ラパラ カウントダウンエリートを徹底インプレ・使い方解説!

カウントダウンエリート インプレ 使い方

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はラパラから発売されているシンキングミノー、カウントダウンエリートの使用感の特徴や使い方などを詳しくインプレ。

カウントダウンエリートはトラウト・海のライトゲーム・シーバスゲームなど、魚種問わずに幅広く使えるハイアピール型のミノー。

特性としては、ナチュラルに動くミノーというより、クランクベイトやバイブレーションに近いものがありますね!

スレた魚に何とか口を使わせたい時に使うのではなく、広範囲をサーチして食い気がある魚をテンポよく探すような使い方におすすめ。

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

カウントダウンエリートのスペック・ラインナップ

カウントダウンエリート35

  • 全長:35mm
  • 重量:4g
  • フック:#12

カウントダウンエリートの35は全長的には35mmとかなり小さめですが、実際の使用感としては40mm~45mmクラスの細身のミノーと大差なく扱えますね。

渓流トラウトや漁港内のライトゲームなど、ピンスポットをテンポよく打って行きたい時に使いやすいサイズ感。

カウントダウンエリート55

  • 全長:55mm
  • 重量:5g
  • フック:#12

渓流~中流・小規模な本流域や、20cm台中盤~30cmクラスの魚を狙うライトゲーム五目などに使いやすいのがカウントダウンエリートの55。

ボリュームのあるボディでかなりアピール力が高く、手元に伝わる操作感も明確ですね。

カウントダウンエリート75

  • 全長:75mm
  • 重量:10g
  • フック:#10

75mmのカウントダウンエリートは、中流・本流域のトラウトや小型ベイトに着く湖のトラウト・フッコサイズを中心としたややライトなシーバスゲームにおすすめ。

カウントダウンエリート95

  • 全長:95mm
  • 重量:14g
  • フック:#6

95mmのカウントダウンエリートは本流・湖のトラウトゲームやシーバス、近距離戦のヒラメ・マゴチ狙いなどに使いやすいサイズ。

※カラーラインナップについては【ラパラ カウントダウンエリート商品紹介ページ】を参考にどうぞ

カウントダウンエリートを「サクッ」とインプレ!

カウントダウンエリート 釣果

カウントダウンエリートの使用感などを詳しく解説する前に、私なりのインプレッションを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:優秀!
  • フォール:沈下速度は平均的。非常にアピール力が高い水平フォール
  • アクション:レスポンスは抜群に良く、素早い立ち上がりのハイピッチローリング&ウォブル
  • 使い方:ストップアンドゴー、トゥイッチングがメイン。ただ巻きやドリフトにも対応
  • 適したシチュエーション:ミノーの存在感をしっかり出して魚にアピールしたい時におすすめ!

簡単にインプレするとこんな感じですね。

食わせ能力を重視したい時に使うミノーではなく、ルアーの波動やフラッシングで積極的に魚を引き付け、中~高活性な魚を拾っていく時に使い勝手が良いです。

飛距離

程よい高比重+丸っこいボディで安定した飛行姿勢

カウントダウンエリートは、比重としてはやや重ためなシンキングミノーで、ヘビーシンキングミノーよりも若干軽い位の結構絶妙な比重設定。

正直言ってラパラのルアーは飛ばないものも結構ありますが、カウントダウンエリートの投げやすさはかなり優秀ですね。

程よい重さ+ボディがクランクベイトのように若干厚みがあって丸みがあり、キャスト時にグルグルと回転しにくくなっています。

カウントダウンエリート ボディ形状

重心移動システムは搭載されていませんが、一番小さいカウントダウンエリートの35でも快適に扱えていますね。

多少風を受けても大きく失速しにくく、固定重心のミノーとしてはバランスよく仕上がってますよ!

実際の飛距離

実際に私がカウントダウンエリートの35と55をPEライン0.4号を巻いたライトゲームタックルでキャストすると、

  • 35:20m台後半
  • 55:30m台前半~中盤

無風時の飛距離はだいたいこれくらいで、リップ付きのミノーとしては悪くない飛びですね。

カウントダウンエリートの35と55は漁港内や内湾のライトゲーム五目釣りやチヌ狙い等に使っていますが、必要な遠投性能は十分確保できているので不満はありません。

フォール

カウントダウンエリートの特徴の1つが、ハイアピールなフォールアクション!

滞空時間の長い水平フォール

カウントダウンエリートはそこそこ比重があるシンキングミノーですが、水平姿勢でフォールするので沈下速度は重さの割にスロー。

誘いを掛けてからロングポーズで魚にしっかり見せたり、弱い流れでもドリフトで誘いやすくなっています。

重心移動システム搭載のミノーと違ってウェイトが一切動かないので、水平姿勢のキープ能力は非常に高く、ハイバランスなミノーになってますね!

ワイドローリング

水平姿勢をキープしながら沈下していきますが、沈下中は大きめのローリングアクションで魚に強くアピール。

カウントダウンエリート フォールアクション

やや厚みのあるボディがフォール中にしっかり水を受け、ヒラヒラッと大きく・ゆったりめに震えます。

カラーによってはフォール中の明滅・フラッシング効果もかなり強く、ミノーを止めた時でも勝手に魚に強く誘いを掛けてくれますね。

まるなか

フォール中のローリングアクションはかなり強く、アクションを止めた時もしっかりアピールできるミノーだよ!

