ジャクソン アスリート+ 45 SVGを徹底インプレ!

アスリート+45SVG インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はジャクソンから発売されているミノー、アスリート+45SVGの使い方や特徴を詳しくインプレ。

コンパクトなライトゲーム対応のミノーで、浅いレンジを攻めるのが得意!
小型回遊魚狙いやメバル・セイゴなど、水面直下を狙いたい時に活躍しますね。

忖度なしにインプレしていくので、ルアー選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行しています)
  • 渓流~船釣りまで、ルアー・フライ・餌と、各種の釣りができます
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • 釣具店、メーカーにて私のタックルインプレッションや釣り方の掲載・利用あり

こんな感じで、毎日のように釣行を重ねて生活している釣り好き。

タックルインプレに関しては実費を払って購入し、全て実際に魚を釣りあげるまでにこだわり、実績に基づいたものになっています。

アスリート+45SVGのスペック・特徴

  • 全長:45mm
  • 重量:2.2g(スローシンキング)
  • フック:#14

アスリート+45SVGは、ライトゲームでオーソドックスに使いやすい45mmサイズ。

主に20cm~30cm前後のターゲットを狙う時にちょうどいいボリューム感。

重量は2.2gと、シンキングミノー中ではやや軽め。

カウントダウンでしっかり沈めて探るというより、水面直下を中心としたシャローレンジを引くのが得意なミノーになっています。

ボルテックスジェネレーター

アスリート+45SVGの特徴としては、そのネーミングにあるようにリップに装備されたボルテックスジェネレーターでしょう。

リップに飛行姿勢を安定させる溝のようなものがあります。

しかし、実際にアスリート+45SVGを見てみると、ボルテックスジェネレーターは極小で見た目的にはよくわからないレベルです。

アスリート ボルテックスジェネレーター

非常に分かりにくい違いで最初はその効果を疑っていましたが、実際にキャストしてみるとその効果は確かにあるように感じましたよ!

アスリート+45SVGを「サクッと」インプレ!

アスリート+45SVG 釣果

詳しい使用感を解説していく前に、私なりのインプレッションをざっくりとまとめておきます。

  • 飛距離:比重の割に安定した飛行姿勢
  • フォール・レンジ:やや尻下がりで静かに沈下。水面直下を狙うのに適したミノー
  • アクション:やや強めでしっかりと泳ぐ。非常にレスポンスは良く、泳ぎの安定性も高い
  • 使い方:トゥイッチング・ただ巻き・ドリフトなど
  • シチュエーション:魚がライズしている場面やスロープなど、シャローをキッチリ通したい場面に!

ざっくりまとめるとこんな感じ。

アスリート+45SVGは、小型ミノーとしてはやや強めのアピール力を備えている印象ですね!

立ち上がりの良さを活かしてデッドスローで流し込むような使い方もできますし、広範囲を素早くサーチするのも得意です。

一方、ある程度の巻き速度でナチュラルに動くミノーを探している方には「少し波動が強め」だと思います。

飛距離

アスリート+45SVGの飛距離ですが、極小のボルテックスジェネレーターの効果は何となく体感できました。

このミノーは遠投にはあまり向いていない軽比重寄りの固定重心設計。

一般的な固定重心のミノーはグルグルと回転しやすくて投げにくいものが多いです(極端な後方重心のものは除く)。

私がアスリート+45SVGを投げた感覚としては、空中での飛行姿勢が乱れにくく、リリース直後からまっすぐ・フワッと飛んでいくイメージ。

PEライン0.3号を巻いたメバリングタックルでキャストすると、だいたい20m台前半ほど。

飛距離としてはそれほど飛んでいませんが、スローシンキングの固定重心ミノーということを考えればかなり優秀ですよ!

まるなか

重さ自体は軽いけど、空中で姿勢が乱れにくくて気持ちよく投げやすいね!

フォール

若干尻下がり気味のナチュラルな沈下

アスリート+45SVGは若干尻下がり気味の姿勢になりますが、水平に近いバランスでナチュラルに沈下します。

派手にローリングしたり、姿勢が乱れてスパイラルすることは無く、ワームのノーシンカーリグに近い感じで静かにフォール。

スレたメバルやセイゴなどを狙う時など、水面直下をスローに流したり、ドリフト気味に誘いを掛ける時にも使いやすくなっています。

魚に対して余計なプレッシャーを与えることなく、高い食わせ能力を持つフォール姿勢ですね!

沈下速度はスロー

アスリート+45SVGは2.2gという軽めな比重+やや幅広なボディが潮を受けるため、フォールスピードはかなり抑えられています。

アスリート+45SVG ボディ形状

細身のミノーと比較してボディ下部がワイドでフラットな形状をしているのが分かります。

これにより、浅いレンジをじっくり・丁寧に探るのが得意ですね。

レンジ(泳層)

使い方にもよりますが、私がアスリート+45SVGを使った限りでは、使いやすい・探りやすい泳層としては水面直下~だいたい30cm・40cmくらいまでのレンジですね。

沈下速度がスローなので、カウントダウンで深く潜らせて使うには少し効率の悪さがあります。

あくまでもシャローレンジを攻めるのが得意なミノーとして考えていますよ!

