サーフヒラメ釣り おすすめPEライン&ショックリーダーと選び方

今回は人気のサーフヒラメ・マゴチを狙ったフラットフィッシュゲームにおける

ラインセレクト方法と考え方について。

それに合わせて、おすすめのPEラインとショックリーダーを紹介していこうかなと(*^^*)

ヒラメ釣りをするシチュエーション毎のラインの太さの選び方や

なぜそのラインを使うのか?

といった理由なども合わせて解説していきたいと思う。

人それぞれメーカーや使用感に好みの差は当然あるが、必要となる要素は共通していることが殆ど!

釣りをする上ではロッドやリール、ルアーはもちろん重要なアイテム。

その中で魚と釣り人をつなぐ命綱が釣り糸、ライン!

だからラインはしっかりと信頼できるアイテムを選んで無駄なトラブルなどを防ぎ、ヒットした魚を確実にキャッチすることが最優先。

ヒラメ・マゴチゲームにおけるライン選びに悩んでいる方は、今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいな(^^♪



サーフのヒラメ釣り ライン選びの基本!

まずはヒラメ釣りにおける、メインラインに使用するPEラインとショックリーダー。

それぞれのアイテムの選び方の基本をまとめておく。

PEラインの選び方
  • PEラインの太さ・号数:1号~1.2号がメイン。0.8号~1.5号を選ぶ。
  • PEラインの撚り数:8本撚りが滑らかで扱いやすく、おすすめ。12本撚りの選択肢も有り
  • 糸巻き量:200mを基準に考える。150m巻きでは足りないことも
ショックリーダーの選び方
  • ラインの素材:フロロカーボン製が人気。バラシが気になる方はナイロンも視野に入れる
  • 太さ・号数:5~6号が基準。太くても食いが悪くなることは基本的には無い
  • 長さ:ショック吸収性や根ズレを考慮すると、1ヒロ前後が基準

サーフのヒラメ、マゴチのフラットフィッシュゲームを楽しむのであれば、このようなラインを選ぶようにすると間違いが少ない。

初めて挑戦する方は参考にしてみてくれ。

サーフのヒラメ釣り PEラインの選び方

まずはメインラインになるPEラインの選び方を紹介していく。

現在のフラットフィッシュゲームでは、ナイロンラインを道糸にすることは非常に少なくなっている。ほぼ100%のアングラーがPEラインを使っているし、圧倒的に強度や伸びの少なさでPEラインにはアドバンテージが有る。

PEラインの太さ・号数の選び方

ラインの太さ・号数は1号を基準に

細いPEラインをスピニングリールで使用すれば、飛距離が出るメリットがある。また、風や潮の影響を受けにくくなる為、底をしっかりとるフラットフィッシュゲームではとても有効だ。

しかし、実際の釣り場にはテトラポッドや沈み根、駆け上がりなどの障害物が存在していることも多い。だから細いラインを使えば良いというばかりではないのが現実だ。

ヒラメ釣りを楽しむうえで、必要な強度と飛距離などの扱いやすさを考慮すると

バランスが良いのが、1号前後の太さのPEラインを基準に選択すること。

とりあえずサーフでヒラメを狙ってみたいという事であれば、まずは1号のPEラインを巻いて挑戦してみるのがおすすめだ。

障害物の無い開けたサーフの場合

周囲に障害物がなく、水中も比較的フラットな地形のサーフで釣りをする場合。このような時は0.8号ほどのPEラインで問題ない事が多いだろう。

しかし場合によっては青物が回遊してきたり、釣り人が多くて掛けた魚は速やかに回収しないと隣の方と絡んでしまう場合などもある。

私がこのような開けたシチュエーションで釣りをするなら0.8号~1号を選ぶかな!

