【トラウト・ライトゲーム】ジップベイツ リッジスリム60SSを徹底インプレ!

リッジスリム 使い方 インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はジップベイツのミノーリッジシリーズの1つ、リッジスリム60SSの特徴や使い方を詳しくインプレしていきます。

リッジスリムは正直言って万人受けする汎用性が高いミノーではなく、若干癖があります。

しかし、使い方のコツを覚えて状況に合わせて使うことで「メチャクチャ良いアクション」で動き、抜群な破壊力を発揮!
低活性時やルアーに反応するものの見切ってくるような時に特におすすめ。

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

リッジスリム60SSのスペック・ラインナップ

  • 全長:60mm
  • 重量:3g
  • フック:#12

リッジスリム60SSは60mmボディに対して3gのウェイト。

最近よく見られる高比重なヘビーシンキングミノーよりも明らかに軽く、スリムボディと相まって独特なアクションを発生させます。

ナチュラルかつダイナミックな動きが非常に良い感じですよ!

リッジスリムを「サクッと」インプレ!

リッジスリム60 メッキ

リッジスリムの使用感を詳しく解説する前に、私なりのインプレッションを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:近距離戦や弱風時向き
  • フォール・レンジ:ナチュラルでノーシンカーワームのように沈下。シャローレンジ専用
  • アクション:控えめでヌルヌルとしたナチュラルスイム&ワイドダート
  • 使い方:スローな巻き・ラインスラッグを使ったトゥイッチ・ドリフトなど
  • 適したシチュエーション:強いアクションのミノーだと食い切らない状況下でハマると非常に強い効果を発揮!

ざっくりインプレするとこんな感じ。

リッジスリムはテンポよく広範囲を探るミノーではなく、居ても食わない・見切ってくる魚に対してアプローチしたい時におすすめ!

飛距離

重心移動システム搭載

リッジスリムにはマグネット式の重心移動システムを搭載。

スローシンキングの軽比重なミノーですが、きっちりロッドを曲げてキャストすれば飛行姿勢は割と安定しています。

比重自体が軽いので高比重な重心移動システム搭載のミノーの安定感には及びませんが、キャストしてみれば重心移動システムの効果は実感することが可能。
固定重心の軽比重なミノーよりも空中で回転しにくくなってますね。

実際の飛距離

リッジスリムの飛距離ですが、3gという重量なので遠投性能を期待して使うミノーではありません。

実際に私がPEライン0.4号を使用したライトゲーム用タックルでキャストすると、無風時でだいたい20m台後半ほど。

広範囲をランガンで釣り歩く時に使うミノーというより、まずは他のミノーで魚の有無を探し、それで食わない時にリッジスリムにローテーションすることが多いですね。

魚を引っ張るというより、魚の前にキッチリ通して食わせる能力に長けています。

フォール・レンジ

水平姿勢のナチュラルフォール

リッジスリムのフォール姿勢ですが、重心移動ウェイトが前方に収まることで、水平気味の姿勢で沈下していきます。

フォール姿勢はスローで、海中で漂う感じ。

リッジスリム フォールアクション

フォール中は激しくローリングしたりフラッシングを発生することは無く、ストレートワームのノーシンカーリグのよな感じでナチュラルで無駄な動きは無し。

まるなか

キャスト時のみウェイトが後方へ移動し、素早く前方に収まって水平に近い姿勢をキープするよ

シャローレンジ専用ミノー

リッジスリムが得意とするレンジですが、フォールスピードが遅いので深場狙いには不向き。

私が使った限りでは、水面直下~60cm位までのレンジが攻めやすいです。
ロングポーズで深く沈めて使うことはできますが、沈下速度が遅いので現実的にはこれくらいかと。

リッジスリムのアクション・使い方

リッジスリムは遠投性能などを期待して使うのではなく、そのアクションが魅力的!

ただ巻き

リッジスリムを巻きで使用すると、非常にナチュラルで柔らかさの目立つアクションでスイミング。

リッジスリム アクション

操作感は軽く、シンキングペンシルに近いような抵抗感ですね。

ピッチはややゆったりめで細かく動き、ヌルヌル感が非常に良い感じ!

