スミス AKM48を徹底インプレッション!

AKM48 インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はスミスから発売されているライトゲーム用ミノー、AKM48の使用感や使い方を詳しくインプレ。

AKM48はいわゆるヘビーシンキングミノーですが、比較的繊細・スローな使い方に対して追従性が高いモデル。

スミスのヘビーシンキングミノーにDコンタクトという超定番アイテムがありますが、アクションの質が違うので使い分けが可能ですね!

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

AKM48のスペック・ラインナップ

  • 全長:48mm
  • 重量:4.1g
  • フック:#14

全長は48mm、重量は4.1gと、一般的な20cm~30cm前後の魚を狙うライトゲーム五目において汎用性に優れたサイズ感。

アジやメバルをはじめ小型回遊魚など、魚種問わずに色んな魚を狙うことができますよ!

▼カラーラインナップについては【スミス AKM48商品紹介ページ】を参考にどうぞ

AKM48を「サクッと」インプレ!

AKM48 釣果

AKM48を詳しく解説する前に、私なりのインプレッションを簡単にまとめておきます。

  • 飛距離:固定重心ミノーの割には比較的優秀
  • フォール:滞空時間が長く、食わせ能力に優れる
  • アクション:ややアピール力は控えめでバタバタ感が少なく、食わせ能力に優れる
  • 使い方:ポーズを意識したトゥイッチング・ただ巻き・ストップアンドゴーなど何でも
  • 適したシチュエーション:ある程度テンポよく探りたいが、食わせの間をしっかり入れたい時などにおすすめ!

ざっくりインプレするとこんな感じですね。

各社からヘビーシンキングミノーは発売されていますが、アピール力自体はやや控えめ。
その分食わせ能力が高く、ロングポーズやフォールでのバイトを誘いたい時、魚がスレ気味な時に使い勝手が良くなってますね!

スミスらしい基本性能がキッチリ備わったミノーですな。

飛距離

AKM48は48mmボディに対して4.1gの重量。

比重的にはそこそこ重たいヘビーシンキングですが、ヘビーシンキングミノーの中ではそれほど重たくないですね。

Lクラス前後のライトゲームタックルで十分扱いやすく、高反発な強めのタックルでなくても操作しやすいです。

程よい高比重なので飛距離も比較的優秀。

PEライン0.4号を使ったライトゲーム五目タックルでAKM48をキャストすると、飛距離としてはだいたい30m台前半。

ウェイトは高比重なタングステン素材を採用。
固定重心のセンター寄りの重心設定の割に飛行姿勢は安定していますね。

多少風が吹いていても、ロッドをしっかり曲げてキャストすれば大きく失速することはありません。

漁港内やちょっとした内湾のサーフ・河川の河口域・小磯などで使う分にはストレスなく扱えています。

まるなか

高比重なタングステンウェイトを搭載していて、比重も程よくあって使いやすいね!

フォール

AKM48の特徴の1つがフォールアクションですね。

ヘビーシンキングミノーにはリア重心で沈下姿勢・アクションのパワーを重視したものも多いんですが、AKM48はセンター寄りのウェイトバランス。

これによってフォール姿勢は水平・ローリングを伴い、滞空時間が長くなっています。

AKM48 フォール

なお、フォール時間を長く確保したり、少しテンションが掛かると水平→尻下がりの姿勢に変化。

同社の超定番Dコンタクトはリア重心設計になっているので、フォール姿勢・フォールスピードによる使い分けが可能になっています。

AKM48はフォール中の食わせ能力が高くなっていて、比重の割に沈下速度が遅いというメリットがあるんですね。

小型回遊魚を少し速めのテンポで誘うこともできますし、常夜灯周りのメバルやセイゴ・カマス狙いなど、少しスローに・フォールを交えながらジックリ誘いたい時にも高い対応力を発揮。

状況や使い方により、素早く沈むリア寄りのヘビーシンキングミノーと選び分けてみてください。

AKM48 釣果 ハタ

水平姿勢で食わせの間が確保でき、回遊魚以外にも様々な魚が釣れますね!

