【おすすめPEライン】シマノタナトル8をインプレッション!

さてさて、今回はシマノから発売されているPEライン

タナトル8のインプレッションをしていこうかなと。

このPEラインはコストパフォーマンス抜群の8本撚りのPEライン。

8本撚りで滑らか、それでいて強くて高品質な日本製PEラインという事で色々な釣りに使える。

船の餌釣りはもちろん、ルアーゲームなどにも当然使用することができるので非常に使い勝手がいい。

私はショアからの青物やヒラメなどを狙ったキャスティングゲーム、ライトタックルの泳がせ釣り、ライトタチウオゲームなどにこのラインを使ってみた。

低価格だけど安心して使える高品質なPEラインを探しているという方は、一度手に取って使ってみるのもいいかもしれない。

シマノタナトル8をザックリとインプレ

まずはこのタナトル8はどんな感じのラインか?

実際に使ってみて感じた全体的なインプレッションをまとめておこう。

シマノタナトル8の簡単インプレッション
  • 価格:コスパは最強クラス!!
  • 強度:引張強度は非常に高く、強度テストでも強さを発揮
  • 滑らかさ:国産の8本撚りPEラインなので不満は無し
  • 伸び:低伸度なPEラインと比べると若干伸びるが、気になるほどではない
  • マーキング:1m毎のマーキング+10m毎の色分けがあり、餌釣りの際の正確な棚取りは容易
  • 耐久性:色落ち・毛羽立ちに関しては普通~若干上レベル

ザックリまとめてしまえばこんなラインかな。

これといった目立つ欠点は今までの所見つかっておらず、もう少し価格が高い他社の8本撚りPEラインと比較しても負けている感じは全くない。



価格・コストパフォーマンスは最高クラスのPEライン

タナトル8が注目される理由としては、

何と言っても価格の安さ

じゃないかな。

8本撚りのPEラインは最近になって段々値崩れが始まってきている感はあるけど、1m毎のマーキング+10m毎の色分けが入っているものは意外と少なかったり。

船の餌釣りやジギング、ショアからのキャスティングゲームであっても棚やラインが出ている距離が分かることはアドバンテージになる場面が非常に多いからかなりありがたい。

タナトルは150m巻きなら1000円台後半、200m巻きなら実売2000円台前半~中盤で購入でき、300m巻きでも2000円台後半~3000円前後で買えてしまう。

また、普通は細いPEライン程価格が高くなりやすいが、タナトルやピットブルシリーズは細いPEラインでも価格が高くなっていないのも非常に魅力的。

1号以下のような細めのPEラインであってもお買い得に購入できるのはかなり嬉しい。

ちょっと前までは8本撚りのPEラインは高級アイテムだったけど、ここまで安くなるとは思っていなかったかな。

タナトル8の強度

タナトル8はコスパに優れたPEラインながら、パッケージに表記された強度は結構高い。

最大強力は1号で約10kgと、高価格帯のPEラインと比較しても大差ないレベルだ。

この1号のラインを使い、2キロ程度の青物をヒットさせてほぼドラグをロックしてやり取りしてもラインが切れる事はなく、障害物が多い場所でも余裕でキャッチすることはできた。

体感的な強度は十分あるが、せっかくなので実際にラインシステムを組んで強度の測定を行ってみた。

タナトル8の1号に6号のフロロカーボンを接続し、FGノットで接続して強度テストを3回行った。

  1. 約8.1kg
  2. 約8.7kg
  3. 約8.4kg

3回計測を行った所このような数値になり、PEライン1号ということを考えれば必要十分な強度は実際に備えているっぽい。

実釣では1号のPEラインに5キロ以上の負荷を掛ける事はあまりないと思うし、傷さえ入っていなければタナトル8は十分強いラインだと言えるんじゃないかな。

なお、ラインが強すぎて切るのに苦労し、3回ともノットと関係ない所が切れてしまってこの数値だった。

直線強度として10kgあるのも、確かに頷ける結果になったかな!

この価格帯で購入できるPEラインということを考えると、引っ張り強度の面では最高クラスじゃないだろうか。

滑らかさ

この点は日本製の8本撚りのPEラインという事もあり、表面はスベスベで非常にガイド抜けが良い。

リールを巻いた時の異音も少なく、8本撚りのPEラインとしてはまぁ普通レベルだが十分満足できている。

タナトル8はそこまでコーティングが厚くもなく硬くもない、しなやかなラインという感じ。しかしそれなりにコシはあって、フニャフニャという感じではないかな。

ラインの原糸と編み方でコシを出しているような印象があり、コーティングが厚くてパリパリしたPEラインが苦手な私には結構好感触。

滑らかで滑りが良いのでノットも組みやすく、FGノットやPRノットで接続してみた所スムーズにノットが組める。先程の強度テストの結果からも、実際の強度もしっかり出ているのでこの点は満足。

伸び

しなやかな原糸が細い8本撚りという事もあり、ファイヤーラインなどの低伸度なPEラインと比較すれば多少の伸びは感じる。

そうはいっても他社の8本撚りのPEラインと同じようなレベルになり、特に良いわけでも悪いわけでもなく普通レベルかな。

伸びの少なさでいえば、12本撚りのシマノピットブル12の方が明らかに伸びは少ない印象があるね。

マーキング・色分け

元々は船釣り用のPEラインなので、タナトル8には10m毎の色分けと1m毎のマーキングが入っている。

これは1m毎の色分けは非常にありがたく、コマセ釣りや底物釣りでは30cm、50cm単位など細かく棚を取ることも多い。

そういう時に1m毎のマーキングが入っているラインを使うと非常に使い勝手がいいんだよね。

湖の泳がせ釣りでもこのラインを使ったけど、見やすいマーキングで棚取りは容易に出来たかな。

ちょっとした欠点としては、個人的に感じるのが紫とピンクの色合いが比較的似ている事。

すごく気になるわけではないんだけど、ラインをちらっと見た時に今出ている色がピンクなのか紫なのか見分けにくいことがあったね。

耐久性

タナトル8の耐久性に関していえば、今まで主力で使用してきたよつあみなどの国産8本撚りのPEラインと比較してみると同等程度~若干上といった印象かな。

色落ちに関していえばそれほど色が持つというわけでもなく、使っていくうちにそれなりに色は落ちていく。

それでもコーティングが厚いPEラインではないので指にやたらと色が付着したりすることはなく、色落ちが起こりにくいユニチカのPEラインなどと比べたら色落ちが早いというレベル。

毛羽立ちに関しては、サーフのキャスティングゲームで2~3回くらいラインをカットしないで使うと多少毛羽立ってくる感じだ。

毛羽立ちやすさに関しては他社の価格帯がもう少し上の8本組のPEラインと比べても劣るわけではなく、同等~若干持ちは良いかな?位だと感じる。

価格の事を考えれば全く問題なく使える性能だし、不満になることはない。

シマノ タナトル8のインプレまとめ!

タナトル8を実際に使ってみて感じたインプレッションとしては大体こんな感じかな。

コストパフォーマンスに非常に優れ、それでいて安心して使用できる国産PEライン。価格が上のアイテムと比較しても性能的に明らかに劣っているというような印象は全くなく、

安くて普通に使えるPEライン

という印象かな。タナトル8の性能には普通に満足しているので、今後もマーキングが必要なオフショアの釣りやショアからのキャスティングゲームで、気になるアイテムが出てくるまでは使い続けてみようと思う。

安くて普通に使えるマーキング入りのPEラインが欲しいという方に、タナトル8はおすすめ!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です