DUEL Tx8を徹底インプレッション!【擦れても切れない】

DUEL tx8 インプレ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はDUELから発売されているTx8というPEラインの特徴や使用感を詳しくインプレしていきます。

Tx8は耐久性に優れたPEラインと言うことで、私は磯のヒラスズキや青物狙いにて酷使してきました。

コスパも悪くなくて買いやすいPEラインなんですが、忖度なしにこのラインは良い感じ!

私はこれまで各社様々な価格帯のPEラインを使い比べてきていますが、間違いなく擦れに対する強さは優秀です。

公平な視点でインプレしていくので、ライン選びの参考にしてもらえたら嬉しく思います。

✔管理人の経験・実績

私の経験・実績としては

  • 釣りのために仕事を辞めて移住
  • 現在は魚釣りで生計を立てています
  • 年間釣行数300以上(現在はほぼ365日釣行)
  • メーカーからプロスタッフとしての勧誘あり
  • メーカーの商品開発時に私のタックルインプレッションを活用

こんな感じでほぼ毎日釣行を重ねて釣りを中心に生活していて、実釣実績も残しています。

釣果実績については釣行記やTwitterを見てもらえれば、ほぼ毎日様々な魚を釣っていることが分かると思います(一番更新頻度が高いのはTwitter)。

Tx8のスペック・ラインナップ

▼ライムグリーン単色

▼5色色分け

▼エギング用:3色色分け

  • 素材:PE
  • 編数:8本
  • 号数・長さ
    • ライムグリーン:0.6号~2号 200m
    • 5色色分け:0.6号~8号 200m/300m
    • エギング(3色色分け):0.6号、0.8号 200m

ラインナップは0.6号からとなっており、非常に広い釣りに対応。

シーバスゲームなど、ラインの視認性を重視するならライムグリーンがおすすめ。

Tx8を「サクッと」インプレ!

ヒラスズキ tx8

Tx8の使用感を詳しく解説する前に、私なりのインプレッションを簡単にまとめておきます。

  • 実際の太さ:平均クラス
  • 視認性・色落ち:初期に塗料が落ちるが、色あせは比較的少ない
  • 強度:引張強度は特段に強くは無いが、特に不安なく負荷を掛けられる
  • 耐久性:フジツボ付きの岩に擦れても切れず、間違いなく強い!
  • ハリ・コシの強さ:比較的しなやか
  • 感度・伸び:平均クラス。硬いラインよりも若干劣るか
  • 飛距離・滑りの良さ:8本編みとして平均

ざっくりまとめるとこんな感じですね。

私の場合は磯での使用を考慮しているので、スレに対する強さを重要視して使いました。

摩耗に対する強さは間違いなく優れており、過酷状況でもしっかり耐えてくれていますよ!

「思った以上に切れないPEライン」という印象があり、しばらくリピート確定です。

実際の太さ

Tx8はPEラインを構成する原糸1本1本が太くなっているのが特徴的。

8本編みのPEラインは8本の原糸から構成されるわけですが、その1本1本を構成する繊維を太くしており、結果的にライン自体が太くなるわけではありません。

私がこのTx8を巻く前は同じ号数のバリバスのマックスパワーPEX8を使っていましたが、マックスパワーPEと大差ない位に感じます。

バリバスのPEラインは国産PEらしい安定した品質があり、号数表記に対して太いと感じたはこれまでありません。

Tx8 太さ

ラインを新しく巻き取った状態はこんな感じで、下糸の量を変えなくてもぴったりでした。

私が使用した2号のTx8は号数表記に対して適正な太さに仕上がっており、実釣時に太さが気になることも無かったですね。

視認性・色落ち

私は磯での視認性を重視してライムグリーンカラーを使用中。

ラインを巻き取る際はガイドに緑色の塗料が付着しましたが、明るいカラーのラインは多少なりとも似たような現象になるので想定の範囲内。

ダメージを受けた部分はカットしつつ、25~30時間ほど使用していきました。

Tx8 カラー

これが新品時の状態。

Tx8 カラー 色落ち

ミノーをショートキャストしたり、メタルジグを遠投したり色々なルアーを使ってこんな感じ。

全体的にやや色が抜けて白っぽくはなっていますが、塗料の耐久性自体は結構高い印象。

何時間かキャストを続けただけで色がすぐに抜けて白くなるようなことは無く、不満は無く使えていますね。

ヒラスズキゲームでは障害物や流れを見極めてピンスポットにルアーを流す必要があり、ラインの見やすさは釣果に直結します。

状況によっては白やピンクなどの方が見やすいこともありますが、個人的には視認性・色持ちに関しては特に問題なし。

一昔前まで、コスパ系PEラインはあっという間に色落ちして使い物にならないようなものもありましたが、最近は十分使える品質で買いやすい価格のものが増えてきましたね!

強度

引っ張り強度に関してですが、8本編みのPEラインとしては特段に強いということはありませんが、変な切れ方をしたり、弱さが目立つことはありません。

実際に私が2号のTx8をPRノットで接続して3回強度を測定したところ、15〜16kg前後の強度が出ていました。

マダイ tx8

6.5kg・80クラスのマダイや5.8kg・80オーバーのワラサ、5.3kg・80オーバーのヒラスズキなどをキャッチしていますが、いずれもドラグはほぼロックした状態でやり取りできてますね。

良型の魚が相手でも特に不安は感じることなく、しっかり負荷を掛けて使用していますよ!

