに都合が良い。

この辺りはルアーの種類によって使い分けが重要だったりするが、今回は「カマスに最適なミノー」に絞って解説。

どんな風にルアーを選んだらいいのか分からない時や、ルアーセレクトの際の参考になったら嬉しい。

カマス用バイブレーションの選び方・おすすめアイテムの使わけ解説はこちら



カマス釣りに使うミノーの選び方

まずはどんな点に注目してミノーを選んだら良いのか?

私が普段注目している点について、順番に紹介していこう。

ミノーの大きさ

今回はアジングやメバリングタックルを使用した「ライトゲームでカマスを狙う」ことを前提に話を進めていく。

カマス ミノー 大きさ選び

ミノーのサイズについてだが、基本的には5cm前後を基準にセレクトするのが無難。

あまりにもサイズが小さいとラインブレイクしやすくなるが、良く使われるのは4cm強~5.5cm、6cm位までかな。

カマスの食っているベイトフィッシュが大きい時は9cm前後のシーバス用のミノーなども食ってくることもあるが、シラスやボラの稚魚などを捕食している時は釣りにくくなる。

とりあえずライトゲームでカマスを狙うなら「大体5cm前後のミノー」を選べば大体何とかなる。

沈下速度

ミノープラグにはウェイト設定によって種類がいくつかある。

  • フローティング:水に浮く
  • サスペンド:海中で漂う(海水と比重がほぼ同じ)
  • シンキング(スローシンキング):ゆっくりと沈んでいく
  • ファストシンキング(ヘビーシンキング):素早く沈む

 

ザックリ紹介するとこんな感じだが、カマスに使うミノーを選ぶなら基本はシンキング・またはファストシンキングを選ぶのが無難。

カマス狙いでは泳層が浅すぎるルアーだと探れる範囲が限定されすぎる場合が多いので、カウントダウンで泳層をある程度コントロールできる「シンキングタイプのミノー」が使い易い。

カラー・色

カマス ミノー カラー

ミノーのカラーについてだが、基本的にはベース(本体)のカラーで選ぶとシンプルで分かりやすい。

背中の色や細かい色までこだわるとキリがないので、まずはベースカラーが違うミノーをいくつか揃えておくと良い。

  • クリア系:水に馴染みやすく、澄潮や常夜灯周辺で使い易い
  • シルバー系・ホワイトなど:アピール力は中くらい。オールラウンド
  • ゴールド系・ピンクなどの目立つカラー:光量が少ない時や濁り潮に

 

初心者の方はとりあえずこんな風に考えておくと、カマス釣りが必要以上に難しくならないので分かりやすいかな。

シンキングミノーとファストシンキングミノーの使い分け

カマス釣りでは水に沈むシンキングミノーが使い易いと紹介した。

シンキングミノーにはゆっくり沈みこむ通常のシンキングミノー(スローシンキング)、早く沈むファストシンキングミノーがある。

これらは特性が違うので使い分けが重要になり、ミノーで確実にカマスを釣りたいなら両方1つずつくらいは持っておいた方が良いと感じる。

一般的なシンキングミノー

水中に入るとゆっくりと沈んでいく、一般的なシンキングミノー。

これらが活躍する場面としては、基本的にカマスが表層に浮ている状況下になる。目安としては大体水深50cm前後~1m前後位までかな。

カマス シンキングミノー

一般的なシンキングミノーはカマスが表層でライズしている時や、ベイトフィッシュがザワザワとしている時・夜釣りにおける常夜灯周りなどで使い易い。

沈みが遅いシンキングミノーはスローな巻きでアクションが立ちあがりやすいので、よりナチュラルにカマスに対してアピールできるのが強みになってくる。

素早く沈むファストシンキングミノー

キーパプース 釣果

一方で水に入ると「スッ」と素早く沈んでいく高比重なファストシンキングミノー。

これらは比重が大きいため

  • 遠投がききやすい
  • 早く巻いても浮き上がり難く、一定層をキープしやすい
  • 広範囲を効率よく・スピーディーに探りやすい
  • 風が強い時、潮が速い時など悪条件にも比較的強い

