スーパーライトショアジギングでサーフを攻略するためのタックル選び・注意点とは?

スーパーライトショアジギング サーフ

さてさて、今回はスーパーライトショアジギング講座。

サーフでスーパーライトショアジギングをする際のタックル選びの基本や、注意しておきたい点を私の実釣経験から解説。

SLS自体は港の中やちょっとした磯場、テトラ帯でもどこでも出来る釣りだ。今回はその中でも「サーフ」という釣り場の特性に着目していく。

それじゃあ早速本題へと話を進めていこう。

サーフ用スーパーライトショアジギングタックルの基本・注意点

スーパーライトショアジギング サーフ タックル

まずはサーフでスーパーライトショアジギングをする時、私も使用しているタックルセッティングを紹介しておく。

  • ロッド:最低でも8フィート中盤以上~9フィート後半位まで
  • リール:3000番クラスのハイギア
  • PEライン:0.6号、または0.8号を150m以上
  • リーダー:基本は3号、2.5号以上は欲しい。1ヒロ以上
  • メタルジグ:15g、または20g

 

ザックリと紹介するとこんな感じで、サーフ特有の地形や波を考慮したタックル選びをするのがポイントになってくる。

ラインの角度を考える

サーフのスーパーライトショアジギングでまず注意したいのがラインの角度になってくる。

足場が比較的高い港湾部などと比較すると、サーフの釣りでは足場が低いのでラインの角度が作りにくくなる。ラインの角度が小さくなると、

  1. ジグをアクションさせた時、縦方向に持ち上げにくくなる
  2. リーダー、メインラインが擦れやすくなる

 

このようなデメリットが出てくる。なのでサーフでスーパーライトショアジギングをする時は、できるだけ穂先を立てて高い位置をキープすることを心掛けるのが基本。

何も気にしないで釣りをしていると、知らない間にラインがダメージを受けていて高切れしたりすることもあるので気を付けるように。

波の立ち具合に注意する

スーパーライトショアジギング サーフ 波

サーフの釣りは、水深が浅い場所ほど波が立ちやすくなる。

これはラインの角度と共に注意がかなり必要になり、特に波打ち際で叩きつけるような波はラインへのダメージが非常に大きくなる。

波が立っている時に魚とやり取りする時は、強めの波が来ている時は無理に魚を寄せないようにしたり、ロッドを高く上げて波にラインが入らないように注意すること。

メインラインが細いスーパーライトショアジギングでは、ほんのちょっとしたラインの傷であってもあっけなくブレイクすることも実際によくあるので甘く見ない事!



サーフ用スーパーライトショアジギングロッド選び

サーフ スーパーライトショアジギング ロッド

ここからはより具体的にタックル選びを紹介していく。

8.6フィート以上のレングス

サーフで使用するスーパーライトショアジギングロッドだが、ラインの角度や波の影響を考慮すると最低でも8フィート中盤以上は欲しい所。

具体的には8.6フィート以上~9.6フィートほどのロッドが視野に入ってくる。

私の考え方としては、

  • 8.6フィート~9フィートクラス:港湾部~波の穏やかなサーフ用
  • 9フィート中盤~後半:サーフ用のオールラウンド

 

こんな感じでロッドの長さについては考えている。1本のロッドで港湾部~比較的波が立ちにくいサーフで釣りをやるなら、8フィート中盤~後半くらいのロッドでも十分釣りになる。

しかし、外洋に面していて波気立ちやすいフィールドだったり、海底にきつい駆け上がりがある釣り場でスーパーライトショアジギングをやるのであれば、もう少し長い9フィート中盤位のロッドの方が良いと感じている。

リール選び

スーパーライトショアジギング サーフ リール

サーフで使用するスーパーライトショアジギング用リールだが、リールのサイズは港湾部とそこまで変える必要はないと感じている。

番手の目安は3000番

最も一般的なシマノ、ダイワ製のスピニングリールを使用するのであれば、

  • シマノ:C3000番クラス
  • ダイワ:LT3000-Cクラス

 

を基準に選べば全く問題ない。ジグの飛距離や巻き上げのパワーを考慮すると、最低でも2500番は欲しい。

上は4000番でも問題ないが使用するメインラインが大体0.8号以下、ジグウェイトが20g程度までになることを考えると、4000番までのサイズ・パワーは必要ないかなって感じ。

この辺りはロッドのガイド径や重量バランスに合わせて選ぶようにする。

サーフ用PEライン・リーダー選び

スーパーライトショアジギング サーフ ライン

港湾部と比較してラインにとって過酷な状況になりやすいサーフのスーパーライトショアジギング。

ラインセレクトには注意し、掛けた魚はしっかり取り込めるバランスでタックルを組もう。

PEラインは0.6号以上

サーフ スーパーライトショアジギング PEライン

港湾部の完全なオープンエリアやかなり急深で波が殆ど立たないサーフあれば、0.4号のPEラインなどでもスーパーライトショアジギングは可能だ。

しかし、波が立ちやすい一般的なサーフの場合はラインへのダメージが蓄積されやすく、取り込みの時などに強めの負荷が掛かりやすいのは間違いない。

なので使用するPEラインは0.6号以上をベースに考える。

特に初心者の方はやたらと細いラインを使ってもトラブルが増えるだけなので、ある程度余裕を持たせたセレクトをすると良い。

私の場合は

  • 波が立ちにくいサーフで最大で40cm程度までの青物等を狙う:PEラインは0.6号
  • それ以外の条件:PEラインは0.8号

 