細い方が釣り自体はしやすいけど、迷った時は強度のあるワンランク太いPEラインを選択しておく方が無難。

一番大切なのは、ヒットした魚を確実にキャッチできる強度がある事だから。

テトラポッドや駆け上がりなど、障害物が存在する場合

私のホームグラウンドは静岡サーフと呼ばれるヒラメ釣りの人気スポットだが、多くの場所がテトラポッドが等間隔に入ってる場所が多い。

また駿河湾に面する急深なサーフになるので、場所によっては少しきつい斜面の駆け上がりがある場所も多いのだ。

こういった場面では、根ズレを防ぐために多少強引にやり取りをして魚を寄せてきたり。また、沖合で魚をある程度浮上させる必要がある。

このようなシチュエーションでは、0.8号のPEラインでは若干強度不足を感じることがある。

だからPEラインの太さは1号~1.2号を基準に考えるといい。

1.5号などのラインになってしまうと飛距離の低下であったり、風や潮の抵抗が大きくなりがち。それでもテトラが近い場所など、根ズレの危険が高い場所ではより太い号数も選択肢に入れてもOKだ。

テトラ上から釣りをする場合

最近はフラットフィッシュゲームの人気の高まりによって、釣れているという情報が出回っている週末は釣り場がアングラーでいっぱいになることも。

そうなると、どうしてもテトラポッドなどの上から釣りになることもあるんじゃないかな。

テトラポッドの上からの釣りになると、厄介なのが沖に沈んでいる崩れテトラ。

せっかく魚を寄せてきても、ラインがテトラポッドに擦れてしまう。そしてラインブレイクしてしまったりすることは意外と多いんじゃないかな。

特に外洋に面したテトラポッドの際は波が強く打ち付けるので、魚が波にのまれてラインブレイクに繋がったり、バラシに繋がったり・・・。

このような場所では、より強度のある1.2号を基準に考える。

そして青物等が多い時は1.5号などを使用する場合も。

波が少し高い時や、テトラ際まで下りられない場所では抜き上げが必要になる場合も多い。ラインは十分に強度を持ったものをセレクトするように!

特に、夏~秋の水温がある程度高いシーズンは青物が回遊してくることも多くなる。カンパチなどがヒットすると、テトラポッドなどの障害物に向かってかなり強く引き込むから厄介だ。

こういった状況では強度のある太めのPEラインでないと、せっかく掛けた魚をキャッチすることが難しくなるからね。

また、テトラの入っている場所でヒットすると厄介なのがエイ。

夏場など、水温が高くなると場所によってはかなりエイが多くなる場所も結構ある。

エイはヒットすると海底に張り付こうとするし、かなり重量があるので一旦泳ぎ出すとコントロールするのが困難(-_-;)

エイが多い場所では0.8号のPEラインでは少し不安になるから、最低でも1号。出来れば1.2号ほどの太さがあった方が良い。

今までエイの餌食に何度なったことか・・・(-_-;)

特に、テトラポッドなどの障害物のあるサーフでヒットすると大変だから気を付けよう。



8本撚りのPEラインがおすすめ

PEラインを選ぶ際に重要なのが、撚り数。

簡単に言うと4本撚りのPEラインというのは、

細い4本の原糸を編み込むことで、1本のPEラインを構成しているものをいう。

PEラインには大きく分けると、4本撚りと8本撚りのアイテムが存在している。最近では12本撚りなんていうものもあるね!

この中で、ヒラメ釣りに適しているラインの撚り数はというと、

ずばり8本撚りのPEライン。または12本撚り!

8本撚りのPEラインのメリットとしてはこんな感じ。12本撚りはそれが更に磨かれた感じだ。

8本撚りのメリット
  • 表面が滑らかで飛距離が伸びる
  • リールを巻いた時の糸鳴り、ノイズが少ない
  • 滑らかでノットが組みやすく、強度が出しやすい

等がある。実際細かく見ていくとキリがないけど、普段釣りをしていて感じることのできるメリットはこんなところ。

逆に、8本撚りのデメリットとしては

8本撚りのデメリット
  • 若干価格が高い
  • 1本あたりの原糸が細くなるので根ズレに弱い

等がある。

4本撚りのPEラインを使うと、キャストした際のロッドのガイドに擦れるラインの音などが非常に気になるし、ゴワゴワとしていて使い勝手が悪いものが多い(-_-;)

岸からのキャスティングゲームでは、気持ちよくルアーがキャストできるラインというものはある意味一番重要だからね!

サーフゲームでラインを選ぶなら、8本撚りか12本撚りの滑らかなアイテムを選ぶと快適に釣りができる。

ラインの糸巻き量

ヒラメをサーフから狙った場合、使用するルアーは比較的重量級のものが多い。

20g前後のジグヘッドにワームをセットしたり、バイブレーションだったりメタルジグだったり・・・。最近は重たいシンキングペンシルなんかも人気だね!

