電車結びの結び方・結束強度を実測してみた!

電車結び

さてさて、今回は釣り糸の結び方・いわゆるノットと言われるものの中でも最もベーシックなものの1つである

電車結びについて。

電車結びは魚釣りに使う糸と糸を結ぶ方法の中でも基本の結びだ。

これから釣りに挑戦したい方が初めに覚えておくと役立つ簡単な結束方法になるんだけど、その結束強度は私自身も実は知らなかったり。

ここでは電車結びの結び方とチェックポイント、合わせて実際に糸を結んで行った結束強度テストの結果も合わせて紹介していく。

糸と糸を結ぶ電車結びについて知りたいという方は、一度目を通してみて欲しい。

電車結びを使う場面

電車結びは強度の面では「並」といったところで、強いノットではない。だからお手軽なかわりに強度を少しでも引き出したい場面では他のノットに劣ることも多い。

私の場合、電車結びを多用する場面としては

  • リールの下糸とメインラインの結束
  • 道糸とハリスを結ぶ際、確実にハリス側を切りたい時
  • 強度が必要ない、根掛かりの少ない釣りや小物釣り

このような時に電車結びを良く使うかな。

より強度を出したいのであれば、お手軽かつ強度も優れているサージェンスノットを使うのがおすすめ!

電車結びの結び方の手順

電車結びの結び方は覚えてしまえばかなり簡単で

慣れてしまえば暗闇でも簡単にノットが組めるし、結び目を見ていなくてできるようになる。

早速結び方の手順を一緒に覚えてみよう。

2本の糸を重ね、片方の糸で輪を作る

まずはこのように、結びたい2本の釣り糸を平行に重ねるところが電車結びのスタート。

この状態から片方の糸で輪を作ってみよう。

ここまではOKかな?

出来た輪の中に糸の先端を4回以上通して締め込む

こんな風に輪を作ったら、出来た輪の中に糸の先端を4回以上(できれば5回~6回ほど)グルグルと通していく。

こんな風に5回ほど糸を通したら、後は締め込む作業に入る。

5回前後ラインを通したら、唾や水を付けて摩擦熱が発生しないようにラインを湿らせる。そして通したラインの端(ここではピンク色の糸の端)と本線を手で持ち、じわじわと力を掛けて引っ張ってみよう。

この段階ではきつく締め込む必要はなく、もう片方の糸の上を結び目がスムーズに行ったり来たりする程度の締め具合でOK。

上の画像のように結び目がある程度締まれば大丈夫。

もう片方の糸も同じように結ぼう

今度はもう片方の黄色い糸も同じように結んでいこう。

こんな風にさっきと同じ手順でもう片方の糸を結んでいく。

結びが出来たらまた同じように程よく締め込むと、こんな感じになるはずだ。

ここまで出来たら、ピンク色と黄色の糸の本線を左右の手で持ち、引っ張っていこう。この時もラインが湿った状態にしてあげるように注意すること。

すると、2つの結び目が段々とくっついて行くはず。

電車結び

このようになったら、最後にキュキュッと力を少し入れてノットを締め込もう。

後は余分なヒゲをカットしたら電車結びは完成する。



注意:ヒゲを強く引っ張ると強度が低下する

電車結びを結ぶ際、糸の端(ヒゲ)側を強く引っ張って締め込むのはやめた方が良い。

ついついしっかり締め込もうと思ってこの部分に力を掛けてしまうと、結びコブの1部分に力が集中してしまう為か結束強度の低下がみられた。

本来釣り糸が持っている強さを引き出すために、電車結びをする時はヒゲの部分を強く引っ張りすぎないようにしよう。

電車結びの結束強度を実測!

最後に、実際に電車結びを使って釣り糸同士をつなぎ合わせると結び目はどの位の強度(結束強度)になるのかテストをおこなった。

使うのは、結び目の無い状態での強度表示は4kgというフロロカーボンラインだ。

テストでは輪の中に5回ラインを通す強度と締め込みやすさのバランスが取れた電車結びを行い、同じように強度を測定・・・・。

すると、3回強度テストを行った結果はこんな感じに・・・

  1. 約2.9kg
  2. 約2.4kg
  3. 約2.55kg

3回の平均結束強度は約2.62kg。直線強度比で約66%となった。

決して強いとは言えない数値だけど、悪いわけでもない。結びが簡単なノットとして、電車結びの結び方は覚えておいて損はないんじゃないかな!

それでは、今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です