静岡ナマズ釣行 水面炸裂表層ゲームを満喫♪

さて、先日はナマズゲームに出撃!

最近は梅雨入りしたというのに雨が少なく、河川も全体的に減水気味な状態が続いていますね・・・・。そうなってくると、水深も浅くなるし水もクリア気味になりがちなのでナマズゲームはちょっと厳しいコンディションかな(-_-;)

多少の濁りでも入ってくれていればデイゲームでも遊べることが多いんですが、水質がクリアになってしまうと明るい時間帯は障害物の陰に隠れて出てこなかったり。

ですので、今回は夕暮れの真っ暗な時間帯からナマズを狙ってみることに♪

初めはちょっと苦戦の厳しい状況に置かれましたが、魚影の濃いスポットを発見すると反応連発!

水面でバイトが丸見え、ナマズゲームを満喫することができましたよ(*^^*)



減水気味で魚影が無い・・・

まずはちょっと水深のあるポイントをチョイス。ルアーは最近定番のヒゲダンサーからスタートです。

背中のグローシールをしっかり光らせ、まずは広範囲にキャストをしてナマズの付き場をチェックです。

ナマズは魚影の濃い場所であれば適当にキャストしてルアーを引いてくれば簡単に釣れる。しかし、魚影が薄い場所やプレッシャーの掛かっているフィールドでは意外とテクニカル。

  • 状況によって本流にいるのか、支流にいるのか?
  • 流心に入って餌を待っているのか、反転流などのヨレにいるのか?

時間帯によってナマズの付く場所が結構シビアに変わってくるので、うまく状況を把握しないと釣れない。実際、私が良く行くフィールドも以前は適当にトップウォーター投げてれば釣れたんですが、最近はそう簡単なゲームではなくなってしまいました(-_-;)

とりあえずある程度規模のある流れ込みの周辺を流心付近から攻め、徐々に流れの脇などを探っていきます・・・・。

が、気配はそこまで悪くないのに完全ノーバイト!

一発位反応が出るかと思って期待していたんですが、甘くはないね。

ここで粘っても釣れそうにないので、少し上流へと向かうことにしました。

たまり場発見。水面炸裂!

ロングキャストでピンスポ狙い

次に向かったのは、かなりボサが生えていてキャストが困難な場所。小さなドブのような流れ込みが入っていて見落としがちなんですが、実績は結構ある場所。

ルアーはそのままヒゲダンサーで探っていきますが、最も美味しそうなドブからの流れがぶつかっている場所は無反応。

もう無反応にも慣れましたけどね( ̄ー ̄)

広範囲を探ろうとすると、かなり正確にキャストをしていかないと草にルアーが取られる危険性が大だ・・・・・。

それでもそんなことは言っていられないので、草の隙間に向かってロングキャストでアプローチ。

良い感じにルアーが着水し、背中のグローカラーがプカプカと浮かんでいる。

ちょうど美味しそうな流れのヨレにルアーが入っているので、細かくトゥイッチングでラトル音とジョイント音を出して誘ってみる。

すると、豪快にガボンというバイト!!!

雷魚っぽいような出かたにも感じましたが、巻きアワセを入れてみると無事に重さがロッドに乗りました(*^^*)

流れに合わせ、こちら側に下ってきているようなので高速でリールを巻き、ラインテンションが抜けない様に注意してやり取り。ナマズはグリングリンと回転して暴れたりするので、意外とフックオフしやすいので要注意です。

足元まで寄せたら、間髪入れずに抜き上げてフィッシュグリップでササっとキャッチ!

まずまずなサイズのナマズをキャッチ♪

かなり豪快に出てくれたので、ちょっと内心びっくりした。やべー、やっぱりナマジング楽しいな!

パターンを掴めば豪快なバイトが出る!

とりあえず1匹目をキャッチしたので精神的には楽になりました。ヨレの入った場所でヒットしてきたので、今日は流心よりもヨレの方が良いパターンなのかな?

同じようなシチュエーションの場所が近くにあるので、歩いて少し移動して狙いすましたポイントにキャスト。

良い感じの反転流にルアーを入れましたがそのスポットでは反応は無し。そのままスローリトリーブでカコカコという音を立ててアピール。だいぶ足元まで寄ってきてしまいましたが、足元付近にも流れの変化が有るのでちょっとシェイクを入れてみる。

ゆっくりシェイクしながらリトリーブしてくると、足元ギリギリでバッコーンとバイト( ̄ー ̄)

そろそろピックアップしようと考えていたところなのでちょっとビビりましたが、無事弾かずに掛ったようなので良かった♪

若干サイズダウンしましたが、2本目のなまずをゲット!これは狙い通りに釣れたので良かったです。



移動して水路を狙うも

とりあえず2本のナマズをポンポンとキャッチすることができたので、ここでまたポイントを移動します。

あまり大場所にいるような感じではない様子なので、流れ込んでいる小規模な水路を打っていくことに。ポイントに選んだのは水深が20cmあるかどうかといったかなり浅いポイントなんですが、日中にもナマズの姿を確認しているので魚影はあるはず。

ヒゲダンサーでは十分遊べたので、ルアーを中古で買ったトリプルインパクトに変えてサーチ開始。

自分が以前使っていたのとは若干形が違いますが、旧モデルはブラックバスはもちろん、ナマズなんかも非常に良く釣れた思い出のあるルアーでしたね~。中古釣具店を回ってみたんですが、売ってなかった((+_+))

とりあえずルアーの特性も見たいので、開けた所からサーチ開始。

アクション自体は大きくは変わってはいませんが、レスポンスが前のモデルよりも若干良くなっていてアピール力が増した感じがする。前よりもハイピッチになって動きに切れが出ているのかな。

感触としては悪くないので、ただ巻きやトゥイッチなんかをいれて探っていきます。

かなり水深が浅く、小規模な水路なので1回キャストしたら移動するランガンスタイルで釣っていく。所々に流れ込みが有り、そういう場所は少し距離を取って時間を掛けて探る。

すると、すぐにバコンという激しいバイト!!

が、トリプルインパクトはプカプカと浮かんがまま・・・・。残念ながらミスバイトでしたね。

釣り始めてすぐに反応が出たので、魚は思った以上入ってきているのかな~。

狙うべきスポットは丁寧に探り、後はササっとテンポよく流していく感じで釣っていきます。

すると、反応はポツポツと出るものの小さいナマズやしっかり食い込まない手前で反転系のバイトが多く、フッキングに至らないパターン。

4~5回ほどはナマズのアタックが有ったんですが、すぐに投げ返しても追い食いしてくるような感じも無く、ワンチャンスをものにできないと釣れないパターン。やっぱりプレッシャーが掛かっているのかな。

まだポイント的には何か所か回れそうな時間でしたが、今回は2本のナマズをキャッチすることができたのでこれにて撤収!

また時間を見つけてズーナマフィッシングにも行きますよ!

使用タックル

ロッド:シマノ ワールドシャウラ1652R(青)まるなかカスタム

リール:シマノ カルカッタコンクエスト200HG

ライン:クレハ R-18フロロリミテッド20LB

ルアー:ジャッカル ヒゲダンサー、シマノ トリプルインパクト

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です