ライトショアジギング用PEライン、ショックリーダーはこう選べ!

さて、今回はライトショアジギングに挑戦したい方へ向けてのラインセレクト講座。

青物をショアからメタルジグを使って狙う際に使用する、PEラインとショックリーダーの選び方について!

ここではその選ぶ際のチェックポイントや、実際にわたくしまるなかが使用してみて良かったラインを紹介。

この機会にライン選びの基礎をしっかり身に着け、楽しい釣行ができるようになっておこう!

魚釣りでは、ロッドやリール、餌やルアーも重要だけど

魚との命綱がライン。つまり釣り糸も超重要!

釣りをやったことのある方であればあるほど、細かくこだわる方が多いのは実は釣り糸選びだったり・・・・。

それくらい釣り道具の中でもラインセレクトは重要ってこと!

ヒットした魚を確実にキャッチする為にも、間違いのない信頼できるラインを選ぶように心掛けるのが重要ですぞ。

※ここでいうライトショアジギングとは、重くても60g程までのメタルジグを使ったショアジギングを対象にしています。



ライトショアジギング ラインシステムの基本!

まずはライトショアジギングを楽しむ際に使用するラインシステム。

つまりPEラインとショックリーダーについて、簡単に選び方をまとめておこう。

PEラインの選び方の基本
  • ラインの号数:1.2号程がベーシック。1号~1.5号の中から選ぶのがライトショアジギングでは基本。
  • ラインの量:最低でも200m巻きを選ぶこと。150m巻きではラインが足りなくなることも多い。
  • 撚り数:どちらかと言えば8本撚りがおすすめ。
  • マーキングの有無:青物が回遊している距離や水深を把握する為、マーキングはあると役立つ!

開けている港湾部や防波堤で30g前後のジグを中心に使うのであれば、0.8号程のPEラインでもライトショアジギングは楽しめる。ただし砂浜からの場合は波打ち際での攻防を考えると1号以上の号数が有った方が安心だね!

ショックリーダーの選び方の基本
  • ラインの素材:フロロカーボンラインを使う方が多いが、ナイロンラインでもOK
  • ラインの号数:6号(25LB)前後を基準に、5~7号(20LB~30LB)程までを使う
  • リーダーの長さ:大体1ヒロ前後を基準に、長くても2ヒロ程度までが扱いやすい

普段ライトショアジギングを楽しむ際、こんなふうなラインシステムで釣りをすることが多いかな!

よかったら参考にしてみてちょーだい。

PEラインとショックリーダーの太さ、号数の組み合わせ

ちょっと補足になるが、

どのくらいの太さのPEラインには、どのくらいの太さのショックリーダーを合わせるのが良いのか?

という事について。

これは個人個人でかなり好みの差が出る部分になるので一概にはどれが正解とは言えないけど、ライトショアジギングに挑戦しようと思ったら誰でもはじめに悩むところ。

参考までに、まるなかの場合はこんな組み合わせで使うようにしているぞ。

  • PEラインが1号の時→ショックリーダーの太さ・号数は5号(20LB)~6号(25LB)。
  • PEラインが1.2号の時→ショックリーダの太さ・号数は6号(25LB)。
  • PEラインが1.5号の時→ショックリーダーの太さ・号数は7号(30LB)

大体こんなラインシステムを組み、釣りをするようにしていることが殆どかな!

ライトショアジギングに使うPEラインの選び方

まずは最も重要となるメインライン、PEラインの選び方から紹介していこう。

PEラインの太さ・号数

大体30g程~重くても60g程までのジグをキャストするライトショアジギングゲームを考えた場合、

まず重要なのがメタルジグをフルキャスト出来る強度がある事!

これは意外と重要で、キャスト切れなどを1度でも起こしてしまった場合、力を込めてルアーを投げるのが怖くなってしまって気持ちの良い釣りは出来なくなる。

青物は基本的に沖の深い場所から浅い場所へと入って来ることが多いから、沖目の遠い場所にルアーを届けてあげるのは釣果を左右することも多い。しっかりフルキャスト出来る強度を持ったラインを選ぶように!

細いライン程強度は落ちるが、その分軽いジグを使っても飛距離が伸びることや、風を受けた際などにもラインが横に流されにくく、快適に釣りがしやすいといった事などがメリット。

必要な強度をしっかり確保しているのであれば、その中で細いラインを使った方が釣りやはしやすいぞ。

1号のPEラインを選ぶとき

ライトショアジギングではちょっと細めの号数になる1号のPEライン。この太さをチョイスする時はどういったシチュエーションなのか?