これらのルアーを遠投することを考えた場合、150m巻きではラインがちょっと短くなっただけですぐに足りなくなってしまう。

そうなるとまた新しいラインに巻き替えないといけないからお財布的にも厳しいものが有る(-_-;)

だからPEラインを選ぶ際は、200m巻きを基準にして買うようにしよう!

その方が沖合で青物等がヒットしてしまった際にも安心だし、長く使えるぞ。

おすすめPEラインを紹介

よつあみ スーパージグマンX8

私が普段ヒラメゲームで最も使用しているのが、よつあみ スーパージグマンX8シリーズ。

 

ヒラメゲームでは1号を基準に、1.2号位までの号数の200m巻きを使用する。このラインは号数表示にふさわしい太さであり、表面も滑らかで耐久性も高く、使いやすい。

これといった欠点が無く、安定した品質でおすすめだね(*^^*)

PEラインの号数表示は参考表示という部分もあり、1号の表示でもメーカーによって太さが違うので注意が必要。

釣具店店員さんの悩みどころの1つにPEラインの糸巻きがある。アイテムによっては太すぎて巻き切れない時があったり、下巻きの調整が難しいんですよね(笑)

また、PEラインによっては表面上の傷は目立たなくても色落ちしてくると強度が落ちてきり、品質にばらつきがあって

ハズレを引くと謎のキャスト切れを頻発するものにも出くわしたことが有るぞ(-_-;)

ですので、特にこだわりがなければ安心の日本製のものをまずは使用してみるのがおすすめ!

よつあみのPEラインであれば信頼性は十分だからね。

ところで、このラインは10m毎に色分けがされていて、更に1m毎にもマーカーが入っています。本来はジギングやタイラバ釣りなど、バーチカルの釣りで使用するラインなので、釣りをしているタナが分かるように色分けがされています。

サーフのフラットフィッシュゲームでは色分けされているラインを使う方は意外と少ないかもしれませんが、これには理由がある。

サーフでヒラメを釣り込んでみると、フィールドごとにヒットしてくる距離が有る程度決まっているパターンが多い。

この時、色分けされていないラインだとどうしても感覚で距離を把握するしかない。

一方でラインカラーが分かれたものを使えば、ヒットしてくる距離などをかなり正確に把握でき、効率よく釣れるスポットを攻めることが出来るのだ。

また、アタリが有っても掛からなかった時なども同様。逃した魚の位置を正確に把握し、取りこぼしを防ぐ事にも役立つ。

シマノ ピットブル8

シマノから発売された安すぎる使える8本撚りのPEライン。

ピットブル12と比べると若干の伸びはあるが、他社の高級な8本撚りと比較しても明らかに劣った部分は見当たらないようなライン。

このピットブルシリーズはよつ○み製という噂もあり、号数通りの細さで信頼性もある。2000円台中盤で8本撚りの200m巻きが購入できるんだからコスパは最高である。

PEライン初心者から誰にでも使いやすいライン!

シマノ ピットブル12

2018年に発売された、価格破壊的なPEラインがコレ。

このラインは8本撚りよりも更に滑らかな12本撚り!

実際に使ってみると、その滑らかさは確かに抜群で飛距離も伸びる。それでいて伸びが非常に少なく、ダイレクトにルアーが操作できるしアタリも伝わってくる特徴がある。

そして何より安い!

200m巻きの12本撚りで3000円弱で買えちゃうから、コスパは最強クラスじゃないかな。



サーフのヒラメ釣り ショックリーダー選び方

続きまして、ショックリーダーの選び方を紹介!

リーダーの素材

基本はフロロカーボンライン

サーフのフラットフィッシュゲームで使用するリーダーの素材について。

基本的には硬度が有り、サーフの砂や石で擦れにくいフロロカーボンラインが一般的。

確かにフロロカーボンラインを選んでおけばまずは大きな間違いはないし、オールラウンドに使える。

ただし人によってはナイロンの方がおすすめできる場合もある。

ナイロンラインが活きる場面

フロロカーボンではなく、ナイロン製のショックリーダーを使うメリットはどこにあるのか?