荒れた磯で10kgオーバーのブリもヒットさせていますが、主導権は与えずに寄せることができました。
しかし、海が荒れ過ぎており、取り込み時にリーダーが磯際にスレてブレイクしてしまいましたが。

まるなか

磯でガチンコファイトを繰り返しているけど、しっかり信頼して負荷を掛けてやり取りできてるよ!

耐久性・擦れへの強さ

Tx8の最大の特徴・私が良さを感じた点は障害物にラインが擦れてからの強さですね。

磯での使用がメインになり、大型魚がヒットするとどうしてもラインが擦れてしまう状況があります。

そんな中、Tx8はフジツボやカキガラ付きの岩にラインがズリズリと擦れた状態でやり取りしても切れないんですよ。

正直「あぁ、これはラインが切れたな・・・」というような状況でのやり取りもあったんですが、想像以上にラインが切れずに持ちこたえてくれるのは驚きましたね。

私はメーカーから道具の供給を受けているわけではないので好きなことを言える立場ですが、このラインは明らかに一般的なPEラインよりも切れません。

実際にラインがフジツボ付きの岩にスレた状態でしばらくやりとりを行い、魚をキャッチした後の状態がこんな感じ。

tx8 根ズレ

確かにライン表面がケバケバになってはいるんですが、かなり激しく擦れた割にはダメージが浅いんですよね。

これまで私が使ってきたPEラインだったらこの程度では済まず、もっと酷く・深くラインが損傷してブレイクしていた可能性が非常に高いです。

最初は「偶然擦れ方が良くてダメージが思ったよりも少なかったのかな?」とも思いましたが、その後似たような状況に何度か出くわした際もやはりTx8は切れず、ダメージも思った以上に小さかったんですね。

どうやらこのPEラインが擦れに強いというのは本当らしく、これまで私が使ってきた8本編みのPEラインの中ではトップクラスの耐摩耗性がありますね。

ヒラスズキ 釣果

ラインが擦れまくった状態で良型ヒラスズキをキャッチ。

かなり海が荒れた状況下でPEラインが激しく擦れていましたが、しっかり耐えてくれましたね。

まるなか

根ズレへの強さは想像以上!
ラインが擦れる感触が手元に伝わってきても粘ってくれて傷が思ったよりも深く入らないんだよね

張り・コシ

しなやか系PEライン

Tx8は原糸1本1本が太くなっていて耐摩耗性を強化したラインになっていますが、PEラインとしてはナチュラルな使用感になっているのも特徴的ですね。

張り・コシは最近のPEラインの中では弱めな分類で、針金のように「ピン」とした状態にはなりません。

tx8 硬さ 張り

ラインの端を指でつまんで上に向けるとゆっくり折れ曲がるような感じで、パリッとしたコーティング感は無いですね。

スプールへの馴染み・ノットの締め込みがスムーズ

ラインがしなやかに作られている分、スプールへの馴染みやFGノットなどを組んだ時の締め込みがスムーズにできますね。

硬いPEラインは締めこむ時に少しギシギシするような感触になったりしますが、Tx8の場合はスムーズにリーダーに食いついてくれます。

感度・伸び

ラインの感度や伸びに関してですが、ライン自体がしなやかな分、硬くて張りのあるラインよりも若干糸フケが出やすいことがありますね。

伸びはそこまで気になりませんが、横風が吹く状況などで使用すると、ラインが少し弛みやすいかな。

この点においては硬くてパリッとしたラインの方が穂先からルアーまでを直線状態に保ちやすいように思えます。

とはいってもそこまで気になるレベルではないので、特に使いにくさを感じることは無いですね。

飛距離

飛距離に関しては平均クラスといった感じで、ツルッとしたコーティングを施してある8本編みのPEラインよりも「微妙に落ちるかな?」くらいですね。

ライン放出時やリーリング時のノイズはそれほど気にならず、原糸1本1本は太いものの、4本編みのようなザラツキ・ゴワゴワ感は無いですね。

2号のTx8で50gクラスのジグをキャストすれば大して力まなくても100m以上の遠投ができていますし、風速10m以上の向かい風でのヒラスズキゲームにおいてもルアーはしっかり飛ばせています。

ちなみに、Tx8はコーティング感の強いツルツル・コテコテしたものではなく、比較的サラッとしたマイルドな質感です。

ワラサ tx8

5kg後半・80オーバーのワラサをTx82号を使用したヒラスズキタックルでキャッチ。

ラインブレイクの可能性がある根周りでのヒットでしたが、ドラグは一切出さずにゴリ巻きで寄せました。

まとめ!

Tx8 釣果

今回はDUELのTx8のインプレをしました。

  • 原子が太く・擦れに対して間違いなく強い!
  • ラインが擦れてもダメージが深く入りにくい
  • ライン自体は比較的柔らかい
  • 飛距離は8本編みとしては平均クラス
  • 色落ちは比較的遅め
  • サラッとした質感でコーティング感は弱め

要点をまとめるとこんな感じですね。

磯で根ズレしながら大型魚とやり取りしても思った以上に切れない強さがあり、想像以上に強かったですね。

障害物周りをタイトに攻める釣りなど、ラインがダメージを負いやすい状況下で使いやすいPEラインを探している方へ、一度試してみると良いかも!

コスパも比較的良好ですし、個人的にこれはかなり良いラインを見つけたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です