オフィスユーカリ ぽちを徹底インプレ!ナマズ対応ハイレスポンスノイジープラグ

オフィスユーカリ ぽち インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回はナマズ用ルアーを紹介していきましょう。

今日インプレッションするのは、オフィスユーカリから発売されている「ぽち」ですね。

ぽちはカップ系のノイジープラグなんですが、非常に早いピッチで水をしっかりつかんでアクションするのが特徴的なルアー。
比較的アピール力が高く、強めの波動で泳ぐナマズ用ルアーを探している方におすすめな一品です。

✔管理人の経験・実績

なお、私の経験・実績としては

  • 年間釣行数250~300以上
  • ナマズゲーム歴は20年以上
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘経験
  • 釣具店にて私のタックルインプレや釣り方解説の掲載利用あり

こんな感じで普段から毎日釣りをして生活している釣り好きで、実績や信頼も得ています。
アイテム選びや釣り方などで困った時の参考にしてもらえたら嬉しいですね!

オフィスユーカリ ぽちのスペック・ラインナップ

まずはぽちのスペック・ラインナップを簡単に紹介していきましょう。

  • 全長:約75mm
  • 重量:18g
  • フック:前後トリプル#4ほど

ナマズ用プラグとしてはオールラウンド~若干大きめのサイズ感ですが、カップが非常に大きいので見た目的にはボリュームがかなりあるように見えますね。

ぽち カラー

出典:オフィスユーカリぽち 商品紹介ページ

カラーラインナップは上記の通りです。

左右非対称大型カップ採用!

ぽちの最大の特徴としては、左右が微妙に非対称になっている金属製の大型カップ。

ぽち 特徴

上はナマズ用ルアーとして定番のスミスキャタピー。
サイズ感的には1周りぽちの方が大きめですね。

カップを比べてみると・・・・

ぽち カップ

こんな感じで、サイズ感が全然違いますね!
定番のキャタピーやジッターバグなどと比較すると、かなり大きくて水をガッチリつかむ設計になっています。

この大型カップにより、カップ系ルアーの弱点とされる

  • 風が吹いた時の滑りやすさ
  • 高い足場への対応力

このような点が上手く克服されています。
実際に使ってみるとその差は明らかで、悪条件下でも使いやすいように作られていますよ!

ぽちを「サクッと」インプレッション

ぽち ナマズ 釣果

ここから先はぽちの詳しい使用感を解説していきます。
まずはざっくりとインプレッションをしておきます。

  • 飛距離:ナマズプラグとしては比較的良く飛ぶ
  • アクション:ハイピッチアクションで元気に水を掻く
  • 泳ぎ出し:ハイレスポンスで良好!
  • 音質:アクション自体は大きめですが、ノンラトルなので音はやや控えめ
  • 気になる点:フロントフックにややラインが絡みやすいか

使用感・特徴を簡単にまとめるとこんな感じですね!

各項目について、掘り下げて紹介していきます。

飛距離

後方重心設計で比較的優秀な飛び!

ぽちは大型のカップを搭載しているので空気抵抗が大きめに見えます。
しかし、実際にキャストしてみると思った以上に飛行姿勢は安定していてスムーズに飛ばせますね!

風が強く吹くと飛行姿勢は乱れやすいですが、風が弱い時はナマズ用プラグとしては比較的投げやすい印象。

ぽち 飛距離

ボディの後方寄りにウェイトが入っているので、これによって飛行姿勢の安定に役立っているのでしょう。
アンダーハンドキャストでブッシュの際を打ったりするのもスムーズにできますぞ。

重量的には約18gクラスなのでそこまで重たくありませんが、形状・重量の割にはキャスタビリティーは優秀だと感じています。

ぽちのアクション・動きの特徴など

ぽち アクション 動き

ハイピッチアクション!

ぽちの使用感の特徴としては、非常に早いピッチで水を掻くアクションですね!

大型の金属カップにより、リーリングを開始するとハイピッチでカポカポと水を掻いてくれます。
アクション自体はやや大きめで、ハイピッチなロール+首振りでスイミングします。

カップ系ルアーとしては波動によるアピール力は高めですね。

レスポンスが早く、ピンスポット狙いも得意!

ぽちはただ巻きで素早くポイントをサーチすることもできますが、レスポンスの速さを活かしてブッシュ際や落ち込みなどのピンスポットを丁寧に探るのも得意なルアー。

ロッド操作を与えると、移動距離が少ないテーブルターンでワイドに首を振ってアクションさせることが出来ます。

ナマズ ポイント

これによってリトリーブではナマズが反応してもバイトしきれないような時や、狭いスポットでしっかりナマズにルアーを見せた時に使いやすいですね。
移動距離を抑えてネチネチ探るのが楽にできるのも、大型カップの恩恵ですな。

まるなか

ナマズがルアーに反応するけど、ルアーが流れてしまって誘いきれない・・・・。そんな時にも使いやすいよ!