こんな感じで使い分けをしており、40cm以上の青物などが釣れる可能性のある釣り場・ラインにダメージが蓄積されやすい場所では0.8号のラインを使うことも多い。

0.8号のPEラインになると安心感はかなり高くなり、多少の障害物周りで青物をヒットさせたりしても落ち着いてやりとりすればキャッチ率はかなり高い。

しかし、この0.6号と0.8号の使用感の違いは意外と大きく、特に風が吹いた時はラインの流され方が大きくなるので、釣りの快適性はどうしても劣る。

スーパーライトショアジギング 重さ

20g程までのジグを使用するスーパーライトショアジギングにおいて、強度・飛距離・ルアーの操作感のバランスを確保すると使い易いのは0.8号までっていう印象だ。

1号のPEラインになってしまうと操作感が明らかに悪くなるし、風や潮の影響を受けすぎてしまう。

なのでそういう時はジグウェイトを30g以上に上げ、いわゆるライトショアジギングスタイルで狙うようにしている。

ショックリーダーの目安は3号

サーフのスーパーライトショアジギングにおいて、PEライン以上にダメージを受ける部分がリーダーになってくる。

特にボトム周辺を狙う時は、多少なりとも海底の砂や石にリーダーが擦れることになる。

メインで使用する0.6号~0.8号程のPEラインの強度を活かすことを考えると、サーフでバランスが良いのは3号という認識。

私の場合は最低でも2.5号以上を使用し、かなり駆け上がりがキツイ場所では4号まで使う事もある。

リーダーの長さは最低1ヒロで、これが基準になる。根ズレが多発するフィールドの場合は2m~2.5m程まで。



メタルジグ選び

スーパーライトショアジギング サーフ メタルジグ 選び方

サーフのスーパーライトショアジギングに使用するメタルジグの選び方を紹介していこう。

ジグの重さは15g、20g

サーフのスーパーライトショアジギングで使うメタルジグの重さだが、私の場合は15gと20gというシンプルな使い分けだ。

考え方としては、

  • 内湾のサーフや潮がさほど速くない場所:15gをメインに使用する
  • 強風時や水深15m以上のサーフ、潮が速い時:20gがメイン

 

こんな感じで使い分けをしており、どちらかといえば15gで様子を見てみることが多いかな!

15gのジグを使ってみて、底取りが出来なかったりジグが流されすぎる時は20gに変えて釣っていく。

逆に10g程度までの軽いジグは全く使わないが、特にそこまで軽いジグの必要性を感じたことは無く、15gと20gがあれば大体何とかなっている。

フックセッティング

サーフの釣りでは、特に波打ち際の攻防でフックアウトしやすい。

基本としては前後にフックを取り付けるのがおすすめで、リアフックをどうするのかは釣り場の状況や好みで変わってくる。

サーフ スーパーライトショアジギング フック

私の場合、リアフックのセッティングについては

  • トリプルフック:根掛かりや根ズレが少ないポイント用
  • シングルフック(アシスト仕様):根掛かり・根ズレしやすい用

 

フッキング自体はトリプルフックの方が若干優れている感じがするが、海底に沈み根やキツイ駆け上がりがあるとすぐに根掛かるので使い難い時がある。

こういう時はリアをシングルフックに変えると効果がかなりあり、根掛かりを効率よく抑えることが出来る。

おすすめ関連記事!

サーフ用スーパーライトショアジギングの基本のタックル選びについてはこんな感じだが、より詳しいおすすめアイテムの紹介などは別にコンテンツがあるので最後に抜粋して紹介しておく。

紹介するアイテムなどは全て実釣の上セレクトしたものになるので、アイテム選びの際の参考にしてもらえたら嬉しい。

▼まずはここから!スーパーライトショアジギング入門・基礎知識まとめ

スーパーライトショアジギング 入門

【実釣主義】スーパーライトショアジギング入門 タックル選び・基礎知識まとめ

2019年11月9日

▼スーパーライトショアジギング用リールの選び方

スーパーライトショアジギング リール ハンドルノブ

スーパーライトショアジギング用リールの選び方・私が使うおすすめアイテムを紹介!

2019年9月2日

▼スーパーライトショアジギング用ラインの選び方

スーパーライトショアジギング ライン選び

【実釣セレクト】スーパーライトショアジギング(SLS)用ラインの選び方・おすすめアイテムを解説!

2019年9月25日

▼スーパーライトショアジギング用ロッドの選び方

スーパーライトショアジギング ロッド

スーパーライトショアジギングに適したロッド選びの基礎基本を解説【ロッドの種類・長さ】

2019年9月28日

▼スーパーライトショアジギング用メタルジグの選び方・おすすめアイテム解説

スーパーライトショアジギング メタルジグ おすすめ

【全て実釣セレクト】スーパーライトショアジギング用メタルジグの選び方・おすすめアイテムはコレ!

2019年10月2日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です