ライトショアジギング用PEライン、ショックリーダーの選び方とおすすめアイテム!

さてさて、今回はライトショアジギングに挑戦したい方へ向けてのラインセレクト講座。

ここではラインを選ぶ時のチェックポイントや、実際に私が使用してみて良いと感じたおすすめラインを紹介。

青物等、引きが強い魚を狙うことが多いライトショアジギングではライン選びが超重要!

いくら高級なロッドやリールを使ったとしても、ラインがダメではお話にならないからね。

この記事を読めば、ライトショアジギングのラインに関する基礎知識が一通り習得できるようになっている。

この機会におすすめアイテムを含め、選び方の基本をしっかり身に付けておこう。

※ここでいうライトショアジギングとは、重くても60g程までのメタルジグを使ったショアジギングを対象にしています。



ライトショアジギングに使うPEラインの選び方

ライトショアジギング PEライン

まずは最も重要となるメインライン、PEラインの選び方から紹介していこう。

最初にど真ん中なスペックを紹介すると

  • 8本編みの国産PEライン10m毎の色分け付き。1.2号200m

こんな感じのラインを選んでおけば、大きな失敗は無くライトショアジギングに挑戦できる。

PEラインの太さ・号数の決め方

ライトショアジギング ライン 号数 太さ

まずはメインとなるPEラインの号数はどうやって決めたらいいのか?

ライトショアジギングで使用するメタルジグの重さは40g前後がメインとなり、狙う青物のサイズは30cm台~60cm程が平均だろう。

そうなると、おすすめは1.2号のPEラインを基準に選ぶこと!

私の場合は1号~1.5号を使い分けるが、考え方はこんな感じ。

  • 1.0号:開けた場所で2kg程(50cm程度)までの青物を狙う時や、ヒラメ・マゴチ狙い
  • 1.2号:オープンエリアから多少のストラクチャー周りまで
  • 1.5号:混雑した釣り場や足場が悪い場所など

 

ラインは太くなると飛距離が落ちるし、風や潮に流されやすくなるので釣りの快適性が低下する。

ちなみに、今まで結束強度テストを繰り返してきた経験としては

1号のPEラインでも正しくラインシステムを組めば、結束強度で7kg程の強さが有る。

ライトショアジギング 釣果

実際に1号のラインをサーフのキャスティングゲームで使用し、80cmを超えるマダイをキャッチ。

道具の使い方に慣れてくれば、1号のPEラインでも結構強くて簡単には切れない。

始めのうちは余力を持たせたラインを選び、状況によって号数を変えてみよう。

何メートル巻くべきか?

ライトショアジギングで使用するメタルジグは、大体30g~50g程がメインだろう。

そうなると最大の飛距離は120m位になることが多いかな。

おすすめは200m巻きのPEラインで、150m巻きでは少しラインが短くなったり、1度高切れすると釣りが続けられなくなるから要注意!

ラインを購入する時は最低でも200m巻きを購入するように。

PEラインは国産か、海外メーカーか?

最近のPEラインは安価な輸入ものもあるし、国産のメーカー品もある。

国産PEライン

私は今までかなりの数のPEラインを使ってきたが、やはり品質が安定しているのは国産のPEライン。

海外のメーカーの物は、コーティングにムラが有ったり、色落ちが早かったりとやはり細かく見ていくと品質的に劣っていることが多い。

また、同じ1号であっても輸入物のラインは太く作られていることが多いので要注意!

PEラインの太さはたとえ0.1号でも変われば、風や潮の抵抗を大きく受けるし飛距離も低下する。

信頼して使えるラインを探しているなら、やっぱりおすすめは国産のPEラインだ。

価格による違い

最近は国産のPEラインでもコスパに優れたアイテムもあるし、確かに滑らかで使い易さも良くなってきている。

しかし、200m2000円のラインと5000円のPEラインを比べてみると、やっぱりその差は間違いなく存在している。

基本的に「価格の差は耐久性」の違いになってくることが多いと感じている。

PEライン 価格の差

高級なPEライン程毛羽立ち始めるのが遅く、長持ちするのは間違いない。

amazonのレビューなどを見ると、「安くても耐久性が抜群!」などを書かれていることもあるが

おそらくそれは高級なPEラインを使ったことが無いアングラーなわけで・・・。

ラインが傷んだ時はどんどん巻き替えていくスタイルなら、コスパ系のPEラインを選べばいい。

一方でで大型青物を狙ったり・ギリギリまでテンションを掛けたやり取りをする必要があるなら、やはりハイクラスなPEラインを使うべきだ。

8本編みのPEラインがおすすめ!

