ナマズ釣り 濁り・増水時の攻略のコツと考え方【雨が降ったらチャンス】

 

ナマズ釣り 濁り 増水

さてさて、今回はナマズ釣り講座。

雨が降って河川が増水したり、濁りが入ってきたときはどんな点に注目して釣っていけばいいのか?

平水時と増水時ではナマズの居場所が変わることがあり、知っていないと「全然釣れねぇ」パターンがあるので要注意!

ポイントの絞り方等、基本となる知識を身に付けておけばある程度対応できるはず。

雨による増水は、うまく活用すればナマズをキャッチできる可能性が高まるチャンスだったりする。

特に普段プレッシャーが掛かっているスレたフィールドの場合は効果が大きくなりやすい。

この機会に、釣り場が濁ったり・増水した時の考え方の基本を身に付けておこう。




ナマズには適度な増水・濁りはプラスに働く

ナマズ 濁り 増水 影響

ナマズ釣りの際、増水や濁りはいい方向に影響が出る場合も多い。

しかし、その程度には限度があり、「ドロドロの超濁った水+ひどい増水」になると逆に釣れなくなったりするので注意したい。

濁りもそうだが、特に重要なのは増水による流速だね。

ナマズはもともとそこまで強い流れに入る魚ではないが、全く水が動いていない場所よりは「多少流れがある場所」の方が釣れやすい印象がある。

限度を超えてしまうと逆に釣れなくなるって感じ。

流れの速さの程度を伝えるのがちょっと難しいが、

ルアーを下流にキャストして引いた際、水の抵抗が強すぎて泳ぎが乱れるくらいだと「ちょっと流れ過ぎ」位のイメージを持っておくと良いかな。

適度な増水と濁りはデイゲームで効果大!

適度に濁りが入ったり、増水している時はどちらかというとデイゲームで効果が出やすい。

ナマズ 濁り

ナマズは本来夜行性なので、日中は障害物の影や川底で休憩モードになっていたり、隠れていることが多い。

しかし、適度な雨量で濁りが入ったりすると、ナマズの活性が高くなって積極的に動き回ったりする傾向がある。

だからサイトフィッシングは難しくなるが、ナイトゲームのようにルアーを追い掛け回すようになりやすいね。

濁った時は狙うポイントもちょっと開けた場所だったり、流れが強くなければ流心を狙ってみたりすると良い。

もちろんカバーの影に隠れている個体もいるので、濁った時は狙う範囲は広くなりやすい。

その分ルアーに対して積極的にアタックしてくるようになるので、テンポよく広範囲を探る釣りが有効になったりするね!

 

一方で夜釣りの場合はどうか?

ナイトゲームでナマズを狙う際、多少の濁りや増水は悪くは無いが、そこまでいい方向に働くこともない感じがする。

ナマズ 夜 濁り

ナイトゲームの場合はそもそもナマズが餌を求めて活動しやすいので、濁りの力を使わなくてもゲームが成立しやすいと感じる。

逆に濁り+視界が悪い事でルアーへのミスバイトが増えたり、ナマズのそばギリギリを探らないとナマズが気づかなかったり・・・・。

ナイトゲームの場合は、多少濁ったり増水しているくらいなら良いが、デイゲーム程メリットを感じない傾向があると考えている。

ナマズが集まるポイントの変化

ナマズは河川が増水すると付き場も変化しやすい。

基本的な流れとしては、

  • 渇水~平水時:河川の本流や水量がある場所
  • 増水時:流入する支流や水路

 

こんな風に狙い分けをしていくと釣果に繋がりやすい。

ナマズの行動パターンとして「増水すると細い流れに入っていく」という事は覚えておくと良いかな!

水が多い時は水路が激アツ!

