ナマズのルアー釣り入門!タックル選び~実釣に必要な基礎知識を解説!

さてさて、今回はナマズ釣り入門講座!

ルアーを使ってナマズを釣る際に必要なタックル選びや、実釣に必要となる知識を紹介していく。

ナマズ釣りは身近な川や用水路で豪快な水面炸裂ゲームが楽しめ、難しいテクニックがあまり必要とされない敷居が低い釣りになる。

ここではそれぞれの項目について簡潔に・必要となる知識の触りの部分を紹介する。より深く知りたいという方は個別のリンクしてあるコンテンツを参考にしてみてね!



ナマズ釣りに必要なタックル選び

まずはナマズ釣りに必要となるタックル選びから始めていこう。

釣り場によって使いやすいロッドやリールは多少変わってくるが、まずはど真ん中のスペックを備えたアイテムを選べばオールマイティーに使えるぞ。

  • ロッド:ベーシックなのは6.6~7フィートクラスのベイトロッド
  • リール:16LBラインが75m以上巻けるベイトリール
  • ライン:基準は16LB位。14~20LB位のものを使う事が多い
  • ルアー:メインはトップウォータープラグ。スピナーベイトやワームなども使える

次に、用意しておくと便利な小物類はこんな感じかな!

あると便利なグッズ
  • スナップ:大体#2位がおすすめ
  • ヘッドライト:夜釣りの必需品
  • ペンチ:ナマズはヌメヌメしていて結構暴れる。素手ではフックを外し難い
  • フィッシュグリップ:ナマズが釣れた時に掴むのに使う
  • ケミホタルや夜光シール:ナイトゲームでルアーの視認性アップに

ロッド選び

ナマズのルアー釣りで使うロッドはスピニングロッドでもベイトロッドでもOK。しかしルアーを障害物のそばギリギリに落とす必要がある事も多く、慣れてしまえば扱い易いのがベイトタックル。

ナマズ釣りはベイトタックルで楽しむ方が多く、ロッドの長さは大体6フィート台~7フィート台前半くらいのものが使用される。

1本でオールラウンドに使うのであれば、おすすめは6フィート台後半~7フィート位までのロッド。この位の長さなら短すぎず長すぎずで色んな釣り場に対応しやすいぞ。

ロッドの硬さ・パワーに関しては適合ウエイトの上限が21~30g程までの表記のものが良い。バスロッドのパワークラスでいえば、M~MHが該当する。

バスロッドでも十分使えるし、最近はナマズゲーム専用のものも出ているからこのあたりはお好みで!

リール選び

ナマズ釣りで使うタックルはベイトタックルの方が人気。使用するベイトリールは別に何でも使えるが、ラインを必要分しっかり巻けるものを選ぶ事!

ブラックバス用のベイトフィネスリールなどでは糸巻き量が少なすぎるので、最低でも14LBラインが100m位巻けるものを選んでおくと安心。

ギア比に関しては好みになるが、私の場合は巻き取りが速いハイギアリールを使ってナマズ釣りを楽しんでいる。

ライン選び

ナマズのルアーゲームに使用するラインはナイロンがベーシックだが、フロロカーボンラインやPEラインも使う事が出来る。

まずはトラブルの少ないナイロンラインで釣行してみて、そこから使い分けていくようにすれば良い。

ナイロンライン・フロロカーボンラインの場合は16LB程を基準に選んでみよう。PEラインの場合は4号前後を選び、ショックリーダー25~30LBを接続して使うのがオススメ。

巻く長さは75m以上あれば実釣には問題ない。

ルアーの種類

ナマズはかなり色んな種類のルアーに反応するが、人気があるのはトップウォータープラグ。

ナマズ釣りは水面が派手に炸裂する瞬間が最も楽しい時。だからトップウォータープラグにこだわって釣りをする方が非常に多いぞ!

