カマス釣りの時期・シーズン毎の特徴を基礎から徹底解説!

カマス

こんにちは、まるなかです。

今回はカマス釣りの時期毎の攻略方法の基本的な知識について紹介していくぞ。

カマスは群れの回遊次第ではお手軽に狙え、釣り初心者の方でもまとまった釣果が出しやすいターゲット。

しかし、時期毎に回遊してくる場所やパターンには若干の違いがあり、釣果を安定して伸ばしていくには魚の習性を知っておくことがとても大切!

これを知っていれば、釣れているという情報が無くても自分の力でカマスの群れを発見できる可能性が高まり、カマス釣りが上達していくはず。

この機会に時期毎のカマスの行動パターンの特徴を理解し、釣果アップに役立てていこう。



カマス釣りの時期・シーズンの基本的な流れ

カマスは単純な魚だから、いつも釣れる場所なんて変わんないさ!

と思う方もいるかもしれないが、季節が変わればカマスの回遊パターンも変わってくる傾向がある。まずはカマス釣りの1年の基本的なサイクルについてまとめておく。

カマス釣りの時期・シーズン毎の特徴
  • :3月、4月位までは良型のカマスが狙いやすい。5月以降は小型の新子が中心になる
  • :夏場は朝夕のマズメが釣果の中心になりやすい。8月くらいになると、カマスのサイズも20cmを越え始める場所が多くなる
  • :群れがまとまり、釣れるサイズも大きくなってくる。大体10月以降がカマス釣りの本格シーズン
  • :夜間の釣果が安定する傾向が出てくる。厳寒期に近づくにつれて数は減るが、良型のカマスが増える

ざっとまとめてみるとこんな感じの流れになることが多い。シーズン的に最も釣果が出しやすいのは秋で、40cm以上の大型を釣るなら晩秋~春先って感じかな。

春のカマス釣りの特徴

地域によって多少の違いはあるが、私の住む静岡県では大体5月のGW頃になると小型のカマスの回遊が徐々に始まることが多い。3月~4月位までは前年からの残り組の成長したカマスが釣れ続くことが多く、数はあまり釣れないが釣れればデカいといった感じだ。

春のカマス釣り チェックポイント!
  • 春本番に群れが入れ替わることが多く、早春は大型のカマスが狙え、5月以降は小型の鉛筆カマスが中心
  • 大型カマスは朝夕マズメの他、夜間に狙いやすい
  • 小型のカマスは朝夕マズメが中心
  • 稚鮎の集まる春先は河川の河口周辺にもカマスが回遊する

カマスの群れが入れ替わる春

春は釣れるカマスのサイズが大きく変わる時期になることが多い。5月くらいになり水温が本格的に上昇してくると、冬を越した大型のカマスから10cm前後の小型の鉛筆カマスと呼ばれるサイズになっていく。

春先の大型のカマスが釣れ続いている時は、朝夕のマズメの他に夜間も比較的釣果が出しやすい傾向がある。その後季節が進み、小型のカマスに入れ替わっていくと群れの回遊する範囲が広くなって釣れる時間が朝夕の短時間などに偏りやすくなる。

カマスは時期やサイズにより、回遊する時間帯やそのパターンが変わることも多い。その傾向を押さえておくことで、釣果を安定したものにしやすくなるぞ。

稚鮎やハクの群れに注目しよう

春先はチアユやハクといった小型のベイトフィッシュの回遊が活発になることが多く、カマスの群れもこれらの小魚の動きに影響を受ける。

稚鮎やハクは河川に遡上するために港湾部などに集まるが、カマスもそれを追って港湾部の奥まった所や河川の河口周辺に姿を見せることも多い。

この春先の時期はまだ良型のカマスが釣れる事が多いが、状況次第では河川の中にまで侵入してくることも普通にある。

釣れれば40cmを超えることも多いのが春先の低水温期のカマス釣り。排水溝や河川が流れ込むような場所は良型カマスが釣れる事も多いから要チェック!

