9月の石津浜サーフエギング釣行 秋イカシーズン到来!

石津浜 エギング アオリイカ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。

さてさて、今回はかなり久しぶりにエギング釣行へ。

 

時期的にはとっくに秋のアオリイカが始まっているはずですが、今年は台風の影響やかなりの高水温が続いているので青物ゲームがメインでしたね。

やっぱり季節ごとに色んな釣りをやった方が楽しいので、今回は石津浜へ秋のサーフエギングへ行ってきました。

 

ちょっと久しぶりのエギングなので状況が不明でしたが、はたしてどんな釣行に?

 

▼【おすすめ関連記事】石津浜のエギング攻略の基本を解説!

石津浜 エギング

焼津 石津浜のアオリイカエギングを基礎から解説。私が使用するタックルバランスや狙い方のコツとは

2020年9月26日

秋の石津浜サーフエギング

とりあえず9月ということでシーズン序盤のサーフエギングですが、石津浜は風も弱くて釣りやすいコンディション。

エギは遠投性・アピール重視で

秋シーズンというと、3号や2.5号といった小さめのエギが選択肢になることも多い。

しかしサーフエギングの場合はこれらの小型エギは基本的に不要ですね。

 

私の場合は秋・春共に3.5号以上のエギしか使っていません。

 

理由はいくつかありますが、三保や石津といった急深な潮通しの良いサーフは回遊性が高くて成長が速いアオリイカがメイン。

なので小型のエギをチョコチョコキャストして丁寧に探るというより、遠投性やエギのアピール力を考慮した方が効率が良く釣果が伸ばせますからね。

 

小手先のテクニックよりも「エギをアオリイカの前に確実に入れる」ことを重視するのがおすすめです。

 

先発は楽に遠投が出来てイカも良く釣れるDUELのマグキャスト3.5号をチョイス。

新月周りで真っ暗な闇夜ですが、潮は済んでいるのでリアルイソスジエビ。

このエギで広範囲を探ってみて、反応が無ければ少し派手めなカラーのラトル入りのエギに変えて探るプランです。

サーフエギング初心者の方は、とりあえずマグキャストがあればなんとかなります。

ボトムメインに、表層~中層も探る

とりあえず最初はボトムにエギを着底させ、水深や駆け上がりの位置を把握。

 

だいたい35カウントほどで着底が取れ、35mくらいの場所に駆け上がりが入っているようです。

目立つ大岩や根はない感じなので、エギをロストしやすい石津浜ではまずまず釣りやすいスポットに入りました。

 

ボトムから4回~6回ほど小刻みにエギをどんどん持ち上げる誘いを主体に、確実にエギを海底から離すことを意識して探ってみる。

春以下の場合はボトムギリギリを低めの誘いで探ることも多いですが、秋のシーズン序盤のイカはエギを目立たせてフォールで確実に食わせることを意識します。

 

特にサーフエギングの場合はラインに角度がつけにくく、下手にジャークすると駆け上がりにラインが擦れやすいので要注意。

なので私の場合はスラッグジャークなどは使わず、テンションを掛けてエギを上方向に持ち上げるように誘うのがメインですね。

 

潮は左から右にチョロチョロ流れていて釣れそうな感じはありますが、30分くらい探ってもノーバイト。

レンジを上にシフトして探るとイカのアタリ!

最初はボトム中心に探ったんですが反応が無い為、表層~中層を徐々にメインに探りを入れてみることに。

カウントダウンは15、20、25といった感じでだいたい5カウント刻みくらいで探り分けることが多いですね。

 

表層~中層を探る時は、レンジキープとロングフォールの入れ方がキモかなと。

 

私の場合は沖の深い場所ではフォールは5~7カウントほど入れて再び連続ジャークに移行することが多く、エギが持ち上がった分沈んだらすぐにまたエギを持ち上げます。

 

そして駆け上がり付近に入ったと思ったらロングフォールでエギを沈め、駆け上がりの斜面にエギをぶつけてイカに追い込ませてバイトさせるイメージ。

状況によっては沖目の短めのフォール中に乗ってくることもありますが、警戒している個体の場合は駆け上がり付近のロングフォールや着底後にアタリが出ますね。

 

そんな感じで駆け上がり付近でエギを着底させるパターンで浅いレンジを探るんですが、しばらくすると沖合で違和感。

 

ラインをチョンと張った瞬間に一瞬重みが乗ったんですが、合わせを入れると「スカ」・・・・。

多分アオリイカのアタリだと思うんですが、エギに触っただけだったかな。

 

どうやら生命感があるようなのでアタリが出たレンジを中心に探りなおすと、数投目でまたバイト。

今度は抑え込むようなアタリでしたが、ラインを少し張ったときの違和感を逃さずバシッと合わせ。

 

無事ロッドに重量感が乗り、久しぶりのイカの引きを感じ取る。

 

サイズは秋イカなので大きくはないですが、エギングもやはり楽しい。

石津浜 エギング アオリイカ 釣果

久しぶりの釣行でしたが、無事アオリイカをキャッチ。

サイズ的には280~290gくらいかな。

 

その後数投したんですが反応が無かったので、粘ることはせずにササっと切り上げです。

個人的にサーフエギングは夜の方が楽しいんですが、仕事の都合上夜の釣行が難しいのが難点。

 

来年以降はエギングもまたガチでやろうと思っています(^^♪

 

使用タックル

ロッド:ダイワ エメラルダスストイストAGS 88LM-S

リール:ダイワ 18イグジスト LT3000S-CXH

ライン:サンライン ソルティメイトPE-EGI ULT HS8 0.6号 + シーガーグランドマックス2.5号

エギ・ルアー:デュエル マグキャスト3.5号

おすすめ関連記事

▼石津浜のエギング攻略の基本を解説!

石津浜 エギング

焼津 石津浜のアオリイカエギングを基礎から解説。私が使用するタックルバランスや狙い方のコツとは

2020年9月26日

▼石津浜の釣り場解説

石津浜周辺の釣り場・ポイントを写真で紹介!

2018年1月7日

▼サーフエギングに超おすすめな遠投型エギ!

マグキャスト

DUEL EZ-Qマグキャストを実釣インプレッション!【使い方・オススメカラー】

2019年4月5日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です