普段は本流でナマズが良く釣れる釣り場であっても、増水すると流れが強くて釣り難くなることも多い。

また、ナマズがいつもは釣れる場所なのに反応が無かったり・・・・。

こういう時は、ナマズが「河川に流入している小場所」に集まっていることが結構多い。

ナマズ 増水 水路

私の場合、ちょっと増水が酷かったりする時に狙うのが川幅数メートル位までの水路や支流。

普段は水深が浅すぎてナマズが釣りにくいようなポイントであっても、こういうスポットにこそナマズが沢山集結しやすい。

また、こういう小場所に集まってくるナマズは活性が高い事が多く、魚が居さえすれば比較的簡単にバイトしてくるパターンもかなり多い。

集結する水路や支流が無い場所の場合、河川の上流部に集合したりするので覚えておくと役立つかもしれない。

増水すると、「ナマズは狭い場所や上流部に集まりやすい」と覚えておこう。

産卵期のナマズは特に顕著に動く

増水すると、ナマズが水路や支流に集まりやすいのは紹介した通り。

その中でも、特に注意したいのが産卵期のナマズだ。

ナマズは春~梅雨時期位に産卵をする事が多い。

産卵期のナマズ

産卵行動を見ると分かるが、ナマズの産卵は田んぼの中やほっそい水路などで行われる。

だからこの時期のナマズは、雨が降って水が増えた時に「特に狭いスポットに集中しやすい」と覚えておくと良いかな。

産卵期以外は増水しても本流に残っている個体がそれなりに居たりするが、産卵期の場合は急に本流から姿を消したりするんだよね。

私が住む静岡の場合、特に5月前後の大雨の後はかなり狭い水路にデカいナマズが集結していたりする。

ただし、産卵期のナマズは見えていてもルアーに反応しないこともあるけど(資源保護も考えてそっとしてあげよう)。

地域によってだとは思うが、ナマズがかなり減っている場所もあるからね。



水量の違いによる狙い分け

次に、同じ釣り場であっても平水時と増水+濁りが入っている時ではどのように狙い分けをするのか?

実際のポイントを例に挙げて紹介していこう。

例えば、このような水路が交流する小規模河川。

ナマズ 増水 濁り 狙い方

平水時のデイゲームであれば、狙い目になるのが水が交流している点(微妙な草がある場所)の下や、その周辺の草の影など。

こういう場所をどんどん打っていくのがデイゲームの基本的な攻略法だ。

一方で微妙に濁りが入っている時や、ナイトゲームの場合はどうか?

ぶっちゃけていうと、この画像に写っている全体がポイントになる。

草の影や合流点にもナマズは潜むし、この程度の流速なら流心にも餌を求めて入ってくる。

じゃあ最後。

かなり増水して流速が速くなった時はどこを狙うのか?

最初の方でも紹介したが、ナマズはある程度の流れは好きだけど流れ過ぎるとそれを嫌う。

このポイントで私が釣りをするなら、

ナマズ 増水時 釣り方

流れがガンガン当たる場所はある程度捨ててしまい、ピンクで囲ったスポットなどを釣っていくかな。

このような場所は流れがヨレたり、反転流になって流速が弱まるパターンが多いんだよね。

釣り場の流れが強くなった場合、ナマズはこういう場所に潜んでいることが多くなる。

中には流れの中に入っている個体もいるが、ルアーを見つけてもらうことが難しくて釣りにくい事も多い。

これは水路などでも同じことがいえるので、雨が降って増水している時などの狙い分けの参考にしてみてね。

濁り・増水時のミスバイト対策

ナマズ ミスバイト

水が濁ったり、増水している時のナマズゲームは特にミスバイトが多くなりやすい感じがする。

こういう時は日中のデイゲームであっても夜光カラーのルアーを使ったり、フックにタコベイトを付けてフックを確実に吸い込ませるチューンをしてみたり。

あとはラトル入りのルアーやブレード、プロップ付きのアピール力が強いルアーを中心に使うのも良いね。

細かい事でも意外と釣果に差が出るので、ミスバイトが多い時はルアーチェンジも忘れずに。

まとめ!

ざっとまぁこんな感じで、「適度な濁りや増水はプラスに作用することも多いが、限度を越えてしまうと釣り難くなる」と覚えておこう。

後は水量によってナマズが集まりやすい場所や、付きやすいスポットなども気にしながら釣行しよう。

こういうのは知っているか知らないかだけで釣果に差が出やすい。

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

▼ナマズ釣りの記事一覧のページへ

ナマズ釣りのページへ

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です