クインテットノットの結び方・強度を実測!

さてさて、今回紹介するのはメバリングやアジングなど、細いPEラインを使った釣りに便利とされる

クインテットノット

このノットの結び方と強度テストの結果を紹介していく。

簡単に言ってしまえばサージェンスノットの回数を増やし、摩擦の発生しにくいPEラインでも確実に締め込めるように工夫したノットのようだが果たして強度は十分にあるのか?

まずはノットの組み方から順に説明していくぞ!

クインテットノットの結び方

クインテットノットの結び方は非常にシンプル。FGノットを組むのが難しい釣り初心者の方でも、比較的簡単にPEラインとショックリーダーを組むことが出来るノットになるぞ。

PEラインとショックリーダーを重ね、輪を作る

ピンク色のラインをPEライン、黄色のラインをショックリーダーに見立てて実際にクインテットノットを結んでみよう。このノットの特性上、ショックリーダーはあらかじめ使う長さにカットしておくこと。

まずはこのように、PEラインとショックリーダーを重ね合わせ、輪を作ろう。

2本のラインが出来るだけよじれないように作業していくように!

輪の中にラインを5回通す

輪が出来たら、PEラインのヒゲ(末端側)とショックリーダー本線を出来た輪の中へ通していく。

このように5回ラインを通すんだけど、テンションを抜いてしまったりラインがヨレてしまうと

ノットを締め込んだ際に1か所に力が集中してしまい、本来の強度が出せなくなる可能性が高まるから注意すること!

ジワジワとノットを締め込む

ここまでくればクインテットノットは完成間近。

実際に釣り糸でノットを組むのであれば、摩擦熱が生じないように唾や水を付けてから締め込んでいく。

PEラインの本線とショックリーダーヒゲ、PEラインのヒゲとショックリーダー本線の4つのラインをバランスよく締め込むようにしよう。

ここで締め込みムラが出来てしまうと、ノットの形が崩れやすくなるぞ。

あとは余分なラインをカットしたらクインテットノットは完成!

実際に0.3号のPEラインと1.75号のショックリーダーを使って組んだクインテットノットはこんな感じになる。

FGノットに比べるとコブは目立つが、強度がしっかり出ていれば十分実釣で使えそうなノットである。



クインテットノットの強度を実測してみた!

さて、実際にクインテットノットはどのくらいの結束強度があるのか?

ここからは強度テストの結果を紹介していく。

今回は0.3号の8本撚りのPEライン(直線強度2.5kg)と、ショックリーダーにフロロカーボンライン1.75号(直線強度4.6kg)という組み合わせで強度テストを行った。

このラインシステムは私がメバリングで良く使う組み合わせ。

このライン号数の組み合わせならば、切れるのはPEライン側になる可能性が高いはず。PEラインの結束強度を測定するには最適じゃないかと思う。

早速クインテットノットを組み、3回の強度テストを行った所、結果は・・・・

  1. 約1.7kg(結束強度約68%)
  2. 約1.9kg(結束強度約76%)
  3. 約1.6kg(結束強度約64%)

3回の平均値をとると約1.73kg、結束強度は約69%という数値になった。

計測結果には多少誤差が出たが、大体70%前後の強度がクインテットノットでは出せるようだ。

率直な感想から言ってしまうと

弱くはないけど強いと言えるレベルではなく、簡単に結べるノットとして考えればまずまずじゃない?

というのが率直な感想。

最もシンプルなPEラインとショックリーダーを結ぶノットとされる電車結びは50%前後の強度と言われることが多いし、それと比べれば間違いなくマシなはず。

これからPEラインを使った釣りに挑戦したい方や、現場でラインブレイクした際の応急的なノットとしてクインテットノットを覚えておくと役立つかもしれない。

特にメバリングやアジングなど、細号数のPEラインはノットを組みのが大変だからね。

今後、編み込みを使わないお手軽なPEラインとショックリーダーのノットの強度テストなども順次行って行きたいと思うのでお楽しみに!

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

2 件のコメント

  • お疲れ様です!
    小物釣りの時なんかはコレで充分ですよねー!
    根掛かりした時はリーダー持ってかれるのは諦めないといけませんけどw

    • こんにちは、まるなかです。
      電車結びなどよりは強度が出ると思うので、お手軽にノットを組むにはおすすめですね!
      私としては3.5ノットの方がより簡単で強いと感じているので、そちらの方が良いかな??

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です