バリバス アバニジギング10×10 マックスパワーPE X8を実釣インプレ!【超耐久PEライン】

バリバス アバニジギング10x10 マックスパワーPEX8 インプレッション

さてさて、今回はバリバスから発売されている10m毎の色分けされたPEライン

アバニジギング10×10 マックスパワーPE X8の実釣インプレッション!

 

スプールのステッカーが破れている事はスルーしていただき、このPEラインの使用感をレビューしていこうかなと(ライン巻いてから写真撮ってないのに気づいた・・・)。

本来はジギングを中心としたルアーゲーム用のラインなんだけど、私の場合はサーフからのキャスティングゲームで使用。

バリバス アバニジギング10×10 マックスパワーPEX8 キャスティング

釣果としては2キロ以上のヒラメをはじめ、マダイやシーバス、チヌなどを掛けて使用感・強度などをチェックしてきた。

価格的には若干高めのPEラインにはなるものの、「これは良いぞ!」と思えるラインなので、気になる方は1度使ってみて欲しいかな!

バリバス アバニジギング10×10 マックスパワーPE X8をサクッとインプレ!

まずはこの「アバニジギング10×10 マックスパワーPE X8」というラインを実際に使ってみての印象を簡単にまとめておく。

  • ラインの太さ:号数通りの太さになっているが、若干細めな感じもする
  • ラインのコシ・張り:8本撚りの中では並み~若干強めのコシがある
  • 強度:高品質な8本編みのラインの中では平均的な強さだが、実釣に必要な強度は確保
  • 飛距離・滑りの良さ:シルキーなタッチで滑らか。飛距離や滑りの良さに関しては平均~若干上くらい
  • 色分け:10m毎、10色のマーキング。色によってはちょっと見にくい場面がある
  • 耐久性:色落ちしにくく、初期のコシも長く続く。そして何より毛羽立ちに強い!!

◎初期の使用感が長く続き、非常に長持ちするライン。耐久性のあるラインを探している方におすすめ!

ザックリとこのラインを紹介するとこんな感じで、とりわけ目立つのが「耐久性の高さ」という印象があるぞ。

アバニジギング10×10 マックスパワーPE X8の太さ

PEラインはメーカーやアイテムによっては号数表示に対して太いラインも意外と存在している。

今回使用した10×10マックスパワーPEX8はというと、「号数通りの太さ~若干細いかな?」というのがファーストインプレッションかな!

アバニジギング10×10マックスパワーPEX8の太さ

実際にリールに巻き取ってみた所、ほんの少しスプールエッジまで隙間が出来た。

コーティングの質やラインの硬さなどによってもこのあたりの嵩張り具合は変わってくると思うが、実釣の中でも太いと感じることは1度も無し。

ラインの真円性もまずまずといったところで、安心して使える細いPEラインになっていると思う。

ラインのコシ・張りの強さ

ラインのコシ、張りの強さ

バリバスのPEラインは比較的しなやかでシルキーなタッチのアイテムが多い印象があるが、

このアバニジギング10×10マックスパワーPEX8に関していえば「意外とコシがあるな」というのが最初の印象かなと。

ちょっと分かりづらいかもしれないが、上の画像のように必要なコシの強さは確保されている仕上がりになっている。

サーフからキャストを何度も繰り返したが、ガイドにラインが絡むことは1度も無し。

だからといって硬くて扱い難いという感じも無くて、このあたりは絶妙な感触。

最近の8本編みのPEラインの中では、「並み~若干強め」のコシの強さになっていると感じた。

強度に関しては平均レベル

次に、実際にこのアバニジギング10×10マックスパワーPEX8をFGノット・PRノットで結束し、強度の測定も行ってみた。

アバニジギング10×10マックスパワーPEX8 強度

私が購入したのは1号、最大直線強力20.2LB(約9.1kg程)のラインだ。

結束強度テストは3回連続で行ったが、結果は以下の通りになった。

  • FGノット:約6.8kg~約7.1kg
  • PRノット:約7.3kg~約7.6kg

締め込みが必要ないPRノットの方が強度的には強くたが、8本編みのPEラインの中では特段に強いラインというわけではない。

しかし、1号でこれくらいの強度があればそうそう切れるわけではないので、個人的には特に強度に不満はない。

なお、シマノのタナトル8の1号は最大で8kg越えの結果を出しているので、この時は驚いたなぁ。

飛距離・滑りの良さ

アバニジギング10×10マックスパワーPEX8の表面の滑らかさ、真円性については平均よりちょっと上くらいというのが率直な感想。

アバニジギング10×10 飛距離

飛距離に関しては飛ばないことは無いけど、他のPEラインより明らかに飛距離が伸びるような感じはない。

この辺りは真円性に優れたデュエルのスーパーエックスワイヤー8の方が、明らかにルアーの飛距離に関していえば良く伸びるのは間違いない。

だからとってゴワゴワ感が目立つことは無いし、十分実用できるレベルのシルキーさは備えている。

10色の色分け

一般的な色分けされたPEラインは5色の色分けのアイテムが多いと思う。

バリバスの10×10シリーズは、10色の色分けになっているのが特徴のPEライン。

実際の使用感としては、状況によって見にくいカラー(特に黒とか)が有ったりするので、10色のメリットは個人的にはあまりないかなと。

バーチカルのジギングの場合、水深が深い場所になると5色の色分けの場合は同じカラーが何週も回ってくるので、そういう時なら10色が役立つかもしれないけど。

私の場合は深場のスロージギングなどの時でも5色の色分けで十分対応できると感じているので、このあたりは個人個人によって感じ方は違うかも。

まぁ、10色に増えたからといってデメリットは特に感じないので、別に10色でも5色でもどっちでも良いかな。

とにかく長持ちする耐久性!

