バリバス アバニシーバスPEスーパーセンシティブLS8を実釣インプレッション!

アバニシーバスPEスーパーセンシティブLS8 インプレッション

さてさて、今回紹介するのはバリバスから発売されているシーバスやヒラメゲームに使用するPEライン

アバニシーバスPEスーパーセンシティブLS8。

 

スーパーセンシティブLS8は、いわゆる低伸度系の8本編みのPEラインだね!

以前購入したものの、使う機会が無くて眠っていたラインなんだけど、この機会にサーフのヒラメゲームに使用してきました!

若干価格的には高くなるラインだけど、特徴的な性質を持っている感じ。

実釣を繰り返してきた中でのインプレッションを紹介していくので、PEライン選びの際の参考にしてみて欲しい。




バリバス アバニシーバスPEスーパーセンシティブLS8をサクッとインプレ!

まずはこのスーパーセンシティブLS8がどんなラインなのか?

私なりに感じたインプレッションを簡単にまとめておく。

バリバス スーパーセンシティブLS8をインプレ!
  • 太さ:号数に対し、太い感じはしない
  • 強度:必要な強度は有るが、8本編みのPEラインとしては平均
  • 飛距離:平均~若干飛ぶ位か?
  • しなやかさ:コシが強く、パリッとしている質感
  • ライントラブルの有無:ライントラブルは1度も無し
  • コーティングの強さ:糸巻きの段階で塗料が付いたが、それ以降は予想以上に強い!
  • 耐久性:毛羽立ちは起こり難く、耐久性は比較的高い
  • 感度:張りが強く、伸びが少ない為ルアーの操作感やアタリの出方はダイレクト!

◎総評:若干癖のあるラインなので好みは分かれそう。ガイド絡みなどで悩んでいる方には使い易いライン

スーパーセンシティブLS8の太さ

スーパーセンシティブLS8の太さ

安価な海外製のラインや、コーティングが厚いPEラインは号数表示に対して太いものも多い。

このラインは結構コーティングがしっかりしているような感じが有ったので、太さはどうなのか気になるポイントだった。

実際に巻いてみると、安心のバリバス製という事も有って太いような感じは無し。

ラインが黄色で目立つため、何となく太く見えたがスプールに対してピッタリ巻けたので合格点。

スーパーセンシティブLS8の強度

実際にFGノットとPRノットでリーダーを組み、スーパーセンシティブLS8の強度計測を行ってみた。

私が購入した1号の平均強度は18.4ポンド、kg換算では大体8.3kg程のようだ。

実際にノットを組んで強度を測定すると、結果はこんな感じに(計測は3回ずつ行った)。

スーパーセンシティブLS8の結束強度
  • FGノットでの結束強度:約6.5kg~7.0kg
  • PRノットでの結束強度:約7.5kg~7.75kg

若干FGノットだと強度が低下しやすい傾向がみられたが、張りが強いラインなので

シルキーな感触のラインよりも、締め込み時の滑らかさはちょっと劣る感じがある。

その辺りが影響し、締め込みが必要なFGノットだと若干強度が低下しやすいのかな?

それでも実釣に必要な強度は備えているので、強度的には並といった所か。

飛距離をインプレッション!

このラインは色分けマーキングが付いていない為、ハンドルの巻き数でおおよその飛距離を測定する以外に方法が無かった。

スーパーセンシティブLS8の飛距離インプレ

タングステン製の20gのジグヘッド(ファイアヘッド)+パワーシャッド5インチの組み合わせを使い、

ほぼ無風~弱い追い風のコンディションでは、大体75~80m弱の飛距離だった。

飛距離が伸びやすいスーパーエックスワイヤー8よりも若干飛距離は伸びにくい?ような感じがあったが、8本編みのPEライン全体の中では比較的良く飛ぶ方かな。

ラインが水をはじくような感覚があり、スムーズに飛んでいくので飛距離のインプレッションとしてはまずまず優秀な印象だ。

スーパーセンシティブLS8のしなやかさ・質感のインプレ

スーパーセンシティブLS8はかなりコシ・張りが強い感じ。

よつあみのX8アップグレードよりもワンランク張りが強く、これは好みが分かれるラインになりそうだ。

低伸度設計のラインになるので、張りを強く出してラインの直進性を高めているんだろう。

張りが強いラインという事は、スプールに対して多めにラインを巻いてしまうと、ドバっとラインが出やすくなるので要注意!

