ヒラメ用リールの選び方・おすすめ機種を徹底解説!【全て購入・実釣済み】

ヒラメ リール 選び方 おすすめ

さてさて、今回はサーフを始めとしたヒラメ釣りに使うリールの選び方・おすすめアイテムを紹介。

普段私はほぼ毎日様々な釣りに出かけており、サーフのヒラメ・マゴチゲームに関しても過去に10カ月ほどの間に300枚以上の釣果を上げた実績がある。

サーフのフラットゲームについてはそれなりに経験がある、私なりのリール選びを紹介。

また、合わせておすすめリールも紹介していきますが

適当におすすめリールをピックアップするのではなく、全て実費を払って購入し、使用感をチェックしてきたアイテムに厳選。

ヒラメ釣りに使うリール選びのポイントを知りたい方は参考にしてもらえたら嬉しい。

文章量としては若干多めですが、1通り目を通してもらえれば必要な知識は身に付くのでしばしお付き合いを。



ヒラメ用リール選びのポイント!

ヒラメ 釣果

まずはヒラメ用に使うリールを選ぶ時、どんな点に注意して選んだらいいのか?

チェックポイントを簡単にまとめておこう。

  • リールのメーカー:シマノ、ダイワ製が無難
  • リールのサイズ・番手:シマノ、ダイワLTシリーズなら4000番が目安
  • ギア比:巻き取りの速いハイギアを選ぶ
  • 重さ:軽さ重視よりも多少重くても耐久性があるものを
  • 価格帯:実売価格1万円台前半以上を狙う
  • ハンドルノブの形状:実は意外と重要で、操作感に影響する

 

ザックリと紹介するとこんな感じになる。

各項目について、詳しい解説をしていこう。

リールのメーカー選び

ヒラメ リール

リールのメーカーは国内メーカーのものもあれば、海外メーカーのものもある。

無難で失敗しない選び方を紹介していこう。

国内メーカーのリールを選ぶのがベター

特にメーカーやブランドにこだわりが無いのであれば、圧倒的におすすめなのがシマノ・またはダイワのリールだ。

海外メーカーのリールもあるが、同じ価格帯のものを使い比べてみると優秀なのはやはり国産リールというのが現状だろう。

細かいパーツの精度やガタの少なさなど、こういった点は大手メーカーであるシマノとダイワがやはり強い。

ヒラメ釣りではリールへの負担もそれなりに掛かるので、しっかりとした剛性のあるものを選ぶように!

シマノとダイワ、どちらが良いのか?

ヒラメ リール シマノ ダイワ

私はシマノとダイワのスピニングリールのどちらも使うが、正直言って最近は明らかな性能差というものは無くなっていると感じる。

以前のシマノは、ライントラブルになりやすくて重たいけど耐久性に優れている。一方、ダイワのリールは軽くてライントラブルになり難いけれど、耐久性が低い。

こんな感じだったんだけど、最近は技術の進化で「どっちもどっち」という感じになってきている。

ヒラメ用リールを購入する際、シマノかダイワかは個人個人の好みで選べば全く問題なし!

ヒラメ用リールの番手・大きさ

リール 番手 大きさ

ヒラメ釣りで使用するリールだが、サーフで使用するのであればシマノ・ダイワのLTシリーズの場合は「4000番」が1つの基準になってくる。

番手毎の大雑把な考え方をまとめておくと、

  • 3000番:港湾部のヒラメ釣りやサーフフィネス
  • 4000番:最も汎用性が高くてベーシック
  • 5000番:ヒラメ以外に青物等も視野に入れる時

 

こんな風に考えておけば、シンプルで分かりやすい。

3000番のリール

3000番という大きさはヒラメ釣りでは若干小型の分類だ。

考え方としては、9フィート台までのロッド+0.8号などの細めのPEラインを使用する時に合わせるというイメージだ。

リールが小さい方が重量的には有利なので、繊細なロッドの操作感を無駄にしない。

ただし負荷を掛けた時の剛性感は若干弱くなる点はあるね。

4000番のリール

ヒラメ リール 4000番

サーフを中心としたキャスティングゲームでヒラメを狙うのであれば、とりあえず4000番を選んでおけば失敗はない。

使用するロッドの長さは9フィートクラス~11フィートクラスまで対応できる。

合わせるラインについては1号~1.2号をメインに、太くても1.5号までなら4000番でOKだ。

5000番のリール

ヒラメ釣りでは若干大き目となる5000番のリール。

人によって考え方は多少違ってくるが、私の場合は「1.5号以上のPEラインを巻く機会がそれなりにあるなら5000番」という選択にになってくる。

ヒラメ釣りでPEライン1.5号というと若干太目になるので、1台のリールで青物狙いのライトショアジギングなども強めに意識したセレクトになってくる。

リールのサイズで何が変わるのか?