まるなか

沈下速度を重視したヘビーシンキングではなく、食わせ能力が高めなミノーだよ

AKM48のアクション・使い方

ただ巻き・ストップアンドゴー

AKMはロッドアクションを使わずに巻きで操作すると、ヘビーシンキングミノーの割にはレスポンス良く泳ぎだします。

  • スロー:やや控えめなウォブル+ローリング
  • 中速~高速:ウォブリングが中心になるが、アクションの幅はやや狭め

こんな感じで、速度に応じてアクションが変化。

ボディバランスは良く、高速巻きでもアクションが破綻しにくいです。

全体的にアクションはやや控えめな設定になっていて、ブリブリ・バタバタと大きく動くミノーではありませんね
ややタイトで控えめな波動で誘えるミノー。

また、センター寄りの重心設計なので一度ミノーを沈めこむと浮き上がりにくく、レンジキープ能力に優れています。

ただ巻きで探ってもOKですし、ストップアンドゴーを使って動きに変化を出しつつ、水平姿勢のローリングフォールでジックリ・縦方向の動きを足すのもおすすめ。

AKM48 チヌ

小型のキビナゴに着くチヌを少し速めのリトリーブで寄せ、その後のフォールで食わせました。

トゥイッチング

少しリアクションの要素を強くしたい時や、メッキや小サバなどの小型回遊魚狙いで使用頻度が高くなるのがトゥイッチング。

ロッドアクションを与えた時のレスポンスは良く、素早く反応します。

AKM48 ボディ形状 アクション

ボディは少し体高があってフラットサイド気味ですが、操作時の抵抗感は大きすぎずで程よい印象。

アクションの質としては、ダート幅はやや控えめで移動距離はやや狭く、クイックなヒラ打ちダート。

アピール力はやや控えめで、小場所狙いでも余計なプレッシャーを与えにくいです。

ポーズ中の水平姿勢+ローリングフォールにより、ポーズ中でも常に誘いを掛けられるミノーですな。

まるなか

波動は少し控えめな分、魚に違和感を与えにくいのがAKM48の良さだね

適したシチュエーションなど

AKM48は魚種問わずに色々狙うライトゲーム五目対応のミノー。

ヘビーシンキングミノーとしてはやや控えめな動きで、食わせ能力を意識して作られたミノーという印象があります。

ヘビーシンキングミノーが効きやすいメッキやカマス・小サバなどの小型回遊魚狙いはもちろん、遠投したい時や一枚下のレンジに入れたい状況下での夜釣りのメバルやセイゴ狙い等にも対応しやすいと感じます。

AKM 釣果

フォールで食わせる能力が高いので、根魚などのそこまで遊泳力が高くないターゲットにも食わせるのが得意。

まとめ!

akm メッキ 釣果

今回はスミスのAKM48のインプレッションをしました。

  • 飛距離は比較的優秀。センター寄りのバランスの割には扱いやすい
  • 水平姿勢のローリングフォールで食わせ能力に優れている
  • アクションはやや控えめ。速度によってロール→タイトなウォブリングに変化
  • ロッドアクションに対するレスポンスは速い。ダート幅は控えめでクイックに動く
  • 小型回遊魚狙いをメインに、夜釣りのメバルやセイゴ狙いにも使いやすい

要点をまとめるとこんな感じですね。

リア重心の派手に動くヘビーシンキングミノーだと強すぎたりフォールが速すぎるような時、非常に優れた使い勝手の良さを発揮!

スミスらしい使いやすくて基本性能がキッチリ備わったミノーですな。

おすすめ関連記事

カマス用ミノーの選び方・おすすめ解説

ライトゲーム ミノー 【実釣比較】カマスにおすすめなミノー・選び方の基本を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です