11月秋のライトゲーム釣行 メッキ・カマス・イケカツオ回遊

メッキ

こんにちは、まるなか(@marunakafish)です。
さてさて、先日はライトゲーム釣行に行ってきました。

そろそろカマスの魚影が濃くなってきてほしいところですが、相変わらず微妙な状態が続いていますね・・・・・。
東の相模湾方面はカマスが入れ食いとの話も聞きましたが、駿河湾内は相変わらずの死海です(笑)

原因は黒潮の蛇行なのか何なのかは不明ですが、静岡~焼津周辺の不調っぷりはかなり深刻だと思いますね。

話がそれてしまいましたが、果たして今回はどんな釣行になったのか?

メタルジグで深場狙い

航路の駆け上がりで反応アリ

とりあえず今回は水深が深めな場所をチョイス。
沖に航路があり、その周りにカマスやメッキが居れば良いですが・・・・。

先発はメタルシャルダスをチョイス。
ボトムまでしっかり沈め、スローなただ巻きをメインに探りを入れてみます。

ハタも狙えるポイントなので、とりあえず手堅くボウズ逃れしたいところ。

潮はあまり動いておらずどんよりした状態で、ちょっと厳しそうな感じも・・・・。

表層付近にウルメイワシっぽいベイトの姿は見えますが、追われる気配は皆無ですね。

ボトムをただ巻きのリフトフォールで探っていくと、着底時にプルプルッとアタリ。
合わせを入れると微妙な生命感を感じます。

小さいカマスでも釣れたのかと思ったんですが、上がってきたのは・・・・

ハゼ

予想外のマハゼをキャッチ。
長さはありますが、やけに痩せた個体でしたね。

顔に虫がついていたので、外してリリースしました。
落ちハゼにしてはまだ時期的に早いはずですが、げっそりしていたのは何故なのかな。

その後も少しずつ歩いて場所を移動しつつ、ボトム周辺をジックリ探っていきます。

一瞬魚の活性が上がる

その後はこれといったアタリが無いまま少し時間が経ちました。

しばらく釣りを続けると潮が動きはじめ、ジグの操作感も変化。
良い感じに潮を受けて滞空時間が確保できるようになり、釣れそうな気配。

ここで急に水面がザワザワし始め、生命感が出てきました。

ジグで誘いを掛けたものの見切られてしまい、ミノーを入れたんですが少し下でキラキラ反転されるだけ・・・・。
魚は居るようなので、ここでルアーをローテーションしてシャッドを入れてみます。

以前購入したものの、ほとんど使っていなかったトトシャッドをチョイス。

シャッドはミノーよりも少しレンジが入りますが、状況によってはこのレンジの違いで食う・食わないに影響したりします。

沖に向かってキャストしたら穂先を下げ、高速巻き&ポーズで誘いを掛けてみます。
すると2投目でガツッと気持ちいいアタリが出て、横っ走りする引き。

イケガツオ

今年やたらと釣れるイケカツオをキャッチ。

引きは強くて楽しいんですが、トゲがあって刺されると弱毒で痛いんですよね・・・。
メゴチバサミを使うとリリースできなくなるし。

最近はイケカツオとメッキが混じっている群れも多いので、ちょっと集中して釣っていきました。

結局時合いは10分ほどでしたが、イケカツオを3匹、20cm強のメッキを2匹キャッチできましたね。
その後は再び海が静かになったので、ここで少しポイント移動します。

ポイント移動でカマス・メッキ

時間も良い感じになってきたので、もう少し釣果を伸ばしたいところ。
次は少し水深が浅めな回遊待ちのポイントで釣ってみます。

デカメッキがヒットするも

最初はライトワインドでボトム周辺を叩いてみたんですが、あっという間にフグの餌食に・・・・。
ワームを使うのは諦め、メタルジグにチェンジ。

少し速めのピッチで誘いたかったので、チビメタのタイプⅠをチョイス。
速めのリフトとフォールで縦に誘いを掛けて使います。

水面付近にこれといった生命感はありませんでしたが、中層付近で「ガコン」と良いアタリ。

合わせを入れるとドラグが出る引きで、なかなか上がってきません。
重量感的にメッキだと分かりましたが、結構良いサイズです。

ゆっくりやり取りして寄せてくると、30クラスの冬サイズ★

タイミングを見て抜きあげようと思ったんですが、抜きあげた瞬間に口切れしてバラシ。

魚が居ることは分かったので、すぐに同じ場所を探るとまたバイト。

サイズとしては少し小さくなりましたが、まぁまぁサイズですね。
これで連発モードに入るかと思ったんですが、メッキは沈黙・・・。

チビカマスが回遊

その後同じ場所で少し釣りを続けていると、深い場所でモゾモゾというアタリ。

カマス 釣果

釣れたのは20cm後半ほどの小さいカマス。
今日はこのサイズのカマスが群れていたようで、30cm程度までのカマスがポツポツと20分くらい釣れました。

ポイント的に大きいカマスの回遊はあまりない場所なので、こんなもんでしょう。

その後カマスもいなくなってアタリが遠のいたので、今回はこれにて撤収。
去年おととしもカマスの数は少なかったですが、大型が良く釣れたのが救いでしたね。

今年は数も少なくて型狙いも難しい状況が続いているので、ライトゲーム初心者の方にはかなり厳しい状態ですね・・・。
以前の静岡~焼津周辺は秋~冬にかけて大量にカマスが接岸し、誰でも入れ食いみたいな状態が普通でしたが、そんな光景は最近全く見なくなりましたね。

ライトゲームを適当にやればボウズ逃れは簡単だった思い出がありますが、最近はライトゲームも全くお手軽ではないですよね(笑)
静岡界隈で適当に釣りをしても魚は釣れないと思います。

この全体的に魚が居なくなっている状態は今後改善するのかよく聞かれますが、私には分かりません。
個人的には、どちらかといえば以前のような楽しい海に復活するようには思えないですが、どうなんでしょうね。

使用タックル

  • ロッド:ダイワ 21月下美人MXメバルモデル68L-S・N
  • リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SHG
  • ライン:よつあみ リアルデシテックスWX8 0.4号+ サンライン ブラックストリームプラズマ1.75号
  • ルアー:ブルーブルー メタルシャルダス、ジャッカル チビメタタイプⅠ、テトラワークス トトシャッドなど

おすすめ関連記事

メッキ釣り初心者講座

メッキ釣り 入門 【ここからはじめる】メッキのルアー釣り入門! タックル選び~必要な基礎知識まとめ

メッキ釣りに必要な基礎知識をまるっと解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です