カウントダウンエリートの使い方・アクションの質

ただ巻き

カウントダウンエリートの使い方ですが、1つめはシンプルなただ巻き。

リップは細身な形状をしていて、球状に掘れたカップ状をしています。

カウントダウンエリート リップ

このリップにより、巻きで使用するとしっかりとリップが水を受け、ハイピッチなローリングが強調されたアクションを発生。

固定重心ということもあって立ち上がりは非常に速く、ウェイトボールが動くことによる雑音は無し。

スローに巻いてもブルブルと動き、手元に伝わる操作感はかなり分かりやすいですね。

スピードを上げてもアクションは安定していて、キッチリと泳ぎきってくれます。

アクション・操作感としては、ユラユラと泳ぐナチュラルなミノーというより、ハイピッチに動くクランクベイトやバイブレーションっぽさがあるルアーです。

ルアー釣り初心者の方や、強風時の釣行でも手元にルアーの操作感・抵抗感が分かりやすく、ルアーの存在をしっかり把握しながら使えます。

まるなか

国産のミノーにはあまりない、派手めなローリング中心のアクションがカウントダウンエリートの特徴だね!
キビキビ動いてルアー釣り初心者の方にも使いやすいよ

ストップ&ゴー

カウントダウンエリートの使い方として使用頻度が高い使い方の1つがストップ&ゴーですね。

巻きをピタッと止めることで動きに変化を出し、その後の水平姿勢のローリングフォールで食わせます。

私の場合はハンドル2~6回ほどにつき一度ポーズを入れることが多く、ポーズを入れる間隔・ポーズの長さをランダムに変えたりしながら広範囲をランガンするのが好きですね。

カウントダウンエリート 釣果

カウントダウンエリートを岩陰に水平フォールさせてオオモンハタをキャッチ。

水平姿勢のローリングフォールはタメが利き、根魚などもしっかり釣れますね!

トゥイッチング

ストップ&ゴーとともによく使うのが、ロッドアクションによるトゥイッチング。

カウントダウンエリートはロッドアクションを与えると、大きくダートするというより、移動距離を抑えたクイックなヒラ打ちアクションを見せます。

ボディはそこそこ体高があってフラットサイド気味の形状をしているので、フラッシングによる明滅が結構強め。

ダート系のミノーが好きな方には使いにくいと思うので、好みが分かれるでしょうね。

トゥイッチングはスロー~高速まで対応し、水平姿勢維持能力が高いために水面からかなり飛び出しにくくなってますよ!

カウントダウンエリート メッキ 釣果

ハイテンポなトゥイッチングでも飛び出しにくく、渓流トラウトやメッキゲームにもバッチリ対応!

ドリフト

ラストは流れや風を利用したドリフト。

大きく動く水平姿勢のローリングフォールにより、魚の前に流し込んで使うのもOK。

テンションの張り・流し具合でその場にとどめたり、泳がせたり、ローリングフォールさせたり。

アクションを微調整して使うのがコツですね。

基本の誘い方としては

  1. ゆっくりローリングフォールするくらいのラインテンションを維持して流し込む
  2. 時々ラインを少し張って泳がせる or 1~2回ほどトゥイッチングでヒラ打ち
  3. 再び流し込む

こんな感じの繰り返し。

チヌ カウントダウンエリート 釣果

小規模な流れ込みの周りに着くチヌに対し、カウントダウンエリートをドリフトで流し込んでバイトさせました。

弱い水流でもしっかり動くのがこのミノーの良さですね。

適したシチュエーションなど

カウントダウンエリートに限らず、ラパラのルアーは全体的にしっかり泳いで強い存在感を発揮するタイプのアイテムが多いです。

目の前にいるスレた口を使わない魚をネチネチ狙うより、餌(ルアー)を食いたがっている魚を積極的に探していくような使い方に適しています。

これを把握した上で使わないと、「ラパラのルアーは釣れない」と感じてしまうことがありますね。

目の前にいる低活性な魚に何とかして口を使わせるようなミノーを探しているのであれば、アピール力が低めな細身のミノーやリップレスミノー・シンキングペンシルなどの方が使いやすいです。

まるなか

ルアーはアイテムによって適したシチュエーションが違うんだよね。
状況に合わせて使い分けるのが重要であり、ルアーが持つ特徴を把握した上でローテーションするようにしよう

まとめ!

カウントダウンエリート メッキ

今回はラパラのカウントダウンエリートの使用感や特徴・使い方を詳しくインプレしました。

  • 程よい比重と丸っこい形状でよく飛ぶ!
  • 水平姿勢で大きめのローリングフォール
  • 泳ぎ出しは非常に良く、ハイピッチでワイドなローリングが中心のスイミング
  • ロッドアクションに対してはダート幅は狭めで、移動距離を抑えたヒラ打ちを見せる
  • 巻き・ロッドアクション以外にも水平姿勢キープ能力を活かしたドリフトにもおすすめ!
  • しっかりミノーを泳がせ、テンポよく魚を探したい・活性が比較的高い魚を拾いたい時に効果的

要点をまとめるとこんな感じですね。

手元に伝わる存在感がかなり明確なミノーで、誰が使ってもしっかり動くベーシックなアイテムですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です