サンライン シグロンPE X8を実釣インプレッション!【コスパ優秀】

シグロンPEX8 インプレッション

さてさて、今回はサンラインから発売されているPEラインについて。

「サンライン シグロンPEX8」のインプレッションをしていこうかなと。

シグロンPEの位置づけとしては、コスパを重視したタイプの誰にでも買いやすい・使い易いタイプのPEライン。

果たしてその耐久力や強度はいかがなものか?

サーフのキャスティングゲームに使用し、フラットフィッシュやマダイなどをキャッチする中で使用感をチェックしてきた。

最近は似たようなコスパ系のPEラインは結構あるが、その中でも非常に使い勝手が良くて「予想以上の満足度」だったね!

これから本格的に釣りに挑戦したい方~ベテランアングラーまで、色んな方におすすめできるラインになっているぞ。




サンライン シグロンPEX8を「サクッと」インプレッション!

シグロンPEX8 ヒラメ

まずは、このシグロンPEX8というラインはどのような特徴があるのか?

私が使用してみて感じたインプレッションを簡単にまとめておこう。

  • 太さ:号数通りの太さに仕上がっている
  • 強度:表示上は若干弱めな感じがするが、実際の強度は十分出ている
  • ハリ・コシの強さ:平均的~若干しなやか系のPEライン
  • 滑らかさ・摩擦抵抗:サラッとした質感でルアーの飛距離は平均以上に飛ぶ!
  • 視認性:かなり鮮やかなカラーで見やすさはかなり優れている
  • 色落ち・耐久性:初期の色移りは見られた。その後の耐久力は予想以上

 

ザックリ紹介するとこんな感じで、キャスティングゲームからバーチカルの釣りまで、色んな釣りに活躍する可能性を感じる。

表示通りの太さ

シグロンPEX8は国産のPEラインらしく、号数以上に嵩張ったりする感じはしなかった。

シグロンPEX8 太さ

他の国産PEラインと同レベルの太さに仕上がっている感じで、スプールにもピッタリ巻けたのでこの点は十分満足!

海外製のPEラインは安い代わりに太いものも多いが、このラインはそういうことは無かったね(1号の場合)。

シグロンPEX8の実際の強度

最近のPEラインを見てみると、私が使用した1号のPEラインの場合は「大体20LB前後」の強度表示のものが多い。

シグロンPEの場合は16LBの表示になっており、この4LBの差が果たしてどの位違ってくるのかがちょっと心配だった。

シグロンPEX8 強度

そこで、実際にFGノットとPRノットでショックリーダーと結束を3回連続で行い、その強度を測定してみた。

すると、結果はこんな感じに。

  • FGノット:結束強度約6.75kg~7.75kg
  • PRノット:結束強度約7.5kg~7.75kg

 

実際の強度はこんな感じになったが、この数値は他の国産の8本編みのPEラインと比較しても特に劣るような感じは無い。

大体弱くても7kg前後の強度は引き出せる感じがするが、この位の数値が出ていれば実釣時に不安は感じないレベルだろう。

強度表示上は高い数値を誇るラインと比べても、全く見劣りする感じはなかったね!

ハリ・コシの強さ

シグロンPEX8は硬いコーティング系のラインではなく、「どちらかというとしなやか系」のPEラインに分類される印象だ。

シグロンPE 張り コシ

新品の状態では、こんな感じで必要なコシは確保されている。

しかし、パリッとした質感ではなくシルキーでしなやかな感触が特徴かな。

なので、硬くて張りの強いPEラインが好みな方には向かない印象はある。

これまでキャスティングを繰り返してきた中ではガイドへの糸絡みも1度も発生しておらず、普通に快適な釣りをする事が出来ているぞ。

細号数は張り強め

追加で0.3号と0.5号のシグロンPEX8を購入し、海のライトゲームと渓流トラウトで使用してみた。

シグロンPEX8 細号数

細号数は比較的張りが強めに設定されており、糸絡みなどを防ぎやすい設計になっているらしい。

ガイド絡みは一度も発生せず、トラブルなく釣行できているぞ!

高い真円性+滑らかさが武器!

