シーガーグランドマックスは本当に強い?強度を実測・比較してみた!

グランドマックス

さてさて、今回はラインについてのお話。

強くて最強ハリス・リーダーと言われることもあるシーガーのグランドマックスシリーズ。

果たしてその強度は本当に強いのか?

今回は私も愛用しているグランドマックスFXを使って強度実験を行ってみた。

かれこれ私がグランドマックスシリーズを使い始めて15年くらい経つのかな?

当時からずっと使い続けてきて弱いと感じたことは無く、タックルが色々進化してきた今現在でもその信頼は変わらないものがある。

餌釣りのハリスとしても使うし、ルアー用のショックリーダーとしてもグランドマックスは一番使用頻度が高いフロロカーボンラインなんだよね。

感覚的に強いと感じてはいるんだけど、果たして実際のところはどれくらい強いのか?

実は大して強くないかもしれないし(笑)、やってみないとわからないのでちょっと楽しみな実験になったぞ。

それじゃあ前置きは程々に、グランドマックスさんの強度テストを行ってみよう!



グランドマックスの強度テストに使用したアイテム

今回はシーガーグランドマックスFXの2号を強度テストの実験台として使用した。

テストはラインが細すぎても誤差が大きくなるし、太すぎると今度は切るのが大変で手が痛くなるのよ(-_-;)

2号というと、私の場合はエギングのショックリーダーとして良く使う号数かな。

グランドマックスFX2号

一方で比較用の一般的なフロロカーボンラインとして、サンラインのベーシックFC2号を使うことにした。

ベーシックFC

ベーシックFCはグランドマックスよりもランクが下がる普通のフロロカーボンラインといった感じだが、弱いというわけでもなく普通に使えるラインといった感じかな。

果たしてグランドマックスは本当に強いんかな??

直線強度を比較してみた

まずは結び目を作らない状態での強度、いわゆる直線強度を実測してみた。

強いラインは結束しても強いが、直線の状態でも強いはずだろう。

一般的なフロロカーボンラインの直線強度測定結果

まずは一般的なフロロカーボンラインの直線強度を測定してみた。

パッケージには4kgとの表記があるが、実際の釣り糸は凸凹があって強い所と弱い所が存在しているからね。

なお、強度テストは全て3回連続で行った。

すると、結果はこのような感じに・・・・

フロロカーボンライン 強度測定結果
  1. 約3.6kg
  2. 約3.7kg
  3. 約4.0kg

3回のテストの結果はこのようになり、平均強度は約3.77kgだった。

果たしてこれが強いのか弱いのかは今の段階では不明だが、グランドマックスの強度を測定してみれば分かる事だ。

グランドマックスの直線強度を測定

次に、グランドマックスFX2号の直線強度を測定してみたぞ。

すると、1度目の測定からまさかの数値が・・・・

グランドマックス 直線強度

おぉ~、いきなり4キロを軽く超えてくる結果に♪

引っ張った感じも若干伸びてきてから粘る感じがある。

結局、3回の結果はこんな感じに・・・・

  1. 約4.6kg
  2. 約4.1kg
  3. 約4.25kg

最初しか4.6キロというかなり高い数値は出なかったが、全て4キロ以上の数値を計測。3回の平均値は約4.32kg。

ベーシックFCと比較すると、大体15%位強いという結果になった。

やっぱりグランドマックスって強いんじゃね??

結束強度を比較してみた

続いて行ったのが、結び目を作ったうえでの強度。いわゆる結束強度ってやつだ。

実際の釣り糸は必ず結び目が出来るはずだから、いくら直線の状態で強い数値が出ても結んだ状態で弱かったら意味はない。

結束方法は簡単で強度が安定して引き出せる、パロマーノットを使った。

一般的なフロロカーボンラインの結束強度を測定

まずはベーシックFCの結束強度を測定してみた。

結果は以下の通り・・・

一般的なフロロカーボンラインの結束強度
  1. 約3.55kg
  2. 約3.05kg
  3. 約3.0kg

3回の平均値は約3.2kgという数値になった。なお直線強度と比較すると、平均結束強度は約85%。

2号のラインで3kg以上の数値が出ているのであれば、弱いということは無いだろう。

グランドマックスの結束強度を測定

続いてが本命、グランドマックスFX2号だ。

シーガーのラインは結びが強い感じがあるが、果たして・・・・

グランドマックスの結束強度
  1. 約3.55kg
  2. 約3.7kg
  3. 約3.5kg

3回の平均値は約3.58kg。平均結束強度は約83%という結果になった。

ベーシックFCとの結束強度平均値の差は約380g。グランドマックスの方が大体12%位強いという結果だ。

結束強度の直線強度に対する値(%)では大差はないが、それでもやはりグランドマックスの方が数値的にも優れているらしい。

グランドマックスの強度はやっぱり高かった

今回はこんな感じで、グランドマックスの強さが本物なのかを知るための強度テストを行ってみた。

結果的にみればやっぱりグランドマックスが強いという感覚はあながち間違ってはいないようで、

数値の平均値からしてもその強度の違いは明らかにあるようだ。

実際の釣りでは根ズレして傷になったりすることも多いが、グランドマックスは

「こんなに傷が入っていても切れないの?」

という感じで魚をキャッチ出来たことが今まで何度もある。

だから耐久面でも不安は感じていないし、自信を持っておすすめできる強いラインだと確信。

強いフロロカーボンハリス、ショックリーダーが欲しい時にグランドマックはおすすめですぞ!

ネットを使ったりして上手に買えば定価の半額くらいで買えるので、そこまで高い買い物ではないと思う。

私自身amazonなんかでよくまとめ買いしているからね( ̄ー ̄)

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です