PEラインには4本編みと8本編み、そして一部には12本編みのラインが存在している。

言い換えれば、「1本のPEラインが何本の細い原糸から出来ているのか?」ということになる。

だから編み数が多いほど原糸が細く、表面の編み込みが細かくなるのでスムーズになる。

4本編みのPEラインの方が安いものが多いが、キャストを繰り返すショアジギングではあまりおすすめはしない。

ジグをキャストする時のガイドへの抵抗が大きくて飛距離が伸びにくいし、糸鳴りがするので非常にストレスになる。

8本編み 4本編み

だから余程こだわりが無ければおすすめは8本編みのPEラインで、私自身4本編みのPEラインを使用することは無くなっている。

ただし、根ズレへの強さは4本編みの方が多少優れているので、根ズレが裂けられない場所で使うなら4本編みというチョイスもアリだけど。

色分けの有無

PEラインには1色のものと、10m毎などで色が変わっていくアイテムが存在している。

ライトショアジギングの場合、特に青物は一定の場所に群れていることが多いので色分けのラインが非常に役立つ。

ヒットした距離が正確に分かるようになるので、次のキャストでも同じ場所をピンポイントで狙いやすい。

また、水中に駆け上がりや根があるような場所であっても、マーキングで位置を覚えておけば回避するのが容易になるぞ。

私自身、ショアジギングやサーフの釣りで使用するラインは色分けの物しか使わないからね!



ショックリーダーの選び方

PEライン選びについてはこんな感じで、続いてはショックリーダー選びだ。

リーダーの素材はフロロカーボンが無難

ショックリーダーの素材だが、大きく分けるとナイロンとフロロカーボンラインがある。

フロロカーボンライン ショックリーダー

どちらを選んでいいのか分からないのであれば、おすすめはフロロカーボンライン。

ナイロンラインの方が柔らかくて扱いやすいが、紫外線や吸水によって劣化していくのが早い。

また、ナイロンラインは柔らかいので石などに擦れた時に傷が入りやすい性質がある。

ライトショアジギングに挑戦するなら、まずはフロロカーボンショックリーダーを基準に選んでみよう。

リーダーの号数・太さの決め方

ライトショアジギング リーダー

続いてショックリーダーの号数はどうやって選んだらいいのか?

人によって多少違ってくるが、私の場合はこんな感じに選んでいる。

  • PEラインが1号の時:ショックリーダーは6号がメイン(5号でも可)
  • PEラインが1.2号の時:ショックリーダーは6~7号
  • PEラインが1.5号の時:ショックリーダーは7号がメイン(障害物周りでは8号も使う)

 

基本的には6号~7号位の号数のラインがあれば大体対応できると覚えておこう。

ライトショアジギングでは、必要以上にリーダーを細くしても急に魚が釣れるわけではない。

しっかりと強度があり、安心して魚をとり込めるリーダーを選ぶこと!

長さは1ヒロを基準に

ショックリーダーの長さだが、基本的には1ヒロ~長くても2ヒロ程までがライトショアジギングでは使い易いだろう。

しかし、長いショックリーダーはキャストする時にノット部をガイドの中に入れ込んで投げることになる。

そうなるとノットの劣化が早くなったり、ノットがガイドに引っ掛かってライントラブルになったりするので要注意!

余程キツイ根などが無ければ、1ヒロで釣りをしてみるのがバランスが良くて扱いやすいはずだ。

PEラインとリーダーをつなぐノットについて

PEライン リーダー ノット

PEラインにはショックリーダーを接続する必要がある。

PEラインは適当に結束すると強度が引き出せず、簡単にブレイクしやすいから気を付ける事!

おすすめとしては摩擦系のノットになり、

  • FGノット:最もベーシック。編み込みに慣れれば早く組めるが、練習が必要
  • PRノット:強度は一番引き出し易いが、ツールが必要
  • SCノット:巻き付けが面倒だが、FGノットの編み込みが出来ない方におすすめ

 

このようなノットを使うと、ラインの強さをしっかりと引き出し易い。

SCノットを上手く使おう

SCノットはツールが必要なく、編み込みという作業が必要ないので誰にでも組みやすいノットだ。

SCノット

欠点としては締め込みがFGノットよりも難しい事と、編み込みに慣れた方にはFGノットよりも時間が掛かる事かな。

極細ラインの結束には向かないが、結びが苦手な方にはとっつきやすいノットなので練習してみよう!



ライトショアジギング入門におすすめなPEライン

ここからは私が全て実費を払って購入し、実釣を繰り返してきた中でおすすめできるPEラインを紹介。

よつあみ スーパージグマンX8

よつあみ スーパージグマンX8

価格もほどほどにお手頃、張り・コシの強さも平均的で変な癖が無くて扱いやすいPEライン。

耐久性はこの価格帯の中ではまずまず強く、信頼して使えるPEラインだ。

特にこだわりが無く、どんなラインを選んだらいいのか分からないという方にはまずはスーパージグマンX8がおすすめ!

