【実釣比較】安いけど使いやすいおすすめPEラインを5つに厳選!【コスパ優秀】

peライン 安い コスパ おすすめ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、今回は最近増えてきているコスパ系のPEラインを紹介。

価格は抑えつつも使いやすいPEラインを探している方へ、おすすめなアイテムとラインの特性を解説していきます。
ジャンル問わずにオールラウンドに使えるものを、様々なアイテムを使い比べた中で抜粋してみました。

ここで紹介するアイテムは公平な視点で判断をするため、全て実費を払って購入して実際に魚を掛けて使用感をチェックしてあります。

✔管理人の経験・実績

この記事を作成している管理人の釣りの経験や実績としては

  • 年間釣行数:300以上(基本毎日釣りをしています)
  • 釣り具業界勤務・漁師の方に釣りを教わっていました
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • エントリーモデル~ハイエンドタックルまで様々な釣り具を日々比較・検証している
  • 釣具店にて私のインプレッション・おすすめアイテムの活用実績あり

こんな感じで、基本的に毎日釣りをして生活している釣り好き。

アイテム選びで迷った時の参考にしてみてくださいね。

まるなか

予算は抑えつつも使いやすいPEラインが欲しい時の参考にしてみてね!

安い・コスパ系PEラインを選ぶ時のチェックポイント

PEラインはアイテムによって価格に大きな差があるけど、安いPEラインを選ぶ時に見ておきたいポイントや知っておくと役に立つ知識を紹介しておきます。

実際のラインの太さ

PEライン 安い 太さ

釣り糸の太さは○○号で表すのが一般的ですが、PEラインはアイテムによって同じ号数表記でも実際の太さが違ったりするから要注意!

特に海外製の非常に安価なPEラインは同じ号数表示でもやたら強度表示(○○LB)が高いものがあったりする。

こういうラインを購入する時は特に注意が必要で、場合によっては実際に巻いてみると明らかに表記以上に1ランク、2ランク太かったりします。
それほど糸の太さを気にしないような釣り物に使うなら別にOKですが、品質の安定性・信頼性などを考えると国産メーカーのPEラインを選ぶのが一番無難ですね!

今回紹介するものは、明らかに太いようなアイテムは除外してあるのでご安心を。

強度・耐久性

安いPEラインと高級なPEラインはどこが違うのか?

パッケージから取り出した時の引張強度については大差ないことがほとんどで、安いラインだからといって明らかに弱いという経験はこれまでほとんどしたことが無いです。

PEライン 劣化

一方で初期の使用感の持続性だったり、使用を重ねる中での劣化に対する耐久力は違いがあります。
この点においては高級なPEラインの方が初期の性能を長時間維持しやすかったり、多少ラインがダメージを受けても持ちこたえてくれる粘り強さに優れていることが多いですね!

基本的に安いPEラインは交換サイクルを早めに、ある程度使用したらダメージを受けた部分をどんどんカットしたりして使うのがおすすめ。

ラインの編み数・号数

PEラインは細い原糸を編み込んで作られているものが多い。
原糸の本数や使用する号数によって、ラインの使用感や信頼性が変わってくるので気を付けましょう。

各社様々なラインを使い比べてきた私の印象としては、

  • ラインの編み数:4本編みより8本編みの方が価格差が出やすくて繊細
  • ラインの太さ・号数:0.8号くらいまでの細いラインほど品質の安定度・耐久性に差が出やすい

こんな感じで、原糸が細い8本編みのPEラインでなおかつ細い号数ほど安いPEラインと高級なPEラインの差が大きいと感じています。

PEライン 価格 違い

なので繊細な釣り物に使う時ほど安いPEラインを選ぶ時には注意が必要で、適当なものを選んでしまうとあっという間に劣化してしまったり・・・・。
逆にある程度太い号数のラインになってくると、安いアイテムでもそれなりに使えるものが多くなります。

まるなか

1号以下など、細い8本編みのPEラインを使う時は要注意!

