ワカシ・ツバスのショアジギング基礎講座。タックル選び・おすすめジグ・狙い方を徹底解説

ワカシ ツバス ショアジギング

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回は恒例のショアジギング講座をやっていきましょう。

今日のテーマはワカシ・ツバス狙いのショアジギングを解説。

ブリの幼魚であるワカシ・ツバスは30㎝台~40cm程度までの小型魚を指すことが多い。

ショアジギングのターゲットとしても比較的難易度は低く、初心者の方にも釣りやすいのでおすすめだ。

ここで紹介する基本テクニックやおすすめアイテムはネット上でよく見られるような適当なアイテムの羅列ではなく、

年間250~300釣行ほど行って生活している筆者が

  • 全て実費を払って購入
  • 実際に釣り場で使用感をチェック
  • 魚を釣り上げる

これらを満たしたものの中から、ワカシ・ツバス狙いに適したものを抜粋して紹介。

無駄なアイテムは排除し、魚の習性に合わせたチョイスをしてある。

全て私の実体験・実績に基づいたコンテンツになるので、基礎知識習得の参考になったらうれしく思う。

まるなか

より詳しい解説があるもの関してはリンクを貼ってあるので、理解を深める時に役立ててね。

ワカシ・ツバス釣りに適した時期

ワカシ・ツバスと呼ばれるような小型のブリの幼魚は、1年中釣れる事は殆どない。

接岸しやすい時期・シーズンはある程度決まっているので、まずは釣果が期待できるタイミングで釣行したい。

夏~初秋がベストシーズン

ブリは成長によって呼び名が変わる出世魚だが、基本的には大きく成長すると低い水温を好む習性がある。

ワカシ ツバス 時期 シーズン

だから小型のワカシやツバスは比較的高水温期に岸近くの浅い場所に接岸しやすい。

私の出身地である静岡を例に挙げると、ベストシーズンはだいたい7月~8月位のことが多い。

目安としては6月~9月位までがワカシ・ツバスが釣りやすい時期だと覚えておくと良い。

※より詳しく知りたい方は「ワカシが釣れる時期・シーズン解説」を参考にどうぞ。

▼【解説記事】ワカシ・ツバスが釣れる時期・シーズン解説!

ワカシ ツバス 時期 時間ワカシ・ツバス釣りの時期・時間帯選びの基本を徹底解説!

