ヒラメ用PEラインを実釣比較!おすすめアイテムはコレ【特性で使い分ける】

ヒラメ PEライン おすすめ

さてさて、今回はショアから狙うヒラメゲームのPEラインについて。

「使用するPEラインはどれがいいのか?」

これは今までも結構聞かれたことがあり、これまで色んなラインを購入して使い比べてきました。

そうすると、ライン毎の特徴や使用感なども違いが分かってくるので、私が実際に購入して使ってきたものを特性別に紹介していきます。

正直言って、「どのラインが1番良い」と決めるのは非常に難しいんだよね。

人によって釣り糸は好みがあるからね。

そういった個人個人の好みに対応できるように、ここでは大雑把な使用感を紹介しておく。

より詳しいインプレッションについては、別に詳しい記事がるのでそちらを参考にしてみてね(リンクを貼っておきます)。

※なお、今回はおすすめPEラインの紹介になる。PEライン、ショックリーダーの号数選びなどの基本については

ヒラメ用PEライン・ショックリーダーの選び方と最初におすすめなラインを紹介を参考にどうぞ!




ヒラメ用PEラインの価格による違いは?

ヒラメ 釣果

最近は安くて高品質な国産のPEラインが多く発売されてきている。

実際の釣具店では、よく売れているのは比較的安めなPEラインらしい。

じゃあ高級なPEラインとはどこが違うのか?

私が実際にサーフのヒラメ釣りで色んなPEラインを使ってみた印象としては、

「使い続けてからの耐久性」

これが一番違ってくると感じている。

安いPEラインでも初期の状態では非常に強いが、高級なPEラインの方が色が落ちにくかったり・毛羽立ちにくい傾向がみられている。

この辺りはやはり価格差というものが影響してくるようだ。

長く・信頼して使いたいのであれば、ちょっと高級なPEラインに挑戦してみるのは非常に良いと思う。

ヒラメ用PEライン おすすめアイテムを特性別に紹介!

ここからが本題だね。

ヒラメ釣りに使うPEラインは具体的にどのアイテムが良いのか?

簡単な特徴と共に紹介していくことにしよう。

最初に、今回紹介するラインと超簡単な特徴をまとめておく。

  • よつあみ スーパージグマンX8:コスパ良好、安定した強度と平均的なコシの強さ。これからヒラメ釣りに挑戦する方へ!
  • シマノ タナトル8:直線強度は最強クラス、コスパも良好!
  • DUEL スーパーエックスワイヤー8:飛距離を伸ばしたい方へ!
  • DUEL ハードコアX8プロ:スーパーエックスワイヤーの飛距離+耐久力向上!
  • バリバス アバニシーバスPE スーパーセンシティブLS8:コシが強くて高感度。ガイド絡みなどを押さえたい方にも!
  • バリバス アバニジギング10×10 マックスパワーPE X8:毛羽立ちにくい、最強クラスの耐久力!

超簡単な特性はこんな感じになるので、ヒラメ用PEライン選びの目安にして欲しい。

ちなみに、私が予算問わずにこの中からラインを選ぶなら

  • DUEL ハードコアX8プロ
  • バリバス アバニジギング10×10 マックスパワーPEX8

このどちらかを選ぶかな!

この2つは特性が違うので、優劣をつけるのは非常に難しい。

よつあみ スーパージグマンX8

よつあみ スーパージグマンX8

とりあえず「どんなPEラインが好みなのかわからない」という方におすすめなのが、よつあみのスーパージグマンX8。

価格・強度・耐久性のバランスが良くて信頼して使える、コスパもそこそこ良いPEライン。

硬さ・張りに関しても平均的な性能を持ち、癖が無いので誰にでも扱いやすいと感じる。

とりあえずこれからヒラメ釣りをやってみたいなら、スーパージグマンを使って自分の好みを知ると良い。

▼より詳しいインプレッションはコチラ

>>よつあみ スーパージグマンX8を実釣インプレッション!

シマノ タナトル8

シマノ タナトル8

1号の結束強度をチェックしたところ、8kgオーバーという非常に優れた強度を叩き出したPEライン。

1号で8kg以上の結束強度を測定したのは今までの所タナトル8のみ。

タナトル8はコスパも非常に良く、安くてしっかり使えるラインになっていると感じる。

耐久性に関しては弱くは無いが、長持ちする感じもないのでそこは価格並みか。

持ちの良さについてはスーパージグマンと同じ位~若干低めかも。

価格は抑えめ・かつ直線強度に優れたラインを探している方におすすめで、張り・コシの強さは平均的な印象。

▼より詳しいインプレッションはコチラ

>>シマノ タナトル8を実釣インプレッション!