少し詳しく見ていくことにする。

バラシを防ぎたい時

サーフは打ち付ける波が有る。また、ヒラメやマゴチは口が硬いくせに皮が薄い特徴がある。

だからラインに伸びの小さいPEラインを使い、リーダーにも伸びが少ないものを使った場合

波打ち際などで口切れにより魚をバラしたり・・・。

このような事がちょっと目立つという方は、リーダー素材をナイロンに変えてみると良いかも!

ナイロン特有の伸びで魚の引きや波の力を吸収するから、魚にも優しいしロッドなどのタックルを保護する効果もある。

また、メインラインのPEラインも急なショックブレイクすることを防ぎやすい。

ラインを沈ませたくない時

ワームなどを使い、スローな誘いでネチネチとヒラメを釣りたいような時。

このような時、比重の大きいフロロカーボン製のショックリーダーはあまりお勧めしない。

フロロカーボンラインは重たく、放っておくとラインが海底に這うように沈み込むからだ。

そうなるとラインが海底にスレてザラザラになるし、ルアーをリフトしようと思ってもラインが沈んでいてボトムでズル引きしているだけになりやすい。

あまり意識しない人が多い所だけど、気にしてみると釣りの快適性がアップするぞ(*^^*)

ショックリーダーの太さ・号数選び

ショックリーダーの素材選びについては、こんな感じで選んでおけばOK!

次にその太さ・号数はどのようにして選べば良いのか。少し詳しく見ていこう(*^^*)

ショックリーダーの太さは5号~6号を基準。迷ったら6号!

合わせるPEラインの号数により、ショックリーダの太さもベストなセッティングは多少変わってくる。

しかし、ショックリーダーの太さでヒラメの釣果が変わるかと言えば、正直言って関係ない。

太いリーダーを使ったからと言って、ヒラメはそれを見切ってくるような魚ではない。まずは必要な強度をしっかり持っているものを選ぶのが優先だね(*^^*)

不安であれば、太めのリーダーを使用しておけば問題無し!

基本的にメインラインの号数に合わせた場合、私の場合はこんな風に選ぶことが多いかな。

PEラインとショックリーダーの号数の関係
  • メインラインが0.8号→ショックリーダーは4号~5号
  • メインラインが1.0号→ショックリーダーは5号~6号
  • メインラインが1.2号→ショックリーダーは6号~7号

手前に障害物が有ったりだとか、条件によって多少は変わるが大体こんなラインセッティングで使うことが多いかな!

良かったら参考にしてみて。

開けた障害物の無いサーフの場合

PEラインの項でも解説しましたが、こういったポイントの場合

私の場合は5~6号を中心に使用することが多いかな!

4号ではヒラメやマゴチの歯にラインがスレた時などに何となく不安を感じるが、5号あればそう簡単には切れない。ただしヒラメのサイズが大きい時などは6号あった方が安心だね。

テトラポッドや駆け上がりなどが存在する場合

静岡のサーフのような、ある程度障害物が存在している場所で釣りをする場合。

この時はワンランク強度を上げ、6号~7号のショックリーダーを使用することが多い。

状況によっては、魚がテトラ方向へ走って行ってしまったりすることもあるからね。このような時は、強引にやり取りをして魚を引っ張り出したり、ある程度ラインが傷になることもある。

だから多少の根ズレが有っても強いショックリーダーが必要になる!

テトラの際にはベイトフィッシュなどもたまりやく、それなりにタイトに狙うと釣果が出る場合も多いしね!

また、ヒットした魚がある程度大型の場合は

波打ち際まで魚を寄せ、最後はリーダーを引っ張ってずり上げることがあるんじゃないかな?

この時は出ているラインが短くなっているので、魚が暴れた時にラインの伸びが使えない状態になる。

すると、思った以上に簡単にラインブレイクしてしまったりすることがあったり。そのような時の為にも、最低6号ほどの太さがあるショックリーダーを使用しておくといい。めったなことでは切れないので、安心して取り込みができるぞ(*^^*)

太いリーダーの方がラインを手に取り、引っ張り上げるのも楽だしね♪

テトラの上から釣りをする場合

テトラで釣りをする場合、私の場合は6号のショックリーダーで通してしまうことが多いかな。

しかし1kg以上の良型のカンパチであったり、ワラサやサワラなどの回遊が多ければ

強度を重視して7号のリーダーを使用することもある。

それ以上太い8号などになってくると、ノットの締め込みが面倒になってくる。また、ラインが硬くて気になるのでヒラメ釣りでは使わないかな。

カンパチなどがヒットすると、テトラポッドに向かって一気に突っ込むことが多い。ワラサなどの青物を掛けた時も、足元まで寄せたものの抜き上げができなくて困ることがあったり(-_-;)

ランディングネットを持っていたとしても、使用するまでに多少時間が掛かってしまい、その間にテトラでリーダーがスレたりすることは多いですから。



おすすめショックリーダーを紹介!