アスリート+45SVG フォール

アスリート+45SVGのアクションの質・使い方

ただ巻き

1つめはシンプルなただ巻き。

「軽比重な固定重心ミノー」ということもあり、アクションの立ち上がりの速さは非常に優秀ですね!

スローなリーリングでも立ち上がりのもたつきは無く、すぐに泳ぎだします。

アスリート アクション

狭いスポット狙いや近距離戦でも使い勝手は良く、動き出しの早さについては文句なし。

アクション自体はややパワーが強めのウォブンロールで、しっかりとボディを振ってアピール。

初心者の方でも泳いでいる感覚が分かりやすく、見た目的にもしっかりアクションしているのが分かりやすいミノーですね。

一方、巻き速度をある程度上げてもバランスを崩しにくく、水面直下をキッチリ泳いでくれるのは超定番のアスリートミノーの良さを引き継いでいますね!

小型回遊魚狙いのように、素早い巻きでリアクションバイトさせたい時にもしっかりと対応できます。

サバ アスリート+45SVG

水面がザワザワしていたので、アスリート+45SVGを早巻きで使ってサバをキャッチ★

トゥイッチング

2つめはロッドアクションを入れる使い方。

ショートリップのミノーなので操作感は軽いですが、しっかりとフラッシングダートしてくれます。

アスリート+45SVGのボディはフラットサイド気味になっていて、イレギュラーアクションを与えた時のフラッシングが強めになっています。

アスリート+45SVG ボディ形状

高速トゥイッチで探るのもOKですし、ワンアクションずつポーズを入れたスロートゥイッチにも対応。

軽比重ながらバランスが良いので、ソルトゲームのみならず渓流トラウトなどにもかなり使えそうです。

ドリフト

3つめは風や流れを利用したドリフト。

主にメバルやセイゴなど、スレた水面直下に浮いた魚を狙う時に使います。

水平気味の姿勢で安定したフォール+立ち上がりの良さを活かすことで、狭い範囲でドリフトさせるのもおすすめ。

  1. ラインを緩めすぎないようにドリフトさせる(フォール)
  2. 超スローにリールを半回転~3回転ほど巻く or ロッドアクションを1~2回ほど与えて誘う
  3. 再びドリフト

こんな感じで、時々誘いを掛けつつ、ミノーを風や潮の流れに乗せて魚の前に流し込むイメージで使うのが私の基本パターン。

ドリフト自体はリップレスミノーやシンキングペンシルでもできますが、リップ付きのアスリート+45SVGは動きの変化をハッキリ与えやすいことや、ドリフト釣法初心者の方でもルアーが動く様子をイメージしやすいメリットがありますね。

岸壁沿いをドリフト気味に誘うと、カサゴやソイ・ハタ等の根魚が釣れたりしますね。

クエ アスリートミノー

ベイトフィッシュが回遊した時、足元付近の浅い沈み岩の影をドリフトで流し込むとクエがヒット!

ナチュラルなフォール姿勢で弱ったベイトフィッシュを演出できます。

適したシチュエーションなど

水面直下を中心としたシャロー狙いにおすすめ

アスリート+45SVGは深く沈めて誘うミノーではないので、ある程度魚が浅いレンジを意識している・水深が浅いポイントを狙う時におすすめ。

沈下速度がスローなので、探れるレンジは限られています。

しかし、逆を言えば水面直下のレンジを丁寧に・ワイドに探れるメリットにもなりますからね。

魚が浮いているもののトップウォータープラグには出ない時や、ルアーを沈めると浅くて根掛かってしまうようなポイント狙いで活躍します。

漁港内~小規模ポイントの五目釣りに

アスリート+45SVGは軽比重なシンキングミノーとしては割とよく飛びますが、大場所狙いにはあまり適していません。

漁港内の常夜灯周りや岸壁沿いを狙ったり、小規模な河口やビーチ・スロープ狙い等に使いやすいミノーです。

狙う魚種に関しては特に限定することは無く、メバルやセイゴ・カマス・メッキなどの他、使い方次第ではカサゴなども釣れますね。

オーソドックスに使えるスローシンキングミノーだと考えてもらえればOKですね!

まとめ!

青物 アスリート+45SVG

今回はジャクソンのアスリート+45SVGのインプレをしました。

  • シャロー狙いが得意な軽めな比重のシンキングミノー
  • 重さの割には安定した飛行姿勢で投げやすい!
  • フォール姿勢は若干尻下がり気味でナチュラル
  • アクションはやや大きめで、しっかりとした波動でアピール
  • アクションの立ち上がりは非常に良く、デッドスローでもすぐに動き出す

要点をまとめるとこんな感じですね。

ボルテックスジェネレーターの効果は見た目以上にあり、失速しにくくて使いやすいミノーになってますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です