時間帯選び

ワカシ・ツバスが釣りやすい、釣果が期待しやすい時間帯選びについて紹介していこう。

朝・夕マズメは圧倒的に強い

ワカシやツバスをショアジギングで狙いたいのであれば、圧倒的に釣りやすいのは日の出・日の入り前後のマズメと呼ばれる時間帯になる。

私の経験では、マズメの時間帯の期待度は他の2倍~3倍くらいは普通にあり、朝・夕方だけしか魚が回遊してこないことも普通にある。

釣行する時間を自由に選べるなら、マズメの時間帯に行くのが間違いなくベスト。

その中でも特に釣りやすいのは朝マズメの印象が強く、朝マズメはとりわけ魚の接岸量・活性とともに一番期待できる。

日中でも釣果は出せる

一方で日中の時間帯でも釣果を上げることは可能だが、状況によっては魚が居ても食わないような状況に出くわすことがある。

特に潮の効き具合が悪かったりすると餌釣りの方にだけ釣れて、ルアーには食ってこないこともあるから気を付けよう。

ショアジギング初心者の方は、まずは朝マズメを中心とした時間に釣行すると良い。

ポイント選び

ワカシやツバスは比較的色んな釣り場で狙いやすい青物に分類される。

しかし釣れやすい釣り場には特徴があるので、ここでは簡単に紹介しておこう。

堤防

ワカシ・ツバスサイズの小型青物は堤防周りでも釣ることができる。

ワカシ 釣り ポイント

しかしサイズが小さいといってもそこは回遊魚。

主に潮通しが良い外向きの堤防だったり、漁港などの場合は外に向かって伸びた防波堤の先端や角がベスト。

基本としては外洋からの潮が当たりやすい場所がベストスポットになるぞ。

サーフ

一方、ワカシはサーフからのショアジギングで狙うことも可能だ。

ワカシ ショアジギング サーフ

サーフの場合も内向きの穏やかな場所よりも、どちらかといえば外洋に面した潮通しが良いサーフの方が釣りやすい。

また、サーフは遠浅の場所と急深な場所がある。

マズメの時間帯は深い場所・浅い場所問わずに餌を求めて回遊してくる可能性は比較的高い。

しかし日中など、時間問わず安定して釣果が出しやすいのは水深が深い急深なポイントになる傾向があるね。

ワカシ・ツバス狙いに適したショアジギングタックル

ワカシやツバスはサイズ的にはかなり小さめな青物になる。

基本的にはゴツイショアジギングタックルは不要で、軽くてライトな道具で手軽に遊べる。

また、30cm前後の小型青物は小さな餌を偏食したり、強いタックルでは引きを味わえなくて釣趣に掛けやすい。

ワカシ ツバス タックル選び

より安定して釣果を出して楽しく釣るためにも、ライトタックルの方が適している。

なお、ワカシ・ツバスを狙う時は

  • スーパーライトショアジギング:メタルジグの重さが15g~20g程度が目安
  • ライトショアジギング:メタルジグの重さが30g程度が目安

このようにスーパーライト・またはライトショアジギングで狙うと良い。

ワカシ 釣り方

ざっくりとした私なりの目安はこんな感じで、スーパーライトショアジギングの方がワカシ・ツバス釣りには使い勝手は良いと考えている。

ライトショアジギングの場合は、魚の大きさが30cm中盤くらいあった方がタックルのパワーにマッチしている。

スーパーライトショアジギング

私の出身である静岡で最近急速に流行っているのがスーパーライトショアジギングという釣り方。

スーパーライトショアジギング

非常に軽くて繊細なロッドや細いラインを使用し、15g~20gくらいのライトなメタルジグを使用する。

私としては30cm前後がメインになるワカシ・ツバス釣りでは最も使いやすくて釣果も出しやすい。

スーパーライトショアジギング ワカシ ツバス

欠点としては40cm前後を超えるイナダ・ハマチサイズになってくると、足場が悪い釣り場などではタックルのパワーが足りなくなりやすい点。

小型の青物を楽しく・効率よく釣りたい方におすすめだ。

基本のタックルバランスとしては、

  • ロッド:9フィート前後の専用ロッド・エギングロッドM~MH・シーバスロッドL~ML
  • リール:シマノ・ダイワLT3000番前後のハイギア
  • ライン:PEライン0.6~0.8号200m
  • リーダー:12LB前後1m~1.5m
  • メタルジグ:15g~20g(25gくらいまで)

こんな感じになる。

ライトショアジギング

30g~40gくらいのメタルジグをメインに使用するのがライトショアジギング。

ワカシ ツバス ライトショアジギング

ワカシ・ツバス狙いにおいては若干タックルが強くなるものの、少し大きい青物を狙うことまで考慮すると汎用性は高くなる。

  • ロッド:9フィート~10フィート台のシーバスロッドMクラス前後
  • リール:シマノ・ダイワLT4000番前後のハイギア
  • ライン:PEライン1号200m
  • リーダー:20LB前後1m~1.5m
  • メタルジグ:30gが基準

基本となるタックルはこんな感じで、ライトショアジギングタックルとしては少し弱めのセッティングが使いやすい。

大きくても40cm~50cm台くらいまでのイナダ・ハマチサイズを狙うのであればショアジギング専用ロッドは必要ない。

軽くて使いやすいシーバスロッドを流用した方が引きも楽しめるし、快適に釣りができるぞ。

目安としては、25g~30gクラスのメタルジグが軽快に扱え、最大で40g程度のジグまで対応できるものを選ぶと失敗がない。

ロッド選び

ワカシ・ツバス狙いのショアジギングでは、そこまで高級なロッドは必要ない。

しかしそれなりに長く使いたい方や、快適な釣りをしたいのであれば実売価格2万円前後のロッドを選ぶと良い。

釣り具は丁寧に使えば売りに出した時に値が付きやすいので、大事に使えば思ったよりも高い買い物ではない。

シマノ ディアルーナ

シマノ ディアルーナ ショアジギング

普段ハイエンドタックルを使うことも多い私だが、コスパ・性能に優れているおすすめロッドがシマノのディアルーナ。

スーパーライトショアジギングならS90L、ライトショアジギングなら100Mが1つの目安。

このクラスのロッドになると基本性能はばっちり備わり、正直言って釣果の面では高級タックルと変わらないレベルになる。

▼【関連記事】ショアジギングにおすすめなディアルーナ選びを紹介

シマノ ディアルーナシマノ ディアルーナでショアジギング。おすすめ番手・選び方の目安を詳しく解説!