 

という特性があり、その分沈むのが早くてゆっくりとした誘いで釣るのは苦手になる。

だからカマスが表層付近に浮いている時や、スローな動きにしか反応しない時は使い難い事もある。この辺りはミノーの特性に合わせ、釣り場のコンディションによって使い分ける。

ファストシンキングミノーは「朝・夕マズメの比較的活性が高くて食いが立っているカマス」に対して非常に効率よく・かつミノー特有の食わせ能力で誘えて効果的だ。



カマス釣りにおすすめなシンキングミノー

まずは比較的沈みが遅い、スロー~一般的なシンキングミノーのおすすめと私なりの使い分けを紹介。

最初に簡単にまとめておくと、

  • DUEL ハードコアLGミノーS:オールラウンド。よく飛んでスローでもヌルヌル泳ぐ
  • テトラワークス トト42S:オールラウンドに使え、小刻みなハイピッチ系アクション
  • アピア ドーバー46S:デッドスローでもアクションが立ちあがり、ネチネチ誘える
  • アクアウェーブ シャローマジック50:水面直下狙いのスレたカマス向き。超微波動系

 

各ミノーの特性はこんな感じかな。

DUEL ハードコアLGミノーS(シンキング)

ハードコア LGミノーS メバリング

まず1つ目のシンキングミノーがハードコアLGシリーズのミノー(シンキングモデル)。

価格もお手頃で購入しやすいが、スローリトリーブでもアクションが立ちあがり、比較的大き目のスイムでヌルヌル動く。

LGミノー シンキング カマス

重心移動でカッ飛び、トゥイッチングでイレギュラーアクションをさせても良い動きが出せてカマス釣り初心者の方にもおすすめ!

オールラウンドに使えるミノーとして、非常にお気に入りのアイテム。

ハードコア LGミノー(S)のインプレッションはこちら

ハードコア LGミノーS

DUELハードコアLGミノー(S)をインプレ!メバリング初心者にも最適。オーソドックス系ミノー

2020年3月8日

DUOテトラワークス トト42S

テトラワークストト42S

一般的なシンキングミノーだが、そこそこ比重があるので飛距離もまずまず。

アクションの質としては、タイトかつハイピッチ系の動き。カウントダウンで沈め込み、ただ巻きやただ巻き&弱めのトゥイッチなどで使う。

トト42 カマス 釣果

オールマイティーに使えて価格も比較的お手頃でオーソドックスなシンキングミノー。

テトラワークス トト42Sのインプレはこちら

テトラワークス トト42S

DUOテトラワークストト42Sを実釣インプレ。アクションパターンの把握・使い分けがポイント!

2019年12月10日

アピア ドーバー46S

アピア ドーバー46S カマス

沈み込みが遅いスローシンキングミノーだが、リップが少し大きめなので多少レンジ(泳層)は下に入る印象。

デッドスローでもアクションが立ちあがるが、絶妙な動きで弱ったベイトフィッシュを演出できる。

低速巻きをした時のノタノタ感が非常に良く、比重の割に空気抵抗が少ないので飛距離も意外と飛ぶ。

ドーバー46 カマス 釣果

速度を上げていくとハイピッチなアクションになるが、基本的にはスローな巻きで使った方がルアーの特性を活かせるかな!