4本編みと8本編み

PEライン 編み数

PEラインは大きく分けると4本編みと8本編みがあります(12本編みや編み込んでないものも一部存在)。
以前は8本編みのPEラインは非常に高価でしたが、最近は技術の進歩と価格破壊が進んでかなり安くなりました。

基本的にはパッケージに「4や8」などの記載があり、それを見て判断することになります。

  • 4本編み:1本のPEラインが4本の原糸で作られている。安いが、表面がざらざらしている
  • 8本編み:1本のPEラインが8本の原糸で作られている。価格はやや高くなるが、表面がツルツルで摩擦が少ない

特徴を超簡単に紹介すると、こんな感じです。

なお、私が普段メインに使っているのは8本編みのPEラインになるので、紹介するアイテムも8本編みがメインです。

4本編みのPEラインは8本編みよりも安価なものが多いですが、表面の滑らかさなどが劣るので摩擦が大きくなり、好んで使用することはほとんどないのが現状ですね。
現在の魚釣りでは、全体的に見ても4本編みよりも8本編みのPEラインが好まれるようになってきています。

安くて使える!コスパ系PEラインおすすめ3選

まずはコスパを重視したい方におすすめできると感じているPEラインを3つに絞って紹介!

サンライン シグロンPE X8

シグロンPEX8
  • 編数:8本
  • 号数:0.3号~30号まで
  • 長さ:150m・200m・300m・100m×6連結・50m×12連結
  • カラー:マルチカラー(10m×5色)・ライトグリーン

サンラインのシグロンPEX8は、コスパ系PEラインとしては若干価格的が上のアイテム(それでも十分なコスパ)。
しかし、実際に使ってみると強度の安定感や耐久性などのバランスが非常に優れていて使いやすく、特に細い号数にありがちな劣化の早さも気になりにくいですね。

特徴

シグロンPEX8は他のコスパ系PEラインと比較すると、ラインの硬さはやや硬め(号数によって違いあり)。
特に細い号数ほどパリッとした使用感になっていて、ガイド絡みなどが発生しにくい。

安いラインはどちらかというとしなやかなものが多いので、ルアーや仕掛けの操作性・感度などをある程度重視したい方にもおすすめ!

細号数からのラインナップ

シグロンPEX8は8本編みながら、0.3号・0.4号といった細号数からのラインナップがあるのも嬉しいポイント。
トラウトゲームやメバリングなど、繊細なルアー釣りにも対応できます。

実際に私も渓流トラウトゲームや海のライトゲームで使用していますが、コスパ系PEラインの中では耐久性もそこそこ高くて使いやすいですね!

シグロンPEX8 釣果

0.5号のシグロンPEX8を使って大型のネイティブトラウトを釣ったり、クロダイやキビレなどを沢山釣っています。
価格の割には十分使える性能がありますね!

より詳しいラインの使用感の解説・インプレッションは下記を参考にどうぞ!

シグロンPEX8サンライン シグロンPE X8を実釣インプレッション!【コスパ優秀】

ダイワ UVF デュラセンサー+Si2シリーズ

デュラセンサー8+Si2

ダイワから発売されているUVFデュラセンサー+Si2シリーズ。
アイテムによって号数や長さのラインナップに違いがあり、極細のライトゲーム用~船釣り用までのラインナップがあります。

ここでは最もオールラウンドに使えるUVF PE デュラセンサー×8+Si2、細号数の月下美人デュラセンサー+Si2を紹介しておきます。

UVF PE デュラセンサー×8+Si2

  • 編数:8本
  • 号数:0.6号~12号
  • 長さ:100m連結・150m・200m・300m
  • カラー:マルチカラー(10m×5色)・ライムグリーン

UVF 月下美人デュラセンサー+Si2

  • 編数:0.15号→3本・0.2号~0.3号→4本・0.4号以上→8本
  • 号数:0.15号~0.6号
  • 長さ:150m・200m
  • カラー:桜ピンク(25mごとに黒のマーキング)

特徴

表面に耐摩耗コーティングが施されていて、摩擦に対して強い特性があります。
実際に使ってみると、表面にはツルツル感があり、コーティングが残っている間は多少根ズレしても毛羽立ちにくくて高耐久。

しかし、実釣を重ねて表面が劣化してくると、耐摩耗性は落ちてきますね。

それでもコスパ系PEラインとしては平均よりも十分優れた耐摩耗性があり、硬さに関しても平均~若干硬め位な仕上げなので癖は無いです

デュラセンサー 釣果

エギングやライトショアジギングなど、ラインが擦れやすい釣り物にも使い勝手が良いですね。

より詳しいラインの使用感の解説・インプレッションは下記を参考にどうぞ!

チニング 0.8号ダイワ UVFソルティガデュラセンサー8+Si2をインプレ。コスパ系耐摩耗PEラインの使用感とは?
PEライン 編み数【耐摩耗性300%】ダイワ エメラルダスデュラセンサー8ブレイドを実釣インプレ!
UVF月下美人デュラセンサー+Si2 インプレダイワ UVF月下美人デュラセンサー+Si2を徹底インプレ。コスパ良好な耐摩耗PEライン!

