静岡サーフエギング釣行 デイゲームで春イカをキャッチ!

さてさて、先日はサーフへアオリイカエギングへ・・・・。

相変わらずイカはポツポツ釣れてはいますが、風向きが悪かったりうねりが出ていたりで中々満足に釣りができない日も多いですね(-_-;)

今回の釣行の前にも1度エギングに2人で釣行したんですが、気配はあったものの向かい風が強くて撤収という展開・・・・。

そこで、リベンジも兼ねてちょこっと短時間釣行へ。

今回はデイゲームでアオリイカを狙っていきますが、基本は夜と同じでOKです。

これから季節が進み、水温が上がってくるとデイゲームの釣果も出やすくなってくるので、特に初心者の方は視界の効くデイゲームのサーフエギングも面白いはず!




ガラガラの三保サーフでデイゲーム!

今回は昼過ぎから適当に釣行するプランなので、予想ではポイントはガラガラのはず・・・・。

釣り場について様子を見ると、案の定サーフは超ガラガラで良い感じ♪

見た感じ広いポイントに2人ほどしか釣り人はおらず。

これなら自由にランガンしながら出来そうなので、適当に地形を把握しつつ探っていきましょう。

風は予報通り弱い追い風で悪くはなさそう( ̄ー ̄)

まずはアオリーQフィンエースのモンスターマスターから入れて様子見。

ちょっと浅め場所を選んだつもりなんですが、風の効果で遠投が効くのでかなり深い場所までエギが届いている。

水深的には20m位ありそうな感じで、着底が良くわからん(笑)

潮はトロトロ動いているので、これならうまく釣っていけば可能性はあるね!

あまりボトムを探りすぎると、ラインが根ズレしそうなので要注意。

適当に上のレンジから誘っていき、駆け上がりの斜面でステイさせて乗せていくイメージが良いかな??

あまり激しくシャクるとイカにプレッシャーを掛けそうなので、弱めのスロージャークをメインに。

表層にベイトの気配は有り、小さなボラッコらしい魚影は多数ある。

1キャストしたら数歩ずつ移動し、広範囲をサーチ・・・・。

しかし、釣れそうな気配はあるものの反応は無いまま時間が過ぎていく。

潮の流れが変化。時合いか?

40~50分くらいは丁寧に探っただろうか。

反応はないものの、釣れそうな感触はあるので集中力は続きますね♪

釣りを続けていくと、徐々に潮が効いてきた・・・・。

払い出しつつ、横方向に潮が通りはじめ、シャクリ上げるエギが重くなってきましたね( ̄ー ̄)

こういう潮の変わり目はアオリイカの時合いになりやすい最大のチャンスの1つ。

風に乗せて65~70m位フルキャストしつつ、沖の深場の中層~駆け上がり周辺のボトムを丁寧に探るが、期待とは裏腹に全くアタリ無し。

ここで、エギをフィンエースからパタパタQラトルにチェンジ。

ここまでシルエット系のカラーで反応が無かったので、明るめのゴールド+オレンジカラーを選んだ。

まだそんなに釣り人もいないので、イカもそこまでスレていないはず。

となると、ラトルで広範囲を一気に探った方が効率も良さそうだしね。

ラトルの音を活かすため、ここからは細かいトゥイッチング気味の誘いをメインに探ることに。

かなりいい具合で潮が効いているので、ここは集中して釣っていきたいところ。

カウントを30程取り、数回弱めに連続ジャークでアクション。

その後ロングフォールでレンジを入れてからまた誘い上げ。

この繰り返しをしつつ、そろそろ駆け上がりに来そうだと思ったらロングフォールでボトムまで一気に沈める。

すると、一瞬コツンという感触があったような、なかったような・・・・・。

ちょうど波がザブザブ来ており、イカパンチっぽかったが確信は持てない。

そのまま30程ボトムステイをさせ、スローに2回ほどジャーク。

そしてちょっとラインを張り気味にフォールさせていくと、ググっと重み( ̄ー ̄)

バシッとアワセを入れると、気持ちいいジェット噴射♪

そこまで大きくはなさそうですが、時々セットで大き目の波が来るので慎重に。

ちょっと沖合いでセットのウネリを避けつつ、タイミングを計って一気にズリ上げ。

サーフ デイゲーム アオリイカ

ほほほ~、イメージ通りに釣れたのでこれは楽しい♪

デイゲーム アオリイカエギング 釣果

サイズはまずまず、1.4kgでした。

中層で誘いを掛けておき、ボトムに絡ませて乗ってきてほしいなぁと思っていたので、その通りに乗ってきたので満足です。

その後も釣れそうな気配はありましたが、少し釣りを続けた所で早めに撤収!

日中のデイゲームもまた違った楽しさが有って面白いですよ~。

そろそろ渓流も気になっているし、サーフのヒラメにもまた行きたいし・・・・。

やりたい釣りが多すぎて悩みます。

使用タックル

ロッド:ダイワ エメラルダスストイストAGS 88LM-S

リール:ダイワ 18イグジスト LT3000S-CXH

ライン:バリバス アバニエギングマックスパワーPEX8 0.6号 + シーガーグランドマックスFX2.5号

エギ:デュエル アオリーQフィンエース3.5号、パタパタQラトル3.5号

おすすめコンテンツ

ブログ村

2 件のコメント

  • リーダーが2.5号に上がってますね。
    これは大型春イカ対策と見て良いでしょうか?
    駆け上がりの向こうを攻める前提でしょうか。それともボトムステイを長めに取るからですかね?
    まるなかさんのタックル構成なら必ず意味があるのでしょうから、気になります(笑)

    東伊豆は水温上昇が鈍く、未だ16℃前後をウロウロです。17℃台で安定すれば春デイエギング開幕と言われてるので、ポイント下見に周ってます。
    西伊豆では3.5キロも上がったとの事で、夢が膨らみますね。アオリも一定以上の大きさになると味や販売価格も落ちると聞きましたが、まるなかさんの基準では何グラムが分かれ目でしょう?

    • こんにちは、まるなかです。

      よく見てますね〜笑
      狙った場所が水深25〜30メーターラインから一気に上がってくる場所なんで、根ズレ対策ですね!

      ラインの強度自体は2号ほどあれば全く問題ないので、基本的には春でも2号で通すことが多いです。

      今年の水温は意外と上がってこない感じで、こちらもキスなどはちょっと釣れ方が遅れてますね〜。
      ここ数日間のような天気が1〜2週間位続いたら春の釣りも本番が来そうですね!

      イカの味に関してですが、料理屋さんに聞いたところ大きくても身を半分に削いでから使ったりすれば、大きいイカでも味は特に気にならないとのことです。
      後は何日間寝かせるかといったところですね。
      よくわからなければいったん冷凍してしてしまえば甘みが出て食感も落ち着くはずです。

      大きいイカはまず自分では食べないので・・・。
      家で食べるのは掛かりが悪かった新子のイカ位ですから笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です