ここまでは特に欠点が無い、比較的優秀な良くまとまったPEラインという印象があるかもしれない。

個人的に最もこのラインの良さを感じたのはここからで、「とにかく毛羽立ちにくくてラインが長く持つ」という事!

サーフのキャスティングゲームでは、特にラインの消耗が激しくて弱いラインはすぐに細かく毛羽立ちをしたり・・・・。

色落ちしにくく、コシの強さも長持ち

アバニジギング10×10 マックスパワーPEX8 耐久性

あえて耐久性を見る為、30時間以上ノットを結び変えずに釣行を続けた状態でこんな感じ。

3回くらいラインコート剤を吹き付けたものの、色落ちも目立ちにくいし初期のコシの強さもまだある程度キープできている!

今まで色んなPEラインを使い比べて来たけど、この耐久力はトップクラスに間違いない。

ラインをリールに巻く際の色落ちも少なく、良さげな感じはしていたんだけど思った以上に持ちが良いね!!

毛羽立ちにも強い

色落ちやコーティングの耐久力とともに、気になるのが毛羽立ちじゃないかな。

PEラインはキャストや仕掛けの投入を繰り返しているだけでも段々劣化してくる。

弱いPEライン程ライン全体が毛羽立ってくるのが目立つんだけど、

アバニジギング10×10 マックスパワーPEX8の場合は「毛羽立ちも全く目立たない。」

先程紹介したように、30時間以上ラインをカットせずにキャストを繰り返してみた。

しかし、キャスト時に指にラインが当たる付近もまだ毛羽立ちは目立たず、「まだいけるんじゃね?」というコンディションを保っている。

※あくまでも耐久力を見るためにやったことなので、普通に使う時は適切にラインのカット&ノットの結び直しはした方が良いよ!

ヒラメ 釣果

ラインの劣化が目立ちやすいサーフの釣りでこれくらい持つということは、ジギングなどでは間違いなく信頼して使えるPEラインだ。

バリバス アバニジギング10×10 マックスパワーPE X8インプレまとめ!

今回はバリバス アバニジギング10×10 マックスパワーPEX8のインプレッションをしてきた。

価格的には若干高めのPEラインにはなると思うが、それに見合った耐久性・信頼性のある良いラインになっていると感じた。

オフショアのジギングやタイラバ・テンヤなどはもちろんの事だが、

ショアジギングやサーフのフラットフィッシュゲーム等、色んな釣りで使えるカラーマーキング付きの8本編みのPEラインじゃないかな。

耐久力があって長持ち、信頼できる8本編みのPEライン」を探している時の候補にしてみると良いと思うぞ!

おすすめコンテンツ

ブログ村

4 件のコメント

  • こんばんわ。

    エギングで一番いいPEはまるなかさん的にはどれになりますか?
    私は前にオススメされてたユニチカを使っています!
    ずっと、0.6だったのですが新しい竿を買うにあたって、0.5も試してみようかな?と思っているのですが、私はキロ越えていないとドラグが出ないぐらいの調整にしているので切れないか不安が少しあります。
    そこでまるなかさんの中でも耐久性や強度が一番いいラインを教えてください!
    宜しくお願い致します。

    • こんにちは、まるなかです。

      色んなラインを使ってますが、1番いいラインを断言するのは難しいですね笑

      アイテムによってラインの硬さなどがちがい、その辺りは好みになってくるからですね。

      キャスラインは若干硬めですが、バリバリでもなくて使いやすいという認識です。

      強度的にも0.5号の結束で4キロ中盤〜5キロくらいまで出せているので、アオリイカ程度の引きで切れることはないかと。

      キャスラインに不満がなければ、そのままでいいと思いますね!

      より硬くてハリのあるラインが好きならリアルデシテックス 、ちょっと柔らか目が良いならアバニエギング マックスパワーpex8がおすすめですね!

      個人的にキャスラインは耐久性も良くて価格も高すぎずで良いラインだと思いますよ!

  • 返信ありかとうございます!

    キャスラインでいこうかと思います!
    そこでもー1つお聞きしたいのですが、キャスラインにも種類があると思うのですがどれがいいのかいまいちわかりません。
    ホワイトを使っていてすこし切れやすいかな?と思っていたのですが、違う色のやつだと強い印象を持ちました。
    あと色つきよりホワイトの方が若干沈む気がします。
    それと8本より表記あるやつとないやつがあるのですが、無いやつは4本なのですか?

    沢山の質問て申し訳ありませんが中々試しようがなくすみません。

    • X8の表記が無いものは4本編みですね。

      私の場合は8本編みしか使わないので、使っているのはX8ですね!
      細くて強いし、毛羽立ちにくいのでおすすめですよ♪
      今まで使ってきて変な切れ方などは1度もないので、信頼して使っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です