興津川河口の釣り場・狙える魚を徹底解説!【静岡の釣りポイント】

興津川河口 釣り

さてさて、今回は興津川河口周辺の釣り場・ポイントを紹介。

興津川河口はサーフになっていて、全体的に水深はちょっと浅め。

釣り場の人気度としては若干マイナー気味だが、意外と魚のストックはあるので楽しい釣りが出来ることもある。

私自身はルアー釣りで訪れることが多いが、ヒラメやマゴチ、青物等が釣れるし人が少ないのが魅力的だ。

清水周辺で釣りをする時のポイント選びの参考にしてみてね。



興津川河口で狙える主な釣り物

まずはどんなターゲットが興津川河口周辺で釣れるのか?

私がおすすめする魚種を簡単に紹介しておこう。

ヒラメ・マゴチ

ヒラメ マゴチ 興津川河口

久能海岸や安倍川河口が有名だが、興津川河口でもヒラメやマゴチは狙える。

全体的に水深が浅めなので、ジグヘッドなら14g~21g、メタルジグなら30g程をメインに使うと良いかな。

  • 難易度:中級
  • 時期:1年中狙えるが、春~秋がベスト
  • 釣り方:ルアー釣り、泳がせ釣りなど

 

興津周辺はどちらかというと、ヒラメよりもマゴチの魚影が濃いように感じる。

人気のルアー釣りだけでなく、餌釣りでキスを釣って泳がせて狙うのも結構楽しい。

キス

キス

興津川河口周辺は投げ釣りのポイントとしても人気がある。

フグが多い時は釣りにならないことが多いが、秋~初冬にかけて良型の落ちギスが釣れたりするので地元の投げ釣り師が結構いる。

  • 難易度:初級~中級
  • 時期:春~初冬(ベストシーズンは初夏)
  • 釣り方:ちょい投げ釣り、投げ釣り

キスがいる時はマゴチが接岸していたりするので、泳がせ釣り用に1本竿を出しておくと嬉しいお土産がゲット出来たりするぞ。

クロダイ・キビレ

キビレ

汽水域が好きなクロダイやキビレだが、興津川河口周辺にも結構魚影がある。

ルアーで狙うこともできるが、安定して釣れるのはやはり餌釣り。

キビレに関しては年によって魚影に差があり、沢山釣れる時と全く釣れない時がある。

  • 難易度:中級
  • 時期:1年中(おすすめは春~秋)
  • 釣り方:ルアー釣り(チニング)、渚釣りなど

 

青物(ワカナゴ、カンパチ等)

ワカナゴ

興津川の河口周辺は若干水深が浅めの為、青物の回遊にはムラがある。

三保などと比較すると釣果の安定度は低いが、ベイトが回遊してくるとナブラが立つこともある。

基本的にはワカナゴや小型のカンパチが多いが、秋~冬にかけてはサワラが飛んでいることもある。

  • 難易度:初級~中級
  • 時期:夏~秋
  • 釣り方:ルアー釣り、サーフトローリングなど

興津川河口の釣り場の様子

さて、ここからは興津川河口の釣り場の様子を一緒に見ていく事にしよう。

河口西側

興津川 河口西側

興津川河口西側は清水港に隣接している。

基本的にはなだらかな傾斜のサーフになっていて、根掛かりは少ない。

所々で崩れたテトラが沈んでいたりするので根掛かることもあるが、目立つ沈み根などは見当たらないかな。

100m程キャストした場所の水深は大体4m前後の印象があり、久能海岸などと比べると水深は若干浅め。

興津川河口の払い出しに近づくほど水深は浅くなる傾向があるが、この辺りはキスやフラットフィッシュ意外にも渚釣りでクロダイが結構釣れていたりする。

また、西方面からのうねりに強く、他のサーフが荒れていて釣りにならない時でも何とか釣りになることも多い。

夏~秋はシラスやイワシが回遊し、ワカナゴやカンパチがそれを追っている姿を見かけたり・・・・。

ルアーマンの数は少なめだが、ヒラメやマゴチは意外と潜んでいる。

興津川河口払い出し

興津川 河口 払い出し

河口の払い出し周辺はサンドバーになっていて、かなり遠浅な地形。

波が立ちやすい為、荒れている時はサーフィンのポイントになる。

水深が浅くて釣りにくいが、ベイトの回遊がある時はシーバスなどが狙える。

以前の興津川河口は大型のシーバス狙いの好ポイントとして知られていたが、近年は釣果もあまり聞かなくなった。

シーバスは基本的に晩秋からのコノシロパターンの時と、春先のチアユパターンが狙い目。

興津川 河口

また、河口内部にも結構魚は入り込んでいる。

ハゼ等の他に、キビレやクロダイなどの姿を見ることが出来る。

状況によっては結構沢山魚が入り込んでいることもあるので、意外と見逃せないポイント。

あと、大雨が降るとアユが流されてきたり、富士川のデカい尺アユが大量に興津川に入ってきたりするんだよね。

それをゴロ引きで狙う方もいるが、これは結構マニアックな話かな(笑)



河口東側

興津川 河口 東側

興津川河口の東側のサーフ。

この辺りは以前はタチウオ釣りで結構有名だったんだけど、シーバスと共に最近は殆ど釣果が聞かれなくなった。

河口から離れる程急深の地形になっていくが、河口西側と同じく極端に深くなることは無い。

沖合いは細かい砂と所々砂利になっている。

濁りが入っている時はヒラスズキが回遊してきたり、意外とポテンシャルはある。

興津 由比 テトラ帯

更に東側に行くと興津~由比のテトラ帯へと続いていく。

テトラ帯はメジナやクロダイのフカセ釣り・根魚釣りなどを楽しむ方が多いが、こちらも全体的に水深は浅め。

所々に根があるので、投げ釣りなどをする時は根掛かりに気を付けた方が良い。

河口から結構離れた場所でも川の流れの影響を受けていて、仕掛けを投入すると思った以上に流されることがある。

周辺のおすすめ釣りポイント

最後に、興津川河口から近い他の釣り場を紹介。

清水港

清水港

興津川の西側に位置する清水港。

若干水は濁り気味だが、大荒れの時でも釣りが出来るので逃げ場所としてもおすすめ。

興津川河口で狙える魚は、清水港でも大体狙うことが出来る。

三保半島

三保 釣り場

 

三保周辺は急深な地形をしていて、特に青物等の回遊魚狙いの釣りが盛んだ。

興津川河口よりも釣り人が多いが、釣果の安定度はコチラの方が上か。

三保と興津はそこまで離れていないので、両方のポイントをランガンするのも良い。

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です