ヒラメ リール サイズの違い

補足的になるが、リールのサイズ・大きさが変わるとどんな点に差が出てくるのか?

簡単に紹介しておくので、覚えておくと他の釣りでも役立つはずだ。

小さいリールを使うメリット

ヒラメ釣りでいうなら、3000番クラスまでのリールが比較的小さめになってくるだろう。

主なメリットとしては

  • 軽くて繊細
  • バットガイドが小さい・低いリールの時は飛距離が伸びる

 

この2点になってくる。

軽量で繊細

リールのサイズが小さく、ボディサイズがコンパクトになれば使用しているギアのサイズなども小型になってくる。

そうなると軽くて軽量になるし、パワーが多少劣ることで微妙な潮の流れの変化などで巻き感が変わりやすくなる(これはデメリットにもなりうる)。

小径ガイドとの相性がいい

一般的なサーフ用のシーバスロッドやヒラメロッドならここは問題ない事が殆どだが、バットガイドが小さいロッドに大きいリールを合わせるとどうなるか?

ガイドに対し、リールのスプール径が大きすぎるとルアーをキャストした時にラインがバタバタと大きく暴れ、ロッドのブランクスにラインが当たって飛距離が落ちる。

小径のスプールはこういった現象になり難い。

大きいリールを使うメリット

逆にサイズが大きいリールを使うとどんな点がメリットになって来るのか?

簡単にまとめてみると、

  • 剛性が高く、負荷に強い
  • キャスト後半で失速が起きにくい

 

という点がヒラメ釣りではメリットになって来るかな。

剛性感に優れる

サイズが大きいリールはギアのサイズも上がるし、ボディも耐久性重視になってくる傾向がある。

これは負荷を掛けた時の巻き感やパワーに影響を与える部分であり、ヒラメ釣りでは釣りの快適性に結構大きく影響してくる。

ある程度大きいリールの方がルアーを操作した時の巻き重りが発生しにくく、リールを巻くのが楽にできる。

また、ヒットしたヒラメを寄せる時も同様で、小型のリールだとパワーが出にくいので巻き上げが少し大変になりやすい。

飛距離

サーフのヒラメ釣りでは飛距離は間違いなく重要だ。

この時、必要な範囲でリールの番手が大きく、スプールの径があるものの方が飛距離は稼ぎやすい。

なぜかというと、大径スプールの方が同じ距離糸を出した時にスプールの直径が小さくなり難い。

これにより、ラインを放出する時の摩擦が大きくなりにくく、特にキャスト後半のルアーの伸び方に影響してくる。

試しにリールに巻かれたラインを少なくしてルアーを投げて見れば、その理論は簡単に理解できるはず。

リールのギア比はどうやって決める?

ヒラメ リール ギア比

リールのギア比はハイギアとローギア(ノーマルギア)があるが、ヒラメ釣りにはどれが適しているのか?

最初に結論を言ってしまえば、ヒラメ釣りに使うのはハイギアが圧倒的に使い易い。

その差について少し詳しく紹介しておこう。

ハイギアリールをヒラメ釣りに使うメリット

巻き取りが速いハイギア(HやXH、XG等の表記が番手にある)ものはヒラメ釣りではベーシックに使われている。

ヒラメ釣りでは比較的テンポよくリールを巻くことが多く、風や波などでフケたラインを回収する作業なども非常に重要。

こういう時に役立つのがハイギアであり、巻き取りが速い事でルアーにたいしてアクションを自在に与え、コントロールしやすくなる。

また、沖合でヒラメのバイトが有った時はロッドの反発力と共に素早くリールを巻き上げ、しっかりとヒラメの口にフックを貫通させる必要がある。

こういう時に巻き取りが遅いローギアだと、余分な糸フケを回収しつつ強めにテンションを掛ける作業がもたつきやすい。

ローギア(ノーマルギア)を使うメリット

逆にローギアのリールをヒラメ釣りに使うメリットはあるのか?