リール選び

次はリール選びだが、信頼性の面からシマノ・ダイワといった国産リールを選ぶのが無難になる。

シマノ ストラディック

シマノ ストラディック

青物狙いのショアジギングは、リールにはそれなりに負荷が掛かる釣り方になる。

安いリールは剛性が低く、リールがグニャグニャしたりして使いにくい。

なのでリールはロッド以上にしっかり選ぶのが私のおすすめで、長く使いたければ実売20000円前後が目安。

コスパ・剛性感のバランスが欲しい方におすすめなのはストラディック。

スーパーライトならC3000XG、ライトショアジギングなら4000XGが真ん中になる。

▼【関連記事】シマノストラディックをインプレ!

シマノ ストラディック【青物狙い】シマノ19ストラディックをライトショアジギングに使ってみた【レビュー】

PEライン・リーダー選び

次はリールに合わせるライン選びだが、ショアジギングではPEライン+リーダーの組み合わせを使用する。

よつあみ エックスブレイドスーパージグマンX8

よつあみ スーパージグマンX8

非常にベーシックな使用感で耐久性もそこそこ、コスパと性能のバランスが良いアイテムがスーパージグマンX8。

初心者の方~上級者まで使いやすく、ワカシ・ツバスといった小型青物狙いにもバッチリ使える。

スーパーライトショアジギング初心者の方は0.8号200m巻きを。

ライトショアジギング初心者の方は1号200mほどを目安に選ぶと良い。

▼【関連記事】スーパージグマンX8をインプレ

よつあみ スーパージグマンX8よつあみ G-soulスーパージグマンX8 を実釣インプレッション!

