3月下旬のサーフエギング釣行 キロアップの春イカをゲット!

春のサーフエギング

さてさて、今回も夕暮れのタイミングからサーフへエギング釣行です。

ここの所風が強い日が多く、釣り物によってはポイントをしっかり選ばないと釣りにならないことも多々ある感じ・・・・。

待ちに待ったアオリイカの接岸がそれなりに本格化してきてるのかを確かめる為、今期2度目のサーフへ。

ポイントには夕暮れ少し前に到着しましたが、釣り人の数は思ったよりも少なくてガラガラ~。

これなら適当に釣り歩きつつ、良さげな場所を探して釣りが出来そうな感じ( ̄ー ̄)

それでは、早速今回のサーフエギング釣行を振り返っていきましょう!




底潮の通りは良好、期待が出来る条件!

ポイントの風は追い風、まずは先日結果を出したアオリーQフィンエース3.5号から入ります。

先日の釣行の際、良い感じでスタートを切ったモンスターマスターを調子に乗って使っていたらそのままロストする展開でした(笑)

なので釣具屋さんでまたモンスターマスターを補充し、釣行へ。

まずはフィンエース3.5号のモンスターマスターをチョイスし、潮の通り具合を見ます・・・・。

すると、いい具合に底潮は効いていてエギがゆっくり流されて行く感じ・・・・。

前回釣れた時と状況は似ており、これなら期待できるか??

まずはボトムを中心に探りを入れ、地形の変化を見つつ釣っていきます。

適当に釣り歩きつつ、広範囲を探っていくと数投目で重み( ̄ー ̄)

バシッとアワセを入れると、微妙な重量感は有るものの全く引きは無い・・・・。

ゆっくり巻いてくると、手前に来たところで急に根掛かりに。

これはオクトパスの仕業だな(-_-;)

買いなおしたばかりのフィンエースを無くしたくないので、何とかしてエギを回収したいところ。

適当にピンピン引っ張っても動かず・・・・・。

あまりやりすぎるとラインが傷になるので、ここは一旦テンションを掛けるのを止め・・・。

しばらくユルユルの状態で放置し、タイミングを計って一気にゴリ巻き!!!

すると、無事海底からタコが剥がれたらしく動き出す。

そして一気に寄せてキャッチ。

上がってきたのは200g無い位の小さいタコ。写真は撮らず、そのまま海にお帰り頂く。

水深が深い場所+海藻の生えたスポットを発見!

しばらく適当に歩きながら探っていくが、何となく周辺よりも深く掘れた地形の場所を見つけることに成功する( ̄ー ̄)

サーフエギングでは水深+駆け上がりの位置が非常に重要で、安定してイカをキャッチするのであれば水深は多少深い方が良いと思う。

その周辺に目星をつけ、今回はこのポイントで心中することにする。

まずはボトムをしっかり取り、3~4回くらいの大き目のジャーク+20~30程のボトムステイを基準に組み立て。

しばらく釣っていると、エギのカンナに海藻が付いてきた。

こういう変化のある場所は間違いなくイカのコンタクトポイントになりやすいので、ますます期待感はUP!!

しばらく探りを入れても反応が無いので、中層の探りもうまく混ぜながら浮いたアオリイカが居ないかもチェック・・・・。

中層を誘う時は沖にフルキャストし、ある程度上のレンジを探ったらロングフォールで一旦ボトムまでエギを沈め込むのがコツかな!

そうすることで、中層のエギに興味を示しつつも抱いて来なかったアオリイカをボトムに絡ませてネチネチ誘える。

このパターンで結構いい思いが出来ることもあるので、ボトムで反応が無い時は時々上のレンジも探ってみよう!



カラーチェンジ後、ようやく・・・・

しばらくフィンエースのモンスターマスターで探りを入れたが、結局タコが釣れただけでイカの反応は無し。

しかし相変わらず潮の通り具合は良く、釣れる条件は揃っている。

1時間ちょい釣りをしてイカが釣れず、あまり長い時間釣る時間がない私としてはちょっと厳しいか??

そこで気分転換も兼ね、カラーチェンジ。

ナイトエギングでは、クリア系のカラーや赤・パープル系のカラーとともに個人的にはゴールドも好み。

アピール力としてはちょうど中間的な感じで、強くもないし弱くもない。

意外とカラーチェンジで乗ってくることもあり、エギングは簡単なように見えて奥が深かったり・・・・。

カラーを変え、まずは沖の中層を5~6回ほどの細かなトゥイッチング気味の誘いでエギをしっかり持ち上げて誘い。

駆け上がりの向こう側まで高いレンジを探ったら、ここで一気にボトムまでロングフォール・・・・。

その後、カウントをしつつ時々アタリを聞くためにリールを数センチ巻く作業を入れていく。

ボトムで15位ステイさせたかな?

ラインの張りに見た目上の変化はなく、ロッドにも感触はないけどアタリを聞いたら

ズズズッッ・・・

エギが手前に寄ってこない感触が有ったので、バシッとしっかり合わせ!!

無事アオリイカがヒットしたが、ドラグは2~3m位出た所でストップ。

あまり大きくないような気もしたが、それなりに重量感は有るので小さくはなさそう。

良型のコウイカのような感じもしたが、コウイカよりは引き抵抗がある。

全くジェット噴射をする気配はないが、重量感はあるので丁寧にリールを巻いて寄せ・・・・。

波打ち際に来たところで何度か強めに引いたが、姿を確認すると悪くないサイズのアオリ( ̄ー ̄)

後は波のタイミングを見つつ、寄せる波に合わせてズリ上げ~。

サーフエギング アオリイカ1.3kg

最初のジェット噴射は無かったが、上げてみると悪くはないサイズ。

計測すると1.3kg、春イカとしてはまずまずといった所かな♪

早い段階でアタリをとれたので、エギに噛み跡も付いていない。

良い感じで合わせもできたので最高に気持ちがいいね。

やっぱりナイトエギングは分かり難いアタリを察知し、掛けていく時が一番ワクワクする瞬間だ。

無事1杯釣れたので、そのまま釣りは終了です。

また時間を見つけ、サーフエギングも行きますよ~★

使用タックル

ロッド:ダイワ エメラルダスストイストAGS 88LM-S

リール:ダイワ 18イグジスト LT3000S-CXH

ライン:バリバス アバニエギングマックスパワーPEX8 0.6号 + シーガーグランドマックスFX2号

エギ:デュエル(ヨーヅリ) アオリーQフィンエース3.5号 KVRP(モンスターマスター)、BLBW

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です