夏のカマス釣りの特徴

春に釣れ始める小型だったカマスも、7月下旬~8月頃になると徐々にサイズアップしていく。

大体25cm~30cm程までの個体が多く、静岡ではこのシーズンになるとカマスを狙って釣りをする方が段々増えてくる感じ。

梅雨明けして夏本番となる頃、カマスの群れも徐々にまとまってきて初期シーズンを迎える。

この季節の特徴をまとめてみると、大体こんな感じかな

夏のカマス釣り チェックポイント!
  • 20cm中盤~30cm程までがターゲット
  • 群れがまとまりだし、釣果が徐々に安定してくる
  • 朝夕マズメが釣果の中心
  • 堤防の角や先端部など、潮通しの良い場所に回遊しやすい
  • タチウオなどの大型の肉食魚の回遊がある場合、回遊時間がズレることがある

徐々に型が揃い始め、釣果も出しやすくなる

春はアジ狙いのサビキ釣りの外道で釣れてくるような、10~20cm位までの小型が多かったカマス。夏になってくると徐々に大きく成長し、サイズも20cm中盤位になってくる場所が多い。

この時期になると徐々にカマスの群れもまとまりやすくなり、朝夕を中心にまとまった釣果が出やすくなってくる。しかし、夜間などになると沖に群れが移動してしまうことも多く、ナイトゲームのカマス釣りはまだ成立しにくい事も多いかな。

潮通しが良いポイントを狙う

晩秋~冬の時期とは少し回遊する場所が違うこともあり、春~夏の時期は堤防の先端や岬状のポイントなどの潮通しが良い場所の方が釣果が伸びやすい。イワシなどのベイトフィッシュの回遊スピードが比較的早く、それを追うカマスの回遊する範囲も広くなるためなんじゃないかと考えている。

回遊次第ではサーフからの投げサビキや、メタルジグを使ってカマスがよく釣れる事もあるぞ。

他魚種の回遊によっては時間帯がズレる

カマスは肉食魚だが、タチウオや青物の餌になることも多い。釣り場によっては朝夕マズメはこれらの中~大型の肉食魚の回遊が見られることも。そうなった場合、状況次第ではカマスの回遊時間が遅くなったりすることがあるので覚えておくと良い。

朝に釣りをするなら、朝マズメの少し遅い時間になってからカマスが釣れ出したり。逆に夕方は少し早い時間にカマスが回遊し、その後タチウオなどが釣れ始めるというパターンが結構あったりするぞ。

タチウオ

カマスは大型の回遊魚と回遊する時間をズラしてくる場合もあるから、釣り場に回遊している魚の種類によってゴールデンタイムが少し変わることもあるってわけ!



秋のカマス釣りの特徴

大体10月くらいになり、徐々に肌寒い季節になってくるとカマスのメインシーズンが到来する。

この頃になると釣れるカマスのサイズもさらに大きくなってきて、地域差はあるが中心となるサイズは30cm前後~35cm。場合によっては40cm程に成長している個体が釣れる釣り場も。

秋のカマス釣り チェックポイント!
  • 30cm~35cm前後のサイズがメイン
  • 群れが一層まとまってくることが多く、数釣りも楽しめる
  • 朝夕以外にも夜間の釣果が安定してくる

秋のカマス釣りの特徴をまとめると、大体こんな感じかな。

カマス釣りの本格シーズン

この秋本番~初冬にかけては、イワシなどのベイトフィッシュの回遊が沿岸部では活発になることが多い。そうなると、その餌を求めて多くのカマスが港内をはじめとした沿岸部にまとまって回遊を始める。

そうなるとカマスの群れの密度も高くなるので、釣果も安定したものになりやすくなる。夏までのカマス釣りとは違い、群れの密度が高くなるので短時間にまとまって釣果が出やすくなる傾向があるかな。

この秋の時期が最も数釣りが楽しみやすく、釣れるサイズもまずまずになるのでカマス釣り入門にも最適!

ほんの短時間で20匹、30匹と大漁のカマスが釣れたりすることも期待できるぞ。

夜釣りがアツくなってくる

また、水温が下がり始めるとカマスの夜釣りも面白くなってくる。春~夏場にかけては夜間の釣果が安定しないカマスだが、秋になると夜釣りでも狙うことができるようになってくる場所が多い。

基本的には潮通しが良い常夜灯の周辺などが一級ポイントになるが、水温が低くなればなるほど港湾の奥まった場所などに群れが入って来ることが増える。だから潮通しが良いポイントばかりにこだわるのではなく、水温が下がってくる晩秋以降は少し地形的に奥まった場所なんかにも目を向けると良いぞ。

