シーガープレミアムマックスとグランドマックスFXを比較インプレッション!

さてさて、今回はルアーフィッシング用ショックリーダーとして人気のある

シーガープレミアムマックスをインプレッション!

同社の磯用ハリスでしなやかで強く、こちらもショックリーダーとして使われることのあるグランドマックスFXと比較していこうかなと。

どちらもフロロカーボン製ラインでありながらしなやかで扱いやすいのがウリのアイテム。

しかし、実際の強度などはどうなのか?

ちょっと気になるであろう部分を、強度実験などを行いながら比較していく。



シーガープレミアムマックスの特徴!

まずはこのプレミアムマックスショックリーダーはどんな感じのラインなのか?

使い心地などを紹介していこう。

プレミアムマックスの特徴!
  • 硬さ:フロロカーボンラインの中ではかなり柔らかい
  • 結束性:リーダーを組む時のPEラインの締め込みやすさが非常に◎
  • 強度:しなやかで柔らかいが、多少傷が入った位ではブレイクしない

プレミアムマックスショックリーダーは扱い易さを重視しつつ、必要な強度はバランスよく備えている印象があるね!

今まで私はグランドマックスFXをルアーフィッシング用のショックリーダーとして長い事使ってきた。

バスやトラウトなどの淡水系からエギングやロックフィッシュ、サーフの釣りやタイラバなどまで様々。

その中でちょくちょくプレミアムマックスも使ってみたので、違いなどはちょっと敏感にわかりやすいかもしれない。

このあたりをもう少し詳しく紹介していくぞ。

しなやかさで扱い易い!

プレミアムマックスは数あるショックリーダーの中でもかなりしなやかさに優れている印象だね!

フロロカーボンラインは硬いと扱い難く、結束などがちょっと難しくなる時がある。この辺りはフロロカーボンラインに慣れていない初心者の方等にも扱い易く、非常におすすめできる。

そのしなやかさによりルアーを結ぶのも楽なんだけど、摩擦系のノットで締め込んだ時にもPEラインがしっかり食い込みやすい印象がある。

だからノットがガチっとラインに食い込んでズレ難く、しっかり締め込むのが簡単。

一方で細い号数の場合は編み込む動作がちょっとやりにくい事もあったかな。

2号以下などの細いプレミアムマックスショックリーダーの場合、編み込んでいく最中にリーダーが折れやすくて私の場合はそのしなやかさが裏目に出ることがあった。

根ズレに対する強度は確保

柔らかいラインは傷が入りやすく、根ズレには弱いものも中にはある。このプレミアムマックスを使ってみた感じとしては、

多少根ズレしてラインがザラついたとしても、簡単に切れるようなことは無くて粘りはある印象。

ハゼを釣っていてラインがボトムにスレて根ズレしつつ根掛かった時、仕掛けを引っ張っても簡単には切れず。

エギングでラインがスレた状態の時、ちょっと根掛かっても無事エギが生還したり。

大まかなインプレッションとしてはこんな感じで、使いやすさと強度のバランスは悪くない印象かな。

じゃあグランドマックスFXと比べたらどうなのか?

ここからは最強リーダーとして知られているアイテムの1つである、グランドマックスFXとの比較をしていこう。



プレミアムマックスショックリーダーとグランドマックスFX

どちらもしなやかで扱いやすいフロロカーボンライン。その違いはどこにあるのか?

違いを簡単にまとめておく。

プレミアムマックスとグランドマックスFXの違い
  • 硬さ:プレミアムマックスの方が柔らかい
  • 扱い易さ:プレミアムマックスの方が扱いやすいが、慣れれば変わらない
  • 直線強度:グランドマックスFXの方が強い
  • 結束強度:グランドマックスFXの方が強い

ざっくりと違いを言ってしまうとこんな感じになるかな!

硬さ・扱い易さの違い

どちらもしなやかなラインなんだけど、プレミアムマックスの方がより柔軟性を重視している感じ。

その違いは細い号数だとわかりにくいかもしれないが、ずっとグランドマックスFXを使ってきた私の場合は目を閉じて触ってみても違いが分かった。

ナイロンラインに近く、しなやかさで扱い易さを重視するならプレミアムマックスの方をお薦めする。

私の場合はグランドマックスFXでも十分しなやかなラインだと思うので、そこまでのしなやかさはあまり必要には感じなかった。

ラインの伸びに関しては若干プレミアムマックスの方が伸びるような感覚もあったが、所詮1ヒロ程度のショックリーダーでは明確な差は感じなかった。

強度の違いを比較!

使ってみた感じではどちらも強いラインだという印象だが、

どちらかと言えばグランドマックスFXの方が切れる前の粘りがあるかな?

と感じていた。

そこで、実際に強度を比較してその差を確かめてみることに。

今回は2号のラインを使い、結び目を作らない直線強度とスイベルにラインを結んだ状態での結束強度を比較。

まずはプレミアムマックスの直線強度から・・・

3回ラインをブレイクさせたが、4kg前後の結果になった。次にグランドマックスFXを引っ張ると・・・

4.3~4.5kgの数値を叩き出す。やはりほんの少しの違いを感じていたが、それは間違いではなかったらしい。

次に、スイベルの片方にプレミアムマックスショックリーダーを。もう片方にグランドマックスFXを接続。

これで5回ラインをブレイクさせ、どちらが勝つのか試してみると・・・

1回目、2回目と繰り返していくとある事に気付く。

結局5回勝負をしたが、勝ったのは1方のみ。

やはり強いのはグランドマックスFX。

最強磯ハリスの一角、グランドマックスシリーズはやっぱり強かった。

プレミアムマックスも他のフロロカーボンラインに比べたら十分強度はあるけど、相手が悪かったな。

今後のメインショックリーダーは

プレミアムマックスショックリーダーとグランドマックスFX。しなやかで扱いやすいのはプレミアムマックスだけど、

グランドマックスFXのしなやかさでも十分に感じているなら、おすすめはやはりグランドマックスFX。

引っ張り比べる実験をやってみると、ラインを切るために最後に力を込めないといけないのがFXの方で、その違いは体感できるレベルだった。

プレミアムマックスは30m巻きなのに対してグランドマックスFXは60m巻きでたっぷり使えるし、ショアからの釣りで使う号数の場合はコスパ的にも両者そこまで大きな変わりがない。

しばらくプレミアムマックスも使ってみたけど、今後のメインはやはりグランドマックスFXで行こうかなと!

以上。プレミアムマックスショックリーダーとグランドマックスFXの比較インプレでした。

それでは、今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です