DUEL スーパーエックスワイヤー8

スーパーエックスワイヤー8

このラインの特徴は真円性が高い事。

どういうことかというと、糸ツブレが少なくて明らかに飛距離が伸びる!

私が20g前後のジグヘッドリグをキャストすると、大体60m位飛距離が出る場合

このスーパーエックスワイヤー8を使うと65m位飛ぶ。

※耐久性に関しては並みレベルだが、0.6号や0.8号の細号数は毛羽立ちやすい傾向があるので気を付ける事!

ヒラメ釣りに1号を使った感じとしては、耐久性の低さが目立つことは無かったので普通に満足して使えたぞ。

ハリ・コシの強さは平均的~若干しなやかな感じはあるが、必要なハリはある。

▼より詳しいインプレッションはコチラ

>>DUEL スーパーエックスワイヤー8を実釣インプレッション!

DUEL ハードコアX8プロ

ハードコアX8プロ

スーパーエックスワイヤー8の上位機種に当たる存在だが、このラインの方がシリコンコートで若干張りが強く・ツルツル感もアップしている印象。

このハードコアX8プロもスーパーエックスワイヤー8と同様に非常に飛距離が伸び、ロングキャストをしたい方におすすめ!

価格は高くなる分、耐久性はスーパーエックスワイヤー8よりも高くて、信頼して使うことが出来た(1号はね)。

※なお、このラインも0.6号などの細号数は毛羽立ちやすかったので要注意。

ハードコアX8プロ 耐久性

エギングやレイクのトラウトゲームに0.6号を使用したところ、すぐに毛羽立ちが目立ってしまった経験あり・・・・。

▼より詳しいインプレッションはコチラ

>>DUEL ハードコアX8プロを実釣インプレッション!

バリバス アバニシーバスPE スーパーセンシティブ LS8

アバニシーバスPEスーパーセンシティブLS8

ちょっと高級なPEラインだが、一般的なPEラインよりも明らかにコシが強いのが特徴。

ガイドにラインが絡みやすい方や、ラインを少し弛ませて釣りをする事が多いスタイルにおすすめ!

また、コシが強いので直進性が高く、伸びが少ない特性があるのでルアーの操作感が比較的ダイレクトに伝わってくる。

ただし10m毎の色分けが無いので、ヒラメのバイトが有った距離が分かり難いのが難点か。

価格は高い分、毛羽立ちなどにも強いので非常に長く使えるね。

▼より詳しいインプレッションはコチラ

>>バリバス アバニシーバスPE スーパーセンシティブLS8を実釣インプレッション!

バリバス アバニ ジギング10×10 マックスパワーPE X8

バリバス アバニジギング10x10 マックスパワーPEX8 インプレッション

最後に紹介するのがこのアバニジギング10×10 マックスパワーPEX8。

最近のPEラインの中では結構高いし、強度的にも目立った強さが無い・・・・。

このラインはどこが良いのかなぁと思っていたんですが、使っていくうちに良さが分かる!

非常に毛羽立ちにくいので非常に長持ち・信頼して使えるPEライン。

私が今まで使用してきたPEラインの中でも非常に耐久性に優れており、

あえてノットを組みなおさずにキャストを長時間繰り返したり・魚とのやりとりを何度もしても劣化しにくい!

価格は少し高くても、ヒラメ釣りに安心して使えるPEラインを探しているという方にはこのラインがおすすめ!!

▼より詳しいインプレッションはコチラ

>>バリバス アバニジギング10×10 マックスパワーPE X8を実釣インプレッション!

ヒラメ用おすすめPEラインまとめ!

ヒラメ PEライン おすすめ まとめ

大体こんな感じで、実際に私が使ってきたPEラインの紹介でした。

全て実費を払って購入し、実釣を繰り返して魚をキャッチし、公平な目線で使い比べてきたアイテムになっている。

ですので気なる点などは全て率直な感想を書いてあるので、ライン選びの際の参考にしてみて欲しい。

PEラインはアイテムによって質感や特性が違うので、好みに応じて使いやすいラインは変わってくる。

使い易いライン選びの際の参考になったら嬉しく思います。

それでは、今回はこの辺で。また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です