ゴーセン ルーツPE X8

ルーツPEX8
  • 編数:8本
  • 号数:0.6号~4号まで
  • 長さ:150m・200m・300m
  • カラー:マルチカラー(10m×5色)・ライトグリーン

ゴーセンのルーツPEX8はジャンル問わずに使えるオーラウンド系のPEライン。
やや強めのライトゲーム~船釣りまで使えるラインナップになっています。

特徴

このラインの特徴としては、最近のPEラインの中では比較的しなやかで柔らかい仕上がり。
パリッとした硬いPEラインが好きになれない方にもかなりおすすめでき、サラサラっとした質感でナチュラル。

また、実釣を重ねても色落ちや編みの偏りや緩みが目立ちにくく、安いPEラインにありがちな高切れや強度低下が目立ちにくいです。
キャストや仕掛け投入を繰り返しても初期の使用感が長く続き、結び目の強度もかなり安定しています。

一方で根ズレした時の耐久力は普通のPEラインといった感じ。

ルーツPEX8 チニング 釣果

大型のクロダイやキビレ・マゴチなどを沢山釣っていますが、安定した結束強度で変な切れ方などは全くなし!

より詳しいラインの使用感の解説・インプレッションは下記を参考にどうぞ!

チニング 0.6号ゴーセン ルーツPEX8を徹底インプレ!公平な視点で使用感・特性を解説

コスパと性能・信頼性のバランスに優れたおすすめPEライン

次に紹介するのは、価格的には若干上になるけど耐久性なども考慮したコスパと性能のバランスが良いアイテム。
様々なアイテムを使い比べてきた中で無難に使えて信頼できるおすすめラインを2つに絞りました。

よつあみ エックスブレイド スーパージグマンX8

スーパージグマンX8
  • 編数:8本
  • 号数:0.6号~6号まで
  • 長さ:00m・300m・600m
  • カラー:マルチカラー(10m×5色)

スーパージグマンX8は超定番の8本編みのPEライン。
価格的には最近の安さを重視したアイテムと比較するとやや高めですが、1号以下の細号数でも安定した品質で信頼して使えるのがこのラインの良さ!

特徴

スーパージグマンX8はパリッとしたコシが強いタイプのPEラインではなく、しなやかで癖が無いタイプ。

最近のPEラインの中ではややしなやかなアイテムで、キャスティング・ジギング・タイラバなどジャンル問わず対応できます。
特に尖った特徴が無いラインですが、なんだかんだで信頼して使えて使いやすく、どれを選んだら良いのか困った時のチョイスとしてもおすすめ!

安いPEラインよりも劣化は遅く、オールラウンドに使える万能アイテムです。

スーパージグマン 釣果

スーパージグマンは特にサーフのヒラメ・マゴチ釣りやライトショアジギング・タイラバ・ライトジギングなどでかなりお世話になってきたPEラインですね!

より詳しいラインの使用感の解説・インプレッションは下記を参考にどうぞ!

よつあみ スーパージグマンX8よつあみ G-soulスーパージグマンX8 を実釣インプレッション!

よつあみ ボーンラッシュWX8

ボーンラッシュWX8
  • 編数:8本
  • 号数:0.4号~1号
  • 長さ:200m・300m・600m
  • カラー:5m毎にウグイスグリーン/ケシアイボリーの色分け

ボーンラッシュWX8は1号までの細号数のラインナップが特徴のPEライン。
正直言って値段的には中価格帯ですが、細号数の安いPEラインを使うのが怖い方や、以前失敗した経験がある方におすすめしたいアイテム。

価格が安くてもすぐに使えなくなってしまえば高い買い物になることもありますから、価格と性能のバランスを考慮して今回選抜しました。

特徴

やや硬めで張りがあり、同じ号数表記のラインの中ではワンランク細い位の仕上がりになっています。
号数表記に対する信頼できる細さと強さを持っているので、ライトゲームに使う細い8本編みのPEラインを探している方に最適ですね。

ボーンラッシュWX8 釣果

若干ラインカラーが見にくいですが、ライトゲームやエギング・スーパーライトショアジギングなど、細号数の釣りに対応できて価格と性能のバランスがちょうど良いアイテム!

より詳しいラインの使用感の解説・インプレッションは下記を参考にどうぞ!

ボーンラッシュWX8よつあみ ボーンラッシュWX8をインプレ。直進性に優れたPEライン!【タイラバ・ショアジギング・エギング】

おすすめ関連記事!

▼安いPEラインと高いPEラインの違いを解説

安いPEラインと高いPEラインはどこが違うのか?【価格による差は存在します】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です