よつあみ G-soulスーパージグマンX8 を徹底インプレッション

今回は、普段私が使用しているPEラインを紹介したいと思います。釣具店へ行くと、同じようなPEラインがたくさん並んでいてどれを選んだらよいのかわからない方もいると思います。私もPEラインを色々と試した時期があり、特にPEラインに出会ったばかりの頃はどれを選んだらよいのかわかりませんでした。(当時は中学生で、ファイヤーラインをはじめとして、他に数えるほどしか無かったですが・・・。)

特に最近はどの釣り具も細分化してきていて、ますます迷宮入りしてしまう原因になっています。私は淡水・海水のルアー釣りはもちろんですが、船のジギングや餌釣りなどもやってきたのでそれなりに色々なラインを使ってきました。その中で、今回はショアからのキャスティングゲームに最適だと感じたアイテムを紹介します。

私はターゲットごとにタックルを細かく変えるのがあまり好きではありません。ですので今回紹介するアイテムはシーバスや青物、ヒラメなどはもちろんの事、バス釣りやトラウトなどにも使える万能なものになります。なぜそのアイテムを選ぶのか?PEラインの種類ごとの特性なども合わせて解説していきますので、参考にしてみてくださいね(^^♪



よつあみ スーパージグマンX8を詳細インプレッション!

今まで、ダイワやシマノ、サンライン、クレハ、ラパラ、バリバス、ユニチカ・・・・。色々なPEラインを使ってきました。その中でキャスティングゲームで使いやすいのは、

よつあみ製の8本ヨリのPEラインだと感じました。

 

特に使う頻度が高いのは、こちらの色分けされているスーパージグマンX8ですね!

とても表面が滑らかで強度もあり、耐久性も十分あるので使いやすいのですが、詳しくはこれから説明していきますね!

個人的に、バス用であれば0.6~1.0号、港湾のフラットゲームでは0.8号、サーフのフラットゲームであれば1号、青物が混じるようであれば1~1.2号、シーバスゲームの場合は0.8~1.2前後を使用しています。

150m巻きは販売されていませんが、200m巻きを購入した方がかえって長持ちしますし割安になるのでおすすめです。劣化して来た時は裏返して使うこともできますからね!

 

よつあみ スーパージグマンX8の特徴

それでは早速、私がこのPEラインを選ぶわけを解説していきます。

滑らかでシルキーな感触

よつあみの8本編みのPEラインは編み込みが密で非常に表面が滑らか!

ですからルアーをキャストした際やリールを巻いた時のの糸鳴りやざらついた感触などが使いづらく、水中の情報に集中して釣りをすることができますね!

今まで4本編みのPEラインを使っていたという方はその違いにすぐに気が付くはずですよ(*^^*)

また、表面が滑らかなことによってノットを組みやすく、FGノットなどの編み込みをした際に締め込むことが容易ですね!

無駄な摩擦が少ないのでスムーズに締め込みができ、ノットを組むのも快適!

程よく伸びるショック吸収性

PEラインの特徴である伸びの少なさですが、それでも多少の伸びは存在します。

スロージギング用のPEラインをはじめとした低伸度のPEラインは確かに伸びが少なく、遠距離のルアーを繊細に操作したり、フッキングパワーをロスせずに針先に伝えることができるという特徴があります。

しかし、逆に言えばショックを吸収しきれないことがあるので注意が必要ですね。

例えば至近距離で魚が強く引き込んだ時や、ヒラメなどの口が硬くて薄い魚を釣る時など。

こういった際にラインが伸びないことでラインブレイクに繋がったり、口が切れてしまってバラシに繋がることがありますね。

このよつあみの8本編みのPEラインは若干の伸びがあり、衝撃を吸収してくれる。

ですのでバラシを防いだり、タックルに掛かる負荷を和らげるというショックリーダー的な効果があります。

色落ち、コーティングが落ちても低下しない強度

良く、よつあみの8本ヨリのPEライン比較されるアイテムに、クレハの完全シーバスPEがあります。私はどちらのアイテムも使用してみました。

まず、よつあみのPEラインの方が、色落ち・コーティングの落ち自体が少ないです。クレハのPEラインは色とコーティングの落ちが激しく、何度か使っているとガイドに色が付いたりします。

厄介なのはこの後で、クレハのPEラインは、コーティングが剥がれてくると強度が低下する傾向がみられるように感じました。このあたりは個人の感覚による違いもあるので何とも言えませんが、よつあみのPEラインは使っていって色やコーティングが落ちてきてもライン自体の強度はほとんど変わらず、大切に使えばかなり長く使えます。

もちろん、傷やほつれが見えた時はすぐにカットして使いますが。

色分けされていることで分かる情報

サーフの釣りや、湖でのブラックバスの釣りなどで、この色分けされたPEラインというものは非常にメリットがあると感じています。正直、サーフのフラットフィッシュゲームにおいて、釣り場毎に釣れる距離というものがある程度決まっています。特に最近は人的なプレッシャーなどもあり、誰でもわかりやすい変化には魚が付いていないことも多いです。こういった時、魚がヒットした距離を色で覚えておくと、今後の釣りに非常に役立つことが多いです。特に、マゴチよりもヒラメや釣れる距離が比較的はっきりしていることが多いです。

この時、色分けされていないPEラインでは、あくまで感覚に頼って釣れた場所を覚えることになってしまうので、多少のズレはどうしても発生します。色分けされたPEラインであれば、かなり正確に美味しいスポットを重点的に狙うことが可能になりますね!

号数表示にふさわしい太さ

PEラインは、正直メーカーによって同じ号数表示でも太さがバラバラです。特に輸入系のPEラインは、太いものが多いので注意が必要です。1号と書いてあっても、実際の太さがもっと太いのであれば強くて当たり前です。よつあみの8本ヨリの糸は、号数の割に他社と比べて細めに作られており、信頼できると感じています。

バラツキのない品質

これも輸入系のPEラインは特に注意が必要です。以前、色々なPEラインを試していた時に輸入系のラインを使ったことがあります。そのラインは何度か使い、まずまずの強度があったので気に行っていました。そしてまた同じ新品のラインを巻き直し、シーバス釣りへ出かけました。

そこで、悲劇は起きました。

なぜか、キャストすると音もなく簡単に切れてしまうんですね。今まで何度もノットは組んできましたし、すっぽ抜け等もなかったのですが突然多発するラインブレイク。

さらに、ブチンと切れるのではなくポロッと音もなく気づいたらキャスト切れしているという感覚でした。

あろうことか、1度の釣行で4つほどシーバスプラグを無くしたので釣りにならず、撤収するという体験をしました。

ネットの評判では、輸入系のPEラインはハズレがあるから、気を付けた方が良いと掛かれていたのを目にしたことがあったのですが、半信半疑でした。しかし、私自身がその被害にあったので、その会社のPEラインは使うのを一切やめました。

こういった点でも、いままで1度も変な切れ方などは経験していないので、よつあみのラインはお勧めできます!

いかがだったでしょうか?PEラインのチョイスで迷っている方は、一度このラインを使ってみてはいかがでしょうか?

かれこれ、よつあみ製の8本ヨリのPEラインは10年以上使っていますが、今後も使い続けていくと思います。これといった欠点が見当たらず、どんな状況でも使いやすいおすすめのPEラインだと思います。

 

いつも自宅で、これを使って巻き替えを行っています。テンションの調整などもできますし、ラインの交換作業が早くできます。空のスプールを用意しておけば、ラインの裏返しにも役立ちますね。

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です