個人的にローギアをサーフのヒラメ釣りに使うことはしないが、人によってはハイギアリールの巻き重りが嫌という方もいる。

リールのギア比が高くなればなるほど、巻き取りは速くなるけど巻きの重さが目立ってくるのは多少なりともある。

これは慣れで解消できる部分でもあるので、特にこだわらないなら大人しくハイギアのリールを選んでおけば大体なんとかなるぞ。

リールの重量・軽さ

リールの重量、軽さというのは長時間の釣りで疲労感に大きく影響してくる。

しかし、最近のスピニングリールはどんどん軽量化が進んできており、昔のように重たくて長時間釣りができないというようなことは無い。

耐久性を重視する

サーフのヒラメ釣りを考えた場合、使用するルアーも結構重たくて30g前後~40g前後まで視野に入ってくるだろう。

こういった引き抵抗がある重量級のルアーをキャストして巻き続けた場合、重要なのは耐久性になってくる。

アジやメバルを釣る時のように、タックルに繊細さが重視されるなら少しでも軽いリールの方が使い勝手は良い。

しかし、ヒラメ釣りの場合は耐久性が低いリールを使うと、すぐにダメになりやすいし剛性感が無いリールは巻き重りが酷くてストレスだ。

なので、リールを購入する時はどちらかといえば「軽さよりも耐久性」に注目したセレクトが良いかな!

価格とコスパのバランス(リールのグレード選び)

ヒラメ  釣果

ヒラメ釣りに使用するリール選びをする時、価格とコスパのバランスは誰でも気になるはず。

最低でも実売価格1万円台前半以上

ヒラメ釣りはタックルにある程度の負担が掛かり、潮を被ったりする可能性も結構高い。

場合によっては青物等の外道がヒットすることもある。

なので安いリールを購入すると、ガタガタになってしまうのが早い傾向はどうしてもある。

ヒラメ用リールを選ぶのであれば、私の場合は最低でも実売価格で1万円台前半以上が望ましい(シマノならアルテグラ、ダイワならフリームスなど)。

このクラスになってくると実釣に必要な性能がそれなりに備わってくるので、ヒラメ釣りにも対応しやすい。

長く・信頼して使うなら2万円クラス

ヒラメ リール 価格 コスパ

予算が許すのであれば実売価格2万円前後のリールを購入した方が長く使えるし、剛性感もあって釣りが快適に出来る。

実際に1万円前半くらいのリールと使い比べてみると、リールの剛性感やガタの少なさ・耐久性は明らかに違ってくる。

ただし3万や4万するようなリールと比較すると、こまかい部分の質感などでは差があるけど。

負荷の掛からない小物釣りと比較し、ヒラメ釣りの場合はリールの性能差によって快適性が大きく変わりやすいから気を付けよう。

ハンドルノブの形状

ヒラメ釣りでは重量のあるルアーを長時間巻き続けたり、ロッドアクションだけでなくリールの巻きでアクションを付けることも多い。

だから力が込めにくかったり、滑りやすいリールのハンドルノブは非常に使い難い。

ラウンドノブがおすすめ!

リールを巻くときに力が入らなかったり、指が痛くなるという方は丸いラウンドノブを使ってみると良い。

ヒラメ リール ハンドルノブ

私の場合、ヒラメ釣りや青物狙いに使用するリールは全てラウンドノブに交換して使用している。

その差は非常に大きなものがあり、同じルアーを引くにしてもラウンドノブを使った方が楽にリールが巻けてパワフル!

今まで使ったことが無かったという方は一度使ってみることをおすすめする。

ゴメクサスノブ

ゴメクサス ハンドルノブ

ハンドルノブはメーカー純正のものを購入するとあまりにも高くてコスパが悪い。

おすすめはamazonで購入できて激安なゴメクサスのハンドルノブ!

めちゃ安くてベアリングも2個ついて来るし、注油して使えば簡単に錆びることもなく回転も普通にスムーズ。

ヒラメ用リールを購入する際、純正品がT型のノブだったりする時はラウンドノブを試してみて欲しい。

使ってみるとその快適性が分かるはずだ。

ヒラメ釣りやライトショアジギングに使うなら38mmが使い易いかな。

シマノの汎用リール(Aタイプノブ)、ダイワの汎用リール(Sタイプノブ)の場合、ゴメクサスのハンドルノブは互換性がある。

内部のスペーサーを入れることで、シマノとダイワのリールに取り付けが可能だ。

素材はアルミの他にEVAもあるが、私はどちらかというと耐久性が高いアルミ派。

※エントリーモデルなど、一部取り付けが簡単に出来ないものもある。その場合はシャフト付きのハンドルノブを購入する。

▼ゴメクサスのハンドルノブの詳しい紹介記事

【安くて使える!】ゴメクサスハンドルノブの交換方法・インプレッション!

2018年11月3日



ヒラメ釣りに初心者の方におすすめなリール

最後に、ヒラメ釣りに使用するおすすめなリールを紹介しておこう。

全て実際に所有しており、使用感をチェックしたものになるので安心してね!