クレハ シーガーグランドマックスFX

PEラインは8本撚りまたは12本撚りを使い、これと合わせて使うお気に入りのラインがコレ。

クレハ シーガーグランドマックスFX!

定価はかなり高価なアイテム。しかし釣具店のセール中やネットでうまく探すと、40~50%引きで購入できるのでおすすめ!

このラインはもともと磯用のハリスとして作られた商品ですが、私はかなり以前からショックリーダーとして好んで使用している。

定価はかなり高価で使うのをためらってしまう方もいるかもしれませんが、実は60m巻きなのだ。

ルアー用のショックリーダーの場合、30m巻きなどのものが多い感じがする。あくまで個人的としては、30mのショックリーダーだと

何度もリーダーを結び変えていった際、すぐに無くなってしまうのが嫌。

そう考えると60m巻きのグランドマックスFXの方が一度買えば長持ちするってわけ!

さらに、根ズレが多い過酷な磯釣り用のラインですから、当たり前ですが傷にも強くて強度には問題無し。それでいて非常にしなやかで使いやすいフロロカーボンラインだね!

クレハ シーガーグランドマックス

今さっき紹介した、グランドマックスFXの兄弟的なラインがコレ。この赤のグランドマックスは

FXよりも張りが有り、硬いフロロカーボンラインになる。だから扱いやすさではFXに劣る点がある。

しかし、傷の入り難さでは硬度の高いコチラの赤のグランドマックスの方が優れていて、伸びも少ない特徴がある。根周りを攻めるような時は、より耐摩耗性の高いこのグランドマックスを使ってみると良い。

パリッとしていて張りがあるが、強度は抜群に優れているぞ。

よつあみ ガリスFCアブソーバーアンフィニ

ちょうどグランドマックスFXよりも硬く、赤のグランドマックスよりはしなやかな印象のあるリーダー用のライン。30m巻きにはなるが、6号で1000円チョイで購入できるのでコスパもまずまず。

このラインも結構強く、細くて強いラインという印象だね!

しなやかすぎず、硬すぎないラインを試してみたい方にはおすすめかな(*^^*)

サーフのヒラメ釣り ライン選びのまとめ!

普段フラットフィッシュゲームを楽しむ際、ラインセレクトについてはこんな風に選んでいるかな!

これからヒラメ釣りをやってみたいという方は、ちょっと参考にしてみてね。

最後にライン選びのど真ん中、基本セレクトをまとめておく。

サーフのヒラメ釣り ラインセレクトのまとめ
  • PEライン:1号を200m巻く。8本撚り又は12本撚りがおすすめ
  • ショックリーダー:フロロカーボン製6号を1ヒロ。バラシが目立つ時はナイロンも良い

超簡単にまとめるとこんな感じだ。ここからスタートしてみて、

良く出かけるフィールドの特徴に合わせ、少しずつラインの号数を変えてみたりすると良いね!

それでは今回はこのへんで。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

2 件のコメント

  • こんにちは、いつも勉強させてもらってます。
    さて、ちまたでは小型青物が賑わいを見せておりますが、そんな自分も小型青物しか釣れない初心者ルアーマンです。
    質問なのですが、釣行を重ねるとPEがささくれてくると思いますが、まるなかさんは何回の釣行でPEとリーダーの結びなおしをおこないますか?
    自分はPE1号で20〜30gのジグを投げてますが、2回くらいの釣行が限度なのかなと思っているのですが。。

    • こんにちは、まるなかです。
      そうですね~。私の場合は1回の釣行が30分も無い時もありますが、休日なんかに何時間か釣行するのであれば毎回結び変えはしますね!
      実際には2釣行に1回くらいの結び変えでも問題は無いと思いますから、このあたりは使う場所の根や駆け上がりの入り方によって考えれば問題ないと思いますよ!
      根などがきつい場所であれば、毎回結び変えが無難ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です