スーパーセンシティブLS8を使うのであれば、ラインは多めに巻かない方が良いと思う。

シマノ製のスピニングリールにちょうどピッタリの状態で使用したが、ライントラブルは1度もなく快適に釣りができた。

張りが強めな設計の為、ガイドにラインが絡むという事はかなり抑えることが出来ると思う。

コーティングの耐久性

スーパーセンシティブLS8のコーティング

スーパーセンシティブLS8は結構コーティングがしっかりしている感じのラインだった。

実際にラインを巻き取ってみると、

黄色いカスがラインローラーとガイドに付着・・・(-_-;)

色がガイドなどに付着するラインは耐久性が低いものが多い印象を持っていたので、

このラインはまさか外れか??

というのがファーストインプレッションだった。

しかし、釣行を重ねていってもある程度余計なコーティングが落ちてからは色落ち・コーティングの劣化は予想以上に目立たないから不思議である。

スーパーセンシティブLS8のコーティング

大体30時間ほど、ラインの大幅なカットはせずに使った状態でこんな感じの状態。

表面付近はある程度色が落ちているが、すぐ下はまだまだ色もはっきりついている。



耐久性

PEラインはアイテムによって耐久性が結構違うもの。

価格的には若干高価なラインに分類されるスーパーセンシティブLS8。

試しにPRノットを組み、20時間位ノットの結び変えを行わずに釣行してみた。

スーパーセンシティブLS8の耐久性をインプレ

ノット周辺のラインの状態はこんな感じで、サーフの釣りで使用したものの目立つ毛羽立ちは起きていない(もちろん毛羽立たないようにラインの操作はしている)。

耐久性のインプレッションとしては非常に良い感じ!

8本編みのPEラインは細かい毛羽立ちが起こりやすいものもあるが、スーパーセンシティブLS8はかなり毛羽立ちにくいね♪

まだフニャフニャの紐のような状態にもなっておらず、ある程度のコシも残った状態で持ちこたえている感じ。

このあたりは信頼のバリバスさんですね!

感度をインプレ!

スーパーセンシティブLS8の感度をインプレ

低伸度設計でダイレクトなルアーの操作感がウリのスーパーセンシティブLS8。

伸びの少なさ+張りの強さにより、ラインをまっすぐな状態に保ちやすく、確かにダイレクトな感触は有る。

水切れの良さにも優れているような感覚があり、ラインスラッグのコントロールやサーフの波にラインがもまれた際の立て直しも結構楽に出来るね!

伸びが少なく・ビヨンビヨンした状態になり難いので、遠投が必要なサーフのヒラメ釣りやライトショアジギングなんかに良い感じかなと。

アバニシーバスPEスーパーセンシティブLS8のインプレまとめ!

今回紹介したアバニシーバスPEスーパーセンシティブLS8。

しっかりとしたコシがあり、ピンとした質感の8本編みのPEラインだ。

シルキーで柔らかいアイテムが好きな方もいると思うので、正直言って好き嫌いが分かれるラインだという印象は有る。

 

ラインを巻きすぎなければライントラブルが目立つ感じもないので、しなやかなラインを使うとガイドにラインが絡む癖がある方等に、特におすすめできるアイテムだと思う。

低伸度でルアーの挙動がハッキリするのが大きな特徴だね。

ダイレクトに伝わってくるのでボトムまでルアーを落とし、細かく誘いを掛けるヒラメ釣りなんかにもおすすめだね!

耐久性もかなり高く、キャストを繰り返しても毛羽立ちにくいのも良い感じ。

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です