1号のPEラインが活躍するシチュエーション
  • 海底にキツイ駆け上がりや根が無く、比較的開けた場所の時
  • 扱うメタルジグの重さが30g、40g程
  • 狙うターゲットの大きさが大体40cm前後・1kg程まで
  • シーバスロッドでライトなショアジギングを楽しむ場合

このような条件に当てはまるのであれば、細めの1号前後のPEラインが効果を発揮することが多い。30g~40g程度までのジグを使い、40cmクラスまでの青物なんかと気軽に遊ぶのであればちょうど扱いやすいラインの号数になる。

ショックリーダーは5号~6号程を目安に選んでみるとバランスが良いかな。

開けている場所であれば、1号のPEラインでも3kg、4kgといった青物をキャッチすることは時間さえかければ十分できる。しかし混雑した釣り場などでは迷惑を掛けることもあるから、このあたりは周囲のことも考えてラインを選ぼう!

1.2号のPEラインを選ぶとき

以前はショアジギングというと1.5号クラスのPEラインがメインだった印象があるが、

最近のPEラインはより細く・より強く進化してきている。

だから細くて切れにくいラインも多く登場するようになり、ライトショアジギングでは1.2号前後のPEラインが主流になってきているような感じが有る。

1.5号のPEラインと比べたらわずか0.2号の差だが、実際にリールに巻いてルアーをキャストしてみるとそのフィーリングの差は大違い!

1.2号のPEラインが活躍するシチュエーション
  • キツイ根やテトラ帯などでなければ、比較的オールラウンドに使える号数
  • 扱うメタルジグの重さは40g程度が中心の時
  • 狙う魚のサイズが1kg台後半くらいまで
  • シーバスロッド、ライトショアジギングロッドのどちらでも扱える太さ

1号のPEラインよりは風などの影響を受けやすいが、1.5号ではラインが太くて扱い難い・・・・。

そういった時にライトショアジギングで扱いやすいのが1.2号になってくる。1.2号程の号程の号数が有れば、傷さえ入ってなければそう簡単にラインがブレイクすることはない。

根が入った場所などでなければ、60cm前後2kg~3kg有るかどうか取ったサイズの青物にも対応することはできる。ただし根がきつい場所やテトラ帯で1kg以上の青物等を狙おうと思ったら、1.5号クラスのPEラインの方がやりとりに安心感は出るかな!

カンパチなんかは根に潜ろうとする性質が有るから、ある程度強引にやり取りして一気に魚を引き寄せる必要が有ったりするからね。

ショックリーダーは6号程を目安に選ぶと良いかな。

1.5号のPEラインを選ぶとき

ライトショアジギングに慣れていない初心者の方や、ちょっとした障害物周りで青物を狙いたい時。そんな時に登場するのが1.5号クラスのPEライン。

1.5号のPEラインが活躍するシチュエーション
  • ライトショアジギング初心者の方が青物を狙う際
  • 50g、60gといった重さのメタルジグを扱う時
  • 狙うターゲットが2kg、3kgクラス(50~60cm級)が視野になる時
  • テトラ帯や駆け上がり、根などが点在している場所

このような時は、1.5号程のPEラインをチョイスした方が安心して釣りができる。これより太い2号などのPEラインになると、ライトショアジギングではなくガチのショアジギングに入って来る。

まるなかの場合、合わせて使うショックリーダーは7号程を基準に選ぶようにしている。

PEラインの糸巻き量

ラインの号数セレクトについては大体こんな感じだけど、

次に重要なのが何メートルのPEラインをリールに巻くのか?

といった事。

ライトショアジギングの場合、少し釣りに慣れてくれば100m以上の飛距離も十分視野に入って来る。となると150m巻きのラインでは糸が足りず、また新しいラインに買い替える頻度が高くなることも多い。

だから最低でも200m巻きを使う事!

60g前後のジグを使い、遠投する釣りになるのであれば300m巻きであっても全く問題はない。目安としては、自分の飛距離の倍ほどの長さのラインを巻いておくのが安心。

そうすれば沖目で魚がヒットしてドラグが出されたり、高切れなどの不意のトラブルが有った時でも釣りができないという最悪の自体は防ぐ事が出来るからね!