ナマズは視力が低くてルアーを見つけるのが下手。だから水面でカシャカシャと大きな音を立てるタイプがおすすめだ。

ルアーに関してはナマズ用にチューニングされたものも多く発売されていて、手間をかけた改造をしなくても使いやすいものが多くなってきている。

始めのうちはナマズ専用に作られたものを使うのが手っ取り早くて使いやすい。

他にもスピナーベイトやワーム、スプーンなどでもナマズはよく釣れる。ただし釣れ方が地味になるので、好んで使う人はあまりいないかな。

ナイトゲームでナマズを釣る際には、ルアーがどこにあるのかが分かりやすくするためにケミホタルや夜光テープを使ってチューニングをすると良い。

この夜光シールはライトを当てて蓄光するとかなり強力に発光する。ケミホタルがつかないルアーを使用する時などにかなり役立つ。

ルアーに針付けて蓄光すると、こんな風に光るぞ。

スナップ

ルアーとラインを直接結んでしまうと、物によってはアクションが悪くなる場合がある。また、ルアーを交換するのもいちいちラインを切る手間が生じる。

だから基本的にはスナップを使うのがオススメ。サイズは#2位を選んでおけば大体対応できる。

ナマズ釣りでは強度があるものを選ぶようにしよう。

ヘッドライト

ナイトゲームでナマズを狙うならライトは必須アイテム。最近は安い海外製のものもあるけど、使っていて安心なのは日本製。

格安のアイテムは急にライトがつかなくなったり、ちょっと雨に濡れると壊れやすかったりする。

暗闇ではヘッドライトが無いと危険だし、ルアーを交換したり釣れたナマズから針を外す際にもライトの出番が来るぞ。

ペンチ・フィッシュグリップ

釣れたナマズを確実にキャッチし、フックを外すのに必要になるアイテム。ペンチ、フィッシュグリップ共に高級なものの方が使い勝手は良いが、初めのうちは安価な物でも何とかなる。

こういうアイテムが無いと針を外す際に手に針が刺さってケガをしたり、ナマズを地面に落としたりして傷を付けてしまうことがあるから気を付けよう。

これからナマズ釣りに挑戦するなら絶対に用意しておいた方がいい。



ナマズ釣りの時期・シーズン

ナマズは1年中いつでも同じように釣れるわけではなく、寒い時期は泥の中に潜ってしまったりして釣るのが難しい。

釣りやすいのは水温が温かい春~秋になる。大体4月、5月位から釣りやすくなってきて9月~10月くらいまでがナマズ釣りに適した時期になるぞ。

時期によって行動パターンが変わったりするから、それに合わせて釣り場を選ぶのも重要!

ナマズ釣りの時間帯・ポイント選び

ナマズは河川の合流点や水路の流れ込み、薄暗い橋の下などに潜んでいる。特に日中は陰になる場所でジッとしていることが多い。

日中のデイゲームでナマズを釣るなら、そういった隠れ家となる場所をピンスポットで狙うのが得策。

夜間になるとナマズは餌を求めて活発に行動するようになり、流れの当たる川の流心付近や瀬などに着くことも多くなる。だからナイトゲームではデイゲームよりも広範囲をテンポよく探るのが重要だ。

時間帯に合わせた狙い方をするのが釣果アップへのコツになるぞ。

基本はダウンストリームで探ろう

ナマズを釣る際、基本的には川の下流側へと向かってルアーをキャストするダウンストリームがおすすめかな。

流れの上流に向かって投げるアップストリームの場合はルアーの泳ぎ出しが悪くなることもあり、使い難い事があるからね。

ダウンストリームで広範囲を探ってみて、かなり釣れそうなピンスポットや見えているナマズがいるような時はアップストリームで丁寧に探ると良い。

アップストリームの場合は流れを使ってルアーを流し込み、釣れそうなスポットや見えているナマズの目の前に入ったらルアーをチョコンと動かしてみる。

そうすると、ルアーにスレている気難しいナマズや低活性の個体を反応させることが出来る場合も多いぞ。

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です