アクアウェーブ シャローマジック50

シャローマジック

沈下速度は非常に遅く、常夜灯周りに浮いたカマス狙いで効果を発揮しやすい。

アクションは超タイトで一見すると動いていないかのような微波動アクション。

しかし、この独特なアクションは型にハマると非常に強く、カマス以外にもメバルやセイゴなどライトゲーム全般で効果的。

シャローマジック カマス 釣果

初心者の方には波動が弱くて使い難いかもしれないが、信じて使えるようになると強い武器になるのがシャローマジック。

アクアウェーブ シャローマジックのインプレはこちら

シャローマジック50

アクアウェーブ シャローマジックの使い方・インプレッション【メバリング、ライトゲームに!】

2019年5月17日

カマス釣りにおすすめなファストシンキングミノー

次は沈下速度が比較的速いファストシンキングミノーについて、おすすめを紹介。

簡単に特徴を紹介すると、

  • ハードコアLGヘビーミノー:ベーシックで良く泳ぐミノー
  • スミス Dコンタクト:若干沈下速度は遅め、狭いスポット狙い向き
  • タックルハウス キーパプース:非常に浮き上がり難く、アクションはおとなしめ

 

こんな感じかな。

DUEL ハードコアLGヘビーミノー

DUEL ハードコア LGヘビーミノー カマス

DUELのハードコアLGヘビーミノーはコスパ良好なファストシンキングミノー。

50mmボディに6gの重量があり、比重的にはかなり重ためでレンジキープ能力・飛距離にかなり優れた特性を持つ。

LGヘビーミノー カマス

カマス釣りにも最適なスペックを持ち、かなりワイドなアクションでアピール力は強め。

朝夕の高活性な回遊中のカマスを狙う時などに使い易く、ベーシックなファストシンキングミノーという位置づけ!

 

カマス釣り初心者の方でも扱いやすいので、ミノーを使って広範囲を探りたい時におすすめだ。

ハードコアLGヘビーミノーの紹介はこちら

セイゴ シルバー

DUEL ハードコアLGヘビーミノーをインプレ。メッキ・カマスにおすすめなハイアピール系ミノー

2020年2月28日

スミス Dコンタクト

Dコンタクト カマス

元々は渓流トラウト用のファストシンキングミノーだが、非常にバランスが良いのでメッキやカマス釣りにも使い易い。

そこまでヘビーシンキングではないので、普通のシンキングミノー+α位の比重と考えて使うと良いかな。

Dコンタクト カマス 釣果

ただ巻きでも程よい強さで泳ぐし、トゥイッチングした時のアクションのキレの良さも文句なし。

スミス Dコンタクトの紹介はこちら

Dコンタクト

メッキ釣りにDコンタクト 使い方・釣果UPのコツを解説!【専用ミノーに負けない実力】

2019年11月25日

タックルハウス キーパプース

キーパプース

キーパプースは独特な形状をしたミノーだが、抜群のレンジキープ性能が特徴的!

普通のミノーでは攻略しにくい、2mや3m以深の深い場所まで入れやすい特性を持つ。

サイズ展開がいくつかあるが、カマス釣りに使うなら42または50がおすすめ。とりあえず迷った時は、キーパプース50の方が遠投がきくので使い易いかな。

キーパプース カマス 釣果

使い方はカウントダウンで沈めてからのただ巻き・または弱めのトゥイッチを混ぜつつのただ巻きで!

タックルハウス キーパプースのインプレはこちら

カマス ルアー シルバー

タックルハウス キーパープースをインプレッション。カマス・メッキ狙いに効果的なシンキングミノー!

2019年12月6日

おすすめ関連記事!

▼カマスのルアー釣り入門!基礎知識まとめのページ

カマス釣り

カマスのルアー釣り タックル選び~釣り方の基礎基本まとめ!

2017年7月19日

▼カマス釣りのベーシック!カマス用ワームの選び方・おすすめアイテム紹介

カマス カラーローテーション

カマス釣り用ワームの選び方・おすすめアイテムはコレ!全て実績・使い易さを基準にセレクト

2019年12月15日

▼カマス釣りの時期・行動パターンの基本を解説

カマス 種類 大きさ

カマス釣りの時期・シーズン毎の特徴を基礎から徹底解説!

2017年11月19日

▼ライトゲームに超便利!多機能針外しを紹介

ライトゲーム 針外し

【超便利!】ライトゲーム・小物釣りにおすすめな針外しフォーセップを発見!

2019年11月10日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です