奥浜名湖 ホテルグリーンプラザ浜名湖周辺の釣り場・ポイントを徹底解説!

ホテルグリーンプラザ浜名湖 釣り場 ポイント

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は奥浜名湖の釣り場紹介をやっていきましょう。

今日紹介するのは佐久米にある「ホテルグリーンプラザ浜名湖」周辺の釣り場。

東側のワンド状の佐久米海岸から続くポイントになるが、遠浅気味の地形が特徴になる。
ウェーダーを履いて立ち込んで釣りをしている方を見かけることが多いかな。

長時間時間を掛けてジックリ探る釣り場というより、浅い場所に餌を求めて魚が差してくるタイミングで狙いたい。

釣り場の様子とともに魚探掛け&オモリを投げて水深や底質などをチェックした結果を紹介するので、今後釣行する時の参考にしてもらえたら嬉しく思う。

釣り場は場合によって立ち入り禁止などになっていることがあります。その際は現地の表示に従って行動してください。
紹介する内容は主に取材当時のものになります。

▼奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖エリアの釣り場のどこよりも詳しい解説は【奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖釣り場解説まとめ】を参考にどうぞ。
釣り場の様子や水深・地形などを徹底解説します。

ホテルグリーンプラザ浜名湖周辺で釣れる魚・おすすめターゲット

ホテルグリーンプラザ浜名湖 釣り 釣れる魚

まずはこの周辺のポイントで狙うことが出来る代表的なターゲットを紹介しておこう。

  • 上物:クロダイ・キビレ・シーバス(セイゴ~スズキ)・サヨリなど
  • 底物:ハゼなど

基本的には奥浜名湖で狙うことが出来る魚の釣果が期待できるが、サヨリなどの回遊魚を狙う場合は水深が浅めなので少し釣りにくいかもしれない。

シーバス

この周辺は遠浅気味の地形になっており、肉食魚が餌を捕食するために一時的に寄りやすい条件が揃っている。

遠浅な地形と南寄りの風の影響を受けやすいことにより、向かい風によって岸際が濁りやすい。
こういう時は釣りにくさはあるかもしれないが、シーバスやチヌを狙うには好条件。

遠浅の場所なので、ウェーダーを履いて立ち込んで釣る方が駆け上がり周辺をキッチリ狙いやすい。

クロダイ・キビレ

シーバスと並んでウェーディングでチヌを狙っている方も時々見かけることがある。
水深が非常に浅いため、ワームを使う以外にもトップウォータープラグやミノー・バイブレーションなどを使ってテンポよく探るのもおすすめ。

水深がかなり浅いので、餌釣りよりもルアーの方が狙いやすいかな。
ぶっこみ釣りや電気ウキ釣りを楽しむなら、水深が深い東側の佐久米海岸の方が釣りやすい。

沖合はボートでチヌを狙う方をよく見かけるね。

ハゼ

佐久米海岸~都筑の周辺は秋になるとハゼ釣りが盛んな釣り場が続いている。
西側の都筑方面と比較すると、底質はやや石が多い傾向がある。

石に根掛からないように注意すればちょい投げ釣りで狙うこともできるし、のべ竿を使った脈釣りや胴付き仕掛けで狙う方も非常に多い。

ホテルグリーンプラザ浜名湖周辺の釣り場風景

ホテルグリーンプラザ浜名湖 釣り場 ポイント

東側の佐久米海岸側を見た眺め。
手前側はシャローエリアがかなり広範囲に広がっており、風が吹くとすぐにザブザブと波が立ちやすい。

ホテルグリーンプラザ浜名湖 釣り場

南西側、緩い岬状に突き出ている方角を見た眺め。
所々に大きめの石・岩が入っているのが分かる。

西側の都筑方面へ進むと細かい砂の割合が多くなっていく。
この辺り一帯は西側の佐久米海岸と比較すると、遠浅な地形が特徴的。

釣り場の地形・水深

ホテルグリーンプラザ浜名湖 水深 地形

今回は上記の3か所で魚探掛け・オモリを引いて地形調査を行った。
結果を最初に言ってしまえば目立つ大きな変化は無く、どの場所でも似たような地形・底質をしていた。

砂泥+石のシャローフラット

上記の3か所で魚探掛けを行った結果としては、岸から35m~40mほどの地点で水深は約1.1m~1.3mほどと、非常に浅くて平坦だった。

特にルアーで狙う場合はウェーディングで少し沖まで立ち込んだ方が釣りやすく、遠投性に優れたルアーを使えば駆け上がりの向こう側を攻めやすいはず。

ホテルグリーンプラザ浜名湖 釣り 水深 地形

底質は砂泥がメインだが、フワフワしている柔らかい質感ではなく、ある程度硬く締まっている感じ。
また、石や岩がゴロゴロと転がっているので、オモリを引くとコツコツとした感触がある。

場所によっては岩の割合が多めなスポットもあり、針が付いていないオモリを投げただけでも根掛かりそうになることもあった。
特に先端付近は石の割合が多く、ゴツゴツしている傾向あり。

一方でホテルの北側の少し奥まった場所は砂泥底の割合が多く、ゴツゴツ感は少なめかな。

ハゼを狙うには浅い場所は狙い目になるが、シーバスやチヌを狙うのであれば「条件が揃った時の回遊待ちの釣り」になる可能性が高いか。
普段から肉食魚が居つく場所としてはそれほど適してはおらず、朝・夕マズメや夜間などのベイトフィッシュが寄ったタイミングで餌を食うために立ち寄るスポットという地形をしている。

なので条件が良い時は多少時間を掛けて回遊を待つのも良いが、そうでなければササっとランガン気味に広範囲を探るスタイルの方が魚に出会う確率は上がりそうなポイントだね。

駐車場

ホテルグリーンプラザ浜名湖周辺には整備された駐車場は無い。
ホテルの駐車場や管理地を勝手に利用するのは絶対に避けよう。

無理やり車を駐車するなどしてトラブルになることがあるので、マナーは厳守すること。

おすすめ関連記事

▼奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖エリアの釣り場のどこよりも詳しい解説は【奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖釣り場解説まとめ】を参考にどうぞ。

奥浜名湖 釣り 【徹底解説】奥浜名湖・細江引佐湖・猪鼻湖の釣り場まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です