効率よくカマスを狙うのであれば、朝夕は堤防の角や先端部などの潮に変化が出てベイトフィッシュが回遊しやすい場所を狙う。そして夜間はワンドや港内の奥まった場所に集まってくるカマスを狙ったりすると良い。

こんな風に時間帯によって釣り分けていくと、釣果もどんどん伸びていくはずだ。

冬のカマス釣りの特徴

季節が進み冬本番となり、寒さが厳しくなる12月中~下旬頃から4月位までは海水温も低い状態が続く。この時期のカマス釣りは数釣りというより、大型狙いが楽しい季節になることが多い。

個人的にはこの寒い時期に40cm以上の大きく成長したカマスを狙うのがかなり好きで、私の場合は冬のカマス釣りが一番好きだね♪

外すとアタリすら無かったりすることもあるけど、釣れれば丸々越えた脂が乗った美味しいカマスが釣れる。釣れてくるカマスも40cm以上になるとそこそこ引くようになり、釣りごたえもあって面白いぞ。

冬のカマス釣り チェックポイント!
  • 最大50cmクラスまでの大型カマスが狙えることもある
  • 朝夕マズメ、夜間の釣果が出やすい
  • 港内の少し奥まった場所や排水溝周辺など、水温が安定する場所を狙う

冬のカマス釣りの特徴としては、大体こんな感じ。

大型のカマスが狙える

何と言ってもこの季節は40cm以上、最大で45cmや50cmクラスの大型カマスが狙えるのが最大の魅力!

釣れる数は水温の低下とともに少なくなっていくことが多いけど、釣れるサイズは更に上がっていく。

特に、泥や砂底の中に所々に岩礁が存在しているような沈み根周りは根付きのカマスが付くことが多い!

こういった場所に潜むカマスは回遊せず、一定の範囲で生活しているようで非常に良く肥えていて脂も乗っている。

そしてなによりデカいのだ。

港内などの海底に根が点在しているような場所は大型のカマスが付いていることもよくあり、常夜灯などが無くても夜間の暗い時間帯に根周りを狙って釣ることが出来たりする。

この根付きカマスはとにかく太くて、

おかっぱりからでもこんなサイズのカマスが狙えたり・・・・・。太さでいったら指3本は余裕で超えてくるものも混じるから、もはや太刀魚の領域だよね(笑)

こういう大型のカマスが狙えるのが冬~春先の最大の楽しみかな!

夜釣りで大型カマスを狙う

大型のカマスは、朝夕マズメ以外に夜間の釣果が出やすい傾向があるのもポイント!

大型のカマスになると警戒心が強いのか、夜釣りで真っ暗な場所の根周りに付いていることが多いので要チェック。釣り人は常夜灯周辺に集まることが多いけど、特に大きいカマスを釣りたければ真っ暗な沈み根の入ったポイントなどを狙う方が良い。

寒さも厳しくて人間としては釣りをするのにツラいシーズンになって来るけど、実はカマス釣りではマニアックな大型のカマス釣りが楽しめる時期でもあるのだ。

港奥や奥まった場所を狙う

秋のカマス釣りでもちょっと触れたんだけど、水温期のカマス釣りの場合はカマスの回遊する範囲が狭くなる傾向がある。カマスは水温が下がってくると、

潮通しのいいポイントから、港湾部の船溜まり周辺などの奥まったポイントを中心に釣果が出ることも増えてくる。

冬場は波の静かな港奥の船溜まりを狙ってみたりすると、良型のカマスがよく釣れたりすることも多いぞ。

カマス釣りの時期・シーズンのまとめ!

カマス釣りの1年の流れについては、大体こんな感じかな!

基本的に最盛期は秋になり、冬から春先は釣果は落ちやすいが良型が狙えるパターンになる。春~夏は型が小さい上、朝夕の短い時間にしか釣れないことも多いから釣りのターゲットとして狙われることは少ない印象。

あとは時期によって釣りやすい時間帯などがあるから、そういった事も把握しておくと釣果アップにも繋がるはず。

魚の習性を覚え、それに合わせた釣りをするのが魚釣りで釣果を伸ばすための最大のコツ!

この機会にカマス釣りに挑戦してみてはいかがかな?

それでは、今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

関連記事

◎これからカマス釣りに挑戦する方へ

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です