11月の静岡サーフ釣行 良型マゴチを連続キャッチ

マゴチ 釣果

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日はデイゲームでサーフへ行ってきました。

ちょっと風が強い予報でしたが、ウネリはなさそうなので何とかなるかなぁと。

海の中の季節はよくわからない感じで、夏・初秋っぽさと晩秋っぽさが混ざっていますね。
状況としては微妙なのは間違いないですが、果たしてどんな釣行になったのか?

ランガンで地形変化を探す釣り

とりあえず今回は水深が少し浅めのポイントをチョイス。
デイゲームなので釣り人はかなり少ないですが、餌釣りの方が遠くに1名。

歩き回って魚を探していきます。

サバフグ・掛からないアタリあり

とりあえずいつものように潮の通り方チェックから始めます。
ワームはエコギアのバルトをチョイス。

表層の潮はあまり動いていませんが、底潮はゆっくり流れていますね。
やや手前に入ってくる当て潮気味ですな。

ワームの滞空時間の確保が難しくなるのが難点ですが、潮がスカスカよりはマシですね。
風も少し強いものの釣りにならないレベルではないので良かったです。

滞空時間が確保できない分速めのリーリングでしっかりワームを持ち上げ、短いピッチでボトムを取り直して探っていきます。

1キャストずつ移動しつつ、テトラとサーフと釣り歩きます。

微妙にベイトフィッシュの気配はあり、7~8cm位のイワシっぽい魚影を確認。
しかし追われる気配はありません。

ハンドル2~3回転ほどクイックにワームを持ち上げてフォールを入れて誘っていくと、すぐにファーストバイト。
これといった変化の無い場所だったので少し不意をつかれました。

ヒラメっぽい噛みつき系のバイトだったんですが、一瞬掛かってバレました・・・。
ワームを回収するとえぐり取られてはいなかったので、フグではないはず。

重量的にソゲでしょうね。

その後再び釣り歩いていくと沖目でガツンと強い衝撃があり、合わせると良い重量感。
下品な引きで嫌な感じはしましたが、釣れたのはサバフグ・・・・。

サバフグの群れに遭遇すると最悪ですが、運よくフグは単発だったらしく、その後はフグのアタリはありませんでした。

カーリーテールで漂わせてマゴチをキャッチ

その後30分くらい歩き回ったものの魚のアタリは無く、ここでワームチェンジ。
気分転換の意味が大きいですが、滞空時間の確保をかねてカーリーテールワームにチェンジ。

以前インプレ依頼のあったケムリカーリーをチョイス。
グラブ・カーリーテールはテールの抵抗でフォールがややスローになるので、フワフワさせたい時にもおすすめです。

遠投性は若干落ちましたが、丁寧に探っていきます。
軽めのリフトフォールを中心にランガンしていくと、手前で「ガッ」と引っ掛かるようなアタリ。

着底からの巻き出しでのアタリでしたが、合わせを入れるとまずまずな重量感。
ゴンゴン首を振る感触はマゴチですね。

マゴチ 釣果

とりあえずこれでボウズ逃れ成功。
なんだかんだでフラット狙いはずっと無敗をキープしています。

しかし状況は良くないので、毎回かなりギリギリですね。
本来この時期のフラットはイージーなはずですが・・・・。

ササっとリリースし、少しポイントを移動することにします。

ポイント移動

ボウズという最悪の状況は逃れたので、久しぶりの場所を調査してみます。
釣り人は誰もいないので貸し切り、サーフとテトラをランガンです。

ルアーはそのままケムリカーリーを使いますが、ちょっと潮が止まっている様子・・・・。

これはかなり苦戦の展開が予想されましたが、少し歩くとちょっとした駆け上がりを発見。
周囲より浅くなっている場所があり、餌を食うには良さそうなスポットですね★

時間・潮の状態が悪いので、ここは丁寧に探らないとダメかな。

駆け上がりの斜面を中心に、かなり慎重に誘いを掛けますがアタリは皆無。
状況が良ければすぐにアタリそうなものですが、やはり魚影が薄いのか。

丁寧に探ったもののアタリが無く、見切りをつけて再びランガン。

30分くらい釣り続けたものの全くアタリが無いので、さっきの場所に戻ります。

気になる場所を狙い直して良型マゴチ

さっきの駆け上がりスポットを最後に狙って帰ることにしました。

立ち位置もしっかり考えてワームを入れてみます。
どう考えても良い場所なので、1本くらい魚が釣れても良いはずなんですが・・・。

10分ほどこのスポットを狙い続けていると、誘い後のフォール中にバイト。

ちょっとアタリ方が悪い感じだったので合わせは入れず、リールを巻いて誘うと穂先に重み。
この時点でバシッと合わせを入れると強い突込み。

大きめのストロークの首振りが伝わってきたので、これはマゴチですな。
良いサイズです。

テトラの上で掛けたのでランディングが嫌ですが、ガッチリ掛かっていたので一気に抜きあげ。

マゴチ 釣果

最近減った、良く肥えた頭がデカいタイプのマゴチでしたね★
良い引きを味わえました。

絶対釣れるであろうスポットで粘って釣れましたが、この釣れ方をしている限りは状況としては良くないんですよね。
ある程度魚影が濃ければ適当にルアーを投げるだけでもアタリは出ますし、良いスポットを見つければ数投以内で釣れるのも普通ですから。

ベイトの気配はあるので、一時期よりは若干良くなってきたのかな~。

使用タックル

  • ロッド:シマノ 21ネッサXR S104M
  • リール:シマノ 21ツインパワーXD 4000XG
  • ライン:メジャークラフト 弾丸ブレイドX X8 1号+DUEL ハードコアパワーリーダーCN6号
  • ルアー:エコギア バルト4インチ、メガバス ケムリカーリー4.5インチ(zizaiアシスト仕様)

おすすめ関連記事

静岡サーフのヒラメ釣り解説

ヒラメ 開拓 条件 静岡サーフのヒラメ・マゴチ釣り 攻略のための基礎講座!

ヒラメ釣り初心者講座

ヒラメ 開拓 条件 ヒラメが釣れない・初心者のための基礎講座【月間100枚以上釣った実績あり】

月間100枚以上のヒラメ・マゴチを釣り上げた経験をもとに、基礎知識を紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です