釣具店で販売されているラインのパッケージには、号数の他に長さも表示されている。

同じアイテムであっても150m巻き、200巻き、300m巻きといったように長さのバリエーションが複数あるものも非常に多い。必ずパッケージをチェックし、間違えたものを購入しない様に注意!

4本撚りと8本撚り

PEラインには撚り数と言い、何本の細い原糸が組み合わさって1本のPEラインを作り上げているのか?

といった違いがある。現在は4本撚りと8本撚りが主流だけど、12本撚りなんかも出てきている。この撚り数の違いにより、表面の滑らかさや直線強度などが変わってくるんだけど

ライトショアジギングでの主流は8本撚り!

と覚えておけば、大きな失敗はしにくいと思う。

ライトショアジギングではジグを遠投し、少し早めにリールを巻いたりロッドをアクションする事が多い。

そうなってくるとラインの滑らかさが重要。

ラインがザラザラしたものだと、キャストした際やロッドアクションをした際に「ラインがガイドに擦れる音」が大きくなってしまい、気になってしまう方も多いと思う。

また、表面がスムーズなラインの方が飛距離が伸びて快適な釣りもしやすいからね!

4本撚りと8本撚りの超簡単な違い!
  • 4本撚り:安価でコスパ○。表面がザラッとしていてスレには比較的強めのものが多い。
  • 8本掘り:コスパは4本撚りに劣るが、表面が滑らかで飛距離が伸び、扱いやすい。スレには若干弱めのものが多いらしいが、個人的には気にならない。

PEラインのパッケージに4とか8とか書かれているものが多いから、それを見て判断すれば何本撚りのPEラインなのかは判断することができる場合が殆ど。

マーキングの有無

PEラインには単色のものと、マーキング入りのものがある。

マーキングとは、10m毎などにラインの色が変わり、ルアーの飛距離や今現在引いている場所などをわかりやすくするための物。

例えば、初めの10mは白、次の10mは緑、次はピンク・・・・。といったように色がどんどん変わっていく。

ショアジギングにおいてこのマーキングは結構役立つ場面が多いから、迷った時はマーキング入りのラインを購入すれば良いと思うぞ。

青物は群れでいることが多く、ヒットしてくる棚や距離が一定の場所に集中することも多い。そのような時はアタリが有った地点のラインの色を覚えておくと、次のキャストでも同じ場所を正確に探ることができるようになる!

ただしフグやタチウオが多い際、状況によってはマーキングの色が変わる場所を食ってきてしまってラインブレイクするという事件がたまーに発生することが有る。

このような事件が多発する際は、マーキング入りのラインをやめると効果がある事も。ただし岸からの釣りではそこまで起きることはないから、気にする必要はあまりない。



ライトショアジギング用ショックリーダーの選び方

次にPEラインとセットで使う事になるショックリーダーについて。こちらもPEラインを使うのであれば必須のアイテムになるから、しっかりと安心して釣りができるものを選ぶように!

ライトショアジギングで使うショックリーダーの号数・太さ

既にショックリーダーの太さ・号数選びについてはある程度紹介したので、ここではサラッと解説することにする。

大体30g~60g程のメタルジグを使うのであれば、ショックリーダーの号数は6号(25LB)前後を基準に5号~7号(20~30LB)をから選べば良いかな!

ショックリーダーの太さ・号数
  • 5号20LBクラス:メタルジグの重さは40g程までが目安。大体1号クラスまでのPEラインとの相性が良い。
  • 6号25LBクラス:ライトショアジギングでは基準となる号数。メタルジグの重さは50g程まで。大体1号~1.2号ほどのPEラインと組み合わせて使う。
  • 7号30LBクラス:若干太目の強度重視のセレクト。60gなどの重ためのメタルジグを使う際や根周りなどに。1.2~1.5号クラスのPEラインと合わせて使う。

まるなかの場合、ショックリーダーの号数はこんな風に使い分けることが多いかな。あくまでもこれは私なりのセレクトだから、釣りをする中で自分なりの組み合わせを見つけて釣りをすればOKですぞ。