DUEL ハードコアパワーリーダーCN

PEラインは単体では使用できず、先端にナイロンやフロロカーボンラインを結んで使用する。

ハードコア パワーリーダー カーボナイロン

扱いやすくて強度も確保されているのが、ナイロンとフロロカーボンラインをハイブリッドさせたライン。

スーパーライトショアジギングの場合は12LBほどを、ライトショアジギングの場合は20LBほどを目安にする。

▼【関連記事】カーボナイロンリーダーをインプレ

ハードコア パワーリーダー カーボナイロンDUELのカーボナイロンラインをインプレ。使用感解説・強度実測!【ハードコアパワーリーダーCN】

PEラインやリーダーの号数は釣り場の状況によって使いやすいものは変化する。

実釣経験を重ねる中で、ラインを細くしたり・太くしたりして使いやすいバランスを見つけていこう。

スナップ

ワカシ・ツバスサイズの青物はそこまで引きは強烈ではないので、スナップを使ってメタルジグとリーダーを接続すると交換が楽。

ある程度強度があるものを選んで使用すれば全く問題ないぞ。

バスデイ ウルトラスナップ

ウルトラスナップ

ルアー交換の容易さと強度のバランスが良くて使いやすいのが、バスデイのウルトラスナップ。

スーパーライトショアジギング・ライトショアジギング共に#1を基準に選んでいる(15gクラスのジグを使う時は#0)。

メタルジグ選び

メタルジグの選び方に関しては、ワカシ・ツバスという魚の習性に合わせてしっかり選びたいところ。

チェックポイントを順に紹介していくぞ。

ジグの重さ

メタルジグ 重さ ワカシ ツバス

メタルジグの重さに関してだが、まずはスーパーライトショアジギングで狙う場合から。

  • 15g:足場が低い漁港の堤防など
  • 20g:中心となる重さでオールラウンド
  • 25g:強風時や遠投性重視

私の場合はこんな感じで考えており、基本としては20gをベースに考えている。

各社から発売されているメタルジグは20gからのラインナップが非常に多く、15gとなるとセレクトの幅も減ってしまう。

15gのジグは遠投が必要ない場所で使うものと考えておくと、シンプルで分かりやすい。

一方でライトショアジギングで狙う場合は

  • 25g:軽めのウェイト。使用頻度は少なめ
  • 30g:中心となる重さ
  • 40g:ワカシ・ツバス狙いでは重ため。強風時など

こんな感じで、基本的には30gクラスのメタルジグが使いやすい。

40g級になると、ワカシ・ツバスの大きさに対してジグのシルエットがかなり大きくなる。

状況によっては大きいジグを食わないこともあるから気を付けよう。

メタルジグの使い分け

青物狙いのショアジギングは「魚がいるのかどうか」だけで釣果が決まると考えている方も結構多い。

しかしそれは半分正解で半分間違い。

メタルジグ 使い分け

魚種によって効果的なアクションなどが違い、ワカシ・ツバス狙いに合わせたジグチョイスをすることで釣果は確実に伸びる。

私のおすすめとしては、

  1. 高活性時に使うジグ:リアバランスのメタルジグ
  2. 低活性時に使うジグ:センターバランスのメタルジグ
  3. 小型ベイトを対策:タングステン素材のメタルジグ

この3種類を1個ずつでも良いので揃えておくこと。

ちょっとした誘い方やジグのシルエットの大きさで魚が釣れる・釣れないに大きく影響することがあるから気を付けよう。

ワカシ・ツバス狙いにおすすめなメタルジグ

これまで各社のメタルジグを使い込んで比較インプレッションをしてきた私が選抜する、ワカシ・ツバス狙いにおすすめアイテムを紹介していこう。

ジャッカル ビッグバッカージグ

ビッグバッカージグ

  • 素材:鉛
  • 重量:10g・15g・20g・30g・50g・60g
  • 重心バランス:リアバランス
  • フック:フロントシングル+リアトリプル付属

まずは朝・夕マズメなど、魚の活性が高い状況下におすすめなのがビッグバッカージグ。

このメタルジグはただ巻きやジャカ巻きで使うと非常に大きなテールスイングで泳ぎ、ジャークで使うとクイックで短い距離のダートを見せる。

ビッグバッカージグ 釣果

活性が高い青物をテンポよく探るのが得意で、難しいロッドアクションをさせなくても強いアピールで魚を引っ張ってきてくれるぞ。

ワカシ・ツバス狙いに使うリア重心のメタルジグを1つ選ぶのであれば、このジグが私のおすすめかな。

▼【関連記事】ビッグバッカージグをインプレ

ビッグバッカージグジャッカル ビッグバッカージグの使い方・インプレ。飛距離と波動に特化した強アピール系ジグ!

オーナー 投技ジグ

投技ジグ

  • 素材:鉛
  • 重量:15g・20g・25g・30g・40g・50g
  • 重心バランス:センターバランス
  • フック:フロントシングルアシスト付属

2つめのおすすめジグはオーナーの投技ジグ。

センターバランスで少し細身のボディ形状をしているのが特徴。

投技ジグ 釣果

巻きで使うとアクションは少し大人しいが、ジャークさせるとビッグバッカージグよりも大きく滑走し、水平フォールで滞空時間のある沈下姿勢を見せる。

少し活性が落ちたワカシをワンピッチジャーク&フォールで誘うのが得意!

▼【関連記事】投技ジグをインプレ

投技ジグオーナー投技ジグをインプレ。センターバランスで良く動く!操作するのが楽しいスリム系ジグ

ジャッカル ラスパティーンTG

ラスパティーンTG

  • 素材:タングステン
  • 重量:10g・15g・20g・30g・40g
  • 重心バランス:センターバランス
  • フック:フロントダブルアシスト付属

3つめのジグはタングステン素材のラスパティーンTG。

一般的な鉛素材のメタルジグと比較すると、サイズがコンパクトなのが特徴。

シラスなどの小型の餌を偏食しているワカシ・ツバスを狙う時に非常に役に立つアイテム。

ラスパティーンTG 青物

ナブラが出ているのにジグに反応が無かったり、風が強い状況下などにも高比重素材のメリットが活きるぞ。

▼【関連記事】ラスパティーンTGをインプレ

ラスパティーンTGジャッカルラスパティーンTGをインプレ。ハイピッチなアクションでマイクロベイト対応のジグ!