ダイワ 18スリームスLT

ダイワ フリームスLT

実売価格1万円台前半でヒラメ用リールが欲しい方におすすめ、コスパ良好なモデルがダイワの18フリームスだ。

この価格帯の中では非常に滑らかな回転性能を誇り、実釣に必要な性能は最低限確保されている印象がある。

使い込んでいった時の耐久性はグレードの高い機種には劣るが、サーフのヒラメ釣り初心者の方のエントリーモデルとしては十分だろう。

▼詳しいリールのインプレッション記事はコチラ!

18フリームス

ダイワ 18フリームス LT 実釣インプレッション!

2018年1月21日

長く使える、ステップアップにおすすめ

次に、もう少し価格的には上になるものの、耐久性や使用感もワンランク上になるリールを紹介。

ある程度長く使えるリールが欲しい方や、ステップアップ用におすすめだ。

シマノ 19ストラディック

シマノ 19ストラディック

シマノから発売された、実売価格2万円前後のリールが19ストラディック。

このクラスのリールの中では非常に優れた剛性感があり、ガタも少なくて強度重視のモデルになる。

1万円台のリールよりもグレードアップした「カチッと感」があり、負荷が掛かるサーフのヒラメ釣りでも活躍してくれる。

▼詳しいリールのインプレッション記事はコチラ!

シマノ 19ストラディック

シマノ 19ストラディックを実釣インプレッション!【いいたい事言います】

2019年8月20日

ダイワ 18カルディア

18カルディア

シマノのストラディックのライバル機種だが、正直言って剛性感はほんの少し低めな印象がある。

しかし、その分巻きのヌメヌメ感や軽さは優れており、この辺りは好みでベストなチョイスは変わってくるだろう。

私の場合、サーフのヒラメ釣りに使うとなると「どちらかと言えばストラディック」という印象だが、カルディアも間違いなく良いリールなのでおすすめだ。

▼詳しいリールのインプレッション記事はコチラ!

18カルディア ライトショアジギング

ダイワ18カルディアを実釣インプレッション!

2018年10月17日

最強を求める上級・ハイエンド系リール

やっぱり少しでもいい道具を使い、快適にヒラメ釣りをしたいという方もいるだろう。

そういう方には上級グレードのリールがふさわしく、細かな部分の質感やボディ・ギアの強さはハイエンドリールならではなものがある。

シマノ 18ステラ

シマノ 18ステラ

かれこれ15年くらいステラをずっと使ってきている私。

何だかんだでステラは良いリールだが、間違いなくリールの耐久性・初期の使用感の持続性という意味ではトップに君臨する。

ヒラメ以外にもマダイや青物がヒットしてもビクともしない強度、それでいて滑らかな巻き心地はやっぱりステラ。

サーフの釣りでかなりステラを酷使しても、次のモデルが出るまでしっかり耐えてくれるので信頼して使っている。

▼詳しいリールのインプレッション記事はコチラ!

ハイギア エクストラハイギア

シマノ18ステラ 実釣インプレッション!

2018年3月22日

ダイワ 19セルテート

19セルテート

価格的には上級グレードの中ではコスパも優秀、大体40000円前後で購入できるのでステラよりは遥かに安い。

19セルテートはボディの剛性感に非常に優れており、細かい巻きの質感などを除けばハイエンドリールとの差はほとんど感じない。

ステラまでは出せないけど良いリールが欲しいというなら、間違いなくイチオシは19セルテートだ。

▼詳しいリールのインプレッション記事はコチラ!

スーパーライトショアジギング ギア比 リール

ダイワ 19セルテートを実釣インプレッション!【他社・他のグレードと比較】

2019年8月31日

シマノ 19ヴァンキッシュ

19ヴァンキッシュ

セルテートと競合するリールだが、耐久性よりのセルテートに対してヴァンキッシュは軽量化をより重視したモデル。

19ヴァンキッシュになって耐久性も進化したが、使い込んでいくとステラとはやはり違うかなぁ。

微妙な差でヴァンキッシュの方が剛性感は低い感じがするし、ボディ強度などはセルテートの方が上の印象だ。

なのでおすすめ順としてはセルテートの方が上で、フィネスなヒラメ釣りに絞るならヴァンキッシュもアリかな。

という感じ。

ローター周りやボディのわずかな剛性感については18ステラの方がやはり上で、重厚感のある巻きの質感とパワーはステラには及ばないか。

▼詳しいリールのインプレッション記事はコチラ!

レイジーソリッド 使い方

シマノ 19ヴァンキッシュを実釣インプレッション!

2019年3月8日

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です