ショックリーダーの素材

ショックリーダーの素材には、ナイロンとフロロカーボンが有る。最近はフロロカーボンラインの方が使う方は多いけど、ナイロンラインを選ぶメリットもある。

フロロカーボン製のショックリーダーを使うメリット

まずはライトショアジギングではショックリーダーとして最も一般的に使用されている、フロロカーボンラインについてだ。

フロロカーボンラインの特徴
  • 表面硬度が高い:傷が入りにくく、多少のスレが入っても切れにくい
  • 初期伸度が小さい:ラインの伸びが少なく、ロッドの操作がダイレクトにメタルジグに伝わりやすい
  • 比重が大きい:ラインが海中で沈み込みやすい
  • 劣化しにくい:海水や紫外線による劣化が起こりにくく、強度が保ちやすい

簡単にまとめるとこのような特徴があるフロロカーボン製のライン。伸びが少なく、硬くて傷が入りにくいというのが、ライトショアジギングで使用するショックリーダーに適した特徴ともいえる。

どんなショックリーダーを選んだらいいのかわからないという際は、とりあえずフロロカーボン製のラインを選んでおけばまずは問題ないかな。

ナイロン製のショックリーダーを使うメリット

次に、ナイロン製のショックリーダーについて。

最近はフロロカーボンラインは強く、ナイロンラインは弱い。

というようなイメージを持った方が多い傾向があると感じているが、ナイロンラインは決して弱くはない。その特徴をしっかり知り、正しく使う事でナイロンラインの方が良い場面もあるぞ!

ナイロンラインの特徴
  • しなやかで高結束力:ルアーを結ぶのが簡単で、結び目の強度が落ちにくい
  • 初期伸度が大きい:力を掛けると伸びやすく、魚の引きをしっかり吸収する
  • 比重が軽い:ボトムを頻繁に取り直す際など、ラインが海底を這ってしまい傷が入るのを防ぎやすい
  • 表面硬度が低い:ナイロンラインはスレに弱いものが多く、フロロカーボンラインよりも傷が入りやすい
  • 劣化しやすい:ナイロン素材は太陽光に当たると素材が劣化する。早目の交換が必要になる。また、吸水することで柔らかく、コシが無くなりやすい

簡単にまとめるとこんな特性がある。

ナイロンラインをショアジギングのショックリーダーに使うメリットだが、

伸びによるタックルの保護と魚の口切れを防ぐ効果!

これを期待して使用する部分が大きい。

硬めのロッドで伸びの少ないPEラインを使い、青物とのガチンコファイトをした場合

魚が一気に走り込んだ際の衝撃でPEラインがブレイクしてしまったり、足元などの至近距離の場合は最悪タックルが破損したり・・・・・。

このようなリスクを、伸びのあるしなやかなナイロン製のショックリーダーで衝撃を緩和してあげるというわけだ。また、ファイト中の衝撃で魚の口が切れてバラしてしまったり、テンションの維持が難しい波打ち際の攻防の際にもナイロンの伸びというものが効果を発揮することもあるぞ!

ショックリーダーの長さ

そしてショックリーダーの長さだが、基準は扱いやすさを考慮して1ヒロ前後で良いんじゃないかな。

ショックリーダーの長短についての特徴を少しまとめておこう。まずは1ヒロ半や2ヒロといった、長めにショックリーダーを取った場合。

長いショックリーダーの特徴
  • ラインの伸びが活かせる(フロロカーボンラインでもPEラインよりは伸びる)
  • 駆け上がりや魚体などにPEラインが擦れにくく、傷に弱いPEラインを保護する効果
  • キャストの際にガイドを結び目が通過することになり、ライントラブルやガイドリングの抜けが発生する可能性がある

次に、50cmや半ヒロといった短めにショックリーダーを取った場合について。

短いショックリーダーの特徴
  • キャスト時にPEラインとリーダーの結び目を外に出しやすく、スムーズにキャストできる
  • PEラインの伸びの少なさを活かしやすく、ダイレクトな操作感が有る
  • PEラインが駆け上がりや魚体に擦れる可能性が高くなり、傷が入ったりブレイクする可能性がある
  • タックルやPEラインに掛かる負担が大きくなり、ラインブレイクなどが発生しやすくなる

簡単にまとめてしまえばこんな感じ。ショックリーダーにはある程度長さが必要だけど、長すぎると扱い難くてキャスト時などにトラブルが増えやすいってわけだ。

だから基準としては1ヒロ前後にして、海底に根やきつめの駆け上がりなどが入って来る場所であれば、1ヒロ半などといった長めのリーダーを組んでみたり・・・・・。

こんな風に長さを決めるのが無難だと思うぞ。



おすすめPEライン

最後に、わたくしまるなかが使っているおすすめのラインを少し紹介。

よつあみ スーパージグマンX8

これといった欠点が無くて扱いやすい、信頼できる国産の8本撚りのPEラインだね!

