6月の静岡ナマズ釣行 藪漕ぎでナマズと遊ぶ

ナマズ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回もナマズと遊ぶために河川へ短時間釣行してきました。

先日の釣行ではかなり渋い状況に苦戦だったんですが、その次の釣行では良い感じにナマズが連発して楽しい釣りが出来ました。
河川選びや釣行するタイミングによってナマズと言えども意外と釣果に差が出るので、簡単なようで意外と難しいんですよね。

果たして今回はどんな釣行になったのか?

今年初のエリアで様子見

とりあえず今回はまだ今年になって一度も来ていなかったエリアの河川を見てみることにしました。
以前は結構ナマズの魚影が濃くて数釣りもできていたんですが、果たしてどうか・・・・。

土砂で埋まるポイント多数

とりあえず最初に選んだのは、水質が良くてサイトでナマズが比較的釣りやすいポイント。
予定ではこの場所で何発がバイトが得られるはず。

久しぶりのポイントなのでちょっとワクワクしながら様子を見てみると、以前は淵や落ち込みがあったはずなのに全てチャラ瀬になっている・・・・・。

他のエリアもそうなんですが、全体的にポイントが埋まってしまってダメになった場所がかなり多いように思えますね(-_-;)
ロッドは持たず、少し歩きまわって河川の様子を見てみましたが、コイはポツポツ見えるもののナマズさんはお留守な感じで・・・・。

結局最初の有望ポイントはダメになってしまっていたので、釣りはせずに見切りました。

草ボーボーの河川をチョイス

どうやらこの河川は全体的に浅くなってしまって変化が無くなってしまった感じなので、隣接している他の河川へ狙いを変えました。

次にやってきたのは草が生い茂っていてエントリーが困難な場所。

もはや水の流れが見えないくらい草が生えてしますが、以前良い思いをしたことがあるので期待できるはず。

今回もかなり草が高く生えていて、滑らないように注意しつつエントリー・・・・。
途中にバラが生えていてチクチクしたり、苦戦しつつも無事川岸に入りました。

川を見た感じ、ここは以前と変わっていない様子でナマズも釣れそうな気配がしますね★

とりあえず先発は、ここ最近良い感じに魚を引っ張ってきてくれているオフィスユーカリの「ぽち」で。(ぽちのインプレッションはこちら)
このポイントはピンスポットでネチネチ探って魚を引っ張り出す場所なので、ぽちのテーブルターンを使います。

草に引っ掛けないようにルアーをキャストし、良い感じに草の影に着水。
そこから穂先をチョンチョン動かし、移動距離を抑えつつジックリ誘う・・・。

すると、一投目でいきなりナマズが超反応し、猛スピードでアタックしてきました。

一度弾かれましたがそのまま追い食いしてきてヒット。

ちょっと掛かりが浅そうですが、無事フッキングできたので強引に巻き取って寄せます。
釣れたナマズのそばには他に3匹ほどナマズがついてきています。

一気に抜きあげてキャッチしたんですが、ナマズがローリングした瞬間に勝手にハリが外れました。
魚に無駄なダメージを与える必要は無いので、そのまま触らずにリリースしました。

サイズ的にはアベレージ級でしたが、ついてきたナマズ達が付近にいるはず。

自分から数メートルほどの距離にブッシュのポケットと沈み岩が絡む場所があり、ちょっと気になったのでキャスト・・・・。
すると、さっきついてきたナマズなのかは分かりませんが、急浮上してきてバイト。

運悪くミスバイトになりましたが、ルアーを通したことでナマズの活性が上がったらしく、なぜか上流から流れてきた藻にバイトしてます(笑)

ナマズの姿は見えているので、すぐにキャストしなおすと波紋を出して突進してきて再びバイト。
今度はしっかりフッキングできました。

ナマズ 釣果

テンポよく3投で2匹キャッチできましたね★
この場所は変わらずナマズが釣れることが分かったので、無駄に叩きすぎないように移動します。

オープンエリアのナマズゲーム

次にやってきたのは、ちょっと川幅が大きめの河川ですね。
本来はナイトゲームで狙いやすいような開けた変化の少ない場所なんですが、果たしてどうかな?