ワカシ・ツバス狙いに使うメタルジグを最低限に選抜するとこんな感じかな!

フックセッティングについて

メタルジグはフックセッティングのパターンが沢山ある。

ワカシ・ツバス狙いにおいてはどんなふうに選んだらいいのか?

オールラウンドに使うならフロントアシスト+リアフック

とりあえずフッキング率を良くしたり、魚種問わず狙いたいのであれば、フロントにアシストフック+リアフックを装備するのがおすすめだ。

ワカシ ツバス フックセッティング

基本的にはフロントシングルアシスト+リアトリプルが初心者の方には無難。

このセッティングならオートマチックにフッキングしやすく、どんな状況下でも使いやすい。

フロントフックオンリー

フッキング率を重視するならジグの前後にフックを装備するのが無難。

メタルジグ フロントフックのみ

しかし、ワカシの活性が高くて入れ食い状態になったり、根掛かりの可能性がある釣り場ではリアフックを外すのも有効。

リアフックが無くなることで、魚に対して余計なダメージを与えにくなる。

また、前後の針が魚に掛かってしまうとフックを外すのが大変になるので、針を減らすことで釣りの手返しがUPする。

私の場合、リアフックを付けない時はダブルのアシストフックを使うことが多いが、シンプルなシングルフックでも問題はない。

ワカシ・ツバスに適したアクション・誘い

ブリの幼魚は比較的横方向・斜め方向のジグアクションに対して反応が良い。

これを意識してジグを操作することで、より効率よく魚が釣っていけるはず。

ただ巻き・ジャカ巻き・ワンピッチジャークでOK

ワカシ・ツバスをショアジギングで狙う時は、

  • ただ巻き:リールのハンドルを巻くだけ
  • ジャカ巻き:リールのハンドルを中速以上で巻きつつ、ロッドを煽る
  • ワンピッチジャーク:ロッドを一回煽るのに合わせ、リールのハンドルも1回転回す

簡単に紹介するとこんな感じで、ただ巻き・ジャカ巻き・ワンピッチジャークを使えばだいたい何とかなる。

アクション・誘いのパターン

状況によって色々試すのが重要だが、私の場合は

  • マズメなどの高活性時:ただ巻き・ジャカ巻き
  • 低活性時:ワンピッチジャーク

こんな感じでアクションを使い分けている。

ただ巻き・ジャカ巻きの場合は

  1. 着水後5~15くらいカウントダウン
  2. リールのハンドルを1秒間に1~3回転くらいの速度で5回~10回くらい巻く
  3. 2~3カウントくらいのテンションフォール

以降は2と3を繰り返し、表層~中層をメインに探る。

一方で表層付近を中心に探っても反応が無い時は

  1. 着水後15~30くらいカウントダウン
  2. ワンピッチジャークを3回~7回位
  3. テンションフォールでジグが浮き上がった分を沈めなおす

以降は2と3を繰り返し、斜め上方向に誘い&フォールで探っていく。

ワカシ・ツバス狙いでは縦方向にジグを激しくアクションさせる必要はないので、大きなジャークは基本的に不要。

ワカシ 誘い方

魚の活性に合わせたジグ選び・アクションができるようになれば釣れる魚の数も多くなる。

まるなか

その他ショアジギングに関する基礎講座・タックル紹介が盛り沢山。「ショアジギング講座一覧」を参考にどうぞ!

おすすめ関連記事!

▼【おすすめ記事】使用感・特性別おすすめジグ一覧ページ

ショアジギング おすすめ 一覧【使い方・特性別】ショアジギング用おすすめジグ一覧ページ

▼ショアジギングで釣れる魚を解説

ショアジギング 釣果 青物ショアジギングで釣れる魚・ターゲットを基本的な習性と合わせて解説!【青物・根魚など】

▼ショアジギングの時期・シーズン解説

ショアジギングの時期・シーズンの流れを基礎から解説。季節ごとに知っておきたい知識とは?

ショアジギング講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です