これを使ってみて、「もっと硬いラインが良いのか?」それとも「もっと長持ちするラインが良いのか?」

といった感じでラインを使い分けていくと良い。

シーガーPEX8

シーガーPEX8

国産PEラインの中では、トップクラスに優れたコスパを誇る8本編みのPEライン。

国産の8ブレイドのpeライン1.2号200mが2000円以下で買えるのは衝撃的である。

滑らかさや劣化していない時の強度は、他の8本編みのPEラインと比較しても遜色ない。

スーパージグマンよりも若干コシは強めな仕上がりになっている。

ただし、表面のコーティングの劣化や毛羽立ちの速さは中級~高級なPEラインよりも早め。

そうはいってもすぐに切れるようなものではなく、白っぽくなってきたりしたら早めにカットすれば全く問題ない。

サンライン シグロンPEX8

サンライン シグロンPEX8

シグロンPEX8も200mで2000円以下、コスパにかなり優れていて私のイチオシ。

サンラインから発売されているコスパ系のPEラインだが、非常に滑らかで表面のツルツル度はこの価格帯のPEラインの中では1ランク上か。

飛距離の伸びが非常に良く、5m前後飛距離が伸びる印象がある。

色落ちにも強く、耐久性もまずまずで使い易いラインだ。

店頭で見かけることが少ないが、入手できるならシーガーPEX8よりも個人的にはコチラの方がおすすめ。

こだわりたい方向けのPEライン

次に紹介していくのが、ちょっとこだわってPEラインを選びたい方におすすめのラインだ。

バリバス アバニジギング10×10マックスパワーPEX8

バリバス アバニジギング10x10 マックスパワーPEX8

メタルジグがめちゃ飛ぶラインというわけではないが、

コスパ系のPEラインと比較すると「耐久性が明らかに上で長持ちする」のが特徴のマックスパワーPEX8。

200m1.2号で3000円台後半くらいだが、耐久性を重視した信頼できるラインを使いたい方におすすめできる。

価格の差は耐久性の差になってくるので、青物とギリギリのやり取りをする方は良いPEラインを使った方が絶対に良いぞ。

サンライン PEジガーULT8本

PEジガーULT8

サンラインのハイエンドPEラインがPEジガーULT8。

1.2号200mで4000円台中盤位するが、ジグの飛距離はトップクラスに伸びるので価格に見合った性能は確かにある。

30gのメタルジグでも楽に100m超の飛距離が出せ、ジャーク時の抵抗が軽くて水切れも抜群に良い。

今まで私が使ってきた様々なPEラインの中でも飛距離は抜群に伸びる印象!

コシ・張りは若干強めでシャキッとしているが、硬すぎることは無くて絶妙な仕上がりだ。

価格よりも性能を重視したい方は一度使ってみると良いね!

ライトショアジギングにおすすめなショックリーダー

最後はショックリーダーを紹介。

コチラも全て実釣を繰り返し、特性などを把握したうえで使い易かったものをおすすめとして紹介しておく。

シーガーグランドマックスFX

グランドマックスFX

元々は磯用のハリスだが、非常に使い易いのでルアー用のショックリーダーとしても人気がある。

フロロカーボンラインとしては程よく柔らかく、扱いやすさと硬さのバランスがちょうど良い。

強度はいうまでもなく、他のフロロカーボンラインとグランドマックスシリーズは明らかに強さが違う。

実際に強度比較をしてもやはり違いは明らかで、初心者からこだわり派の方まで

とりあえずはグランドマックスFXを選んでおけば問題なし!

私自身渓流のルアー~オフショアの釣りまで、色んな釣り物で一番使っているショックリーダーがコレ。

シマノ オシアジガーリーダーマスターフロロ

シマノ オシアジガーリーダー マスターフロロ

若干強度的にはグランドマックスに劣るが、透明度の高さはオシアジガーリーダーマスターフロロの方が上。

グランドマックスFXの使用感に非常に近いが、透明度が高いラインが好きな方におすすめだ。

このラインも比較的しなやかに出来ていて、ノットを組むのが比較的スムーズに出来て扱いやすい。

シーガー プレミアムマックスショックリーダー

プレミアムマックスショックリーダー

プレミアムマックスの強度はグランドマックスよりも若干下がるが、それでも普通のフロロカーボンラインよりは普通に強い。

フロロカーボンショックリーダーの中でもトップクラスにしなやかで、扱いやすさは1番優れているラインだ。

特にノットの締め込みが簡単・スムーズにできるのが魅力。

ラインの結束になれている方にはもう少し硬めのラインでも良いと思うが、結ぶのが苦手という方に特におすすめ!

まとめ!

ライトショアジギング 釣果

ライトショアジギングに使うライン選びについて、基本となる基礎知識とおすすめアイテムを紹介はおしまい。

このくらい基礎知識として覚えておけば、まずは十分だろう。

あとは実釣の中で自分に適したラインを探していき、徐々にステップアップするなりして快適に釣りが出来るようになっていけばOKだ。

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です