ブリブリ・パタパタと動くのではなく、水を上手にかわしながら絶妙な明滅を伴います。

リアクションバイトを狙うより、ナチュラルなアクションで魚に見切らせずに食わせたい時に効果を発揮。

マグネット式の重心移動システムなので、アクションの立ち上がりの悪さは目立ちません。

トゥイッチング

個人的に一番魅力的に感じるのがトゥイッチング時のダートアクションですね。

抵抗が少ないスリムボディが水を切り裂くので、ナチュラルなスイミングアクションとは対照的に非常にワイドでキレのあるスライドダートを発生。

コツとしてはややラインスラッグを多めに出し、テンポを速くしすぎないことですね。

一般的な形状のミノーよりもダート幅は明らかに広く、抜群の切れ味。

それでいてダート時の挙動は硬すぎず、柔らかさ・滑らかさも備わっています。

水平気味の姿勢のフォールを組み合わせることで、ダートとナチュラルフォールによる動きの変化で食わせることが可能です。

メッキ リッジスリム

低活性でヘビーシンキングミノーを食わないメッキをリッジスリムで。
細身のボディでプレッシャーを与えにくく、切れ味抜群のワイドダートで食わせるのも得意。

まるなか

スラッグをうまくコントロールしてロッドアクションを与えると、メチャメチャ良いスライドダートを発生!
この動きはリッジスリムの大きな特徴だね

ドリフト

3つめはドリフトですね。
水・風の流れを利用してリッジスリムをナチュラルに流し込む使い方。

食わせ能力に優れた水平姿勢をキープしやすいので、ドリフトとの相性も良好。

  1. ラインを張りすぎない状態をキープして流し込む
  2. 軽くラインを張ってヨタヨタと泳がせたり、1~2回のロッドアクションでスライドダート
  3. 再び流し込む

こんな感じの繰り返しで誘いを掛けます。

渓流域のトラウトやセイゴ・メバルなどを狙う時に特に効果を発揮する使い方ですね。

まるなか

かなり細身のボディが独特なナチュラルアクション・スライドダートを発生!
めっちゃいい動きですぞ~

適したシチュエーションなど

リッジスリムはもともとトラウト用のミノー。
60mmというサイズ感なので、渓流用のミノーとしてはやや大きめ。

里川~中流域など、だいたい20cm台中盤~30cm台くらいの魚を狙う時にちょうど使いやすいです。

比重が軽いので、流れが緩い瀬などに潜むスレた魚を狙う時におすすめ。

また、トラウト以外にも中型以上のメバルやメッキ・セイゴ・カマス等を狙う時にも効果大。

港湾部や内湾のサーフ・小磯・小規模な河川の河口周りなどを狙う時に使いやすいミノーですね。

青物 リッジスリム 釣果

湾内のライトゲーム五目でキャッチしたカンパチの幼魚。
デイゲームでやや活性が低い状況でしたが、リッジスリムの食わせ能力が活きました。

まとめ!

リッジスリム メッキ 釣果

今回はジップベイツのリッジスリム60SSのインプレをしました。

  • 重心移動システムで飛行姿勢の安定度は良好
  • 比重は軽く、遠投性能はそれなり
  • 水平姿勢で無駄に動かないナチュラルフォール
  • ただ巻きではタイトでナチュラル、柔らかなスイミング
  • ロッドアクションに対してはワイドダート。切れ味抜群だが、滑らかさ・柔らかさもある
  • ルアーを見切ってくる状況のトラウト・ライトゲーム五目釣りにおすすめ

要点をまとめるとこんな感じですね。

巻きで使った時のナチュラルなアクションとロッドアクションを与えた時の非常にワイドなスライドダートのバランスがメチャ良い感じ!

食わせ能力が高く、「60mmのスリムボディ」というサイズ感も他のミノーとの使い分けができますぞ。

おすすめ関連記事

カマス用ミノーの選び方・おすすめ解説

ライトゲーム ミノー 【実釣比較】カマスにおすすめなミノー・選び方の基本を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です