シグロンPEX8 マダイ 釣果

シグロンPEX8を使って感じたのは、高い真円性+滑らかさが優秀というのが一番強いかな!

飛距離に関しては一般的なPEラインよりも伸びる印象があり、よく飛ぶ8本編みのスーパーXワイヤー8などと同等レベルに思える。

これは表面のサラサラ感が優れているということもあるが、糸ヨレが非常に目立ちにくくて真円性が高い事も影響しているね!

キャスティングゲームでは飛距離が釣果に影響することも多いが、シグロンPEX8は遠投性に優れているのでおすすめできる。

風が強く吹く中でも飛距離が出しやすく、糸暴れも少ないのでストレスが少なく釣りが出来たのは大きなメリットだと感じた。



鮮やかなカラーで視認性は高いレベル

5色の色分けのPEラインは今まで色んなアイテムを使い比べてきているが、その中でもシグロンPEX8の見やすさは高いレベルだ。

5色それぞれの発色が非常に鮮やかで、かなり見やすく作られている印象アリ!

アイテムによっては黒っぽい仕上がりで釣り場で見難いものが有ったりするが、このラインの場合はどの色も見やすくて満足している。

釣り物によってはラインが見えなくても何とかなるものもあるが、視認性が良い事に越したことは無いよね。

耐久性

PEラインを使用する上で、いくら安くてもあっという間にダメになってしまったら、それ以上使う気にはなれない。

シグロンPEX8をリールに巻いた時点でのイメージとしては、「色移りがそれなりにあるな」というのがファーストインプレッションだった。

シグロンPE 色移り

リールに糸を巻くと、ラインローラーにも微妙にカスが付着したし、ノットを組んだりルアーをキャストすると指先に色が移ったりした。

今までの経験上だと、色移りが酷いPEラインはすぐに色落ちしていく傾向があり、コシが無くなったりしてその後の劣化が早いイメージだ。

正直言って最初はそこまで耐久性は期待できず、コスパ系のPEラインなりの耐久力なのかなぁと思っていた。

その後30時間強ほど使い続けてみたが、ラインの状態はこんな感じに。

シグロンPEx8 耐久性

ちなみに、リールに巻いた時の状態はこんな感じだった。

シグロンPE 新品 カラー

確かに多少の色抜け、白っぽくなってくる感じは見られる。

しかし最初の色移りの割には色落ちも少ないし、予想以上に持ちが良いね!

ちなみに最初の数時間で2回ほど根ズレしたのでノットは組みなおしたが、その後はあえてノットも組みなおさず使い続けてきた(25時間くらい)。

シグロンPE マゴチ 釣果

それでも変な高切れやライントラブルなども全くなく、まだノットを組みなおさなくても普通に使えるだろう(おすすめは絶対にしないけど)。

ラインチェックをしても、いまだにノット周辺~キャスト時に指に触れる部分にも毛羽立ちは見られず。

シグロンPEX8、安い割には持ちも良いし、普通に信頼して使えるな。

シグロンPEX8は極細番手からラインナップ!

今回紹介したシグロンPEX8、嬉しいのはそのサイズ展開にもある。

極細PEライン トラウト

今までは4本編みが主力だった、0.3号や0.4号といったライトゲーム・トラウト用に使える号数もラインナップがある!!

この極細PEラインは、8本編みだと超高級ラインしかラインナップされていなかったので、4本編みで我慢していた方も多いはず!

私もこれからライトゲームや渓流トラウト用に細号数も導入予定!

0.3号150mで3000円以下で購入できるので、「ついにここまで来たか~」って感じがする。

※今後号数を使用する上で、気になる点などが有ったら追記します。

サンライン シグロンPEX8インプレまとめ!

シグロンPEX8の使用感については大体こんな感じで、

「コスパ良好ながらスムーズでよく飛び、予想以上に持ちも良い!」

というのが率直な印象だ。

もちろん高級なハイエンドPEラインに比べたら耐久力は劣るが、価格を考えたら十分使えるPEラインになっている。

細号数のラインナップも魅力なので、気になる方は使ってみてね。

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です