【安くて使える!】ゴメクサスハンドルノブの交換方法・インプレッション!

さてさて、今回紹介するのはシマノやダイワ製など各社のリールに使えるめちゃ安いハンドルノブ。

それがゴメクサスのリールハンドルノブ!

私が購入したのは、シマノのAタイプノブとダイワSタイプノブに対応するモデルの38mmというサイズ。いわゆる小型~中型のリールに幅広く使えるやつだね!

シャフトの有る無しが選べるんだけど、普通に使うのであればシャフト無しのものを買えばOK!

アマゾンなどで入手できる外国製のカスタムパーツなんだけど、国産メーカのものよりかなり安いのに見た目的には普通にカッコよかったり・・・・。

以前から気になっていて、実は今年の夏くらいから使い始めました。

ある程度使っていく中で使い心地なども分かってきたので、この機会にちょっと紹介してみようかなと!

それじゃあ早速本題へと話を進めていこう。

ゴメクサスハンドルノブのインプレ!

まずはアルミ製のパワーノブを使ってみた感想から・・・・。

使用したのはライトショアジギングやサーフのヒラメ釣り、ライトなタチウオ釣りなど。こういう使い方なら、38mm程が個人的には大きすぎず小さすぎずで使いやすいと思う。

2ベアリング搭載でこの価格(2000円台)・・・・。

インプレとしては、普通に使える普通のアルミノブ(笑)

シマノやダイワ製の高価なパワーハンドルと比べても特に目立つ欠点は無いし、ハンドルノブもかなりスムーズに回転する。

このクオリティでお手軽にカスタムできちゃうんだから、もはやいう事なしじゃないかな。変なバリが付いていたりすることも無く、使い勝手の悪さや耐久性の問題などは今までの所感じていない。

シマノダイワ各社のアルミノブやEVAノブなども使っては来たけど、値段の差による性能の違いは素人目にはわかりませんでした。

ステンレスベアリングが2個ついているし、かなりお手軽にカスタマイズできるね。



ゴメクサスハンドルの交換手順!

私が使っているモデルは、シマノAタイプとダイワSノブ共通モデルになる。だからシマノのリールに付ける時と、ダイワのリールに付ける時で若干手順が変わって来るぞ。

まず、このハンドルノブの取り付け説明書を見てみると・・・・

所々気になる日本語があるが、気にしないでおこう。そこは海外製(中国製)のご愛敬ってことで。

ハンドルノブ交換に必要な道具

ハンドルノブ交換は簡単!

  1. 既に付いているハンドルノブキャップを開ける為の工具(ドライバーや金属のピンなど)
  2. ハンドルノブシャフトを回すドライバー
  3. オイルまたはグリス(今回は潮を被る釣りに使うのでグリスを使用)

これらのアイテムを用意すれば、作業はできちゃう。

シマノ製リールに取り付ける

まずはシマノのリールにゴメクサスハンドルノブを取り付ける場合。

基本はこのような感じになり、

薄い金属製のワッシャー(付属品)→ベアリング→ハンドルノブ→ベアリング

の順番で取り付けを行い、ネジを締めて様子を見る。

この時、ベアリングに注油するのを忘れないように!

ここでハンドルノブが回らないようならワッシャーを外し、ガタが少し目立つならワッシャーの厚みを変えるか数を追加する。

今回はちょっとガタが有ったので、ワッシャーを厚いタイプに交換してみるとジャストフィット!このゴメクサスハンドルには調整用のワッシャーも十分な数が入っているから安心。

こんな感じで、軽く回しても10秒位は回ります♪

より軽い回転を求めるのであれば、オイルを使うのが良いかな。オイルを使うと、その分防錆性や持続性は落ちやすい。

ダイワ製リールに取り付ける

次に、ダイワのリールに付ける場合は調整用のパーツを1つ入れることになる。

このような形の金属製のブッシュを入れると、ダイワのSタイプのノブに取り付けが出来るぞ。取り付けの順番はこんな感じ。

ダイワ用のブッシュ(付属品)→ベアリング→ハンドルノブ→ベアリング

この順番で取り付けるのが基本らしく、まずはワッシャーなしで様子を見てみよう。

なお、金属製のブッシュはこの向きで取り付けるようにしよう。

私が持っているダイワ製のリールに取り付けた場合、調整用のワッシャーは必要なかった。もしガタがあるようなら、金属製のブッシュとベアリングの間にワッシャーを入れて様子を見てみよう。

取り付けの手順は大体こんな感じかな!

ゴメクサスハンドルノブはかなりお買い得で普通に使えるカスタムパーツ。知り合いにも使っている人がいるけど結構いい印象を持っているし、おすすめのパーツだね。

ハンドルノブをカスタムして快適に釣りが楽しみたい方は、まずはお手頃価格のアイテムから挑戦してみるのが良いんじゃいかな!

それでは、今回はこの辺で。

また明日会いましょう!

おすすめコンテンツ

ブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です