▼ナマズ用おすすめルアーを知りたい時は【ナマズ用ルアーの選び方・おすすめアイテム徹底解説】を参考にどうぞ。
アイテムは全て実釣比較!詳しい特性とともに、どこよりも詳しく大ボリュームで解説します。

高い足場への対応力

カップ系ルアーは、一般的には足場が低いポイントで使いやすく、足場が高い場所ではルアーが滑ってしまって水噛みが悪くなりやすい傾向があります。

この弱点も上手に克服されているのがぽちの良いところ。

ぽち アクション

独特な角度の大きなカップにより、足場が数メートルあるような護岸の上からルアーをキャストしても、足元付近までルアーをキッチリ操作しやすいですね。
これは状況によってはかなり使いやすさに差が出るので、使う場所の特徴によっては大きなメリットになります。

一方でロッドティップを下げてアクションさせても動きが重たくなりにくく、足場の高さによる影響を受けにくく作られていますよ!

音質・アピール力

波動・水かき音はそこそこ強め

ぽちの音質ですが、アクション自体はやや大きめなので、波動とカップから発するカポカポサウンドは比較的しっかりしています。

ナマズ用ルアーとしては、波動とカップサウンドによるアピール力はやや大きめという位置づけをしています。

ラトルやブレードによるアピールは無し

ぽちのボディにはラトルが入っておらず、ブレードやスクリューなどのアピール力UPのパーツも付いていません。
なので全体的な音によるアピール力は平均~やや控えめなくらいですね。

なので私がぽちをよく使う場面としては、

  • 水質:クリア~ササ濁り程度
  • ナマズの活性:やや低め~中くらい

このような条件下がメインで、雨の後の増水時や大場所からテンポよく魚を引っ張り出すには少しアピール力が小さめですね。
一方でソフト素材のプラグだったり、ノンラトルのキャタピーなどと比較するとアピール力はやや大きめだと考えています。

まるなか

ラトルやブレードなど、強いアピール力のルアーを通すとナマズが少し嫌がってしまうけど、アピール力がある程度欲しい・狭い場所をジックリ探りたい場面で使いやすいよ!

ぽちの気になる点など

フロントフックがラインを拾いやすい

ぽちはノーマル状態だと#4くらいのやや大きめのトリプルフックが前後に搭載されています。

私の場合、ナマズ狙いではリーダーを使わずにPEラインをダブルラインにして直結で使っています。
このようなタックルで使うと、フロントフックが大きいのでラインがフックに少し絡みやすい印象がありますね。
特に強風時の釣行ではラインが絡まりやすいです。

なので場合によっては、フロントフックはダブルフックに交換したりするのもおすすめです。
もしくはフロントフックを外し、バイトマーカーとしてリアにタコベイトやフェザーをつけたチューニングも良いですね!

この辺りは使い方や好みによってルアーを改造するのもナマズ釣りの楽しみです。

ぽちのインプレまとめ!

ぽちのインプレッションはこんな感じで、

  • ハイピッチで元気に泳ぐルアーが欲しい
  • 狭いスポットをネチネチ探りたい
  • 足場が高い場所でもしっかりルアーを泳がせたい
  • 動きのアピールはしっかり欲しいけど、ラトル音などは要らない

このようなルアーを探している方におすすめですね!

ナマズ用ルアーについて、選び方の基本・特性別のおすすめ紹介は【ナマズ用ルアーの選び方・おすすめアイテム徹底解説】を参考にどうぞ。
国内最大級のボリューム+実釣比較でおすすめを紹介します。

ナマズ ルアー 【実釣比較】ナマズ用ルアーのおすすめはコレ!特性・選び方の要点と合わせて超徹底解説!

おすすめ関連記事!

▼ナマズのルアー釣りの基本を知りたい時は【ナマズ釣り基礎講座】を参考にどうぞ。
タックルの選び方や必要な基礎知識を実釣経験を基に紹介していきます。

ナマズ ナイロン フロロ ライン ナマズのルアー釣り初心者講座!タックル選び~実釣に必要な基礎知識を徹底解説!

▼ナマズ用ルアーはチューニングによって使用感が明らかにUPします。基本を知りたい方は【ナマズ用ルアーの改造・チューニングの基本解説!】を参考にどうぞ。

キャタピークリッカー ナマズ用ルアーの改造 カスタム・チューニングの基本パターンを紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です