4月の静岡ナマズ釣行 本格シーズン到来!

ナマズ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
4月下旬、徐々に本格シーズンを迎えるナマズ釣りに行ってきました。

初釣行自体は4月中旬に行っており、その時に小さいながらも初ナマズをキャッチできました。
しかし、デイゲームのトップウォーターの釣りにはまだ時期が少し早い感じで、ナマズは多少居るもののルアーを投げてもほとんど無視でしたね。

ナマズの場合、シーズン初期の3月~4月位までの間はナイトゲームの方が釣りやすい傾向があります。
その後水温が上がって4月下旬~5月になると活性が上がり、デイゲームでもトップに反応しやすくなるパターンが多いです。(ワームを使えば早い時期のデイゲームでも釣果を上げることは可能)

そろそろ本格シーズン到来を見越しての釣行でしたが、果たしてどんな結果に?

まずは本流狙い

今年は春先からまとまった雨がほとんど降っていない状態が続いているので、水路に入っているナマズの数はまだ少ない傾向。
前回の調査でもナマズの姿が多かったのは本流でしたね。

そこで、水量がある程度ある本流のポイントから調査開始です。

さっそくナマズを発見!

とりあえず先発はダイワのポコクロというクローラーベイト。

ソフト素材でプレッシャーを与えにくいタイプのルアーですね。
ちょっと気になったので購入してみました。

アクションチェックをしつつ、広範囲をランガンしていきます。

ポコクロは正直言ってちょっとアクションに癖のあるルアーといった感じですが、足場が高い場所では使い勝手は良さげ。
気になるスポットを打って行くも全く反応が無く、サイトフィッシングに切り替えます。

しばらく目を凝らしながら川を上っていくと、岸際の超シャローにナマズを発見!
ポジション的にかなり草木が入ったスポットでボケ~っとしている感じですが、水深が浅いのでトップでも釣れそうな感じ。

立ち位置を決めて静かにナマズの前にポコクロを落とし、チョンチョンとアクションするとナマズが目覚めました★

しかし、ここでフックが沈んだ草に絡まり、2~3回ほどボシュっとバイトしてきたもののフッキングできず・・・。
そのままナマズは深みに消えてしまい、美味しいチャンスをを逃しました。

この感じだと前回の釣行とは明らかにナマズの活性の高さは変わっており、これなら十分昼のトップゲームも楽しめそうです。

ブラインドの釣りに変えてボウズ逃れ

その後しばらくサイトフィッシングを続け、もう1匹ナマズを発見。
キャストも完全に決まってナマズが激しくバイトしてきたんですが、良くあるパターンのミスバイトで終わり・・・・。

ただしこの2匹のナマズで何となく着き場が分かったので、条件に当てはまる場所をテンポよく打つスタイルに変更。

岸際に駆け上がりがある場所を見つけ、ナマズの姿は見えないもののルアーをスローに巻き巻きすると「バコン」とバイト。
ロッドに重みが乗るまでルアーを巻き続けてから合わせを入れると無事ヒットです。

ナマズのローリング系の引きを堪能しつつ、一気に抜きあげてキャッチ。

ナマズ 釣果

2連続でチャンスを逃していたので、これで1安心です。

その後も反応があった河川をちょっと歩き回ってみたんですが反応は無し。

粘っても効率が悪いので、ここでポイントを大きく変えることに。

ポイント移動で良型ナマズ!

その後少し規模が大きめの有望河川に行ってみたものの、減水が酷すぎてナマズの気配が全くない(-_-;)
歩いて様子を見たものの、釣れる気がしないので再び移動しました。

次にやってきたのはちょっと規模が小さめのポイントですが、比較的早い時期から釣れやすい場所です。

ボサ打ちでランガン

このポイントは草が生い茂っているピンスポットが続く場所。
ルアーはそのままポコクロを使いランガン開始です。

コイの姿はそれなりに見えるものの、ナマズの気配は思ったよりも少ないかな。
しばらく歩いて川を上っていくと、水草の影に大きいすっぽんを発見。

見た感じ3kg後半~4kgくらいありそうです。
まだ春先でぼ~っとしているのか、目の前まで行っても逃げませんでした。

すっぽんが目覚めているということはナマズも十分釣れるはずなので、ちょっと気合を入れなおしてピンスポット打ちでテンポよく釣っていきます。

チョロチョロと山水が流れ込む場所とアシが絡んだ場所に到着し、「釣れそうだなぁ」と思いつつルアーを落とす・・・・。

すると、巻き初めにナマズが草の影から飛び出してきてバコンとバイトです。

完全にルアーが水中に消えているのを確認して合わせを入れると、ギュンギュン引く元気タイプのナマズでした。
クラッチを切って身切れしないように注意しつつ、タイミングを見て抜きあげ。

ナマズ 釣果

良型ナマズをキャッチしました★
ナマズは個体によってめちゃ引くやつもいれば、全く引かないクネクネするだけの個体もいて結構極端。

こいつはギュンギュン泳ぎ回るパワフルな個体でした。

その後、このポイントを見て回ってもう1匹良型がバイトしてきたんですが、フッキング後数秒でフックアウト。

結局今回は2匹しか釣れませんでしたが、デイゲームのトップウォーターゲームが楽しめたので良かったです。
ちょっと雨が少なすぎて減水がかなり酷い状態だったので、1度まとまった雨が降って水位が上昇すればかなり面白い釣りができるはず。

淡水の釣りも海とは違った面白さがあり、また時間を見つけてナマズ調査も行きます。

使用タックル

  • ロッド:テールウォーク ナマゾンC66M/G
  • リール:シマノ カルカッタコンクエスト200HG
  • ライン:よつあみ ウルトラキャストマンWX8フルドラグ 3号(ダブルラインで直結)
  • ルアー:ダイワ ポコクロ

おすすめ関連記事

▼春のナマズ釣り解説

ナマズ 春春のナマズ釣り講座。安定して釣果を上げるために意識したいこと

▼ナマズのルアー釣り入門

ナマズ ナイロン フロロ ラインナマズのルアー釣り初心者講座!タックル選び~実釣に必要な基礎知識を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です