それでいて価格もお手頃、8本撚りのPEラインでどれが良いのかわからないという方はまずはこのラインから使ってみれば良いと思う。

程よく伸びが有り、急な青物の突っ込みなどが有っても衝撃によってラインブレイクが起こり難かったり。

シマノ タナトル8

船釣り用のラインですが、普通にライトショアジギングでも扱えるライン!このラインも価格は比較的お手頃、色落ちし難くて伸びが少なめな使いやすいライン。

欠点としては1.2号が発売されていない事。だから1号や1.5号を使う際におススメってことになる。200m巻きの8本撚り、使える国産PEラインが2000円台前半から手に入るのはある意味衝撃的じゃないかな!

バークレー スーパーファイヤーライン

PEラインの中でも非常に伸びが少なく、かつ細い。国産のPEラインと比較してもワンランク細い位のラインだが、コシが程よく有って使いやすい差も○。

ジグにキレのあるアクションを与えたい方におすすめかな!

ただし、硬いロッドに伸びの少ないショックリーダーを合わせて使う際などは要注意。かなりダイレクトな操作感のあるラインだが、その分衝撃もダイレクトにタックルや魚に伝わることになる。

場合によってはバラしやすくなったり、ラインブレイクしやすくなることもあるからね(-_-;)

伸びの極端に小さなPEラインを使うのであれば、リーダーをちょっと長めにしたり、伸びのあるナイロンラインを組み合わせた方が良い場合も。ラインは伸びが小さければ良いというわけではないから、しっかりバランスを取ってラインシステムを組みようにしよう。

おすすめショックリーダー

続いてショックリーダー部門だ。

シーガーグランドマックスFX

しなやかで扱いやすいフロロカーボンライン。もともとは磯用のハリスだが、優れた強さと扱いやすさでルアー用のショックリーダーとして好んで使用している方も多いライン。

扱いやすいフロロカーボンラインで強いものが欲しい!

という事であれば、このラインを選んでおけばまず後悔することはないはず。定価はかなり高いが割引率も高いし、ラインはとても重要なアイテムだから良いものを購入した方が絶対に良いと感じる。

シーガーグランドマックス

グランドマックスFXよりもより硬く、扱いやすさでは劣るが傷の入り難さなどでは勝るのがこのライン。パリッとした強めの張りが有るので、ルアーを結んだりするのにはちょっと慣れが必要かもしれない。

強度を何よりも重視するライトショアジギングにおすすめだね!

多少根ズレをしても全くビクともしない強さは魅力的。

よつあみ ガリスFCアブソーバーアンフィニ

グランドマックスFXよりも張りがあるが、赤のグランドマックスよりはしなやか。このラインもかなり強く、価格も比較的お手頃で扱いやすいライン。グランドマックスシリーズもそうだが、一般的なフロロカーボンラインよりも同じ号数であれば強いという特徴がある。

このラインもバランスが良くておすすめだね!

サンヨーナイロン ソルトMAXショックリーダーモバイル ナイロン

フロロカーボンではなく、しなやかで伸びのある強いナイロンラインが使いたい方にはコレが良いかな。色んなメーカーのナイロンラインを使ってみたけど、やっぱり強いのはサンヨーナイロンといった印象。

ナイロンでありながら耐摩耗性に優れ、かつしなやかで非常に扱いやすいからライトショアジギング初心者の方にも良いね!

ライトショアジギングラインの選び方まとめ・関連記事!

普段まるなかがラインを選ぶ際の基準やチェックポイントはこんな感じ。今回紹介したチェックポイントを少し参考にしてみて、ラインを選んでみる。

そこから色んなアイテムや号数を試してみて、自分にとって使いやすいラインを見つけていっていただけたらと思う!

また、まるなか大衆鮮魚ではライトショアジギングに関するコンテンツが他にもある。時間が有る時にでもチェックしてみて、知識や考え方をパワーアップしよう。

そこから先は、実践あるのみだ。

では、今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です