静岡ナマズ釣行 強風+濁りの新規開拓!

静岡 ナマズ 釣果

さてさて、先日はナマズ釣行へ。

海の予報は荒れ気味ということで、こういう時はナマズ釣りが楽で良いですね♪

明け方から釣りをはじめ、適当に釣ったら新規開拓をしつつ早めに撤収というプランでの釣行です。

ここの所まとまった雨が何回か降り、まだ増水している可能性があるのでナマズのチャンスかも( ̄ー ̄)

果たして今回の釣行はどんな展開になったのか??




朝マズメの高活性なナマズ

ポイントに到着したのはまだ日が出る少し前、暗い時間帯。

まずは実績のある小場所をチョイスし、手堅くボウズ逃れを・・・。

見た感じは思ったよりも増水が残っており、濁りもいい具合に広がっているので期待できるか?

先発はキャタピークリッカー、夜光チューンをしたブラック系のカラーで入ります。

普段ならナマズが着いている場所は把握できているんですが、丁寧に探っても全く無反応・・・・。

濁りもあるし、条件的には悪くないはずなんだが。

下流から釣り上がっていったんですが、思ったよりも反応が無いので微妙に焦る。

いつもなら5分くらい釣りをすればバイト位は出るポイントなんだけどなぁ。

もしかすると、大雨が降った時の増水でナマズが遡上したのか??

こういう時は普段よりも河川・水路の上流部の方が良い時がある。

ちょっと歩いていつもよりも上のポイントへ向かい、再び釣りを始める。

すると、開始数投目で早速ナマズのバイト。

モワーンという感じで掛からなかったが、あれは間違いなくナマズの反応である。

バイトが有った場所の上流側に回り込み、流れを利用して超デッドスローで探る。

1か所でステイさせてネチネチ誘ってみると、すぐにバコンと出た♪

ナマズ 釣果

ちょっと小さめですが、これでボウズ逃れには成功した。

どうやら狙いが当たったらしく、普段はナマズの魚影が薄い上流部の浅いポイントでナマズのバイトが多発。

しかし、小さい個体が多いらしく釣れてくるのは同じサイズばかり。

ここで粘ってもサイズアップは見込めそうもないので、見切りを付けて移動!

落ち込み+反転流のポイントを狙う

段々日が出てきたが、やってきたのは水路と河川が合流するスポット。

ちょっとした滝のような落ち込みが出来ており、更に水草が有って反転流も形成されている場所だ。

間違いなく魚は居るはずなので、丁寧にアプローチして取りこぼさないように釣っていく。

すると、釣り開始2投目でいきなり水草がガサガサッと動き、バコーンと強烈バイト!!

重さが乗り、良い感じの重量感が伝わってきたが、しばらくしてフックアウト・・・・。

結構デカそうだったのに、やっちまった(-_-;)

このポイントは1匹で終わる場所ではないので、気持ちを新たに釣りを再開。

しばらく反応が無い状態が続いたが、10分くらい同じ場所を探り続けていると、水面が割れた。

静岡 ナマズ 釣果

さっきバラした個体よりも小さいが、とりあえず釣れれば嬉しいもの。

最低限釣果は出たので、ここからは新規開拓へ。

 

このポイントから少し離れた所に、良さそうなピンスポットを早速見つける( ̄ー ̄)

小規模な合流点だが、ブッシュが入っているのでナマズが潜む可能性は大!

早速狙ってみると、1投目でいきなりナマズのチェイス。

フックに触れずに帰っていったので、ちょっと広範囲を探りなおすと再び猛チェイス!!

そして目の前で思いっきりバイト!!

サイズはそこまで大きくは無いが、綺麗なナマズだったね♪

ここでポイントを大きく変え、サイズアップを目指します。



微増水+強烈な濁りのフィールド

次にやってきたポイントだが、微妙に増水しつつかなりキツイ濁りが入っていた。

それでも多少の透明度はギリギリあってコイの姿は見える、

その中にナマズが入っていないか注意しつつ釣りを始める。

とりあえず草の影や、反転流などをメインに打っていくと釣り開始数投目でナマズが急浮上!

目の前でターンされたが、ナマズの存在は分かったのでやる気が出る。

微妙にスレているような感じがしたので、ルアーをキャタピークリッカーから「やわらかPUP」に変えて釣っていく。

ナマズはスレていると着底音などで反応が大きく変わるので、ルアーの種類はいくつか持っておいた方が良い。

プラスチック系のルアーの中でも、ノンラトルの静かなタイプとラトル入りや金属パーツが装着されたもの等。

ちょっとした着水音やアクションの音の変化で食いに差が出たりするからね。

ルアーをナチュラル系にチェンジし、ナマズが泳いでいった方へ適当にロングキャスト。

スローに探ってくるとすぐにモワンという波紋が・・・・。

しばらくテロテロと巻いてくると、パチュッという音と共にロッドが曲がる。

結構重さがある引きなのでサイズも良さそう。

追いアワセを入れてから丁寧に寄せ、最後は抜き上げてキャッチ成功。

ナマズ 60UP 釣果

かなり体高がある綺麗なナマズだったね。サイズは60位あるかな??

ナマズの割にかなり引いたので楽しかったな。

やわらかPUPは地元のスレたフィールドなどでも結構良い感じに釣れており、アクションのキレもかなり良くてお気に入り。

価格は高いけど、それ相応の価値はあるルアーだと感じている。

超ソフトなボディで着水音も静かだし、余計なプレッシャーを与えないのは良いね。

狙い通りにサイズアップもしたし、そろそろ引き上げつつ車までの道で釣っていく。

すると、ラストのポイントで「チュパッ」という静かなバイト。

やわらかPUP ナマズ 釣果

ちょっとサイズは落ちたけど、50中盤位か?

これまた傷が全くない綺麗なナマズだ。この川のナマズは綺麗な魚が多くて良いね!

濁りがきつく、バイトはあるもフッキングしない

その後は新規開拓で新しい川へ。

思ったよりも濁りが強く、若干茶色系の水である(-_-;)

さっきの場所も濁ってはいたものの、より酷い濁りだなぁ・・・。

とりあえず釣れそうなポイントをランガンで探っていくんだけど、数回ナマズのバイトは有ったものの全くフックアップせず。

濁っている方がナマズの活性自体は高い事も多いけど、濁りすぎるとフッキングが難しくなるからもどかしい。

バイトは出ても掛からないナマズ釣りは奥が深く、やってみるとハマるはず。

お手軽に水面炸裂のゲームが楽しめるし、意外とスレていたりするので簡単に見えて難しかったり。

そろそろ渓流のトラウトも面白くなってきそうなので、これからますます忙しくなりそうだ。

使用タックル

ロッド:ジャッカル ナジーチョイスSG 69M

リール:シマノ カルカッタコンクエスト200HG

ライン:バリバス ナマズマックスパワーPEトロピカル3号(リーダー無しのダブルラインで接続)

ルアー:スミス キャタピーシリーズ、ディスプラウト ジョインテッドジェフリーなど

▼ナマズ釣りの記事一覧のページへ

ナマズ釣りのページへ

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です