鯉に混じるナマズ

オープンエリアの釣りなので、ピンスポットを打つのではなくルアーをロングキャストして広範囲を探る必要があります。
とりあえずルアーはそのまま「ぽち」で通してみます。

普段はあまり大場所を攻めるのは好きではなく、どちらかというと小規模なポイントを打つことが多いですが、たまには違う景色も見たいですからね!

様子を見ると、コイが何匹か群れになって泳いでいますね。

川底をよく見ると駆け上がりになっているので、駆け上がりの斜面のそばを中心に、ロングキャストで探りを入れてみます・・・・。

何回かキャストしても反応は無いですが、見た感じはナマズがいる確率はかなり高そうなんですよね。

ここで波動を変えるため、ぽちからTバドにチェンジします。

Tバドを使うのは結構久しぶりな気がしますが、こいつは型にハマると非常に強い効果を発揮することがあります。

Tバドは基本的にただ巻きで使えばOKで、勝手に時々バランスを崩して誘いを掛けてくれますね。
後はバド系ルアー特有のカコカコ音が使っていて楽しいです★

スローなただ巻きで探りを入れてみると、Tバドがコイの群れの中を通過した時に下から「スッ」とナマズが浮上。
そのままバコッとバイトして無事ヒット!
ルアーチェンジで波動が変わり、ナマズが急に目覚めて食ってきた感じでしたね。

ナマズ Tバド 釣果

やっぱりナマズのトップゲームは楽しいですね~。
やや小さめの個体ですが、良い感じにバイトしてきたので気持ちが良かったです。

その後は全く反応が無くなってしまったので、最後のポイント移動をすることに。

雷魚のバイトで終了!

次のポイントも以前ナマズが良い感じに釣れたスポット。
やや小場所なので、ルアーは定番のキャタピークリッカーを選びました。

早速歩いて様子を見ていくと、岸際にナマズを発見★

絶対釣れると思ってキャストもばっちり決まったんですが、まさかの反応もしないし逃げもしない無視パターン・・・・。
川底に沈んでしまい、岩のようになって全くピクリとも動かなくなりました。

時間が悪いのか、それともスレているのか?

深追いしても時間が無駄になるので、再び歩いていくと怪しいブッシュを発見。
魚影は見えませんが、距離を取ってキャタピーを投げると着水と同時のモワッと反応アリ!

そのまま「バスン」というちょっと違う感じの音とともにヒットしました。

結構引きが強いので良いサイズのナマズかとも思ったんですが、釣れたのは雷魚。
サイズは70そこそこありそうな感じで良型ですね。

そのまま少し大人しくなるのを待ってランディングしようと思ったんですが、途中大暴れした時にフックが変形して外れました。
雷魚が釣れるとルアーを破壊されることもあるので、まぁ良かったということで。

変形したフックを交換して再び歩いてランガンしたんですが、もう1度雷魚のバイトがあったのみ。
ポツポツと見えている魚もいたんですが、ナマズではなく雷魚ばかりでしたね。

かなり暑くなってきたし、今日は十分楽しめたのでこれにて終了しました。
今度ここに来るときは、雷魚タックルでフロッグゲームでもやろうかな。

使用タックル

  • ロッド:テールウォーク ナマゾンC66M/G
  • リール:シマノ カルカッタコンクエスト200HG
  • ライン:よつあみ ウルトラキャストマンWX8フルドラグ 3号(ダブルラインで直結)
  • ルアー:ザクトクラフト Tバド、オフィスユーカリ ぽち、スミス キャタピークリッカーなど

おすすめ関連記事

▼ナマズのルアー釣り入門

ナマズ ナイロン フロロ ラインナマズのルアー釣り初心者講座!タックル選び~実釣に必要な基礎知識を徹底解説!

▼オフィスユーカリぽちの使用感を詳しく解説!

オフィスユーカリ ぽち インプレオフィスユーカリ ぽちを徹底インプレ!ナマズ対応ハイレスポンスノイジープラグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です