バスロッドでナマズ釣りはできる? ナマズロッドとはどこが違うのか

バスロッド ナマズロッド 違い

さてさて、今回はバスロッドとナマズロッドの違いについて。

バスロッドでナマズ釣りはできるのか?

という質問を受けたので、ロッドの特性の違いなどをちょっと掘り下げて紹介していく。

結論から言ってしまえば、「バスロッドでも十分ナマズは釣れる」というのが答えになる。

しかし、両方使ってみて思うのは「ナマズ用ロッドの方が使い易さでは上」という事かな!

この辺りの使用感の違いなどについて、出来るだけ分かりやすく・詳しく話していく事にしよう。



バスロッドとナマズロッドの大きな違い

ナマズロッド バスロッド 違い

ブラックバスを釣るための竿がバスロッドになるわけだが、ナマズ専用ロッドとの大きな違いは

  • 軽さや感度を求めるのか?
  • それとも強度や曲がり込みを求めるのか?

というのが最もわかりやすいかなと。

ちょっと詳しく紹介すると、

  1. ロッドのマテリアルの違い
  2. 反発力の違い
  3. 強度(ブランクスの厚み)の違い

といった所が違ってくる(もちろんアイテムにによっても特性が多少違う)。

バスロッドとナマズロッドのマテリアル(素材)

バスロッド ナマズロッド 素材

バスロッドは、一般的にカーボン素材が使われていることが多い。

一部のロッドはグラスマテリアルを使っていたり、低弾性カーボン(多少重たくなるがしなやかなカーボン)を使っているものもあるが。

最近のバスロッドは高弾性カーボンと言い、軽くてシャキッとした素材を使っているんだよね。

これに対し、ナマズ用ロッドは

  1. フルグラス(グラス100%)
  2. グラスコンポジット(グラスとカーボンの混合)
  3. カーボン素材(低弾性系のカーボンが主。ナマズロッドとしては少数)

 

このような素材を使って作られているが、基本的にはフルグラスとグラスコンポジットが現在の主流だ。

基本的にグラス素材はカーボンよりも重たくなるが、その分しなやかで曲がり込む特性が有り、折れにくいロッドが作りやすい。

反発力の違い

バスロッドは反発力が強く、パリッとしている傾向が強い。

バスロッドはルアーを細かく操作する必要があり、小さいアタリを察知してフッキングに持ち込む釣り方が多いからね。

一方でナマズロッドは反発力が比較的小さく、しなやかな素材で出来ているものが多い。

メーカーによってはシャキッとしたロッドもラインナップされているが、バスロッドとはやはり違う。

強度の違い

バスロッドよりもナマズロッドは強度重視の設計になっているものが多い。

釣れてくる魚のサイズに関しても、ブラックバスなら1kg以上(大体40cm位)あればまずまず良型だろう。

一方でナマズの場合は50cm後半~60cm台の個体も結構釣れてくるので、ロッドに対して強度を持たせた設計になっている。

バスロッドからナマズロッドに変えてみると、魚を掛けた後の安心感は確かに違いがあるよ。

ナマズロッドの方がおすすめなワケ

ナマズロッド

バスロッドでもナマズ釣りは可能だが、ナマズをメインに釣っていくならやっぱり専用ロッドが1本あると全然釣りが楽になる。

私の印象としては、5万円のバスロッドを使うより、2万円位のナマズロッドを使った方がナマズ釣りは快適に出来ると感じている。

ルアーのキャストが楽

ナマズ用ロッドは比較的反発力が低く、ルアーをキャストする時にロッドがしっかり曲がってくれる。

これに対してバスロッドの場合は柔らかいロッドは曲がりすぎるし、硬いロッドは棒のように反発が強くて使い難い事がある。

ナマズ用ロッドは十分な強さが有りつつ・しっかり曲がるように設計されているものが多い。

これにより、草の影から低い弾道でルアーを入れたりするのも楽だし、ロングキャストで広範囲をサーチしていくのも楽に出来て快適。

ナマズ釣りでは、バスのワーミングのように微妙なアタリを取ったりする釣り方は殆どやらない。

だから、感度重視の反発力が強くて繊細な穂先はあまり必要性が無い。

それよりもしなやかに曲がりつつも、曲がったところでしっかり耐えてくれるロッドの方が使い易い。

パワーはあるけど、しっかり曲がる。

ナマズ用ロッドの性質を一言で表すとこんな感じかな!

また、ナマズ用ロッドの方がルアーウェイトに対する適応幅が広く出来ている感じがして、軽いルアーから重いルアーまでしっかりロッドに重さを乗せてキャストできる。

ナマズとのファイト・取り込みの安心感

ナマズ用ロッドとバスロッドを比較してみると、魚を掛けた後の安心感は間違いなくナマズロッドの方が優れていると感じる。

バスロッドのようにキンキンした感触が無く、ナマズの引きやローリングに対してロッドがしっかり曲がってくれる。

だから口切れを防いだり、バイトが有った時にフックが弾かれるのを防いでくれる。

ナマズ 釣れる場所

また、ナマズ釣りは足場が高い釣り場やブッシュが生い茂った場所で釣りをする事も多い。

こういう時に感度、軽量性重視のバスロッドだと扱いに気を使うんだよね。

ナマズロッドなら強度重視に作られているものが多く、60cm以上の良型個体でも強引に寄せて楽に抜き上げが出来る。

特に反発力が強いバスロッドは、間違った方向に力が掛かると簡単に破損するから扱いには注意が必要だ。



ナマズ釣りに流用できるバスロッドのスペック

バスロッド ナマズ釣りに使うスペック

手持ちのバスロッドをナマズ釣りに流用するのであれば、おすすめのスペックは

  • ロッドの長さ:6.6フィート~7フィートクラス
  • ロッドのパワー:MHクラス(Mでも可能)

 

大体こんな感じかな。

あまり短いロッドだとカバー周りや足場が悪い釣り場で使い難いので、最低でも6フィート6インチクラスのロッドが望ましい。

カバー周りなどを打つのであれば、もう少し長めの7フィート位の長さがあった方が良い。

パワーに関してはナマズ用ルアーの多くは14g~20g前後の重量があり、やり取りの安心感も考慮するとMHクラスがおすすめだ。

Mパワーのロッドでも対応できるが、60cm後半のナマズがヒットしたりするとロッドが少し曲がりすぎて扱い難い時がある。

ラインは強度のあるものを!

ナマズ釣り ラインの強度

ナマズ釣りではラインブレイクを防ぐ為、余裕を持たせた強度のラインを使うのが望ましい。

基本的には20LB以上、最低でも16LB以上のラインを使用する事。

おすすめはやはりPEラインで、PEラインの50~60LBクラスを巻いておけばある程度のカバー周りでも安心してナマズをキャッチできる。

ロッドが多少弱くても、ラインがしっかりしていればキャッチ率はかなり高くなる。ヒットしたナマズにルアーを残さないよう、しっかりとしたラインを使う事!!

 

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です